新潟県出身で1906年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「新潟県出身で1906年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


宝塚・女優・俳優・声優・ナレーター・歌舞伎・能楽・狂言
 1  三島雅夫    長岡市(旧・与板町)Wikipedia
三島 雅夫(みしま まさお、1906年(明治39年)1月2日 - 1973年(昭和48年)7月18日)は、日本の俳優。
法政大学出身      新潟県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者


格闘技
 2  越ノ海東治郎    糸魚川市Wikipedia
越ノ海 東治郎(こしのうみ とうじろう、1906年7月1日 - 1973年1月23日)は、新潟県西頸城郡根知村(現:新潟県糸魚川市)出身の元大相撲力士。本名は渡邊 東治郎(わたなべ とうじろう)(旧姓:加藤)。


経営者・実業家
 3  庭野日敬    十日町市Wikipedia
庭野 日敬(にわの にっきょう、1906年(明治39年)11月15日 - 1999年(平成11年)10月4日、改名前は庭野鹿蔵)は、日本の宗教家で仏教系新宗教の在家教団立正佼成会の開祖(初代)会長。彼は立正佼成会を創立し、一代で一時期は信者公称約170万世帯700万人以上を擁する大教団に育てた。 また1979年(昭和54年)「宗教界のノーベル賞」といわれるテンプルトン賞の日本人初の受賞者でもある。
 4  曾我正史    新潟市Wikipedia
曾我 正史(そが まさし、1906年3月9日 - 1987年3月4日)は、日本の映画プロデューサー、実業家、映画監督、脚本家である[3][4][5][6]。旧芸名曾我 正男(そが まさお)、映画監督としては振津 嵐峡(ふりつ らんきょう)を名乗った[3][5]。戦後、大映専務取締役、東京第一フィルム代表取締役等を歴任した。


評論家
 5  坂口安吾    新潟市Wikipedia
坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。
東洋大学出身      新潟県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者


俳人・歌人・詩人・歌人
 6  石塚友二    Wikipedia
石塚 友二(いしづか ともじ、1906年9月20日 – 1986年2月8日)は、新潟県出身の俳人・小説家・編集者。石田波郷の「鶴」二代目主宰。本名は友次。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る