職業別の有名人出身都道府県 >自衛官という職業の出身県別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:49,207人
このサイトに登録されている有名人の「自衛官」という職業の有名人の数:102人



スポンサーリンク


北海道
 1  篠山半太    北海道    札幌市Wikipedia
篠山 半太(しのやま はんた)は、日本の小説家。2012年6月、『君が衛生兵で歩兵が俺で』(スマッシュ文庫)でデビューした。作品発表当初は「現役自衛隊員」という売り文句で宣伝されていたが、出版時には「予備自衛官」と改められた[1]。京都大学法学部卒。[2]。階級は予備二等陸曹。[3]。なお、一次資料として本人が画像を提示している学歴及び官職については詐称の疑いが持たれていたが、第三者であるシナリオライターのこくぼしんじ氏が「半太クンが学歴やら予備自衛官やら、嘘じゃないことの証人になって欲しいというので、昨日に続いて会うことに。卒業証書と予備自衛官手帳を見せてもらい、記載された本名に嘘がないよう、ご丁寧に自宅の前まで案内してもらった」と学位記及び予備自衛官手帳の確認を行い、公表している。[4]
 2  福島和可菜    北海道    Wikipedia
福島 和可菜(ふくしま わかな、1982年12月2日 - )は、日本のタレント、女優、予備自衛官、マラソンランナー、ウルトラマラソンランナー。愛称は『ワカナン』。エヌフォースプロモーションを経てサンミュージックプロダクション所属。
 3  中田茂男    北海道    旭川市Wikipedia
中田 茂男(なかた しげお、1945年10月16日 - )は、日本のアマチュアレスリング選手、元陸上自衛官。 メキシコオリンピックレスリングフリースタイル・フライ級金メダリスト。
中央大学出身      北海道出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者


青森県
 4  小原日登美    青森県    八戸市Wikipedia
小原 日登美(おばら ひとみ(旧姓・坂本)、1981年1月4日 - )は、日本の女子レスリング選手。2012年ロンドンオリンピック女子レスリング48kg級・金メダリスト。青森県八戸市出身。陸上自衛官(2012年8月現在の階級は1等陸尉)。
至学館大学出身      青森県出身の至学館大学の出身者      全国の至学館大学の出身者
1981年1月4日生まれ      1月4日生まれの人      青森県出身の1981年生まれ      世界の1981年生まれの人
 5  坂本真喜子    青森県    八戸市Wikipedia
坂本 真喜子(さかもと まきこ、1985年11月20日 - )は、日本の女子レスリング48kg級の元選手。青森県八戸市出身。陸上自衛官(3等陸曹)。女子レスリング51kg級の小原日登美は姉、また女子レスリング67kg級の坂本襟はいとこである。身長152cm。中京女子大学附属高等学校(現・至学館高等学校) - 中京女子大学。山本美憂が2回以上対戦して一度も勝つことができなかった唯一の選手である。
至学館大学出身      青森県出身の至学館大学の出身者      全国の至学館大学の出身者
 6  潮匡人    青森県    Wikipedia
潮 匡人(うしお まさと、1960年3月 - )は、日本の評論家、軍事ジャーナリスト、元航空自衛官。帝京大学短期大学人間文化学科准教授、元防衛庁広報誌「日本の風」(通巻6号で休刊)編集長。
早稲田大学出身      青森県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者


宮城県
 7  三宅義信    宮城県    Wikipedia
三宅 義信(みやけ よしのぶ、1939年11月24日 - )は、宮城県柴田郡村田町出身のオリンピックにも出場した元重量挙げ選手、元陸上自衛官。現在は東京都在住。
 8  三宅義行    宮城県    Wikipedia
三宅 義行(みやけ よしゆき、1945年(昭和20年)9月30日 - )は、日本の重量挙げ選手、陸上自衛官。1964年東京オリンピック・メキシコシティオリンピックの重量挙げ金メダリスト三宅義信は実兄、ロンドンオリンピック重量挙げ銀メダリスト・三宅宏実は娘、全日本女子ヘッドコーチを務めた三宅敏博は次男。長男も競技経験者。
 9  荒川憲一    宮城県    Wikipedia
荒川 憲一(あらかわ けんいち、1947年 - )は日本の戦史学者、陸上自衛官。専門は比較戦争史。一等陸佐を経て、防衛大学校総合安全保障研究科教授、軍事史学会理事を務めた。一橋大学博士(経済学)。国際安全保障学会最優秀出版奨励賞・佐伯喜一賞受賞。
一橋大学出身      宮城県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 10  銀治    宮城県    Wikipedia
銀治(ぎんじ、1970年7月8日 - )は日本の俳優。元、自衛官。宮城県出身。身長149cm、体重52kg。趣味は、乗馬。


