職業別の有名人出身都道府県 >考古学という職業の出身県別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:49,242人
このサイトに登録されている有名人の「考古学」という職業の有名人の数:53人


スポンサーリンク


岩手県
 1  大村幸弘    岩手県    Wikipedia
大村 幸弘(おおむら さちひろ、1946年 - )は、日本の考古学者。岩手県出身。
早稲田大学出身      岩手県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 2  大村幸弘    岩手県    Wikipedia
大村 幸弘(おおむら さちひろ、1946年 - )は、日本の考古学者。岩手県出身。
早稲田大学出身      岩手県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者


福島県
 3  五十嵐平達    福島県    Wikipedia
五十嵐 平達(いがらし へいたつ、男性、1924年 - 2000年12月17日)は、日本の自動車デザイナー。後に自動車評論家に転身する。産業考古学の立場から自動車の歴史を論ずるという独自の視点を持っていた。
 4  角田文衞    福島県    Wikipedia
角田 文衞(つのだ ぶんえい、1913年4月9日 - 2008年5月14日)は、日本の歴史学者(古代学専攻)。文学博士。従四位勲三等。研究分野は文献史学と考古学の両分野で、その論考には日本・東アジア・ヨーロッパ・北アフリカ(地中海世界)にまたがる幅広いものがあった。
京都大学出身      福島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 5  渡辺誠    福島県    Wikipedia
渡辺 誠(わたなべ まこと、1938年(昭和13年) - )は、日本の考古学者、名古屋大学名誉教授。 福島県いわき市出身。慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程満期退学、1995年「日韓交流の民族考古学」で慶大博士(史学)。古代学協会研究員、平安博物館、名大文学部助教授、教授。2002年定年退官、名誉教授、山梨県立考古博物館館長・山梨県埋蔵文化財センター所長。


栃木県
 6  近藤義郎    栃木県    Wikipedia
近藤 義郎(こんどう よしろう、1925年2月14日 ‐ 2009年4月5日)は、日本の考古学者。岡山大学名誉教授。
岡山大学出身      栃木県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者


群馬県
 7  相沢忠洋    群馬県    Wikipedia
相沢 忠洋(あいざわ ただひろ、1926年6月21日 - 1989年5月22日)は、日本の考古学者。納豆などの行商をしながら独学で考古研究を行っていたが、1949年(昭和24年)に群馬県新田郡笠懸村(現・みどり市)(岩宿遺跡)の関東ローム層から黒曜石で作られた打製石器を発見し[1]、それまで否定されてきた日本の旧石器時代の存在を証明した。
宇都宮大学出身      群馬県出身の宇都宮大学の出身者      全国の宇都宮大学の出身者
1926年6月21日生まれ      6月21日生まれの人      群馬県出身の1926年生まれ      世界の1926年生まれの人


埼玉県
 8  仁田三夫    埼玉県    川口市Wikipedia
仁田 三夫(にった みつお、1924年 -)は、日本の写真家、考古学者。
東京工芸大学出身      埼玉県出身の東京工芸大学の出身者      全国の東京工芸大学の出身者
 9  藤森健太郎    埼玉県    春日部市Wikipedia
藤森 健太郎(ふじもり けんたろう、1964年12月20日- )は、日本の歴史学者である。現在群馬大学教育学部学校教育教員養成講座社会専攻教授。埼玉県草加市出身。 祖父は長野県考古学会会長を務めた藤森栄一。


