職業別の有名人出身都道府県 >官僚という職業の出身県別有名人

このサイトに登録されている有名人の数:49,191人
このサイトに登録されている有名人の「官僚」という職業の有名人の数:778人



スポンサーリンク


北海道
 1  松井旭    北海道    旭川市Wikipedia
松井 旭(まつい あさひ、1927年11月24日 - 2012年2月21日)は、日本の官僚、政治家。第18代~23代千葉市長(在任期間 1977年 - 2001年(六期))。北海道旭川市生まれ、広島県広島市育ち。
中央大学出身      北海道出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 2  厚谷襄児    北海道    函館市Wikipedia
厚谷 襄児(あつや じょうじ、1934年(昭和9年)6月6日 - )は、日本の官僚、法学者。北海道大学名誉教授。弁護士。専門は経済法・独占禁止法。函館市生まれ。
 3  卜部亮吾    北海道    小樽市Wikipedia
卜部 亮吾(うらべ りょうご、1924年(大正13年)1月6日 - 2002年(平成14年)3月11日)は、日本の官僚。約20年間にわたり、侍従として昭和天皇に仕えた。
京都大学出身      北海道出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 4  開山憲一    北海道    帯広市Wikipedia
開山 憲一(かいやま けんいち)は、日本の公証人・元法務官僚・元検察官。
中央大学出身      北海道出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 5  加藤進    北海道    札幌市Wikipedia
加藤 進(かとう すすむ、1902年8月10日 - 1993年11月10日)は、北海道札幌市出身の日本の昭和期の官僚。正三位勲一等瑞宝章。
東京大学出身      北海道出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 6  北村俊昭    北海道    小樽市Wikipedia
北村 俊昭(きたむら としあき[1]、1948年(昭和23年)11月15日[2] - )は、日本の官僚、経営者。国際石油開発帝石株式会社代表取締役社長。元経済産業審議官。北海道小樽市出身[1][3]。
 7  佐藤英彦    北海道    函館市Wikipedia
佐藤 英彦(さとう ひでひこ、1945年4月[1] - )は、日本の警察官僚。元警察庁長官、弁護士。警察庁顧問[1]。
東京大学出身      北海道出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 8  瀧野欣彌    北海道    釧路市Wikipedia
瀧野 欣彌(たきの きんや、1947年9月6日 - )は、日本の自治・総務官僚、弁護士。地方公共団体金融機構理事長。
東京大学出身      北海道出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1947年9月6日生まれ      9月6日生まれの人      北海道出身の1947年生まれ      世界の1947年生まれの人
 9  竹島一彦    北海道    札幌市Wikipedia
竹島 一彦(たけしま かずひこ、1943年3月16日 - )は、北海道札幌市出身の大蔵官僚。 森・濱田松本法律事務所顧問。前公正取引委員会委員長。元内閣官房副長官補。元国税庁長官。村井七郎(大蔵省国際金融局長、 元三和銀行副頭取)は、義父にあたる。
 10  津田広喜    北海道    幌延町Wikipedia
津田 廣喜(つだ ひろき、1948年8月11日 - )は、日本の大蔵官僚。元財務事務次官、早稲田大学教授。
東京大学出身      北海道出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 11  富樫凱一    北海道    旭川市Wikipedia
富樫 凱一(とがし がいいち、1905年11月17日 - 1993年4月21日)は、日本の土木工学者、建設官僚。
 12  富田朝彦    北海道    函館市Wikipedia
富田 朝彦(とみた ともひこ、1920年〈大正9年〉7月3日 - 2003年〈平成15年〉11月13日)は、昭和期の日本の官僚。第3代宮内庁長官。北海道出身。
東京大学出身      北海道出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 13  福田勝一    北海道    旭川市Wikipedia
福田 勝一(ふくだ かついち、1926年2月6日 - 2003年8月14日)は、日本の警察官僚。第74代警視総監。
北海道大学出身      北海道出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
 14  本保芳明    北海道    小樽市Wikipedia
本保 芳明(ほんぽ よしあき、1949年(昭和24年) - )は、日本の官僚。初代観光庁長官。北海道小樽市出身[1]。
東京工業大学出身      北海道出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者
 15  松橋忠光    北海道    Wikipedia
松橋 忠光(まつはし ただみつ、1924年11月30日 - 1998年12月11日)は、日本の警察官僚、評論家。元警視監。内村鑑三系無教会主義のクリスチャン。
一橋大学出身      北海道出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 16  山口真由    北海道    札幌市Wikipedia
山口 真由(やまぐち まゆ、1983年7月6日- )は、日本の弁護士、タレント、元財務官僚。