福島県
 11  寺島泰三    福島県    Wikipedia
寺島 泰三(てらしま たいぞう、1933年(昭和8年) - )は、日本の元陸上自衛官。福島県出身。東北大学法学部卒業。第20代陸上幕僚長、第18代統合幕僚会議議長。
東北大学出身      福島県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 12  渡邊信利    福島県    Wikipedia
渡邊 信利(わたなべ のぶとし、1939年(昭和14年)9月26日 - 2016年(平成28年)3月24日[1])は、日本の元陸上自衛官。福島県出身。第25代陸上幕僚長。
 13  吉田英三    福島県    Wikipedia
吉田 英三(よしだ ひでみ[1]、1902年(明治35年)3月5日 - 1978年(昭和53年)4月24日)は、日本の海軍軍人、海上自衛官。最終階級は海軍大佐、海将。
 14  長澤浩    福島県    Wikipedia
長澤 浩(ながさわ こう[1]、1900年(明治33年)12月29日 - 1967年(昭和42年)4月17日)は、日本の海軍軍人、海上自衛官。海軍兵学校(第49期)卒。第2代海上幕僚長。


栃木県
 15  金子正明    栃木県    Wikipedia
金子 正明(かねこ まさあき、1940年7月8日 - )は、栃木県足利市出身の元レスリング選手、元陸上自衛官。
専修大学出身      栃木県出身の専修大学の出身者      全国の専修大学の出身者


埼玉県
 16  今鉾一恵    埼玉県    Wikipedia
今鉾一恵(いまほこ かずえ、1982年8月25日 - )は、日本の女子重量挙げ選手。埼玉県出身。主に75キロ級に出場する。陸上自衛隊、自衛隊体育学校に所属する自衛官であり、階級は二等陸尉[1]。
日本体育大学出身      埼玉県出身の日本体育大学の出身者      全国の日本体育大学の出身者
 17  石川亨    埼玉県    Wikipedia
石川 亨(いしかわ とおる、1944年(昭和19年)9月10日 - )は、日本の元海上自衛官。主として対潜哨戒機の戦術航空士として、航空隊等に勤務。第25代海上幕僚長を経て、第25代統合幕僚会議議長。埼玉県加須市出身。
 18  志摩篤    埼玉県    Wikipedia
志摩 篤(しま あつし、1934年(昭和9年)12月 - )は、日本の元陸上自衛官。第21代陸上幕僚長。初の防衛大学校卒業の陸上幕僚長である。2012年より偕行社理事長。埼玉県出身。
 19  松村五郎    埼玉県    Wikipedia
松村五郎(まつむら ごろう、1959年(昭和34年)1月4日- )は、埼玉県出身の陸上自衛官。尉官・佐官時の職種は機甲科。工学士(東京大学)、戦略論修士(United States Army War College(米陸軍戦略大学))。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


千葉県
 20  石井政雄    千葉県    松戸市Wikipedia
石井 政雄(いしい まさお、1931年(昭和6年) - 2007年(平成19年)5月9日)は、日本の陸上自衛官。
立教大学出身      千葉県出身の立教大学の出身者      全国の立教大学の出身者
 21  落合畯    千葉県    長柄町Wikipedia
落合 畯(おちあい たおさ、1939年 - )は、日本の元海上自衛官である。自衛隊初の海外任務となった、湾岸戦争後のペルシャ湾掃海派遣部隊の指揮官。最終階級は海将補。現在は鎌倉市在住。
 22  ロック岩崎    千葉県    船橋市Wikipedia
ロック岩崎(ロックいわさき、1951年11月28日 - 2005年4月21日)は、元航空自衛官、エアショーパイロットである。本名は岩崎 貴弘(いわさき たかひろ)。群馬県勢多郡赤城村(現:渋川市)出身[1]。曲技飛行の第一人者として知られた[2]。
 23  高山信武    千葉県    Wikipedia
高山 信武(たかやま しのぶ、1906年(明治39年)10月24日 - 1987年(昭和62年)10月16日)は、日本の陸軍軍人、陸上自衛官。最終階級は陸軍大佐、陸将。


