職業別の有名人出身都道府県 >語学者という職業の出身県別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:49,242人
このサイトに登録されている有名人の「語学者」という職業の有名人の数:75人


スポンサーリンク


北海道
 1  田中菊雄    北海道    小樽市Wikipedia
田中 菊雄(たなか きくお、1893年11月19日 - 1975年3月29日)は、日本の英語学者、英和辞典編纂者である。
 2  知里真志保    北海道    登別市Wikipedia
知里 真志保(ちり ましほ、1909年2月24日 - 1961年6月9日)は、アイヌの言語学者。文学博士。専攻はアイヌ語学。姉は、『アイヌ神謡集』の著者・知里幸恵。大学での指導教授は、金田一京助。北海道幌別町字登別町(現在の登別市)出身。
東京大学出身      北海道出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


岩手県
 3  鈴木孝夫    岩手県    Wikipedia
鈴木 孝夫(すずき たかお、1926年〈大正15年〉11月9日 - )は、日本の言語学者・評論家。慶應義塾大学名誉教授。(財)日本野鳥の会顧問。谷川雁研究会特別顧問。国際文化フォーラム顧問。
 4  大槻文彦    岩手県    Wikipedia
大槻 文彦(おおつき ふみひこ、弘化4年11月15日(1847年12月22日) - 1928年2月17日)は、日本の国語学者。明六社会員。帝国学士院会員。本名は清復、通称は復三郎、号は復軒。
 5  大槻文彦    岩手県    Wikipedia
大槻 文彦(おおつき ふみひこ、弘化4年11月15日(1847年12月22日) - 1928年2月17日)は、日本の国語学者。明六社会員。帝国学士院会員。本名は清復、通称は復三郎、号は復軒。
 6  金田一京助    岩手県    Wikipedia
金田一 京助(きんだいち きょうすけ、1882年(明治15年)5月5日 - 1971年(昭和46年)11月14日)は、日本の言語学者、民俗学者。アイヌ語の研究で有名で、彼の成し遂げた研究は「金田一学」と総称されている。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1882年5月5日生まれ      5月5日生まれの人      岩手県出身の1882年生まれ      世界の1882年生まれの人


宮城県
 7  斎藤秀三郎    宮城県    Wikipedia
斎藤 秀三郎(さいとう ひでさぶろう、1866年2月16日(慶応2年1月2日) - 1929年(昭和4年)11月9日は、明治・大正期を代表する英語学者・教育者。宮城県仙台市出身。
 8  落合直文    宮城県    Wikipedia
落合 直文(おちあい なおぶみ、1861年12月16日(文久元年11月15日) - 1903年(明治36年)12月16日)は、日本の歌人、国文学者。元の名は鮎貝盛光といい、朝鮮語学者の鮎貝房之進は実弟。
二松學舍大学出身      宮城県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 9  山田みづえ    宮城県    Wikipedia
山田 みづえ(やまだ みづえ、1926年7月12日 - 2013年5月18日)は、日本の俳人。宮城県仙台市生まれ。国語学者・山田孝雄の次女[1]。兄に山田忠雄、山田俊雄らがいる。宇治山田高等女学校(現・三重県立宇治山田高等学校)卒。1957年、石田波郷に師事。俳誌「鶴」を経て、1979年に「木語」を創刊、主宰。同誌は2004年に終刊。門下に石田郷子、本郷をさむなどがいる。1968年、「梶の花」50句で第14回角川俳句賞、1976年、句集『木語』にて第15回俳人協会賞受賞。他の句集に『忘』『木語』『手甲』『草譜』『昧爽』『中今』などがある。2013年5月18日、老衰の為に他界[2]。86歳没。