青森県
 17  三国谷勝範    青森県    Wikipedia
三國谷 勝範(みくにや かつのり、1951年4月25日 - )は、日本の大蔵官僚。金融庁長官を最後に退官し、東京大学教授を経て、預金保険機構理事長。
 18  小林眞    青森県    Wikipedia
小林 眞(こばやし まこと、1950年5月14日 - )は、日本の政治家、元官僚。青森県八戸市長(3期)。
東北大学出身      青森県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 19  津島雄二    青森県    Wikipedia
津島 雄二(つしま ゆうじ、1930年1月24日 - )は、日本の政治家。元衆議院議員(11期)。厚生大臣(76・90代)。衆議院予算委員長、自由民主党税制調査会長などを歴任。元大蔵官僚。
東京大学出身      青森県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


岩手県
 20  田子一民    岩手県    盛岡市Wikipedia
田子 一民(たこ いちみん、1881年(明治14年)11月14日 - 1963年(昭和38年)8月15日)は、日本の官僚、政治家、衆議院議長(第34代)、衆議院副議長(第27代)、官選三重県知事、農林大臣(第4次吉田内閣)、衆議院議員(通算9期)などを務めた。岩手県盛岡市出身。東京帝国大学法学部卒業。妻は秋田県横手市雄物川町出身。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1881年11月14日生まれ      11月14日生まれの人      岩手県出身の1881年生まれ      世界の1881年生まれの人
 21  後藤新平    岩手県    奥州市水沢区Wikipedia
後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
名古屋大学出身      岩手県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 22  椎名悦三郎    岩手県    奥州市水沢区Wikipedia
椎名 悦三郎(しいな えつさぶろう、1898年(明治31年)1月16日 - 1979年(昭和54年)9月30日)は、日本の官僚、政治家。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 23  田子一民    岩手県    盛岡市Wikipedia
田子 一民(たこ いちみん、1881年(明治14年)11月14日 - 1963年(昭和38年)8月15日)は、日本の官僚、政治家、衆議院議長(第34代)、衆議院副議長(第27代)、官選三重県知事、農林大臣(第4次吉田内閣)、衆議院議員(通算9期)などを務めた。岩手県盛岡市出身。東京帝国大学法学部卒業。妻は秋田県横手市雄物川町出身。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1881年11月14日生まれ      11月14日生まれの人      岩手県出身の1881年生まれ      世界の1881年生まれの人
 24  後藤新平    岩手県    奥州市水沢区Wikipedia
後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
名古屋大学出身      岩手県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 25  椎名悦三郎    岩手県    奥州市水沢区Wikipedia
椎名 悦三郎(しいな えつさぶろう、1898年(明治31年)1月16日 - 1979年(昭和54年)9月30日)は、日本の官僚、政治家。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 26  達増拓也    岩手県    盛岡市Wikipedia
達増 拓也(たっそ たくや、1964年(昭和39年)6月10日 - )は、日本の外務官僚、政治家。岩手県知事(第7代)。復興庁復興推進委員会委員。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1964年6月10日生まれ      6月10日生まれの人      岩手県出身の1964年生まれ      世界の1964年生まれの人
 27  浅野史郎    岩手県    大船渡市Wikipedia
浅野 史郎(あさの しろう、1948年2月8日 - )は、日本の政治家、厚生官僚。慶應義塾大学総合政策学部元教授。神奈川大学教授。元宮城県知事(公選第15・16・17代)。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1948年2月8日生まれ      2月8日生まれの人      岩手県出身の1948年生まれ      世界の1948年生まれの人
 28  達増拓也    岩手県    盛岡市Wikipedia
達増 拓也(たっそ たくや、1964年(昭和39年)6月10日 - )は、日本の外務官僚、政治家。岩手県知事(第7代)。復興庁復興推進委員会委員。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1964年6月10日生まれ      6月10日生まれの人      岩手県出身の1964年生まれ      世界の1964年生まれの人
 29  浅野史郎    岩手県    大船渡市Wikipedia
浅野 史郎(あさの しろう、1948年2月8日 - )は、日本の政治家、厚生官僚。慶應義塾大学総合政策学部元教授。神奈川大学教授。元宮城県知事(公選第15・16・17代)。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1948年2月8日生まれ      2月8日生まれの人      岩手県出身の1948年生まれ      世界の1948年生まれの人
 30  畑浩治    岩手県    久慈市Wikipedia
畑 浩治(はた こうじ、1963年9月28日 - )は、日本の建設官僚、政治家。民進党所属の元衆議院議員。
早稲田大学出身      岩手県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 31  平野達男    岩手県    北上市 Wikipedia
平野 達男(ひらの たつお、1954年5月2日 - )は、日本の政治家、農林水産官僚。参議院議員(3期)。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 32  畑浩治    岩手県    久慈市Wikipedia
畑 浩治(はた こうじ、1963年9月28日 - )は、日本の建設官僚、政治家。民進党所属の元衆議院議員。
早稲田大学出身      岩手県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 33  平野達男    岩手県    北上市 Wikipedia
平野 達男(ひらの たつお、1954年5月2日 - )は、日本の政治家、農林水産官僚。参議院議員(3期)。
東京大学出身      岩手県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 34  及川昭伍    岩手県    Wikipedia
及川 昭伍(おいかわ しょうご、1932年(昭和7年)3月29日 - )は日本の官僚。元経済企画庁総合計画局長。
東北大学出身      岩手県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 35  及川耕造    岩手県    Wikipedia
及川 耕造(おいかわ こうぞう、1945年10月 - )は、日本の官僚。岩手県出身。
 36  小松正之    岩手県    Wikipedia
小松 正之(こまつ まさゆき、1953年 - )は日本の元官僚。岩手県陸前高田市生まれ[1]。
東北大学出身      岩手県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 37  及川昭伍    岩手県    Wikipedia
及川 昭伍(おいかわ しょうご、1932年(昭和7年)3月29日 - )は日本の官僚。元経済企画庁総合計画局長。
東北大学出身      岩手県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 38  及川耕造    岩手県    Wikipedia
及川 耕造(おいかわ こうぞう、1945年10月 - )は、日本の官僚。岩手県出身。
 39  小松正之    岩手県    Wikipedia
小松 正之(こまつ まさゆき、1953年 - )は日本の元官僚。岩手県陸前高田市生まれ[1]。
東北大学出身      岩手県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者