東京都
 24  福地誠夫    東京都    Wikipedia
福地 誠夫(ふくち のぶお、1904年(明治37年)2月14日 - 2007年(平成19年)7月26日[1])は、日本の海軍軍人、海上自衛官。最終階級は日本海軍では海軍大佐、海上自衛隊では海将。退官後は記念艦「三笠」艦長を務めた。
 25  青木篤志    東京都    大田区Wikipedia
青木 篤志(あおき あつし、1977年9月25日 - )は、日本の男性プロレスラー。元自衛官。東京都大田区出身。プロレスリング・ノアを経て、現在は全日本プロレスに所属。


富山県
 26  谷井孝行    富山県    滑川市Wikipedia
谷井 孝行(たにい たかゆき、1983年2月14日-)は、日本の陸上競技選手。専門は競歩。富山県滑川市出身。日本大学卒業。かつては佐川急便に所属し、現在は航空自衛隊(自衛隊体育学校)に所属。階級は二等空曹の自衛官である。167cm・57Kg
日本大学出身      富山県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
1983年2月14日生まれ      2月14日生まれの人      富山県出身の1983年生まれ      世界の1983年生まれの人


石川県
 27  浦茂    石川県    金沢市Wikipedia
浦 茂(うら しげる、1909年2月11日 - 2001年11月18日)は、日本の陸軍軍人、航空自衛官、実業家である。航空自衛隊では第5代航空幕僚長を務めた。最終階級は中佐(旧陸軍)、航空幕僚長たる空将(空自)。
 28  志方俊之    石川県    金沢市Wikipedia
志方 俊之(しかた としゆき、1936年3月30日 - )は、防衛評論家、帝京大学名誉教授、星槎大学客員教授、元陸上自衛官。工学博士(京都大学、1968年)。
防衛大学校出身      石川県出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者
 29  須摩洋朔    石川県    志賀町Wikipedia
須摩 洋朔(すま ようさく、1907年(明治40年)9月1日 - 2000年(平成12年)3月30日)は、日本の陸軍軍人、陸上自衛官、作曲家、指揮者、トロンボーン奏者。最終階級は帝国陸軍では陸軍軍楽大尉、陸自では1等陸佐。石川県羽咋郡富来町(現志賀町)出身。別名は明石丈夫(あかしたけお)、築地洋(つきじひろし)、七海富夫。


福井県
 30  鈴木敏通    福井県    Wikipedia
鈴木 敏通(すずき としみち、1924年(大正13年) - 2008年(平成20年)3月15日)は、日本の陸軍軍人及び陸上自衛官。陸軍士官学校本科修了(第57期)。第15代陸上幕僚長。
 31  齊藤治和    福井県    Wikipedia
齊藤 治和(さいとう はるかず、1956年(昭和31年)1月2日- )は、日本の航空自衛官。第33代航空幕僚長。職種は飛行(戦闘機操縦士)。TACネームは「GOA」。総飛行時間は約3300時間、その約半分はF-15戦闘機によるもの[1]。


山梨県
 32  米満達弘    山梨県    富士吉田市Wikipedia
米満 達弘(よねみつ たつひろ、1986年8月5日 - )は、日本のレスリング選手。陸上自衛隊朝霞駐屯地・自衛隊体育学校に所属する自衛官である。階級は三等陸尉。
拓殖大学出身      山梨県出身の拓殖大学の出身者      全国の拓殖大学の出身者


長野県
 33  武居智久    長野県    Wikipedia
武居 智久(たけい ともひさ、1957年(昭和32年)1月12日 - )は、日本の海上自衛官。第32代海上幕僚長。
 34  小平好直    長野県    Wikipedia
小平 好直(こだいら よしなお)は、日本の海軍軍人、航空自衛官。第二次世界大戦中は日本海軍航空隊の一員で、撃墜王の1人にも数えられた。太平洋戦線では空母翔鶴や千代田に配置され、珊瑚海海戦やガダルカナル島の戦い、第二次ソロモン海戦、マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦など、多くの激戦に参加した。公的な撃墜記録は13機とされている。戦後、航空自衛隊に入隊。2008年、航空自衛隊のOB組織であるつばさ会がホームページ上で小平の死を伝えた。


