出身市町村別の有名人 >赤磐市という出身市町村別の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「赤磐市」という自治体出身の有名人の数:24人



スポンサーリンク


 1  小野敦生Wikipedia
小野 敦生(おの あつお、1979年5月24日 - )は、岡山県山陽町(現、赤磐市)出身のサッカー選手。
5月24日生まれの人      1979年生まれの人      岡山県出身の1979年生まれの人      
 2  宮下俊Wikipedia
宮下 俊(みやした しゅん、1978年4月25日 - )は、岡山県赤磐市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
4月25日生まれの人      1978年生まれの人      岡山県出身の1978年生まれの人      
 3  鼠先輩Wikipedia
鼠先輩(ねずみせんぱい、1973年4月5日 - )は、岡山県赤磐市(旧赤磐郡山陽町)出身のムード歌謡歌手、映像監督である。出生地は大阪府堺市。赤磐市立高陽中学校卒業、岡山県立備作高等学校(現・岡山県立和気閑谷高等学校)中退。
4月5日生まれの人      1973年生まれの人      岡山県出身の1973年生まれの人      
 4  岡本圭司Wikipedia
岡本 圭司(おかもと けいじ、1967年7月9日 - )は、岡山県赤磐郡山陽町(現:赤磐市)出身の元プロ野球選手。
近畿大学出身      岡山県出身の近畿大学の出身者      全国の近畿大学の出身者
7月9日生まれの人      1967年生まれの人      岡山県出身の1967年生まれの人      
 5  岡本圭治Wikipedia
岡本 圭治(おかもと けいじ、1967年7月9日 - )は、岡山県赤磐郡山陽町(現:赤磐市)出身の元プロ野球選手。
7月9日生まれの人      1967年生まれの人      岡山県出身の1967年生まれの人      
 6  藤原浩Wikipedia
藤原 浩(ふじわら ひろし、本名同じ、1960年(昭和35年)6月23日 - )は、日本の演歌歌手。岡山県赤磐市(旧:赤磐郡吉井町)出身。身長178cm、血液型B型。
1960年生まれの人      岡山県出身の1960年生まれの人      
 7  安達憲忠Wikipedia
安達 憲忠(あだち けんちゅう/のりただ、安政4年8月3日(1857年9月20日) - 昭和5年(1930年)12月2日)は、備前国赤坂郡小野田村(現・赤磐市熊山町)出身の社会実業家。東京市養育院幹事。
8月3日生まれの人      1934年生まれの人      岡山県出身の1934年生まれの人      
 8  永瀬清子Wikipedia
永瀬 清子(ながせ きよこ、1906年(明治39年)2月17日 - 1995年(平成7年)2月17日)は、日本の詩人。岡山県赤磐郡豊田村(現赤磐市)出身。幼年期は石川県金沢市で過ごす。愛知県立第一高等女学校(後の愛知県立明和高等学校)卒業。本名は永瀬 清。
2月17日生まれの人      1906年生まれの人      岡山県出身の1906年生まれの人      
 9  直原玉青Wikipedia
直原 玉青(じきはら ぎょくせい、1904年8月1日 - 2005年9月30日)は、日本の画家、禅僧、俳人。
8月1日生まれの人      1904年生まれの人      岡山県出身の1904年生まれの人      
 10  今井田清徳Wikipedia
今井田 清徳(いまいだ きよのり、1884年2月1日 - 1940年5月8日)は、日本の逓信官僚、政治家。貴族院議員、朝鮮総督府政務総監、逓信次官。
2月1日生まれの人      1884年生まれの人      岡山県出身の1884年生まれの人      
 11  井出台水Wikipedia
井出 台水(いで だいすい、本名・井出治、1865年4月29日(慶応元年4月5日) - 1950年(昭和25年)8月1日)は、岡山県出身の日本の俳人、陸軍軍人。最終階級は陸軍主計総監(中将相当官)。別号に彭洋。
4月29日生まれの人      1865年生まれの人      岡山県出身の1865年生まれの人      
 12  入江武一郎Wikipedia
入江 武一郎(いりえ ぶいちろう、文久3年2月27日(1863年4月14日) - 昭和8年(1933年)7月20日[3])は、日本の衆議院議員(憲政本党→立憲国民党)。弁護士。
4月14日生まれの人      1863年生まれの人      岡山県出身の1863年生まれの人      
 13  明石全登Wikipedia
明石 全登/景盛/守重(あかし たけのり[注釈 3] / かげもり / もりしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。諱は複数伝わり、定かではないが、「明石全登」の名が一番有名。全登は法号で「ぜんとう」と読むとする説、霊名からの「じゅすと」と読むとする説もある。通称は掃部(かもん)で、明石掃部とも言う。宣教師を自分の屋敷に住まわせて保護するほどの熱烈なキリシタンであった。 岡山県瀬戸内市邑久町虫明
 14  安達直理Wikipedia未登録
元県議会議員、元軽部村長
 15  生本實Wikipedia未登録
実業家みのる産業創業者
 16  生本伝九郎Wikipedia未登録
官吏
 17  植木是水Wikipedia未登録
学者
 18  浮田源三兵衛Wikipedia未登録
熊山城主
 19  内田七郎作Wikipedia未登録
風流人


 20  遠藤修理Wikipedia未登録
武士
 21  大石廉Wikipedia未登録
政治家、元衆議院議員
 22  大久保重五郎Wikipedia未登録
園芸家
 23  太田宜軒Wikipedia未登録
漢学者
 24  岡崎網五郎Wikipedia未登録
弁護士、元岡山県議会議員


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る