東京都
 10  江上不二夫    東京都    Wikipedia
江上 不二夫(えがみ ふじお、1910年11月21日 - 1982年7月17日)は日本の生化学者。戦後日本の生化学を牽引した一人。日本学術会議会長、国際生命の起源学会会長等を務めた。東京生まれ。考古学者江上波夫は兄。
1910年11月21日生まれ      11月21日生まれの人      東京都出身の1910年生まれ      世界の1910年生まれの人
 11  坂誥秀一    東京都    Wikipedia
坂誥 秀一(さかづめ ひでいち、1936年1月26日 - )は、日本の考古学者。立正大学名誉教授・元学長(第27代)、品川区立品川歴史館館長。武蔵野文化協会会長。
 12  鈴木公雄    東京都    Wikipedia
鈴木 公雄(すずき きみお、1938年4月28日 - 2004年10月22日)は、日本の歴史学者・考古学者。慶應義塾大学名誉教授。専門は日本貨幣史。銭貨考古学の第一人者であった。[独自研究?]
 13  斎藤由多加    東京都    Wikipedia
斎藤由多加(さいとうゆたか、1962年10月15日 - )は、東京都出身のゲームクリエイター、ライター。自称・文明生物考古学者。株式会社ビバリウム社長。『The Tower』、『シーマン ~禁断のペット~』などの作品を開発したことで知られる。また「アップルコンピュータの研究家」でもあり、Macintosh に関する著書もある。


新潟県
 14  小林達雄    新潟県    長岡市Wikipedia
小林 達雄(こばやし たつお、1937年11月2日 - )は、日本の考古学者、國學院大學文学部名誉教授。新潟県立歴史博物館名誉館長。新潟県長岡市出身。
國學院大學出身      新潟県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者


石川県
 15  若狭徹    石川県    Wikipedia
若狭徹(わかさとおる、1963年3月19日[1]-)は、石川県出身の元プロ野球選手。ポジションは三塁手。星稜高校出身。中日ドラゴンズに1981年から1983年までの3年間在籍し、現在は同球団の職員。群馬県出身の考古学者の若狭徹(1962年生)とは別人物。
 16  吉岡康暢    石川県    Wikipedia
吉岡 康暢(よしおか やすのぶ、1934年4月12日 - )は考古学者、文学博士(明治大学)。 国立歴史民俗博物館名誉教授・元石川県立歴史博物館館長。石川県金沢市生まれ。古代~中世にかけての日本海域における土器・陶磁器研究の先駆者である。第5回小山富士夫記念賞受賞。
 17  澤田正昭    石川県    Wikipedia
澤田 正昭(さわだ まさあき)は、日本の考古学者、博士(学術)。専門は文化財の保存科学で、特に遺跡の保存と活用。現在は古代壁画の分析と保存に関心をもつ[1] 。石川県出身[2]。


山梨県
 18  中村誠一    山梨県    Wikipedia
中村 誠一(なかむら せいいち、1958年 - )は、日本の考古学者。山梨県甲府市出身。金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター教授・早稲田大学客員教授。山梨県立甲府第一高等学校・金沢大学法文学部史学科卒業(1983年)。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。
埼玉大学出身      山梨県出身の埼玉大学の出身者      全国の埼玉大学の出身者


長野県
 19  藤森栄一    長野県    諏訪市Wikipedia
藤森 栄一(ふじもり えいいち、1911年8月15日 - 1973年12月19日)は、長野県諏訪市出身の考古学者である。
 20  岩崎卓也    長野県    Wikipedia
岩崎 卓也(いわさき たくや、1929年(昭和4年)7月9日 - )は、日本の考古学者、筑波大学名誉教授。 長野県生まれ。1954年東京教育大学文学部史学科卒業。同助手、助教授、筑波大学助教授、1984年教授、1994年定年退官、名誉教授、東京家政学院大学教授、松戸市立博物館館長、2006 - 2010年古代オリエント博物館館長。日本学術会議会員。
 21  岡茂雄    長野県    Wikipedia
岡 茂雄(おか しげお、1894年 - 1989年9月21日)は、日本の編集者、書店主。大正から昭和初頭の日本に於いて、民族・民俗学や考古学専門の書店「岡書院」、山岳書専門の「梓書房」を経営。学術史上の名著となる多くの書籍、雑誌を世に送り出した。長野県東筑摩郡松本町(現松本市)生まれ。民族学者の岡正雄は弟。静岡県立大学元教授で、都市・交通問題評論家の岡並木は息子。
 22  戸沢充則    長野県    岡谷市Wikipedia
戸沢 充則(とざわ みつのり、1932年10月19日 - 2012年4月9日[1])は、日本の考古学者である。元明治大学学長。
 23  岡正雄    長野県    松本市Wikipedia
岡 正雄(おか まさお、1898年(明治31年)6月5日 - 1982年(昭和57年)12月5日)は、日本の民族学者。戦中戦後を通じて日本の民族学・文化人類学を主導した。兄は民族学や考古学、山岳書の名著を多数出版した岡書院店主の岡茂雄。