岐阜県
 35  辻元よしふみ    岐阜県    Wikipedia
辻元 よしふみ(つじもと よしふみ、1967年(昭和42年) - )は日本の服飾評論家、戦史・服飾史・軍装史研究家、ファッション・アドバイザー、ファッション・コラムニスト、翻訳家、詩人、エッセイストである。本名・辻元佳史。防衛省職員・自衛官向けの専門紙「朝雲新聞」が「軍装史研究の第一人者」(2014年10月30日付)と評している。
 36  吉田学    岐阜県    Wikipedia
吉田 学(よしだ まなぶ、1927年(昭和2年)2月24日 - 2011年(平成23年)6月7日[1])は、日本の海軍軍人及び海上保安官、海上自衛官。第15代海上幕僚長。海上自衛隊におけるイージス艦導入を推し進めた人物。岐阜県出身。
 37  大熊康之    岐阜県    Wikipedia
大熊 康之(おおくま やすちか、1938年(昭和13年) - )は、海上自衛官、システムエンジニア。


静岡県
 38  山田正雄    静岡県    Wikipedia
山田 正雄(やまだ まさお、1913年(大正3年) - 2006年(平成18年)2月8日)は、日本の旧内務省官僚、陸上自衛官。
明治大学出身      静岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者


愛知県
 39  山本舜勝    愛知県    Wikipedia
山本 舜勝(やまもと きよかつ、1919年2月28日 - 2001年7月9日)は、日本の陸軍軍人、陸上自衛官。
 40  杉江一三    愛知県    Wikipedia
杉江 一三(すぎえ いちぞう、1908年(明治41年)9月18日 - 1999年(平成11年)7月27日)は、日本の海軍軍人及び海上自衛官。海軍兵学校卒業(56期)。第5代海上幕僚長、第2代統合幕僚会議議長。
 41  石田捨雄    愛知県    Wikipedia
石田 捨雄(いしだ すてお、1916年(大正5年)4月 - 2002年(平成14年)7月20日)は、日本の海軍軍人及び海上自衛官である。海軍兵学校卒業(64期)。第9代海上幕僚長。妻は有馬正文中将の長女百合子である。
 42  吉川圭祐    愛知県    津島市Wikipedia
吉川 圭祐(よしかわ けいすけ)は、日本の自衛官、海将。
 43  林一也    愛知県    Wikipedia
林 一也(はやし かずや、1953年10月 - )は愛知県出身の陸上自衛官。職種は通信科の出身。防衛大学校本科第21期卒、ワシントン大学大学院(修士号)。
 44  黒野耐    愛知県    Wikipedia
黒野 耐(くろの たえる、1944年(昭和19年) - )は、日本の軍事史家。元陸上自衛官。
 45  杉浦貴    愛知県    名古屋市Wikipedia
杉浦 貴(すぎうら たかし、1970年5月31日 - )は、日本の男性プロレスラー。愛知県名古屋市出身。プロレスリング・ノア所属。元自衛官。
 46  杉浦貴    愛知県    名古屋市Wikipedia
杉浦 貴(すぎうら たかし、1970年5月31日 - )は、日本の男性プロレスラー。愛知県名古屋市出身。プロレスリング・ノア所属。元自衛官。


京都府
 47  小原舞    京都府    舞鶴市Wikipedia
小原 舞(おはら まい、1974年7月10日 - )は、日本の政治家、元海上自衛官。京都府議会議員(1期)。元衆議院議員(1期)。
1974年7月10日生まれ      7月10日生まれの人      京都府出身の1974年生まれ      世界の1974年生まれの人


大阪府
 48  村井嘉浩    大阪府    豊中市Wikipedia
村井 嘉浩(むらい よしひろ、1960年8月20日 - )は、日本の政治家。宮城県知事(民選第18-20代)。復興庁復興推進委員会委員。過去に、宮城県議会議員(3期)、東日本大震災復興構想会議委員などを歴任。元陸上自衛官(最終階級:一等陸尉)。
防衛大学校出身      大阪府出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者


兵庫県
 49  角谷淳志    兵庫県    篠山市Wikipedia
角谷 淳志(かくたに あつし、男性、1985年4月23日[1] - )は、日本のプロボクサー、元陸上自衛官[1]。兵庫県篠山市出身[1]。金沢ボクシングジム所属。
 50  藤原岩市    兵庫県    丹波市(旧氷上郡)Wikipedia
藤原 岩市(ふじわら いわいち、1908年3月1日‐1986年2月24日)は、日本の陸軍軍人、陸上自衛官。F機関を成功させた人物として有名。
 51  杉山蕃    兵庫県    Wikipedia
杉山 蕃(すぎやま しげる、1938年(昭和13年)1月16日 - )は、航空自衛官。兵庫県出身。第22代航空幕僚長、第21代統合幕僚会議議長。保守系日刊紙『世界日報 (日本)』のコラム「ビューポイント」の常連寄稿者の一人である。現在は千葉県在住。戦闘機パイロット出身でTACネームは“BAN”。
 52  藤縄祐爾    兵庫県    Wikipedia
藤縄 祐爾(ふじなわ ゆうじ、1941年(昭和16年)9月22日 - )は、日本の元陸上自衛官。第25代陸上幕僚長、第23代統合幕僚会議議長。兵庫県出身。