宮城県
 40  粟屋仙吉    宮城県    Wikipedia
粟屋 仙吉(あわや せんきち、1893年(明治26年)11月7日 - 1945年(昭和20年)8月6日)は、日本の内務官僚、政治家。ゴーストップ事件時の大阪府警察部長、広島市への原子爆弾投下時の広島市長として知られる。東京府士族[1]。
東京大学出身      宮城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 41  吉野信次    宮城県    Wikipedia
吉野 信次(よしの しんじ、1888年(明治21年)9月17日 - 1971年(昭和46年)5月9日)は、大正、昭和期の日本の商工官僚、政治家。第1次近衛内閣の商工大臣、貴族院議員を経て、戦後は、自由民主党参議院議員となり、第三次鳩山一郎内閣の運輸大臣を歴任した。大正デモクラシーを主導した政治学者吉野作造の弟に当たる。
一橋大学出身      宮城県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 42  吉野作造    宮城県    Wikipedia
吉野 作造(よしの さくぞう 1878年(明治11年)1月29日 - 1933年(昭和8年)3月18日)は、大正時代を中心に活躍した日本の政治学者、思想家である。東京帝国大学で教壇に立ち、大正デモクラシーの立役者となった。初名は「作蔵」、1917年5月「作造」に改名[1]。号は「古川学人」。弟は商工官僚・政治家の吉野信次。
東京大学出身      宮城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1878年1月29日生まれ      1月29日生まれの人      宮城県出身の1878年生まれ      世界の1878年生まれの人


