出身市町村別の有名人 >富加町という出身市町村別の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「富加町」という自治体出身の有名人の数:42人



スポンサーリンク


 1  天池正登Wikipedia
天池 正登(あまいけ まさと、1972年 - )は、「日本曹達(株)高機能材料研究所第二研究部主任研究員、博士。岐阜県富加町生まれ。父・有限会社代表取締役天池正治、母・天池八代子(取締役・天池農園代表。)兄弟に有限会社天池化学(専務取締役)天池京太、補佐役員である天池化学(常務取締役・工場長)・歴史学者・農業者・教職員・聖職者・伝道者である天池治彦。妻・天池優子。子・二人。
1972年生まれの人      岐阜県出身の1972年生まれの人      
 2  佐野えんねWikipedia
佐野 えんね(さの えんね、1901年3月2日 - 1995年1月4日)は、ドイツ出身の日本のドイツ語学者、翻訳家。夫は哲学者佐野一彦、長女は川端春枝、次女は佐野綾目。長女の夫は川端善明、その娘(孫)が川端有子。
3月2日生まれの人      1901年生まれの人      岐阜県出身の1901年生まれの人      
 3  河合米田Wikipedia
河合 米田(かわい べいでん、1879年(明治12年) - 1950年(昭和25年))は、日本の画家、講師。岐阜県出身。
1879年生まれの人      岐阜県出身の1879年生まれの人      
 4  板津宇平治Wikipedia
板津 宇平治(いたつ うへいじ、1864年(元治元年)6月28日 - 1928年(昭和3年)6月19日)は、岐阜県加茂郡富加町出身の政治家。
6月28日生まれの人      1864年生まれの人      岐阜県出身の1864年生まれの人      
 5  中村敬一Wikipedia
中村 敬一(なかむら けいいち、1862年 - 1933年(昭和8年)11月7日)は、岐阜県の政治家。加治田村長。
1862年生まれの人      岐阜県出身の1862年生まれの人      
 6  愨大機Wikipedia
愨大機(かくたいき 1829年(文政12年)8月 - 1891年(明治24年)1月)は大字高畑の曹洞宗大徹山万久寺の15世住職。名古屋出身。諱は覚道。字は大機。姓は佐藤。
1829年生まれの人      岐阜県出身の1829年生まれの人      
 7  大島義保Wikipedia
大島 義保(おおしま よしやす、寛永18年(1641年) - 延宝元年6月28日(1673年8月10日))は江戸時代の寄合旗本。通称は左兵衛。川辺大島氏2代大島義唯の子。母は朽木宣綱の娘。兄に義近。妻は天方倶通の娘、子に大島義浮。
18年生まれの人      岐阜県出身の18年生まれの人      
 8  大島義陳Wikipedia
大島 義陳(おおしま よしつら、1721年(享保6年) - 1788年12月6日(天明8年11月9日))は、加治田大島氏三代目当主。幕府旗本寄合席。
1721年生まれの人      岐阜県出身の1721年生まれの人      
 9  佐藤堅忠Wikipedia
佐藤 堅忠(さとう かたただ、天文17年(1548年)- 慶長17年12月23日(1613年2月12日))は戦国時代から江戸時代に武将。通称、勘右衛門。従五位下、駿河守。父は佐藤信則。名は堅成、堅忠。法名宗雪。子に佐藤継成、佐藤吉次。戒名、冬林宗雪居士(後年に元亨院殿と追贈)。伊深佐藤氏の祖。
17年生まれの人      岐阜県出身の17年生まれの人      
 10  大島義浮Wikipedia
大島 義浮(おおしま よしひろ、1668年(寛文8年) - 1746年9月23日(延享3年8月9日))は、江戸時代中期の旗本寄合席で加治田大島氏。通称は左兵衛、小太郎、初名は義延。別名に織部義浮。父は大島義保、母は天方倶通の娘。妻は松平忠周の娘。子に大島義勝、山岡景藤、養子に大島義陳がいる。
1668年生まれの人      岐阜県出身の1668年生まれの人      
 11  梶田繁政Wikipedia
梶田 繁政(かじた しげまさ、? - 1628年8月1日(寛永5年7月2日))は、戦国武将。美濃国加治田村出身(加茂郡富加町)。通称、新助。官位は出雲守。俗名、梶田出雲守源繁政。位は前雲州勲庵宗功禅門。初め加治田繁政とも。父は梶田直繁(加治田直繁)、子に梶田政村。
8月1日生まれの人      1628年生まれの人      岐阜県出身の1628年生まれの人      
 12  大島吉綱Wikipedia
大島 吉綱(おおしま よしつな、天正16年(1588年) - 明暦3年11月6日(1657年12月10日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将、槍術家。大島流槍術の祖。横江清元の子。通称は新八、雲平、伴六。外祖父大島光義の養子となる。
