職業別の有名人出身都道府県 >感染症・ウイルス研究者という職業の出身県別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている有名人の「感染症・ウイルス研究者」という職業とその関係者の有名人の数:31人



スポンサーリンク


北海道
 1  高田礼人    北海道    札幌市Wikipedia
髙田 礼人(たかだ あやと、1968年12月16日 - )は、日本のウイルス学者。学位は博士(獣医学)。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授を務める。愛称はお侍先生、ウイルスハンターと呼ばれたりする事もある。
北海道大学出身      北海道出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
12月16日生まれの人      1968年生まれの人      北海道出身の1968年生まれの人      
 2  喜田宏    北海道    Wikipedia
喜田 宏(きだ ひろし、1943年12月10日 - )は、日本の獣医学者(獣医微生物学)。勲等は瑞宝重光章。学位は獣医学博士(北海道大学・1977年)。北海道大学名誉教授、日本学士院会員、文化功労者。武田薬品工業株式会社光工場細菌部での勤務を経て、北海道大学獣医学部教授、北海道大学大学院獣医学研究科教授、北海道大学大学院獣医学研究科研究科長、北海道大学獣医学部学部長、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターセンター長、北海道大学ユニバーシティプロフェッサーなどを歴任した。
北海道大学出身      北海道出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
12月10日生まれの人      1943年生まれの人      北海道出身の1943年生まれの人      
 3  橋本信夫    北海道    岩内町Wikipedia
橋本信夫(はしもと のぶお、1932年 - )は日本の獣医学者。獣医学博士。獣医公衆衛生学・人獣共通感染症学の専門家であり、北海道大学名誉教授。なお、同姓同名の医学博士の橋本信夫(元京都大学大学院医学研究科脳神経外科学教授、現国立循環器病研究センター病院理事長)については、国立循環器病研究センターを参照。
北海道大学出身      北海道出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
1932年生まれの人      北海道出身の1932年生まれの人      


秋田県
 4  日沼頼夫    秋田県    八峰町Wikipedia
日沼 頼夫(ひぬま よりお、1925年(大正14年)1月19日 - 2015年(平成27年)2月4日)は、日本の医学者、ウイルス学者。成人T細胞白血病の成因がウイルスであることを指摘した。京都大学・熊本大学名誉教授。秋田県名誉県民。
東北大学出身      秋田県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
1月19日生まれの人      1925年生まれの人      秋田県出身の1925年生まれの人      
 5  二木謙三    秋田県    秋田市Wikipedia
二木 謙三(ふたき けんぞう、1873年(明治6年)1月10日 - 1966年(昭和41年)4月27日)は、日本の細菌学者、医師。 秋田県秋田市千秋明徳町、樋口順泰の二男として出生、二木家の養子となる。山口高等学校を経て、東京帝国大学医学部を卒業、東京市立駒込病院に勤務。1903年(明治36年)赤痢菌「駒込A、B菌」を分離する。1905年(明治38年)ドイツに留学、ミュンヘン大学教授のグルーバーに師事。1909年(明治42年)駒込病院副院長、東大講師、医学博士、1914年(大正3年)年東大助教授、1915年(大正4年)高木逸磨等と共に「鼠咬症(そこうしょう)スピロヘータ」発見。1919年(大正8年)駒込病院長、1921年(大正10年)東大教授。1929年(昭和4年)学士院賞受賞、日本医科大学、東京歯科医専、日本女子大学教授となる。1951年(昭和26年)日本学士院会員、日本伝染病学会(現・日本感染症学会)長。1955年(昭和30年)文化勲章授与。1966年(昭和41年)93歳で没す。天然免疫学理の証明の実績を遺し、玄米食の提唱、実践運動や教育者として功績を残した。歴史学者で國學院大學名誉教授、日本中世史(戦国史)、有職故実の二木謙一の祖父。
1月10日生まれの人      1873年生まれの人      秋田県出身の1873年生まれの人      


