新潟県出身で1931年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「新潟県出身で1931年生まれ」の有名人の数:8人



スポンサーリンク


格闘技
 1  金子繁治    燕市Wikipedia
金子 繁治(かねこ しげじ、男性、1931年8月13日 - 2016年1月2日)は、日本の元プロボクサー、プロモーター。新潟県燕市出身。


漫画家・イラスト・ゲーム
 2  寺田ヒロオ    新潟市(旧・西蒲原郡巻町)Wikipedia
寺田 ヒロオ(てらだ ヒロオ、本名:寺田博雄、1931年8月4日 - 1992年9月24日)は、日本の漫画家。新潟県西蒲原郡巻町(現:新潟市西蒲区)生まれ、新発田市出身。男性。新漫画党総裁。愛称は「寺さん」「テラさん」。


作家・小説家・エッセイ・文筆・翻訳家・編集者
 3  若山三郎    Wikipedia
若山 三郎(わかやま さぶろう、1931年3月16日 - 2009年10月1日 )は日本の小説家。
明治大学出身      新潟県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者


経営者・実業家
 4  佐久間曻二    上越市Wikipedia
佐久間 曻二(さくま しょうじ、1931年11月23日 - )は、日本の実業家。WOWOW代表取締役会長兼最高経営責任者などを務め、経営危機にあった同社の再建を行った。


学者・教授・准教授
 5  大場建治    Wikipedia
大場 建治(おおば けんじ、1931年7月2日 - )は、英文学者、明治学院大学名誉教授、元学長。
 6  後藤鉄男    新潟市Wikipedia
後藤 鉄男(ごとう てつお、1931年? - 1982年12月16日)は、日本の物理学者。素粒子論および場の量子論を専攻。1970年に南部陽一郎が弦理論を提唱した後、南部と独立に南部-後藤のラグランジアン(南部=後藤作用)を提案した。
新潟大学出身      新潟県出身の新潟大学の出身者      全国の新潟大学の出身者
 7  武田隆二    Wikipedia
武田 隆二(たけだ りゅうじ、1931年10月11日 - 2009年2月15日)は会計学者。神戸大学名誉教授・大阪学院大学名誉教授。経営学博士(神戸大学)。会計学界において、神戸会計学派に属す武田会計理論(武田会計学)を構築したといわれている。最近の社会的働きとして、大企業(特に上場企業)に適用される会計基準(国際会計基準IAS・国際財務報告基準IFRSを含む)とは別の、中小企業に適した中小会社会計基準の設定の重要性を指摘し、制度化に貢献した。
横浜国立大学出身      新潟県出身の横浜国立大学の出身者      全国の横浜国立大学の出身者
 8  田中圭一    佐渡市Wikipedia
田中 圭一(たなか けいいち、1931年3月15日 - 2018年4月4日)は日本近世史学者。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る