静岡県
 24  梓澤要    静岡県    Wikipedia
梓澤 要(あずさわ かなめ、1953年7月20日[1]- )は日本の小説家、時代小説作家。本名、永田道子。静岡県生まれ。明治大学文学部史学地理学科(考古学専攻)卒業[2]。
明治大学出身      静岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 25  田辺昭三    静岡県    菊川市・旧菊川町Wikipedia
田辺 昭三(たなべ しょうぞう、1933年 - 2006年2月20日)は、日本の考古学者。須恵器の研究や、日本における水中考古学の研究に先鞭をつけたことで知られる。
立命館大学出身      静岡県出身の立命館大学の出身者      全国の立命館大学の出身者


三重県
 26  安田喜憲    三重県    北勢町[5](現・いなべ市)Wikipedia
安田 喜憲(やすだ よしのり、1946年11月24日 - )は、日本の地理学者、環境考古学者[1]。東北大学大学院環境科学研究科特任教授、立命館大学環太平洋文明研究センター長、ふじのくに地球環境史ミュージアム館長[2]、国際日本文化研究センター(日文研)名誉教授。フンボルト大学ベルリン客員教授、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授。専攻は環境考古学。理学博士(東北大学、1978年)。日本熊森協会顧問[3]。
立命館大学出身      三重県出身の立命館大学の出身者      全国の立命館大学の出身者


滋賀県
 27  小江慶雄    滋賀県    Wikipedia
小江 慶雄(おえ よしお/おおえ よしお、1911年 - 1988年11月7日)は考古学者。
 28  光谷拓実    滋賀県    甲賀市Wikipedia
光谷 拓実(みつたに たくみ、1947年(昭和22年)9月4日 - )は、奈良文化財研究所所属の考古学者。滋賀県甲賀市在住。日本における年輪年代測定法の第一人者。京都大学大学院人間・環境学研究科客員教授。人間文化研究機構・国立歴史民俗博物館客員教授。現在、埋蔵文化財センター・年代学研究室長。
千葉大学出身      滋賀県出身の千葉大学の出身者      全国の千葉大学の出身者
 29  平石久平次    滋賀県    彦根市Wikipedia
新製陸舟車(しんせいりくしゅうしゃ)あるいは陸舟奔車(りくしゅうほんしゃ)は、近年の史料研究で確認された「世界で初めて発明された自転車相当の乗り物」である。2003年5月開催の産業考古学会[1]総会で、梶原利夫が「1728 ~ 1732年のわが国における自転車の発明」と題して報告した。


京都府
 30  川勝政太郎    京都府    京都市Wikipedia
川勝 政太郎(かわかつ まさたろう、1905年(明治38年)5月22日 - 1978年(昭和53年)12月23日)は、日本の考古学者、美術史家。文学博士。専門はサンスクリット、石造美術の研究。京都市生まれ。
京都大学出身      京都府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者


