埼玉県出身で1866年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,856人
このサイトに登録されている「埼玉県出身で1866年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


経営者・実業家
 1  諸井春畦    本庄市Wikipedia
諸井 春畦(もろい しゅんけい、1866年(慶応2年) - 1919年(大正8年)5月9日)は、明治期から大正期にかけての実業家、書家。諱は直行、字は習郷、通称は時三郎。春畦は号である。


学者・教授・准教授
 2  本多静六    久喜市Wikipedia
本多 静六(ほんだ せいろく、慶応2年7月2日(1866年8月11日) - 昭和27(1952年)1月29日)は、日本の林学博士、造園家、株式投資家。日本の「公園の父」といわれる。旧名、折原静六。
 3  三島通良    川越市Wikipedia
三島 通良(みしま みちよし、1866年7月17日(慶応2年6月6日) - 1925年(大正14年)3月9日)は、明治から大正期にかけての日本の衛生学者、医師。文部省からの委嘱により日本の児童の調査を行い、日本独自の学校衛生を提唱、推進した。また、母子衛生法の改良、三島式種痘法の発明などを行った。しばしば「日本の学校衛生の生みの親」と称される。号は静堂。
 4  尾高次郎    深谷市Wikipedia
尾高 次郎(おだか じろう、1866年4月2日(慶応2年2月17日) - 1920年(大正9年)2月4日)は、日本の実業家、漢学者。南洋殖産や、武州銀行(現埼玉りそな銀行)を設立するなどし、岳父渋沢栄一の下で銀行家として活躍した。


政治家・議員・首長
 5  粕谷義三    入間市Wikipedia
粕谷 義三(かすや ぎぞう、慶応2年8月15日(1866年9月23日)-昭和5年(1930年)5月4日)は、明治から昭和期の政治家。号は竹堂。
 6  大沢寅次郎    長瀞町Wikipedia
大沢 寅次郎(大澤、おおさわ とらじろう、1866年1月3日(慶応元年11月17日)- 1953年(昭和28年)10月12日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議員、埼玉県秩父郡白鳥村長。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る