出身市町村別の有名人 >高梁市という出身市町村別の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「高梁市」という自治体出身の有名人の数:25人



スポンサーリンク


 1  平松伸二Wikipedia
平松 伸二(ひらまつ しんじ、1955年8月22日 - )は、日本の漫画家。岡山県高梁市出身、東京都葛飾区在住。血液型O型。妻は漫画原作者の安江うに。代表作に『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』『マーダーライセンス牙』など。
8月22日生まれの人      1955年生まれの人      岡山県出身の1955年生まれの人      
 2  葛城ユキWikipedia
葛城 ユキ(かつらぎ ゆき、1949年5月25日 - )は日本の歌手。ラジオシティレコード(後のアポロン音楽工業→エモーション、現:バンダイビジュアル) → テイチクレコード(現・テイチクエンタテインメント)、→ 東芝EMI(現・ユニバーサルミュージック)を経て、現在はインディーズで活動している。声量豊かな、独特のハスキーボイスを持ち味とする。
5月25日生まれの人      1949年生まれの人      岡山県出身の1949年生まれの人      
 3  平松政次Wikipedia
平松 政次(ひらまつ まさじ、1947年9月19日 - )は、岡山県高梁市出身のプロ野球選手(投手)、野球解説者。
9月19日生まれの人      1947年生まれの人      岡山県出身の1947年生まれの人      
 4  伊藤謙介Wikipedia
伊藤 謙介(いとう けんすけ、1937年12月17日 - )は日本の実業家。京セラ代表取締役社長や、同社代表取締役会長、京都パープルサンガ代表取締役会長などを務めた。
12月17日生まれの人      1937年生まれの人      岡山県出身の1937年生まれの人      
 5  野本真也Wikipedia
野本 真也(のもと しんや、1935年(昭和10年)10月12日 - )は、日本の神学者、聖書学者。専門は旧約聖書。Dr.theol.(神学博士)(ハンブルク大学、1966年)。岡山県高梁市出身。キリスト教徒。
同志社大学出身      岡山県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
10月12日生まれの人      1935年生まれの人      岡山県出身の1935年生まれの人      
 6  安本美典Wikipedia
安本 美典(やすもと びてん、1934年2月13日 - )は、日本の心理学者・日本史研究家(古代史)。文章心理学、計量比較言語学日本古代史の分野で著書及び論文がある。日本行動計量学会会員。
2月13日生まれの人      1934年生まれの人      岡山県出身の1934年生まれの人      
 7  水野晴郎Wikipedia
水野 晴郎(みずの はるお、1931年7月19日 - 2008年6月10日)は、日本の映画評論家、映画監督、タレント。倉敷芸術科学大学教授、大阪芸術大学客員教授。
7月19日生まれの人      1931年生まれの人      岡山県出身の1931年生まれの人      
 8  宮脇昭Wikipedia
宮脇 昭(みやわき あきら、1928年(昭和3年)1月29日 - )は、日本の生態学者、地球環境戦略研究機関国際生態学センター長、横浜国立大学名誉教授。
東京農工大学出身      岡山県出身の東京農工大学の出身者      全国の東京農工大学の出身者
1月29日生まれの人      1928年生まれの人      岡山県出身の1928年生まれの人      
 9  団藤重光Wikipedia
団藤 重光(だんどう しげみつ、正字体:團藤、1913年(大正2年)11月8日 - 2012年(平成24年)6月25日)は、日本の法学者。岡山県出身(ただし生まれは山口県)。東京大学名誉教授。1974–83年(昭和49–58年)最高裁判所判事。1981年(昭和56年)日本学士院会員。1987年(昭和62年)勲一等旭日大綬章。1995年(平成7年)文化勲章。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
11月8日生まれの人      1913年生まれの人      岡山県出身の1913年生まれの人      
 10  鶴見祐輔Wikipedia
鶴見 祐輔(つるみ ゆうすけ、1885年1月3日 - 1973年11月1日)は、日本の官僚・政治家・著述家。衆議院議員総選挙第16、19、20、21回当選。参議院議員選挙第3回当選。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1月3日生まれの人      1885年生まれの人      岡山県出身の1885年生まれの人      
 11  清水比庵Wikipedia
清水 比庵(しみず ひあん、1883年(明治16年)2月8日 - 1975年(昭和50年)10月24日)は、日本の歌人、書家、画家、政治家。本名は清水秀(しみず ひで)。号は他に匕舟、比舟、比安。晩年は「今良寛」と呼ばれた。
岡山大学出身      岡山県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
2月8日生まれの人      1883年生まれの人      岡山県出身の1883年生まれの人      
 12  児島虎次郎Wikipedia
児島虎次郎(こじま とらじろう、1881年(明治14年)4月3日 – 1929年(昭和4年)3月8日)は、日本の洋画家。
東京芸術大学出身      岡山県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
4月3日生まれの人      1881年生まれの人      岡山県出身の1881年生まれの人      
 13  綱島梁川Wikipedia
綱島 梁川(つなしま りょうせん、1873年(明治6年)5月27日 - 1907年(明治40年)9月14日)は、日本の宗教思想家、評論家。
65月27日生まれの人      1873年生まれの人      岡山県出身の1873年生まれの人      
 14  木口小平Wikipedia
木口 小平(きぐち こへい、明治5年8月8日(1872年9月10日) - 1894年(明治27年)7月29日)は、日清戦争で戦死した日本陸軍兵士。ラッパ手として、死しても口からラッパを離さなかったとされた。その逸話は明治35年から昭和20年まで小学校の修身教科書に掲載され、戦前の日本においては広く知られた英雄であった。
9月10日生まれの人      1872年生まれの人      岡山県出身の1872年生まれの人      
 15  留岡幸助Wikipedia
留岡幸助(とめおか こうすけ、1864年4月9日(元治元年3月4日) - 1934年(昭和9年)2月5日)は、日本の社会福祉の先駆者で、感化院(現在の児童自立支援施設のこと)教育の実践家。東京家庭学校、北海道家庭学校の創始者として知られる。石井十次、アリス・ペティ・アダムス、山室軍平とともに「岡山四聖人」と呼ばれる。
同志社大学出身      岡山県出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
4月9日生まれの人      1864年生まれの人      岡山県出身の1864年生まれの人      
 16  山田方谷Wikipedia
山田 方谷(やまだ ほうこく、文化2年2月21日(1805年3月21日) - 明治10年(1877年)6月26日)は、幕末期の儒家・陽明学者。名は球、通称は安五郎。方谷は号。備中聖人と称された。
3月21日生まれの人      1805年生まれの人      岡山県出身の1805年生まれの人      
 17  三島中洲Wikipedia
三島 中洲(みしま ちゅうしゅう、文政13年12月9日(1831年1月22日) - 大正8年(1919年)5月12日)は、江戸時代末期から大正時代の漢学者、東京高等師範学校教授、新治裁判所長、大審院判事、東京帝国大学教授、東宮御用掛、宮中顧問官、二松學舍大学の前身となる漢学塾二松學舍の創立者である。重野安繹、川田甕江とともに明治の三大文宗の一人に数えられる。正三位。大東文化協会初代理事長。
12月9日生まれの人      13年生まれの人      岡山県出身の13年生まれの人      
 18  中島重Wikipedia
中島 重(なかじま しげる[注 2]、1888年(明治21年)5月3日 - 1946年(昭和21年)5月29日)[2]は、日本の法学者、社会学者、キリスト教思想家。
東京帝国大学出身      岡山県出身の 東京帝国大学の出身者      全国の 東京帝国大学の出身者
 19  三村家親Wikipedia
三村 家親(みむら いえちか)は、戦国時代の備中国の大名。成羽城(鶴首城)主のちに備中松山城主。


