出身市町村別の有名人 >安芸高田市という出身市町村別の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「安芸高田市」という自治体出身の有名人の数:10人



スポンサーリンク


 1  田丸美寿々Wikipedia
田丸 美寿々(たまる みすず、1952年7月1日 - )は、日本のニュースキャスター、テレビ・アナウンサーである。日本ニュース時事能力検定協会理事、早稲田大学大学院政治学研究科非常勤講師。身長163cm[2]。
東京外国語大学出身      広島県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
7月1日生まれの人      1952年生まれの人      広島県出身の1952年生まれの人      
 2  中島敏文Wikipedia
中島 敏文(なかじま としふみ、1950年7月29日 - )はJRA・美浦トレーニングセンターに所属していた元騎手・元調教師である。中島啓之は実兄。
7月29日生まれの人      1950年生まれの人      広島県出身の1950年生まれの人      
 3  胡浜三郎Wikipedia
森 進伍(もり しんご、1947年5月22日 - )は、日本のものまねタレント、歌手。本名は胡濱勲(えびすはま いさお)。広島県安芸高田市出身。森進一のモノマネで知られている。
5月22日生まれの人      1947年生まれの人      広島県出身の1947年生まれの人      
 4  住吉正Wikipedia
住吉 正(すみよし ただし、1893年2月10日 - 1976年3月24日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。
2月10日生まれの人      1893年生まれの人      広島県出身の1893年生まれの人      
 5  毛利元就Wikipedia
毛利 元就(もうり もとなり)は、戦国時代の武将。
 6  毛利隆元Wikipedia
毛利 隆元(もうり たかもと)は、戦国時代の武将。安芸の守護大名、戦国大名。毛利家の当主。
 7  吉川元春Wikipedia
吉川 元春(きっかわ もとはる) / 毛利 元春(もうり もとはる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。毛利元就の次男。母は吉川国経の娘・妙玖。同母の兄弟に兄の毛利隆元、弟の小早川隆景、その他異母の兄弟が多くいる。
 8  小早川隆景Wikipedia
小早川 隆景(こばやかわ たかかげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。竹原小早川家第14代当主。後に沼田小早川家も継ぐ。
 9  毛利輝元Wikipedia
毛利 輝元(もうり てるもと)は、戦国時代後期(安土桃山時代)から江戸時代前期にかけての大名。安芸毛利氏の当主。
 10  咽声忠左衛門Wikipedia
咽声忠左衛門(のどごえ ちゅうざえもん)は、江戸時代の農民。江戸時代のはじめ、安芸国高田郡土師村(現在の広島県安芸高田市)で、用水路を開削するなどして尽力した人物。咽声は渾名であり、本名は忠左衛門。以後、用水路は300年以上に亘って守られた。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る