広島県出身で1902年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「広島県出身で1902年生まれ」の有名人の数:16人



スポンサーリンク


宝塚・女優・俳優・声優・ナレーター・歌舞伎・能楽・狂言
 1  岡田嘉子    広島市Wikipedia
岡田 嘉子(おかだ よしこ、1902年4月21日 - 1992年2月10日)は、日本生まれの女優、アナウンサー。
女子美術大学出身      広島県出身の女子美術大学の出身者      全国の女子美術大学の出身者


演奏家・作詞家・作曲家・ミュージシャン
 2  坊田かずま    熊野町Wikipedia
坊田 かずま(坊田 寿眞、ぼうた かずま、1902年(明治35年)10月10日 - 1942年(昭和17年)2月3日)は、日本の作曲家である。日本の教育の器楽合奏の先駆者でもある。
 3  紙恭輔     広島市Wikipedia
紙 恭輔(かみ きょうすけ、1902年9月3日 - 1981年3月24日)は、日本初の本格的ジャズプレーヤー[2]。作曲家、指揮者。日本のジャズ・軽音楽・映画音楽の草分け[3][4][5]。広島県広島市大手町(現在の同市中区大手町)生まれ。岳父は貴族院議員男爵、日本橋簡易商業夜学校(現在の中央学院大学)初代校長南岩倉具威。


舞台・演劇・映画・ドラマ・脚本・プロデューサー・ディレクター
 4  田坂具隆    Wikipedia
田坂 具隆(たさか ともたか、明治35年(1902年)4月14日 - 昭和49年(1974年)10月17日)は、日本の映画監督。広島県出身。
 5  印南弘    Wikipedia
印南 弘(いんなみ ひろし、1902年 - 1938年9月13日)は、日本の映画監督、脚本家である[2][3][4][5][6]。サイレント映画の時代にモダンな現代劇を得意とした。
 6  柳井隆雄     福山市Wikipedia
柳井 隆雄(やない たかお、 1902年2月15日 - 1981年5月30日)は、広島県福山市出身の脚本家。 


経営者・実業家
 7  宮森和夫     三原市Wikipedia
宮森 和夫(みやもり かずお、1902年9月17日 - 1988年1月9日)は、日本の実業家。元丸善石油(現コスモ石油)社長、会長。広島県三原市出身。1971年、藍綬褒章受章。
明治大学出身      広島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者


官僚
 8  小野吉郎     広島市Wikipedia
小野 吉郎(おの きちろう、1902年1月2日 - 2006年4月)は、昭和期の逓信官僚。元郵政事務次官、日本放送協会(NHK)第11代会長。広島県広島市出身。
九州大学出身      広島県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者


学者・教授・准教授
 9  宇城カ子     神石郡神石町Wikipedia
宇城 カ子(うしろ かね、1902年(明治35年)2月6日 - 2003年(平成15年)12月8日)は、日本の教育者。東筑紫学園、学校法人東筑紫学園創設者。広島県神石郡神石町(現在の神石高原町)生まれ。
 10  山本空外    広島市Wikipedia
山本 空外(やまもと くうがい、1902年9月13日 - 2001年8月7日)は、哲学者、浄土宗の僧。
 11  小林正次     府中市他Wikipedia
小林 正次(こばやし まさつぐ、1902年8月16日 - 1975年10月31日)は、日本の技術者、工学博士。元日本電気(NEC)専務取締役。元慶應義塾大学工学部教授。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 12  宮地政司     因島市Wikipedia
宮地 政司(みやじ まさし、1902年10月7日 - 1986年10月11日)は広島県因島市(現・尾道市)出身の日本の天文学者、理学博士。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


画家・写真家・書道家・彫刻家・陶芸家
 13  中藤敦    広島市Wikipedia
中藤 敦(なかふじ あつし、1902年10月15日 - 1966年10月18日)は関西で活躍した写真家である。 キリスト教の伝道師から 転職後、小石清との出会いにより、1937年(昭和13年)に、浪華写真倶楽部に入会し、戦時中は、小石清らと共に内閣情報局の元で報道写真家協会に所属し、報道写真を撮った。特に戦後の浪華写真倶楽部再建を花和銀吾、田中正規、本庄光郎らと共に労し、復活させた一人である。小石清、安井仲治等から指導・刺激を受け、独自のゴム印画を制作した。


政治家・議員・首長
 14  石田一松     安芸郡府中町Wikipedia
石田 一松(いしだ いちまつ、本名同じ、1902年11月18日 - 1956年1月11日)は、広島県安芸郡出身の演歌師、演歌歌手。作詞家、作曲家。お笑いタレントで、吉本興業(東京吉本)所属。戦前の一時期、石田一涙と藝名を名乗る。戦後は並行して政治家、衆議院議員を務め、タレント議員・第一号とされる。法政大学卒業。身長五尺四寸、体重十七貫。(自著記載より) なおなぎら健壱は彼の孫弟子にあたる[2][3]。  
法政大学出身      広島県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者


評論家
 15  薄田太郎    広島市Wikipedia
薄田 太郎(すすきだ たろう、1902年11月1日 - 1967年4月23日)はNHKの元アナウンサー、郷土史家、大衆芸能評論家。NHK広島局の初代アナウンサーであり、戦前の広島市の大衆文化史を記録した『がんす横丁』の著者として知られる。


宗教家・思想家・運動家
 16  大内義直    広島市Wikipedia
大内 義直(おおうち よしなお、明治35年(1902年)6月20日 - 昭和47年(1972年)12月3日)は、広島県の教育者、浄土真宗本願寺派僧侶。広島女子商学園第5代校長を務めた。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る