鳥取県
 53  谷口周平    鳥取県    倉吉市Wikipedia
マイバッハ谷口(マイバッハたにぐち Maybach Taniguchi、1976年10月18日 - )は、日本の男性プロレスラー。元自衛官。本名および旧リングネームは谷口 周平(たにぐち しゅうへい)。鳥取県倉吉市出身。プロレスリング・ノアに所属。元女子プロレスラーの西尾美香は妻。


島根県
 54  中山定義    島根県    松江市Wikipedia
中山 定義(なかやま さだよし、1905年(明治38年)8月16日 - 1995年(平成7年)1月16日[1])は、日本の海軍軍人、海上自衛官。第4代海上幕僚長。島根県出雲市出身。東京都目黒区在住であった[1]。長男は第10代明治学院長の中山弘正[1]。
 55  椋木功    島根県    Wikipedia
椋木 功(むくのき いさお、1950年 - )は、日本の島根県出身の陸上自衛官、官僚。


岡山県
 56  小福田租    岡山県    Wikipedia
小福田 晧文(こふくだ てるふみ、1909年(明治42年 2月) - 1995年(平成7年 7月)は日本の海軍軍人、航空自衛官である。海軍兵学校第59期卒業。最終階級は海軍で海軍中佐、自衛隊で空将。旧名は小福田 租(こふくだ みつぎ)。


広島県
 57  長田順行    広島県     呉市Wikipedia
長田 順行(ながた じゅんこう、本名:木谷順行、1929年4月4日 ‐ 2007年8月31日)は広島県呉市出身の作家、海上自衛官、暗号研究者。日本暗号協会会長(1986年8月~)。
広島大学出身      広島県出身の広島大学の出身者      全国の広島大学の出身者
 58  源田実    広島県     安芸太田町Wikipedia
源田 実(げんだ みのる、源田 實、1904年(明治37年)8月16日 - 1989年(平成元年)8月15日)は、日本の海軍軍人、航空自衛官、政治家。海軍では海兵52期を卒業し、最終階級は大佐。戦闘機パイロット、航空参謀を歴任し、第三四三海軍航空隊司令として終戦を迎えた。自衛隊では初代航空総隊司令、第3代航空幕僚長を務め、ブルーインパルスを創設した。航空自衛隊の育ての親。政治家としては参議院議員を4期24年務めた。赤十字飛行隊の初代飛行隊長を務める。
 59  栗栖弘臣    広島県     呉市Wikipedia
栗栖 弘臣(くりす ひろおみ、1920年(大正9年)2月27日 - 2004年(平成16年)7月19日)は、日本の内務省官僚、海軍軍人及び陸上自衛官。第12代陸上幕僚長、第10代統合幕僚会議議長。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 60  竹河内捷次    広島県     三次市Wikipedia
竹河内 捷次(たけごうち しょうじ、1943年(昭和18年)3月10日 - )は、日本の元航空自衛官で第25代航空幕僚長、第24代統合幕僚会議議長。広島県出身。現在は千葉県在住[1]
 61  貞廣一鑑    広島県     広島市Wikipedia
父親が自衛官であったために厳しく育てられたが、それがあまりにも理不尽すぎたために嫌気がさして家出する。その後、クラブサウンドと出会いカリスマDJとして活躍。20歳の頃に実業家から一億円を借り入れディスコ「XISA CLUB」をオープンさせる。その後、マハラジャ広島店の店長をしていたが、逃げた友人が作った借金4000万円を背負う。しかし、斬新でスタイリッシュなカフェやレストランを次々と展開し完済する[要出典]。2000年に東京進出を果たし、大阪、京都にも展開する。


徳島県
 62  岩田清文    徳島県    Wikipedia
岩田 清文(いわた きよふみ、1957年(昭和32年)2月[1]- )は、日本の陸上自衛官。第34代陸上幕僚長。
 63  香田洋二    徳島県    Wikipedia
香田 洋二(こうだ ようじ、1949年(昭和24年) - )は日本の元海上自衛官、第36代自衛艦隊司令官(海将)。徳島県出身。