秋田県
 43  銭谷真美    秋田県    秋田市Wikipedia
銭谷 真美(ぜにや まさみ、旧字体:銭谷 眞美、1949年6月2日[1] - )は、日本の文部官僚。第4代文部科学事務次官[2]。秋田県秋田市土崎港出身[1]。
東北大学出身      秋田県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 44  相馬計二    秋田県    Wikipedia
相馬 計二(そうま けいじ、1933年7月27日- )は、日本の司法書士。元官僚。専門は、不動産登記法。紀尾井司法・調査士合同相馬司法事務所代表。秋田県出身
 45  谷藤正三    秋田県    秋田市Wikipedia
谷藤 正三(たにふじ しょうぞう、1914年1月6日 - 2004年6月3日)は、日本の建設官僚。元北海道開発事務次官。工学博士。秋田県河辺郡浜田村(のち秋田市)出身。
京都大学出身      秋田県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 46  土田正顕    秋田県    由利本荘市Wikipedia
土田 正顕(つちだ まさあき、1936年8月18日 - 2004年1月30日)は日本の官僚。秋田県由利郡矢島町(現・由利本荘市矢島町)出身。
東京大学出身      秋田県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 47  富樫総一    秋田県    Wikipedia
冨樫 総一(とがし そういち、1914年 - 1973年)は労働官僚。労働事務次官を務めたのち退官し、中小企業退職金共済事業団理事長等を歴任。
一橋大学出身      秋田県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 48  川村竹治    秋田県    Wikipedia
川村 竹治(かわむら たけじ、明治4年7月17日(1871年9月1日) - 昭和30年(1955年)9月8日)は大正から昭和にかけて活躍した官僚・政治家。満鉄社長、司法大臣等を歴任。
東京大学出身      秋田県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 49  水野錬太郎    秋田県    Wikipedia
水野 錬太郎(みずの れんたろう、慶応4年1月10日(1868年2月3日) - 昭和24年(1949年)11月25日)は、日本の内務官僚、政治家。勲等は勲一等。内務大臣、朝鮮総督府政務総監、文部大臣、貴族院議員などを歴任した。
東京大学出身      秋田県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 50  佐々木喜久治    秋田県    小坂町Wikipedia
佐々木 喜久治(ささき きくじ、1921年11月25日 - 2008年5月6日)は日本の内務官僚、自治官僚、政治家。秋田県知事を務めた。
東北大学出身      秋田県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者


山形県
 51  黒金泰美    山形県    Wikipedia
黒金 泰美(くろがね やすみ、1910年11月25日 - 1986年10月11日)は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員、内閣官房長官。父親は戦前の立憲民政党代議士の黒金泰義。
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 52  鈴木貞敏    山形県    Wikipedia
鈴木 貞敏(すずき ていびん[1] / さだとし[2]、1925年(大正14年)8月12日 - 2009年(平成21年)10月24日[2])は、日本の警察官僚、政治家。自由民主党参議院議員(2期)。勲等は勲二等[2]。なお、名前が似ている元陸軍中将・企画院総裁の鈴木貞一との血縁はない(貞一は千葉県出身)。
 53  平田東助    山形県    Wikipedia
平田東助(ひらた とうすけ、嘉永2年3月3日(1849年3月26日)- 大正14年(1925年)4月14日)は、日本の明治・大正期の官僚・政治家。農商務大臣・内務大臣・内大臣を歴任する。山縣有朋の側近としても有名。また、第2次桂内閣において神社合祀を強力に推進した。
慶應義塾大学出身      山形県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 54  降矢敬義    山形県    Wikipedia
降矢 敬義(ふるや けいぎ、1920年10月25日 - )は、日本の官僚、政治家。
 55  安孫子藤吉    山形県    Wikipedia
安孫子 藤吉(あびこ とうきち、1904年2月22日 - 1992年4月6日)は、日本の官僚、政治家。山形県知事、自由民主党参議院議員を務めた。栄典は正三位・勲一等瑞宝章・旭日大綬章。
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 56  鈴木俊一    山形県    Wikipedia
鈴木 俊一(すずき しゅんいち、1910年(明治43年)11月6日 - 2010年(平成22年)5月14日)は、日本の政治家、内務官僚。東京都名誉都民、北京市栄誉市民[1]。
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1910年11月6日生まれ      11月6日生まれの人      山形県出身の1910年生まれ      世界の1910年生まれの人
 57  伊東忠太    山形県    Wikipedia
伊東 忠太(いとう ちゅうた、1867年11月21日(慶応3年10月26日) - 1954年(昭和29年)4月7日) は、明治~昭和期の建築家、建築史家である。山形県米沢市出身。号は紅雲。位階・勲等・学位・称号は、正三位・勲二等瑞宝章・工学博士・東京帝国大学名誉教授・米沢市名誉市民・第1号。早稲田大学教授。叔父(父の弟)に、官僚・政治家の平田東助がいる。
東京大学出身      山形県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