大阪府
 31  濱田耕作    大阪府    岸和田市Wikipedia
濱田 耕作(はまだ こうさく、もしくは浜田 青陵(はまだ せいりょう)、1881年2月22日 - 1938年7月25日)は、日本の考古学者。京都大学名誉教授(京都帝国大学総長)。岸和田藩の上級藩士である濱田家の長男として大阪府岸和田市に生まれた。「青陵」は号。「日本近代考古学の父」と呼ばれる。
 32  梅原末治    大阪府    羽曳野市Wikipedia
梅原 末治(うめはら すえじ、1893年8月13日 - 1983年2月19日)は、日本の東洋考古学者。京都大学名誉教授。日本考古学の基礎を築いた。文学博士(京都帝国大学、1939年)。大阪府南河内郡古市村(現羽曳野市)出身。子息は、京都大学名誉教授(人文科学研究所)の梅原郁(東洋史、宋代官僚制・司法制度研究で、2010年日本学士院賞受賞)。
同志社大学出身      大阪府出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
1893年8月13日生まれ      8月13日生まれの人      大阪府出身の1893年生まれ      世界の1893年生まれの人
 33  末永雅雄    大阪府    大阪狭山市Wikipedia
末永 雅雄(すえなが まさお、1897年(明治30年)6月23日 - 1991年(平成3年)5月7日)は、日本の考古学者。橿原考古学研究所初代所長。関西大学名誉教授。文学博士(龍谷大学、1948年、学位論文「近畿古文化の研究」)。大阪府南河内郡狭山村(現・大阪狭山市)生まれ。日本学士院会員。文化勲章受章者。大阪狭山市名誉市民。奈良県明日香村名誉村民。
京都大学出身      大阪府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
1897年6月23日生まれ      6月23日生まれの人      大阪府出身の1897年生まれ      世界の1897年生まれの人


兵庫県
 34  須賀敦子    兵庫県    芦屋市Wikipedia
須賀 敦子(すが あつこ、1929年2月1日 - 1998年3月20日)は、日本の随筆家・イタリア文学者。 従兄弟には、考古学者で同志社大学名誉教授の森浩一がいる。 20代後半から30代が終わるまでイタリアで過ごし、40代はいわゆる専業非常勤講師として過ごす。50代以降、イタリア文学の翻訳者として脚光を浴び、50代後半からは随筆家としても注目を浴びた。
 35  難波洋三    兵庫県    姫路市Wikipedia
難波 洋三(なんば ようぞう、1955年 - )は、日本の考古学者。奈良文化財研究所埋蔵文化財センター長。


奈良県
 36  網干善教    奈良県    明日香村Wikipedia
網干 善教(あぼし よしのり、1927年9月29日 - 2006年7月29日)は、日本の考古学者、関西大学名誉教授。専門は考古学、古代史、仏教史。文学博士(関西大学、1979年)。
龍谷大学出身      奈良県出身の龍谷大学の出身者      全国の龍谷大学の出身者
 37  樋口清之    奈良県    Wikipedia
樋口 清之(ひぐち きよゆき、1909年1月1日 - 1997年2月21日)は日本の考古学者・歴史作家。國學院大學名誉教授、國學院大學文学博士。専門は考古学・民俗学。紫綬褒章受章。
國學院大學出身      奈良県出身の國學院大學の出身者      全国の國學院大學の出身者


島根県
 38  河瀬正利    島根県    出雲市Wikipedia
河瀬 正利(かわせ まさとし、昭和16年(1941年) - 平成20年(2008年)6月14日)は、島根県平田市(現:出雲市)出身の日本の考古学者。最終歴は、広島大学名誉教授であった。書家の河瀬断魚は実兄。
広島大学出身      島根県出身の広島大学の出身者      全国の広島大学の出身者
 39  河瀬断魚    島根県    出雲市Wikipedia
河瀬 断魚(かわせ だんぎょ、昭和4年(1929年)8月14日 - 平成22年(2010年)10月25日)は、島根県平田市(現:出雲市)出身の日本の書家。本名は、河瀬喜重(かわせきじゅう)で、雅号を断魚としていた。昭和の三筆の一人と称されている手島右卿に師事。実弟には、考古学者で広島大学名誉教授の河瀬正利が存在したが2008年6月に病気の為兄より先に他界している。
1929年8月14日生まれ      8月14日生まれの人      島根県出身の1929年生まれ      世界の1929年生まれの人


岡山県
 40  清野謙次    岡山県    Wikipedia
清野 謙次(きよの けんじ、1885年8月14日 - 1955年12月27日)は、日本の医学者、人類学者、考古学者、考古学・民俗学資料の収集家。


