大分県出身で東京帝国大学の出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:70,883人
このサイトに登録されている「大分県出身で東京帝国大学」の出身の有名人の数:3人



スポンサーリンク


学者・教授・准教授
 1  大石泰彦    中津市Wikipedia
大石 泰彦(おおいし やすひこ、1922年7月21日 - 2014年1月16日)は、日本の経済学者。専門は近代経済学(厚生経済学、交通問題)。位階は正四位。学位は経済学博士(東京大学、1961年)。日本会議代表委員。
1922年7月21日生まれ      7月21日生まれの人      大分県出身の1922年生まれの人      
 2  吉丸一昌    臼杵市Wikipedia
吉丸 一昌(よしまる かずまさ、1873年9月15日 - 1916年3月7日)は、日本の作詞家、文学者、教育者。代表作は『早春賦』など。東京府立第三中学校教諭、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)教授。大分県北海部郡海添村(現臼杵市海添)出身。
1873年9月15日生まれ      9月15日生まれの人      大分県出身の1873年生まれの人      


研究者・研究家・発明家
 3  野上豊一郎    臼杵市Wikipedia
野上豊一郎(のがみ とよいちろう、1883年9月14日 - 1950年2月23日)は、日本の英文学者、能楽研究者。臼川(きゅうせん)と号する。法政大学総長を務め、能研究の発展にも多大な寄与をした。
1883年9月14日生まれ      9月14日生まれの人      大分県出身の1883年生まれの人      


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 星座編

日本人の名前(ファーストネーム)





スポンサーリンク




TOPへ戻る