秋田県
 10  工藤力男    秋田県    秋田市Wikipedia
工藤力男(くどう りきお、1938年 - )は、日本の日本語学者。


山形県
 11  三矢重松    山形県    Wikipedia
三矢 重松(みつや しげまつ 明治4年11月29日(1872年1月19日) - 大正13年(1924年)7月18日)は、日本の国語学者・国文学者。文学博士。國學院大學教授。折口信夫の師。弟に三矢宮松がいる。
國學院大學出身      山形県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
 12  井上史雄    山形県    Wikipedia
井上 史雄(いのうえ ふみお、1942年5月17日 - )は、日本の言語学者、東京外国語大学名誉教授。明海大学名誉教授。 山形県鶴岡市出身。
東京外国語大学出身      山形県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
 13  渡部昇一    山形県    Wikipedia
渡部 昇一(わたなべ しょういち、1930年(昭和5年)10月15日 - )は、日本の英語学者、評論家。上智大学名誉教授。専攻は英語文法史。学位はミュンスター大学(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学)博士。称号・名誉学位はミュンスター大学(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学)名誉博士。公益財団法人日本財団評議員[1]。


福島県
 14  岩淵悦太郎    福島県    Wikipedia
岩淵 悦太郎(いわぶち えつたろう、1905年12月14日 - 1978年5月19日)は、日本の国語学者。
静岡大学出身      福島県出身の静岡大学の出身者      全国の静岡大学の出身者


茨城県
 15  村山七郎    茨城県    Wikipedia
村山 七郎(むらやま しちろう、1908年 - 1995年)は、日本の言語学者。茨城県生まれ。順天堂大学教授、ルール大学(旧西ドイツ)客員教授、九州大学教授を経て京都産業大学教授。 日本語の起源が、アルタイ諸語(特にツングース諸語)とオーストロネシア諸語(w:Austronesian languages)の混合言語に起源するという説を展開した。


群馬県
 16  角田太作    群馬県    Wikipedia
角田 太作(つのだ たさく、1946年 - )は、日本の言語学者。群馬県勢多郡赤城村(現・渋川市)出身。専門はオーストラリア先住民の言語、類型論、危機言語。


埼玉県
 17  伊井圭    埼玉県    深谷市Wikipedia
伊井 圭(いい けい、1948年8月 - 2014年12月[1] )は日本の小説家、推理作家。埼玉県深谷市生まれ。1996年、石川啄木を探偵役、言語学者の金田一京助を助手役に据えた短編推理小説「高塔奇譚」で第3回創元推理短編賞を受賞しデビューした。
 18  安藤正次    埼玉県    Wikipedia
安藤 正次(あんどう まさつぐ、1878年9月13日 - 1952年11月18日)は、日本の国語学者。元台北帝国大学総長、東洋大学教授、文部省国語審議会会長。
皇學館大学出身      埼玉県出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
 19  石井博    埼玉県    Wikipedia
石井 博(いしい ひろし、1931年 - )は、日本の言語学者、英文学者、詩人。早稲田大学名誉教授。
 20  佐伯梅友    埼玉県    Wikipedia
佐伯 梅友(さえき うめとも、1899年1月13日 - 1994年10月12日)は、日本の国語学者。


東京都
 21  矢崎滋    東京都    Wikipedia
矢崎 滋(やざき しげる、1947年9月2日 - )は、日本の俳優、プロ落語家。東京都出身。身長は、173cm。体重は、65kg。血液型はAB型。父は言語学者でアンデルセンの翻訳家としても知られる元東京教育大学教授の矢崎源九郎。叔父は法哲学者で大阪大学名誉教授の矢崎光圀。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


神奈川県
 22  岡倉由三郎    神奈川県    横浜市Wikipedia
岡倉 由三郎(おかくら よしざぶろう、慶応4年2月22日(1868年3月15日) - 昭和11年(1936年)10月31日)は、日本の英語学者。


新潟県
 23  北原保雄    新潟県    Wikipedia
北原 保雄(きたはら やすお、1936年8月4日[1]- )は日本の国語学者・言語学者。筑波大学名誉教授・元学長、独立行政法人日本学生支援機構理事長、文化審議会委員(国語分科会会長)。
東京教育大学出身      新潟県出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者
 24  司馬凌海    新潟県    佐渡市(旧真野町)Wikipedia
司馬 凌海(しば りょうかい、天保10年11月28日(1840年1月2日) - 明治12年(1879年)3月11日)は、医学者・語学者。愛知医学校校長。佐渡島真野町新町(現:新潟県佐渡市真野新町)生まれ。諱は盈之(みつゆき)、凌海は通称。幼名、島倉伊之助。