16年生まれの人      岐阜県出身の16年生まれの人      
 13  佐藤成次Wikipedia
佐藤 成次(さとう なりつぐ、慶長4年(1599年) - 延宝3年3月28日(1675年4月22日))は、江戸時代の旗本、伊深佐藤氏旗本二代目(旗本寄合席)。通称・勘右衛門、与兵衛。官位は従五位下、駿河守。別名は吉次(よしつぐ)。法名は宗智。父は佐藤継成、母は佐藤忠能の娘。妻は大島光親の娘、後妻は内藤肥前守の娘。子に佐藤続成、石川忠英、娘(鈴木重次の妻)、娘(美濃部茂平の妻)、娘(島正信の妻→小笠原長住の妻)、養子に佐藤吉成(実弟)。
1599年生まれの人      岐阜県出身の1599年生まれの人      
 14  大島光俊Wikipedia
大島 光俊(おおしま みつとし、元亀3年(1572年)- 元和4年7月18日(1618年9月6日))は戦国時代の武将。大島光義の三男。母は武市通春の娘。別名は光定、光重。通称は久左衛門。子に大島義治、大島光隆。
1572年生まれの人      岐阜県出身の1572年生まれの人      
 15  大島光政Wikipedia
大島 光政(おおしま みつまさ、永禄6年(1563年) - 元和8年8月12日(1622年9月17日))は美濃国出身の戦国武将。通称、茂兵衛、光吉。川辺大島氏の初代であり、加治田大島氏の祖。大島光義の二男。母は武市通春の娘。妻は三澤氏。子に大島光盛、大島義唯、大島義當、大島義益。
1563年生まれの人      岐阜県出身の1563年生まれの人      
 16  大島光成Wikipedia
大島 光成(おおしま みつなり、永禄2年(1559年) - 慶長13年11月16日(1608年12月23日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。大島光義の長男。兄弟に光政、光俊、光朝、養子吉綱。
1559年生まれの人      岐阜県出身の1559年生まれの人      
 17  岸信房Wikipedia
岸 信房(きし のぶふさ、天文3年(1534年) - 永禄8年8月28日(1565年9月22日))は、戦国時代の武将。通称は孫四郎、信氏。父・岸信周、母・桂院月丘浄香大姉。兄弟に岸信清、佐藤秀清室。子に岸信近、岸信宗、栄(佐藤義秀室)。
1534年生まれの人      岐阜県出身の1534年生まれの人      
 18  佐藤信則Wikipedia
佐藤 信則(さとう のぶのり、明応4年(1495年) - 天正5年(1577年))は、戦国時代の武将。子に佐藤堅忠。法名は道本。
1495年生まれの人      岐阜県出身の1495年生まれの人      
 19  平井信正Wikipedia
平井 信正(ひらい のぶまさ、明応元年(1492年)? - 天正13年2月28日(1585年3月29日))は京都出身の宮内卿。戒名、梅応院説日円居士。加治田村旧家平井家の始祖。


 20  平井綱正Wikipedia
平井 綱正(ひらい つなまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士。加治田平井家2代目。
 21  佐藤忠能Wikipedia
佐藤 忠能(さとう ただよし、生年不詳 - 天正6年3月29日(1578年5月5日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。三省。紀伊守。加治田城城主。父は佐藤清房、母は徳林妙福大姉、兄弟に秀清。子に忠康(信氏)、昌信、斎藤利治室、佐藤継成室、仁甫竜義大姉、岸信周養女(八重緑)。養子に斎藤利治がいる[3]。 なお、初め桑原右近衛門尉と言ったが、永禄8年(1565年)までの間に佐藤姓に改めたという説もある[4](ただし、桑原右近衛門尉を忠能の子・忠康と見たり、無関係と見たりする説もある[5])。
63月29日生まれの人      
 22  佐藤忠康Wikipedia
佐藤 忠康(さとう ただやす、生年不詳 - 永禄8年8月29日(1565年9月23日)は、戦国時代の武将。加治田城主佐藤忠能の嫡男。通称は右近右衛門。信氏とも。兄弟に昌信、斎藤利治室、佐藤継成室、仁甫竜義大姉、岸信周養女(八重緑)、能信がいる。
88月29日生まれの人      
 23  佐藤昌信Wikipedia
佐藤 昌信(さとう まさのぶ、生年不詳 - 元和3年8月18日(1617年9月17日))は、戦国時代の武士・里正・神官。通称・石見守、勘右衛門。父・佐藤忠能、子・佐藤信定。相模佐藤氏の祖。兄弟に佐藤忠康、佐藤能信、佐藤継成室、斎藤利治室(正室院)、八重緑。美濃国加治田出身。
38月18日生まれの人      
 24  八重緑Wikipedia