香川県
 64  勝沼栄明    香川県    Wikipedia
勝沼 栄明(かつぬま しげあき、1974年11月26日 - )は、日本の政治家、医師、陸上自衛隊予備自衛官(予備一等陸尉)[2]。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。
 65  穴吹智    香川県    Wikipedia
穴吹 智(あなぶき さとる[1]、1921年(大正10年)12月5日 - 2005年(平成17年)6月)は、日本の陸軍軍人、陸上自衛官。戦闘機操縦者、ヘリコプター操縦者。最終階級は陸軍では陸軍曹長、自衛隊では2等陸佐。香川県出身。
 66  原剛    香川県    Wikipedia
原 剛 (はら たけし、1937年(昭和12年) - )は、日本の軍事史研究者、陸上自衛官。防衛省防衛研究所図書館調査員、軍事史学会副会長。最終階級は1等陸佐。専攻は日本軍事史(特に国土防衛史)。
防衛大学校出身      香川県出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者
 67  高嶋博視    香川県    Wikipedia
高嶋 博視(たかしま ひろみ、1952年(昭和27年) - )は、日本の海上自衛官。第40代横須賀地方総監。2011年(平成23年)3月の東日本大震災の際、被災者救援、東京電力福島第1原発事故などの対応を指揮した[1]。


高知県
 68  中谷元    高知県    Wikipedia
中谷 元(なかたに げん、1957年10月14日 - )は、日本の政治家。元陸上自衛官(二等陸尉、レンジャー)。自由民主党所属の衆議院議員(9期)。
防衛大学校出身      高知県出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者
1957年10月14日生まれ      10月14日生まれの人      高知県出身の1957年生まれ      世界の1957年生まれの人
 69  奥宮正武    高知県    Wikipedia
奥宮 正武(おくみや まさたけ、1909年(明治42年)7月27日 - 2007年(平成19年)2月22日)は、日本の海軍軍人、航空自衛官。海兵58期。最終階級は、海軍では海軍中佐、自衛隊では空将。


福岡県
 70  火箱芳文    福岡県    Wikipedia
火箱 芳文(ひばこ よしふみ、1951年(昭和26年) - )は、日本の元陸上自衛官。三菱重工業株式会社顧問。全日本柔道連盟理事。
 71  中島正    福岡県    Wikipedia
中島 正(なかじま ただし、1910年(明治43年)6月25日 - 1996年(平成8年)8月22日)は日本の海軍軍人、航空自衛官である。海軍では海兵58期卒業、最終階級は中佐。空自での最終階級は空将補。


佐賀県
 72  福地誠夫    佐賀県    Wikipedia
福地 誠夫(ふくち のぶお、1904年(明治37年)2月14日 - 2007年(平成19年)7月26日[1])は、日本の海軍軍人、海上自衛官。最終階級は日本海軍では海軍大佐、海上自衛隊では海将。退官後は記念艦「三笠」艦長を務めた。


長崎県
 73  大賀良平    長崎県    長崎市Wikipedia
大賀 良平(おおが りょうへい 、1923年(大正12年)4月 - 2006年(平成18年)6月25日)は、日本の海軍軍人及び海上自衛官、海上保安官である。海軍兵学校卒業(71期)。第12代海上幕僚長。長崎県出身。


