岡山県出身で1883年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「岡山県出身で1883年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


軍人
 1  土肥原賢二    Wikipedia
土肥原 賢二(どいはら けんじ、明治16年(1883年)8月8日 - 昭和23年(1948年)12月23日)は、日本の陸軍軍人。謀略部門のトップとして満州国建国及び華北分離工作に中心的役割を果たす。昭和20年4月には、陸軍三長官(陸軍大臣、参謀総長、教育総監)の一つ、教育総監も務めた。敗戦後、三長官会議で東久邇宮内閣の陸軍大臣に推挙されたが、下村定が就任。


学者・教授・准教授
 2  大賀一郎    岡山市Wikipedia
大賀 一郎(おおが いちろう、1883年(明治16年)4月28日 - 1965年(昭和40年)6月15日)は日本の植物学者。


研究者・研究家・発明家
 3  川村多実二    津山市Wikipedia
川村 多実二(かわむら たみじ、1883年5月4日 - 1964年12月16日[† 1])は日本の動物学者。岡山県津山市出身。河川・湖沼をふくむ淡水域の生物学を創始。動物生態学や動物心理学などが研究の中心で、多くの研究者を育成したが、一般には鳥類の研究でより知られている。日本野鳥の会京都支部初代支部長でもあり、京都大学総合博物館や大阪市立自然史博物館には、川村が収集した日本周辺産と北米産の鳥類コレクションなどが所蔵されている。実兄は植物学者(キノコが中心)の川村清一。実弟は生理学者の福田邦三。
東京帝国大学出身      岡山県出身の東京帝国大学の出身者      全国の東京帝国大学の出身者


画家・写真家・書道家・彫刻家・陶芸家・漆芸家・工芸家
 4  正宗得三郎    備前市Wikipedia
正宗 得三郎(まさむね とくさぶろう、明治16年(1883年)8月21日 - 昭和37年(1962年)3月14日)は、日本の洋画家。
東京芸術大学出身      岡山県出身の東京芸術大学の出身者      全国の東京芸術大学の出身者
 5  吉田苞    岡山市Wikipedia
吉田 苞(よしだ しげる、1883年4月25日 - 1953年4月27日)は、日本の洋画家。岡山県上道郡八幡(現、岡山市東区上道)生まれ。


俳人・歌人・詩人・歌人
 6  清水比庵    高梁市Wikipedia
清水 比庵(しみず ひあん、1883年(明治16年)2月8日 - 1975年(昭和50年)10月24日)は、日本の歌人、書家、画家、政治家。本名は清水秀(しみず ひで)。号は他に匕舟、比舟、比安。晩年は「今良寛」と呼ばれた。
岡山大学出身      岡山県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る