東京都
 6  内藤博敬    東京都    新宿区Wikipedia
内藤 博敬(ないとう ひろたか、1968年3月9日 - )は、日本の生物学者(衛生化学、食品衛生学、環境衛生学・細菌学・ウイルス学・プロテオミクス)。学位は博士(学術)(岡山大学・2008年)。静岡県立大学食品栄養科学部助教・大学院食品栄養環境科学研究院助教。
岡山大学出身      東京都出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
3月9日生まれの人      1968年生まれの人      東京都出身の1968年生まれの人      
 7  押谷仁    東京都    Wikipedia
押谷 仁(おしたに ひとし、1959年4月29日[1] - )は、日本の医学者、医師。東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授。学位は公衆衛生修士、博士(医学)。東京都出身。 1991年から1994年まで、国際協力事業団 (JICA) の専門家として、ザンビアでウイルス学の指導を行った経験を持つ。1999年8月から2006年にかけては、フィリピンのマニラにある世界保健機関 (WHO) 西太平洋地域事務局にて感染症対策アドバイザーとして勤務した。赴任中の2002年には重症急性呼吸器症候群 (SARS) が発生し、同僚のカルロ・ウルバニ内科医と共に事態収拾への対応を行った。2005年9月より東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授。
東北大学出身      東京都出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
4月29日生まれの人      1959年生まれの人      東京都出身の1959年生まれの人      
 8  尾身茂    東京都    Wikipedia
尾身 茂(おみ しげる、1949年(昭和24年)6月11日 - )は、日本の医師、医学博士。地域医療・感染症・国際保健などが専門。現在、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)理事長、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構理事長、名誉世界保健機関(WHO)西太平洋事務局事務局長、自治医科大学名誉教授。新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長。東京都在住。東京都出身。
6月11日生まれの人      1949年生まれの人      東京都出身の1949年生まれの人      
 9  由良三郎    東京都    Wikipedia
由良 三郎(ゆら さぶろう、1921年10月14日 - 2004年4月3日)は日本の推理作家。本名は吉野 亀三郎(よしの かめさぶろう)で、ウイルス学者。別名義に吉野義人。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
10月14日生まれの人      1921年生まれの人      東京都出身の1921年生まれの人      


神奈川県
 10  北村敬    神奈川県    秦野市Wikipedia
北村敬(きたむら たかし、1933年8月11日- )は、日本のウイルス学者。
東京大学出身      神奈川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
8月11日生まれの人      1933年生まれの人      神奈川県出身の1933年生まれの人      
 11  内山順造    神奈川県    厚木市Wikipedia
神奈川県立厚木高等学校を卒業。香川医科大学(現香川大学医学部)を卒業(1991年)。1993年に東海大学医学部大学院に入学。1998年に東海大学医学部大学院よりウイルス学の研究で医学博士号を取得。2001年ハーバード大学医学部癌研究所(Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School)に博士研究員として留学、癌と老化について研究。2013年4月より現職。2017年、日本高齢消化器病学会優秀論文賞受賞、神奈川県内科医学会集談会優秀演題賞受賞。
香川大学出身      神奈川県出身の香川大学の出身者      全国の香川大学の出身者


新潟県
 12  石田名香雄    新潟県    上越市Wikipedia
石田 名香雄(いしだ なかお、1923年(大正12年)3月6日 - 2009年(平成21年)12月4日)は、日本の医学者、ウイルス学者。元東北大学学長。仙台市名誉市民。
1923年生まれの人      新潟県出身の1923年生まれの人      


富山県
 13  吉田光昭    富山県    高岡市Wikipedia
吉田 光昭(よしだ みつあき、1939年 - )は、日本のウイルス学者、分子生物学者。東京大学名誉教授。薬学博士。専門はがんウイルスと発がん機構。成人T細胞白血病ウイルスの分子構造を明らかにした。
富山大学出身      富山県出身の富山大学の出身者      全国の富山大学の出身者
1939年生まれの人      富山県出身の1939年生まれの人      


長野県
 14  山田喜紹    長野県    松本市Wikipedia
山田 喜紹(やまだ よしつぐ、1931年 - )は、日本のウイルス学者、エイズ研究者。信州大学医療技術短期大学部名誉教授。医学博士。
信州大学出身      長野県出身の信州大学の出身者      全国の信州大学の出身者
1931年生まれの人      長野県出身の1931年生まれの人      


岐阜県
 15  永井美之    岐阜県    土岐市Wikipedia
永井 美之(ながい よしゆき、1939年8月18日 - 2020年1月20日[1])は、日本の医学者。医学博士(名古屋大学)。名古屋大学名誉教授[1]。東京大学名誉教授。理化学研究所名誉研究員。専門はウイルス学。
名古屋大学出身      岐阜県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
8月18日生まれの人      1939年生まれの人      岐阜県出身の1939年生まれの人      