広島県
 41  藤間生大    広島県    Wikipedia
藤間 生大(とうま せいた、1913年5月16日 - )は、日本の歴史学者、考古学者で、古代日本の研究を行っている人物。
早稲田大学出身      広島県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
1913年5月16日生まれ      5月16日生まれの人      広島県出身の1913年生まれ      世界の1913年生まれの人


山口県
 42  江上波夫    山口県    Wikipedia
江上 波夫(えがみ なみお、1906年11月6日 - 2002年11月11日)は日本の考古学者。東京大学名誉教授。
1906年11月6日生まれ      11月6日生まれの人      山口県出身の1906年生まれ      世界の1906年生まれの人


徳島県
 43  鳥居龍蔵    徳島県    Wikipedia
鳥居 龍蔵(とりい りゅうぞう、1870年5月4日(明治3年4月4日) - 1953年(昭和28年)1月14日)は、日本の人類学者(『ある老学徒の手記』)、考古学者、民族学者、民俗学者。
 44  喜田貞吉    徳島県    Wikipedia
喜田 貞吉(きた さだきち、1871年7月11日(明治4年5月24日) - 1939年(昭和14年)7月3日)は、第二次世界大戦前の日本の歴史学者、文学博士。考古学、民俗学も取り入れ、学問研究を進めた。
東京大学出身      徳島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


香川県
 45  小山修三    香川県    Wikipedia
小山 修三(こやま しゅうぞう、1939年3月24日 - )は、日本の文化人類学者・考古学者。専門は、民族学(オーストラリア・アボリジニ)、考古学(縄文時代)。国立民族学博物館名誉教授。 
国際基督教大学出身      香川県出身の国際基督教大学の出身者      全国の国際基督教大学の出身者
1939年3月24日生まれ      3月24日生まれの人      香川県出身の1939年生まれ      世界の1939年生まれの人


福岡県
 46  高倉洋彰    福岡県    朝倉市Wikipedia
高倉 洋彰(たかくら ひろあき、1943年5月11日 - )は日本の考古学者。観世音寺副住職。僧名・石田琳彰。
西南学院大学出身      福岡県出身の西南学院大学の出身者      全国の西南学院大学の出身者
 47  原田大六    福岡県    糸島市(旧前原市)Wikipedia
原田 大六(はらだ だいろく、1917年1月1日 - 1985年5月27日)は日本の考古学者。
 48  樋口隆康    福岡県    添田町Wikipedia
樋口 隆康(ひぐち たかやす、1919年6月1日 - 2015年4月2日)は、日本の考古学者。学位は文学博士(京都大学・1962年)。京都大学名誉教授[1]。
 49  吉田信啓    福岡県    行橋市Wikipedia
吉田 信啓(よしだ のぶひろ、1936年 - )は、日本の考古学者、元教員、元コラムニスト。
広島大学出身      福岡県出身の広島大学の出身者      全国の広島大学の出身者


熊本県
 50  宇野隆夫    熊本県    Wikipedia
宇野 隆夫(うの たかお、1950年 - )は、日本の考古学者。帝塚山大学人文学部教授、国際日本文化研究センター名誉教授[1]。
 51  村上恭通    熊本県    Wikipedia
村上 恭通(むらかみ やすゆき、1962年 - )は、日本の考古学者、愛媛大学教授。


大分県
 52  苅谷俊介    大分県    日出町Wikipedia
苅谷 俊介(かりや しゅんすけ、1946年〈昭和21年〉11月26日 - )は、日本の俳優・アマチュア考古学者。日本考古学協会会員。本名は苅谷 俊彦(かりや としひこ)。


宮崎県
 53  外山秀一    宮崎県    Wikipedia
外山 秀一(とやま しゅういち、1954年6月 - )は、日本の地理学者、考古学者。専門は考古地理学、環境考古学等。現在、皇學館大学文学部教授。『山梨県史』編纂専門調査員。宮崎県日南市出身。
皇學館大学出身      宮崎県出身の皇學館大学の出身者      全国の皇學館大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編



スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)