富山県
 25  奥田靖雄    富山県    富山市Wikipedia
奥田 靖雄(おくだ やすお、1919年10月19日 - 2002年3月22日)は、日本の言語学者、国語教育の理論家・指導者。本名は布村政雄。富山県富山市出身。日露協会立専門学校ハルピン学院を卒業、建国大学研究院助手。戦前は民族学を専攻したが、戦後、言語学に転じ、言語学研究会および教育科学研究会・国語部会を指導。宮城教育大学教授を経て、名誉教授。文学博士。
 26  真田信治    富山県    南砺市(旧上平村)Wikipedia
真田 信治(さなだ しんじ、1946年2月24日 - )は、日本の日本語学者。大阪大学名誉教授。文学博士(大阪大学、1990年)[1]。専門は日本語学・方言学・社会言語学。
東北大学出身      富山県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 27  山田孝雄    富山県    富山市Wikipedia
山田 孝雄(やまだ よしお、1873年(明治6年)5月10日(実際には1875年(明治8年)8月20日) - 1958年(昭和33年)11月20日)は、日本の国語学者。
皇學館大学出身      富山県出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者
1873年5月10日生まれ      5月10日生まれの人      富山県出身の1873年生まれ      世界の1873年生まれの人


福井県
 28  橋本進吉    福井県    Wikipedia
橋本 進吉(はしもと しんきち、1882年12月24日 - 1945年1月30日)は、日本の言語学者・国語学者。
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1882年12月24日生まれ      12月24日生まれの人      福井県出身の1882年生まれ      世界の1882年生まれの人


山梨県
 29  矢崎源九郎    山梨県    Wikipedia
矢崎 源九郎(やざき げんくろう、1921年3月26日 - 1967年2月23日)は、日本の言語学者、北欧文学者、翻訳家。
1921年3月26日生まれ      3月26日生まれの人      山梨県出身の1921年生まれ      世界の1921年生まれの人
 30  矢崎光圀    山梨県    Wikipedia
矢崎 光圀(やさき みつくに、1923年(大正12年)11月29日 - 2004年9月13日)は、日本の法哲学者、大阪大学名誉教授。法学博士(東京大学、1968年)(学位論文「法実証主義-現代におけるその意味と機能-」)。正四位勲三等旭日中綬章。山梨県中巨摩郡若草村(旧若草町、後の南アルプス市)生まれ。言語学者・翻訳家の矢崎源九郎は兄。
東京大学出身      山梨県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


長野県
 31  春日政治    長野県    Wikipedia
春日 政治(かすが まさじ、1878年4月1日 – 1962年6月30日)は、日本の国語学者。平安時代初期の古経典から仮名や古訓点の研究に業績を残し、訓点語学の基礎を築いた。
 32  傳田章    長野県    Wikipedia
傳田 章(でんだ あきら、1933年5月20日 - )は、日本の中国文学者・中国語学者。東京大学名誉教授。放送大学名誉教授
 33  西尾実    長野県    Wikipedia
西尾 実(にしお みのる、1889年5月14日 - 1979年4月16日)は、日本の国文学者、国語教育学者、国語学者。
1889年5月14日生まれ      5月14日生まれの人      長野県出身の1889年生まれ      世界の1889年生まれの人
 34  馬瀬良雄    長野県    Wikipedia
馬瀬 良雄(ませ よしお、1927年3月3日 - 2014年10月8日)は、日本の日本語学者。信州大学名誉教授。専門は音韻論・音声学・方言学。長野県松本市生まれ。
 35  松村一登    長野県    Wikipedia
松村一登(まつむら かずと、1953年1月20日 - )は、日本の言語学者、東京大学教授。ウラル語、コーパス研究が専門。
 36  倉島長正    長野県    Wikipedia
倉島 長正(くらしま ながまさ、1935年2月16日 - )は、日本の日本語学者。
 37  池上岑夫    長野県    伊那市Wikipedia
池上 岑夫(いけがみ みねお、1935年6月9日 - )は、日本の言語学者、ポルトガル語、ロマンス語の研究者、東京外国語大学名誉教授。
東京外国語大学出身      長野県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者