熊本県
 74  釜賀一夫    熊本県    宇土市Wikipedia
釜賀 一夫(かまが かずお、1917年(大正6年)1月1日 - 2003年(平成15年)11月23日)は熊本県出身の陸軍軍人及び陸上自衛官。日本陸軍における暗号作成者、暗号解読者である。戦後も陸上自衛隊で暗号解読に従事した。ペンネーム加藤正隆として暗号関係の著作がある。
 75  折木良一    熊本県    津奈木町Wikipedia
折木 良一(おりき りょういち、1950年(昭和25年)2月10日 - )は、日本の元陸上自衛官。防衛大学校第16期卒業。職種は野戦特科。第30代陸上幕僚長。第3代統合幕僚長。元防衛大臣補佐官(防衛大臣政策参与)。熊本県津奈木町出身。
 76  益田兼利    熊本県    Wikipedia
益田 兼利(ました かねとし、1913年(大正2年)9月17日 - 1973年(昭和48年)7月24日)は、日本の陸軍軍人、陸上自衛官。陸軍士官学校第46期卒業、陸軍大学校第54期首席。綜警常駐警備(現・ALSOK常駐警備)元代表取締役社長益田兼弘の実父。
1913年9月17日生まれ      9月17日生まれの人      熊本県出身の1913年生まれ      世界の1913年生まれの人
 77  益田兼弘    熊本県    Wikipedia
益田 兼弘(ました かねひろ[1]、1942年(昭和17年)7月27日[2] - )は、日本の元陸上自衛官。東部方面総監。防衛大学校本科第9期卒業。1970年(昭和45年)11月25日に発生した三島事件当時の東部方面総監、益田兼利(陸軍大学校54期首席)は実父。親子2代にわたり同一の師団長、方面総監を歴任した。なお、石見国(島根県西部)の有力豪族であった益田氏の歴代当主に同姓同名の人物がおり、実父ともに通字の「兼」が充てられているが直接の関連性はない。
 78  森清勇    熊本県    鹿本郡(現山鹿市)Wikipedia
森 清勇(もり せいゆう、1939年(昭和14年) - )は、星槎大学(主に社会人を対象とした通信制大学)の非常勤講師。元陸上自衛官[1]。熊本県鹿本郡(現:山鹿市)出身[2]。
 79  赤星慶治    熊本県    Wikipedia
赤星 慶治(あかほし けいじ、1950年(昭和25年) - )は、日本の元海上自衛官。第29代海上幕僚長。熊本県出身。
 80  高森直史    熊本県    Wikipedia
高森 直史(たかもり なおふみ、1939年 - )は、海上自衛官、海軍料理研究家・管理栄養士。