愛知県
 16  脇田隆字    愛知県    名古屋市Wikipedia
脇田 隆字(わきた たかじ、1958年 - )は、日本の医学者。医学博士(名古屋大学)。国立感染症研究所所長。名古屋市出身。2020年 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議座長に就任。
名古屋大学出身      愛知県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
1958年生まれの人      愛知県出身の1958年生まれの人      


三重県
 17  長野泰一    三重県    尾鷲市Wikipedia
長野 泰一(ながの やすいち、1906年6月22日 - 1998年2月9日)は日本のウイルス学者。東京大学教授。元日本ウイルス学会会長。三重県尾鷲市出身。
6月22日生まれの人      1906年生まれの人      三重県出身の1906年生まれの人      


大阪府
 18  畑中正一    大阪府    大阪市Wikipedia
畑中 正一(はたなか まさかず、1933年3月23日 - )は、日本の医学者、医師。専門はウイルス学(ヒトがんウイルス分野)。京都大学名誉教授。
京都大学出身      大阪府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
3月23日生まれの人      1933年生まれの人      大阪府出身の1933年生まれの人      
 19  豊島久真男    大阪府    Wikipedia
豊島 久真男(とよしま くまお、1930年10月5日 - )は、日本の医学者。東京大学名誉教授。大阪大学名誉教授。専攻はウイルス学・腫瘍学。1969年に世界で初めてトリ肉腫ウイルスからガン遺伝子を発見。この分野の先駆けとしてその後のガン研究に大きな貢献をした。84~94年には「対ガン10カ年総合戦略」の研究総括。また、DNAのガイドライン策定に参加。ヒトクローン倫理問題でも総合科学技術会議文部科学省専門委員会の委員や科学技術・学術審議会生命倫理・安全部会 特定胚及びヒトES細胞研究専門委員会の主査などを務めた。1998(平成10)年文化功労者。2001(平成13)年文化勲章受章。医学博士(大阪大学、1959年)。大阪府出身。
大阪大学出身      大阪府出身の大阪大学の出身者      全国の大阪大学の出身者
10月5日生まれの人      1930年生まれの人      大阪府出身の1930年生まれの人      


 20  高橋理明    大阪府    大阪市Wikipedia
高橋 理明(たかはし みちあき、1928年(昭和3年)2月17日- 2013年(平成25年)12月16日[1])は、日本の医学者。専門分野はウイルス学。大阪大学名誉教授[1]。日本ウイルス学会名誉会員。
大阪大学出身      大阪府出身の大阪大学の出身者      全国の大阪大学の出身者
32月17日生まれの人      1928年生まれの人      大阪府出身の1928年生まれの人      


兵庫県
 21  西浦博    兵庫県    神戸市Wikipedia
1977年生まれ。厚生労働省クラスタ対策班。 西浦 博(にしうら ひろし、1977年 - )は、日本の医師、医学者、保健学者(理論疫学・医療管理学・衛生学)。2019年から2020年にかけての日本での新型コロナウイルス感染症の流行に際して、厚生労働省のクラスター対策班に参画した。流行拡大を防ぐには人との接触を8割削減することが必要と提唱し、インターネット上で「8割おじさん」と呼ばれるようになり、自身も名乗るようになった。なお、名付け親は、ともにクラスター対策にあたっていた医学者の押谷仁とされる。
宮崎大学出身      兵庫県出身の宮崎大学の出身者      全国の宮崎大学の出身者
1977年生まれの人      兵庫県出身の1977年生まれの人      
 22  河岡義裕    兵庫県    神戸市Wikipedia
河岡 義裕(かわおか よしひろ、1955年11月14日 - )とはインフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者である。獣医学博士(北海道大学)。ウィスコンシン大学マディソン校と東京大学医科学研究所の教授を務めている。神戸市中央区出身。
北海道大学出身      兵庫県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
11月14日生まれの人      1955年生まれの人      兵庫県出身の1955年生まれの人      
 23  花房秀三郎    兵庫県    西宮市Wikipedia
花房 秀三郎(はなふさ ひでさぶろう、1929年12月1日 - 2009年3月15日)は日本のウイルス学者。アメリカ合衆国:ロックフェラー大学名誉教授、大阪バイオサイエンス研究所名誉所長。
12月1日生まれの人      1929年生まれの人      兵庫県出身の1929年生まれの人      