静岡県
 38  新村出    静岡県    静岡市Wikipedia
新村 出(しんむら いずる、1876年(明治9年)10月4日 - 1967年(昭和42年)8月17日)は、日本の言語学者、文献学者。京都大学教授・名誉教授で、ソシュールの言語学の受容やキリシタン語の資料研究などを行った日本人の草分けである。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1876年10月4日生まれ      10月4日生まれの人      静岡県出身の1876年生まれ      世界の1876年生まれの人
 39  畠山雄二    静岡県    Wikipedia
畠山 雄二(はたけやま ゆうじ、1966年 - )は、日本の言語学者。静岡県出身。東京農工大学工学部准教授。東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。


愛知県
 40  杉戸清樹    愛知県    名古屋市Wikipedia
杉戸 清樹 (すぎと せいじゅ、1949年 - )は、日本の言語学者、国語学者。専門分野は社会言語学、言語行動論。前独立行政法人国立国語研究所長。他に、日本語教育学会会長、NHK放送用語委員などを兼務。愛知県名古屋市出身。
名古屋大学出身      愛知県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 41  水谷修    愛知県    Wikipedia
水谷 修(みずたに おさむ、1932年12月11日 - 2014年12月20日)は、日本の言語学者。日本語学者。元国立国語研究所長。名古屋外国語大学学長。


三重県
 42  服部四郎    三重県    亀山市Wikipedia
服部 四郎(はっとり しろう、1908年5月29日 - 1995年1月29日)は、日本の言語学者。東京大学名誉教授。
東京大学出身      三重県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1908年5月29日生まれ      5月29日生まれの人      三重県出身の1908年生まれ      世界の1908年生まれの人


滋賀県
 43  増井金典    滋賀県    甲賀市Wikipedia
増井 金典(ますい かねのり 1928年11月10日 - )は、日本の国語学者。滋賀県甲賀市出身、大津市在住。立命館大学大学院修士課程修了。幼少期より言葉に関心を持ち、ある時、自分の名前の由来(「金」は父親の名前から、「典」は出生日が昭和天皇即位の御大典だったことから)を知って一層関心を高めた。滋賀県内の中学校・高等学校の国語教師を経て、1987年より滋賀女子短期大学(現滋賀短期大学)で語源や滋賀県内の方言の研究に努める。現在滋賀短期大学名誉教授。2000年には方言研究で滋賀県文化功労賞を受賞した。
 44  西端幸雄    滋賀県    Wikipedia
西端 幸雄(にしはた ゆきお、1946年 - )は、日本の国語学者。大阪樟蔭女子大学教授。文学博士。
滋賀大学出身      滋賀県出身の滋賀大学の出身者      全国の滋賀大学の出身者


大阪府
 45  折口信夫    大阪府    大阪市浪速区Wikipedia
折口 信夫(おりくち しのぶ、1887年(明治20年)2月11日 - 1953年(昭和28年)9月3日)は、日本の民俗学者、国文学者、国語学者であり、釈迢空(しゃく ちょうくう)と号した詩人・歌人でもあった。
國學院大學出身      大阪府出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者
1887年2月11日生まれ      2月11日生まれの人      大阪府出身の1887年生まれ      世界の1887年生まれの人
 46  南雅彦 (心理学者)    大阪府    岸和田市Wikipedia
南 雅彦(みなみ まさひこ)は、日本の発達心理学者(特に言語分野)、言語学者である。
京都大学出身      大阪府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者


兵庫県
 47  田中克彦    兵庫県    養父市Wikipedia
田中 克彦(たなか かつひこ、1934年6月3日 - )は、日本の言語学者。専門は社会言語学。モンゴル研究も行う。言語と国家の関係を研究。一橋大学名誉教授。2009年モンゴル国北極星勲章受章。
一橋大学出身      兵庫県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者


奈良県
 48  西宮一民    奈良県    Wikipedia
西宮 一民(にしみや かずたみ、1924年7月18日 - 2007年5月6日)は、日本の国文学者・国語学者。皇學館大学元学長。勲三等旭日中綬章。博士(文学)(京都大学、1994年)(「古事記の研究」)。奈良県桜井市出身。生家は談山神社の社家
皇學館大学出身      奈良県出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者


