出身市町村別の有名人 >新得町という出身市町村別の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「新得町」という自治体出身の有名人の数:6人



スポンサーリンク


 1  道下大樹Wikipedia
道下大樹(みちした だいき、1975年12月24日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。元北海道議会議員(3期)。
12月24日生まれの人      1975年生まれの人      北海道出身の1975年生まれの人      
 2  宗像記子Wikipedia
宗像 記子(むなかた のりこ、1974年1月30日 - )は、スピードスケート選手。北海道新得町出身。
1月30日生まれの人      1974年生まれの人      北海道出身の1974年生まれの人      
 3  宮下奈都Wikipedia
宮下 奈都(みやした なつ、1967年 - )は日本の小説家。福井県福井市生まれ[3]。福井県立高志高等学校卒業[4]。上智大学文学部哲学科卒業[5]。2004年、3人目の子供を妊娠中に執筆した「静かな雨」が第98回文學界新人賞佳作に入選し、小説家デビュー[6][7]。2010年、「よろこびの歌」が第26回坪田譲治文学賞の候補となる[8]。2012年、『誰かが足りない』が第9回本屋大賞で第7位を受賞する[9]。2013年より1年間、北海道新得町に家族5人で山村留学を経験[10]。2016年、『羊と鋼の森』で第154回直木三十五賞候補、第13回本屋大賞受賞。幼い頃に読んだ本で、特に好きだったものは、佐藤さとる『だれも知らない小さな国』だという[11]。
1967年生まれの人      北海道出身の1967年生まれの人      
 4  藤本幸久Wikipedia
藤本 幸久(ふじもとゆきひさ、1954年 - )は、三重県生まれの映画監督。北海道在住。
1954年生まれの人      北海道出身の1954年生まれの人      
 5  菊地敬一Wikipedia
菊地敬一(きくち けいいち、1948年2月12日 - )は、日本の実業家。ヴィレッジヴァンガード代表取締役会長。
2月12日生まれの人      1948年生まれの人      北海道出身の1948年生まれの人      
 6  高橋英夫Wikipedia
高橋 英夫(たかはし ひでお、1919年1月3日 - 2013年8月9日)は、日本の元騎手(中山競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会)、元調教師(日本中央競馬会)。義父の鈴木信太郎は元調教師(日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会)息子の高橋祥泰は調教師(日本中央競馬会〈JRA〉)。北海道上川郡屈足村(現・新得町)出身。
1月3日生まれの人      1919年生まれの人      北海道出身の1919年生まれの人      


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る