鹿児島県
 81  大小田八尋    鹿児島県    Wikipedia
大小田 八尋(おおこだ やひろ、1931年 - )は、鹿児島県出身の陸上自衛官、軍事評論家、安全保障アナリスト、ノンフィクション作家。八尋総研代表。鹿児島県立甲南高等学校、北海学園大学卒業。
北海学園大学出身      鹿児島県出身の北海学園大学の出身者      全国の北海学園大学の出身者
 82  平山紘一郎    鹿児島県    Wikipedia
平山 紘一郎(ひらやま こういちろう、1949年9月9日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身の元アマチュアレスリング選手でのちにレスリング日本代表監督やコーチなど歴任。1972年ミュンヘンオリンピックレスリング男子グレコローマン52キロ級銀メダリスト。東洋大卒。元自衛官。
東洋大学出身      鹿児島県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 83  東考三    鹿児島県    鹿児島市Wikipedia
東 考三(ひがし こうぞう 1969年8月4日 -)は日本の元ラグビー選手、元自衛官(陸上自衛隊)で、現在はNTTドコモレッドハリケーンズのFWコーチ[1]。鹿児島電子工業高等学校(現鹿児島情報高等学校)卒。トップリーグのNECグリーンロケッツに所属していた。2010年度から2011年度までは鹿児島情報高等学校ラグビー部顧問[2]。
 84  宇都隆史    鹿児島県    鹿児島市Wikipedia
宇都 隆史(うと たかし、1974年11月12日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)。外務大臣政務官(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)。元航空自衛官(最終階級:一等空尉)[1]。
防衛大学校出身      鹿児島県出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者
 85  外囿祥一郎    鹿児島県    Wikipedia
外囿 祥一郎(ほかぞの しょういちろう、1969年12月4日 - )は、日本の音楽家、元航空自衛官。ユーフォニアムのトッププレーヤー。
 86  竹原信一    鹿児島県    Wikipedia
竹原 信一(たけはら しんいち、1959年3月7日[1] - )は、日本の政治家、鹿児島県阿久根市議会議員(2期)。前阿久根市長(2期)。元航空自衛官(二等空尉)。
防衛大学校出身      鹿児島県出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者
 87  鮫島博一    鹿児島県    Wikipedia
鮫島 博一(さめしま ひろいち、1918年(大正7年)10月26日 - 2000年(平成12年)8月14日)は、日本の海軍軍人及び海上自衛官。海軍兵学校卒業(第66期)。第10代海上幕僚長、第9代統合幕僚会議議長。
 88  先崎一    鹿児島県    出水市高尾野町Wikipedia
先崎 一(まっさき はじめ、1944年(昭和19年) - )は、日本の元陸上自衛官。第28代陸上幕僚長、初代統合幕僚長。最後の統合幕僚会議議長であり、2006年(平成18年)に発足した統合幕僚監部では初代統合幕僚長に就任した。退官後は日本地雷処理を支援する会の会長としてカンボジアなどでの地雷処理に取り組む。鹿児島県出水市高尾野町出身。
 89  山田正雄    鹿児島県    鹿児島県生まれ静岡県出身Wikipedia
山田 正雄(やまだ まさお、1913年(大正3年) - 2006年(平成18年)2月8日)は、日本の旧内務省官僚、陸上自衛官。
明治大学出身      鹿児島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 90  飯山茂    鹿児島県    Wikipedia
飯山 茂(いいやま しげる、1923年(大正12年) - 2004年(平成16年)11月12日)は、日本の元陸軍軍人及び陸上自衛官。東部方面総監。
 91  源川幸夫    鹿児島県    Wikipedia
源川 幸夫(げんかわ さちお、1933年(昭和8年)10月 - )は、陸上自衛官。防衛大学校卒業(第1期)。 第21代 東北方面総監及び第23代東部方面総監。
 92  番匠幸一郎    鹿児島県    Wikipedia
番匠幸一郎(ばんしょう こういちろう、1958年(昭和33年)1月 - )は、陸上自衛官。西部方面総監(35代)。鹿児島県鹿児島市出身[1]。
 93  大室孟    鹿児島県    Wikipedia
大室 孟(おおむろ つとむ、1912年(明治45年)1月15日 - 2001年(平成13年)2月14日)は、日本の陸軍軍人、航空自衛官。最終階級は日本陸軍では陸軍少佐、航空自衛隊では航空幕僚長たる空将。
 94  緒方景俊    鹿児島県    Wikipedia
緒方 景俊(おがた かげとし、1913年(大正2年)9月1日 - 1982年(昭和57年)12月26日)は、日本の陸軍軍人及び航空自衛官、第8代航空幕僚長。
 95  平野晃    鹿児島県    Wikipedia
平野 晃(ひらの あきら、1922年〈大正11年〉 - 2009年〈平成21年〉12月27日)は、大日本帝国海軍軍人及び航空自衛官である。第13代航空幕僚長。航空幕僚長就任中にミグ25事件が発生、これに対処する。
 96  平岡裕治    鹿児島県    Wikipedia
平岡 裕治(ひらおか ゆうじ、1939年(昭和14年)11月 - )は、日本の航空自衛官である。鹿児島県出身。第24代航空幕僚長。
 97  遠竹郁夫    鹿児島県    Wikipedia
遠竹 郁夫(とおたけ いくお、1943年(昭和18年)4月 - )は、日本の元航空自衛官である。鹿児島県出身。第26代航空幕僚長。現在は埼玉県在住[1]。
 98  外薗健一朗    鹿児島県    Wikipedia
外薗 健一朗(ほかぞの けんいちろう、1951年(昭和26年) - )は、日本の航空自衛官。第30代航空幕僚長。職種は要撃管制。鹿児島県出身。
 99  左近允尚敏    鹿児島県    Wikipedia
左近允 尚敏(さこんじょう なおとし、1925年 -2013年6月30日)は大日本帝国海軍軍人、海上自衛官。最終階級は海将。鹿児島県出身。海兵72期。海軍中将左近允尚正の次男。兄は多号作戦で駆逐艦「島風」砲術長[1]として同艦沈没時(多号作戦)に戦死した海軍大尉左近允正章(まさふみ)。
 100  黒江保彦    鹿児島県    日置市Wikipedia
黒江 保彦(くろえ やすひこ、1918年(大正7年)2月17日 - 1965年(昭和40年)12月5日)は、日本の陸軍軍人、航空自衛官、戦闘機操縦者。
1918年2月17日生まれ      2月17日生まれの人      鹿児島県出身の1918年生まれ      世界の1918年生まれの人
 101  大小田八尋    鹿児島県    Wikipedia
大小田 八尋(おおこだ やひろ、1931年 - )は、鹿児島県出身の陸上自衛官、軍事評論家、安全保障アナリスト、ノンフィクション作家。八尋総研代表。鹿児島県立甲南高等学校、北海学園大学卒業。
北海学園大学出身      鹿児島県出身の北海学園大学の出身者      全国の北海学園大学の出身者


沖縄県
 102  惠隆之介    沖縄県    コザ市Wikipedia
惠 隆之介(めぐみ りゅうのすけ、1954年 - )は、日本の評論家、ジャーナリスト。元海上自衛官で、現在は軍事分野の評論を中心に活動している。
防衛大学校出身      沖縄県出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)