島根県
 49  内田賢徳    島根県    Wikipedia
内田 賢徳(うちだ まさのり、1947年 - )は、日本の国語学者・国文学者。京都大学名誉教授。
 50  勝田孝興    島根県    松江市Wikipedia
勝田 孝興(かった たかおき、1886年9月30日 - 1976年5月23日)は、日本のアイルランド文学者、語学者。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


広島県
 51  佐伯好郎    広島県    Wikipedia
佐伯 好郎(さえき よしろう、明治4年8月1日(1871年9月15日) - 1965年6月26日)は、日本の言語学者(英語学者、西洋古典学者、ローマ法学者、東洋学者・東洋宗教史家。キリスト者でもある。英語名はピーター・(ヨシロウ・)サエキ。広島県出身。
 52  三上章    広島県    Wikipedia
三上 章(みかみ あきら、1903年1月26日 - 1971年9月16日)は、日本の言語学者。
1903年1月26日生まれ      1月26日生まれの人      広島県出身の1903年生まれ      世界の1903年生まれの人
 53  有坂秀世    広島県    Wikipedia
有坂 秀世(ありさか ひでよ、1908年(明治41年)9月5日 - 1952年(昭和27年)3月13日)は、日本の言語学者、日本語学者。日本語の音韻史や音韻論に関して業績を遺した。上代特殊仮名遣に関する有坂の法則で知られる。父は軍人の有坂鉊蔵。
 54  庄垣内正弘    広島県    Wikipedia
庄垣内 正弘(しょうがいと まさひろ、1942年4月 - 2014年3月23日[1])は、日本の言語学者。京都大学名誉教授。ウイグル語などのチュルク語研究が専門。
大阪外国語大学出身      広島県出身の大阪外国語大学の出身者      全国の大阪外国語大学の出身者


山口県
 55  岩崎民平    山口県    Wikipedia
岩崎 民平(いわさき たみへい、1892年12月18日 - 1971年6月29日)は、英語学者、辞書編纂者。東京外国語大学名誉教授。
東京外国語大学出身      山口県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
 56  国広哲弥    山口県    Wikipedia
国広 哲弥(國廣哲彌、くにひろ てつや、1929年7月23日 - )は、日本の言語学者、東京大学名誉教授、神奈川大学名誉教授。文学博士(東京大学、1979年)(学位論文「意味論の方法」)。山口県宇部市生まれ。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 57  新村出    山口県    Wikipedia
新村 出(しんむら いずる、1876年(明治9年)10月4日 - 1967年(昭和42年)8月17日)は、日本の言語学者、文献学者。京都大学教授・名誉教授で、ソシュールの言語学の受容やキリシタン語の資料研究などを行った日本人の草分けである。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1876年10月4日生まれ      10月4日生まれの人      山口県出身の1876年生まれ      世界の1876年生まれの人
 58  山岸勝榮    山口県    Wikipedia
山岸 勝榮(やまぎし かつえい、1944年9月22日- )は、日本の英語学者、言語学者、英和・和英辞典編纂者、明海大学名誉教授。
法政大学出身      山口県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者


徳島県
 59  金沢治    徳島県    Wikipedia
金沢 治(かなざわ おさめ、1899年 - 1982年)は日本の言語学者。歌人。徳島県出身。


愛媛県
 60  小川尚義    愛媛県    Wikipedia
小川 尚義(おがわ なおよし、明治2年2月9日(1869年3月21日) - 昭和22年(1947年)11月20日)は明治から昭和前期の言語学者、台湾語研究者、辞書編纂者。台北帝国大学名誉教授。
 61  簡野道明    愛媛県    Wikipedia
簡野 道明(かんの どうめい(みちあき)、慶応元年4月9日〈1865年5月3日〉 - 昭和13年〈1938年〉2月11日)は日本の漢文学者(漢字学者)・言語学者・教育者である。
 62  工藤真由美    愛媛県    Wikipedia
工藤 真由美(くどう まゆみ、1949年(昭和24年) - )は、日本の言語学者。大阪大学名誉教授・特任教授。専門は、日本語学、言語接触論。
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