 20  三村元親Wikipedia
三村 元親(みむら もとちか、生年未詳 - 天正3年6月2日(1575年7月9日))は、安土桃山時代の大名。備中松山城主。
36月2日生まれの人      
 21  三村親成Wikipedia
三村 親成(みむら ちかしげ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。備中国川上郡成羽郷の成羽城(鶴首城)主。後に備後福山藩家老三村家始祖。通称は孫兵衛、受領名は紀伊守。子孫に伝わる系図では「親重」とも。
 22  水谷勝宗Wikipedia
水谷 勝宗(みずのや かつむね)は、備中松山藩の第2代藩主。
 23  板倉勝静Wikipedia
板倉 勝静(いたくら かつきよ)は、幕末の江戸幕府の奏者番・寺社奉行・老中首座(筆頭)。備中松山藩の第7代藩主。板倉家宗家13代。
 24  初代米川文子Wikipedia
米川 文子(よねかわ ふみこ)は、地歌・生田流箏曲家の名跡。当代は二代目。
 25  小堀遠州Wikipedia
小堀 政一(こぼり まさかず)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名、茶人、建築家、作庭家、書家。備中松山藩第2代藩主、のち近江小室藩初代藩主。遠州流茶道の祖。一般には小堀 遠州(こぼり えんしゅう)の名で知られるが、「遠州」は武家官位の遠江守の唐名に由来する通称で後年の名乗り。幼名は作助、元服後は、正一、政一と改める。道号に大有宗甫、庵号に孤篷庵がある。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る