八重緑(やえりょく、生年不詳 - 永禄8年8月27日(1565年9月21日))は、戦国時代の女性。加治田城主佐藤忠能の娘。兄弟に佐藤忠康、佐藤昌信、佐藤能信、佐藤堅忠室、斎藤利治室(正室院)。岸信周の養女。
88月27日生まれの人      
 25  長沼三徳Wikipedia
長沼 三徳(ながぬま さんとく、生年不詳 - 慶長5年8月23日(1600年9月30日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将である。通称は三徳斎、三徳入道となる。子に長沼藤治兵衛、彩雲がある。
58月23日生まれの人      
 26  長沼藤治兵衛Wikipedia
長沼 藤治兵衛(生年不詳 - 1582年(天正10年))は、長沼三徳の嫡男。弟に彩雲。
 27  西村治郎兵衛Wikipedia
西村 治郎兵衛(にしむら じろうべえ)は、戦国時代の武将。美濃国毛利山城(牛ケ鼻砦)城代。・加治田城御殿屋敷城西櫓(砦)城代。次郎兵衛、二郎兵衛とも表記[3]。
 28  湯浅新六Wikipedia
湯浅 新六(ゆあさ しんろく)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。加治田城衣丸城代。実名は不明。
 29  大島光義Wikipedia
大島 光義(おおしま みつよし)は、戦国時代の武将、安土桃山時代から江戸時代初期の大名。弓の名手。美濃国関藩初代藩主。姓は大嶋とも記される。通称は複数伝わるが、大島 雲八(おおしま うんぱち)の名で知られる。
 30  佐藤継成Wikipedia
佐藤 継成(さとう つぐなり、元亀元年(1570年) - 寛永11年4月3日(1634年4月30日))は、戦国時代・江戸時代の武士、旗本寄合席。通称・勘右衛門、与兵衛。法名祖光。美濃国加治田出身。父は佐藤堅忠。妻は佐藤忠能の娘、後妻に遠山筑前守の娘、一柳五郎四郎の娘。子に佐藤成次、佐藤信成、佐藤吉成、娘(保田宗雪の妻)、娘(柘植宗次の妻)。
 31  井戸宇右衛門Wikipedia
井戸 宇右衛門(いど うえもん)は、安土桃山時代の武将。斎藤氏、森氏の家臣。
 32  白江権左衛門Wikipedia
白江 権左衛門(しろえ ごんざえもん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
 33  小森半平Wikipedia
小森 半平(こもり はんへい)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。美濃斎藤氏の家臣。加治田衆の一人。
 34  梶田直繁Wikipedia
梶田 直繁(かじた なおしげ)は、戦国時代の武将。
 35  岸信周Wikipedia
岸 信周(きし のぶちか)は、戦国時代の武将。通称は孫四郎、勘解由。美濃堂洞城城主で、父は佐藤信連。兄弟に信貞、子に信房、信清、信友等。
 36  岸信貞Wikipedia
岸 信房(きし のぶさだ、生年不詳 - 永禄8年8月28日(1565年9月22日))は、戦国時代の武将。通称は三郎兵衛。父・佐藤信連、兄弟に岸信周。子に岸新右衛門。山之上本地岸氏の祖。
88月28日生まれの人      
 37  梅村良澤Wikipedia
梅村 良澤(うめむら りょうたく、生没年不詳)は、戦国時代の隠士。岸良沢(きし りょうたく)とも。通称、良沢・崖良沢・号名、龍澤。美濃国加茂郡加治田城下の住人。一説には鵜沼城主大沢基康の家臣とも言われる。
 38  斎藤利治Wikipedia
斎藤 利治(さいとう としはる)は、戦国時代の武将。斎藤道三の末子といわれる。通称は新五郎、新五。諱は、長龍、長竜、利興ともいわれるが、『竜福寺文書』『宇津江文書』によれば利治が正しいとされる。
 39  斎藤市郎左衛門Wikipedia
斎藤 市郎左衛門(生没年不詳)は、美濃国加治田(現在の岐阜県加茂郡富加町加治田)出身の武将。通称、市右衛門、兵左衛門。斎宮と号す。祖父は斎藤道三、父、斎藤利治、母、佐藤忠能娘・正室院、兄斎藤義興。


 40  斎藤利堯Wikipedia
斎藤 利堯(さいとう としたか、生没年不詳)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は玄蕃。斎藤道三の子で、兄弟に義龍、孫四郎、喜平次、利治、濃姫。稲葉良通(一鉄)の甥にあたる。斎藤義龍の実兄弟である。
 41  金田英太郎Wikipedia
金田 英太郎(かねだ えいたろう、慶応元年(1865年)3月15日 - 昭和24年(1949年)7月10日)は、東京都出身の教育者。妻、勢以子夫人。
 42  斎藤義興Wikipedia
斎藤 義興(さいとう よしおき、生没年不詳)は、安土桃山時代の武将。諱は竜幸とも。父は斎藤利治。母は佐藤忠能の娘・正室院。通称は新五郎(進五とも)。弟に市右衛門。子は久兵衛[要出典]。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る