福岡県
 63  高山倫明    福岡県    宮若市Wikipedia
高山 倫明(たかやま みちあき、1955年 - )は、日本の言語学者。九州大学教授。専門は日本語学。
九州大学出身      福岡県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 64  町田健    福岡県    Wikipedia
町田 健(まちだ けん、1957年3月27日[1]- )は言語学者、名古屋大学教授。専門は言語学。福岡県生まれ。日本語学者としてテレビに出演。
 65  松延市次    福岡県    八女郡Wikipedia
松延 市次(まつのぶ いちじ、1924年5月3日 - )は、日本の国語学者である。宮本武蔵の著書『五輪書』の国語学的研究でも知られている。
福岡教育大学出身      福岡県出身の福岡教育大学の出身者      全国の福岡教育大学の出身者


熊本県
 66  坂梨隆三    熊本県    Wikipedia
坂梨 隆三(さかなし りゅうぞう、1941年 - )は、日本の国語学者、東京大学名誉教授。熊本県生まれ。


宮崎県
 67  平山輝男    宮崎県    Wikipedia
平山 輝男(ひらやま てるお、1909年8月16日 - 2005年8月17日)は、日本の国語学者。東京都立大学名誉教授。1957年に文学博士となった(学位論文「日本方言音の研究」)。日本音声学会第5代会長。1990年文化功労者。宮崎県生まれ。
首都大学東京出身      宮崎県出身の首都大学東京の出身者      全国の首都大学東京の出身者
 68  丸尾誠    宮崎県    Wikipedia
丸尾 誠(まるお まこと、1968年 - )は、日本の言語学者、名古屋大学国際言語文化研究科大学院准教授。専門は現代中国語文法。宮崎県出身[1]。
 69  三原健一    宮崎県    Wikipedia
三原 健一(みはら けんいち、1950年 - )は、日本の言語学者、大阪大学大学院教授。理論言語学だけでなく、カントリー音楽(ブルーグラス)への造詣も深い。


鹿児島県
 70  窪薗晴夫    鹿児島県    薩摩川内市Wikipedia
窪薗 晴夫(くぼぞの はるお、1957年 - )は、日本の言語学者。専門は音声学・音韻論。国立国語研究所教授。 英語への興味から研究生活を始めたものの、イギリス留学時代の「母語である日本語のことをほとんど知らない」という体験によって、日本語への探求へと研究対象を変えてゆくこととなる[1]。近年は母方言である鹿児島方言の調査や借用語の促音挿入問題を中心に、言語接触による言語変化についての研究を行っている。
名古屋大学出身      鹿児島県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 71  植田康成    鹿児島県    徳之島Wikipedia
植田 康成(うえだ やすなり、1948年5月25日 - )は、日本の言語学者、ドイツ語教育学者。
広島大学出身      鹿児島県出身の広島大学の出身者      全国の広島大学の出身者


沖縄県
 72  伊波普猷    沖縄県    那覇市Wikipedia
伊波 普猷(いは ふゆう、1876年(明治9年)3月15日 - 1947年(昭和22年)8月13日)は、沖縄県那覇市出身の民俗学者、言語学者、沖縄学の父として知られる。
1876年3月15日生まれ      3月15日生まれの人      沖縄県出身の1876年生まれ      世界の1876年生まれの人
 73  奥里将建    沖縄県    Wikipedia
奥里 将建(おくざと しょうけん、1888年5月18日 - 1963年12月29日)は、日本の国語学者。
 74  仲宗根政善    沖縄県    今帰仁村Wikipedia
仲宗根政善(なかそね せいぜん、1907年4月26日-1995年2月14日)は、日本の教育者、言語学者、琉球大学名誉教授。
 75  外間守善    沖縄県    那覇市Wikipedia
外間 守善(ほかま しゅぜん、1924年(大正13年)12月6日 - 2012年(平成24年)11月20日)は、日本の言語学者、沖縄学の研究者。沖縄学研究所所長、法政大学名誉教授。伊波普猷の後継者として、琉球文学・文化研究の第一人者。
國學院大學出身      沖縄県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)