奈良県
 24  奥野良臣    奈良県    Wikipedia
奥野良臣(おくの よしおみ、1915年3月15日 - 2011年8月1日)は、日本のウイルス学者。大阪大学名誉教授。専門は病原微生物学。 旧姓は牧浦。1956年(昭和31年)、大阪大学教授となり、1968年(昭和43年)、大阪大学微生物病研究所所長。 1954年(昭和29年)、麻疹ウイルスを分離、1960年(昭和35年)、麻疹生ワクチンを開発する。 いずれもノーベル賞を受賞したエンダースと同年度に独立して成功する。 日本ウイルス学会会長などを務める。 1989年(平成元年)、大阪文化賞を受賞[2]。
大阪大学出身      奈良県出身の大阪大学の出身者      全国の大阪大学の出身者
3月15日生まれの人      1915年生まれの人      奈良県出身の1915年生まれの人      
 25  矢追秀武    奈良県    高畑町Wikipedia
矢追 秀武(やおい ひでたけ、1894年10月11日 - 1970年9月23日)は、大正から昭和にかけて活躍した日本の細菌・ウイルス学者。東京帝国大学教授、国立予防衛生研究所部長、横浜医科大学(現:横浜市立大学)細菌学教授(1951年-1961年)、神奈川歯科大学教授を歴任。精製痘苗の精製(矢追抗原、PVL, Purified vaccine lymph)、溶連菌毒素のトキソイド化の研究で知られる。
東京大学出身      奈良県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
10月11日生まれの人      1894年生まれの人      奈良県出身の1894年生まれの人      


島根県
 26  岩田健太郎    島根県    Wikipedia
岩田 健太郎(いわた けんたろう、1971年 - )は、日本の医師、神戸大学教授。ニューヨーク市ベス・イスラエル病院感染症フェロー。2004年 - 亀田総合病院で感染症内科部長、総合診療感染症科部長2020年2月18日、 2008年神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長、2019新型コロナウイルスの集団感染が発生しているクルーズ客船 ダイヤモンドプリンセスに乗船。
島根大学出身      島根県出身の島根大学の出身者      全国の島根大学の出身者


福岡県
 27  坂本史衣    福岡県    Wikipedia未登録
1968年、福岡県生まれ。 COVID19と戦う看護師として2020.4.19放送の情熱大陸で特集されています。感染症、院内感染で著書多数。 1991年 聖路加国際大学 看護学部卒業 2019年 厚生労働省 厚生科学審議会専門委員 専門分野は医療関連感染対策。 日本感染症学会、日本環境感染学会所属。
聖路加国際大学出身      福岡県出身の聖路加国際大学の出身者      全国の聖路加国際大学の出身者


長崎県
 28  片峰茂    長崎県    長崎市Wikipedia
片峰 茂(かたみね しげる、1950年 - )は、日本の医学者。専門はウイルス学。長崎大学学長を務めた。
長崎大学出身      長崎県出身の長崎大学の出身者      全国の長崎大学の出身者
1950年生まれの人      長崎県出身の1950年生まれの人      
 29  満屋裕明    長崎県    Wikipedia
満屋 裕明(みつや ひろあき、1950年8月9日 - )は、日本のウイルス学者。熊本大学医学部内科学の教授。アメリカ国立癌研究所内科療法部門レトロウイルス感染症部部長。国立国際医療研究センター臨床研究センター長(2012年-)。HIV治療薬の研究を行っている。
8月9日生まれの人      1950年生まれの人      長崎県出身の1950年生まれの人      


鹿児島県
 30  東昇    鹿児島県    南九州市Wikipedia
東 昇(ひがし のぼる、1912年(大正元年)10月10日 - 1982年(昭和57年)10月26日)は、日本のウイルス学博士、医学博士、大学教授。京都大学名誉教授、京都大学ウイルス研究所所長。日本で第一号の電子顕微鏡製作者。
京都大学出身      鹿児島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
10月10日生まれの人      1912年生まれの人      鹿児島県出身の1912年生まれの人      
 31  操坦道    鹿児島県    和泊町Wikipedia
操 坦道(みさお たんどう、1893年1月2日 - 1994年9月11日)は、日本の医学者、内科学者、感染症学者、ウイルス学者。臨床医学の日本における紹介者で[3]、ウイルス性疾患研究の第一人者だった[4]。九州大学名誉教授、日本感染症学会名誉会員。
九州大学出身      鹿児島県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
1月2日生まれの人      1893年生まれの人      鹿児島県出身の1893年生まれの人      


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る