福島県
 58  遠藤敬止    福島県    Wikipedia
遠藤 敬止(えんどう けいし、嘉永4年(1851年) - 明治37年(1904年))は、幕末期の武士(会津藩士)、明治期の大蔵官僚、七十七銀行第二代・四代頭取、仙台商工会議所初代会頭。
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 59  石川暎作    福島県    Wikipedia
石川 暎作(いしかわ えいさく、安政5年4月20日(1858年6月1日) - 明治19年(1886年)4月27日)は、明治期の大蔵官僚、『東京経済雑誌』編纂者。日本で初めて、アダム・スミスの『富国論』を翻訳出版した。
慶應義塾大学出身      福島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 60  佐藤剛男    福島県    Wikipedia
佐藤 剛男(さとうたつお、1937年7月16日 - 2013年1月23日)は、日本の通産官僚、政治家、弁護士(登録番号:32402)。位階は従三位。勲等は旭日大綬章。
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 61  鈴木直人    福島県    Wikipedia
鈴木 直人(すずき なおと、1900年(明治33年)5月19日 - 1957年(昭和32年)9月20日)は、日本の内務官僚、政治家。官選熊本県知事、参議院議員、衆議院議員。
 62  渋谷直蔵    福島県    Wikipedia
渋谷 直蔵(しぶや なおぞう、古い文書では「澁谷直藏」。1916年(大正5年)8月20日 - 1985年(昭和60年)12月16日)は、日本の政治家、労働官僚。
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1916年8月20日生まれ      8月20日生まれの人      福島県出身の1916年生まれ      世界の1916年生まれの人
 63  根本匠    福島県    Wikipedia
根本 匠(ねもと たくみ、1951年(昭和26年)3月7日 - )は、日本の政治家、建設官僚。自由民主党所属の衆議院議員(7期)。
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 64  岡野裕    福島県    Wikipedia
岡野 裕(おかの ゆたか、1927年2月3日 - 2004年8月23日)は、日本の官僚、政治家。自由民主党参議院議員。福島県福島市出身。
京都大学出身      福島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 65  阿部孝夫    福島県    Wikipedia
阿部 孝夫(あべ たかお、1943年9月18日 - )は、日本の政治家、自治官僚。神奈川県川崎市長(第15・16・17代)。個人情報保護委員会委員(常勤)。
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 66  飯沼一省    福島県    Wikipedia
飯沼 一省(いいぬま かずみ、1892年(明治25年)2月15日 - 1982年(昭和57年)11月14日)は日本の内務官僚、貴族院議員。戦前から戦後にかけ、日本の都市計画行政を牽引した人物の一人である。妻は南弘の娘・櫂子。
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 67  池上四郎    福島県    Wikipedia
池上 四郎(いけがみ しろう、安政4年4月18日(1857年5月11日) - 昭和4年(1929年)4月4日)は、日本の警察官僚、政治家。第6代大阪市長、第6代朝鮮総督府政務総監。兄に検事・池上三郎、娘婿に内務省官吏石川銀蔵。文仁親王妃紀子は曾孫に当たる。
 68  石塚英蔵    福島県    Wikipedia
石塚 英蔵(いしづか えいぞう、1866年10月31日(慶応2年7月23日) - 1942年(昭和17年)7月28日)は、日本の官僚、政治家。台湾総督、貴族院議員、枢密顧問官。
 69  伊藤庄平    福島県    Wikipedia
伊藤 庄平(いとう しょうへい、1943年8月10日 - )は、日本の労働官僚。労働事務次官を最後に退官し、厚生労働省顧問や労働者健康福祉機構理事長を務めた。クリスチャン。
一橋大学出身      福島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 70  内田隆    福島県    Wikipedia
内田 隆(うちだ たかし、1879年(明治12年)3月30日[1] - 1963年(昭和38年)7月11日[2])は、日本の台湾総督府・内務官僚、実業家。官選秋田県知事。旧姓・長田。
 71  遠藤直人    福島県    Wikipedia
遠藤 直人(えんどう なおと、1898年(明治31年)2月3日 - 1986年(昭和61年)4月6日[1])は、日本の内務官僚。メナド州知事などを務め、兵庫県最後の官選知事であった。戦後は帰農した一方で、福島県公安委員長などの公職を務めた。
 72  大越亨    福島県    Wikipedia
大越 亨(おおごし とおる、1844年(天保15年9月)[1] - 1896年(明治29年)1月11日[2])は、幕末の相馬中村藩士、明治期の内務官僚。官選滋賀県知事。幼名・慎八郎[3]。
 73  大島破竹郎    福島県    Wikipedia
大島 破竹郎(おおしま はちくろう、1882年(明治15年)12月 - 1953年(昭和28年)6月12日[2])は、日本の官僚。佐賀県知事、高知県知事、郡山市長を歴任した。
 74  加藤祐三郎    福島県    Wikipedia
加藤 祐三郎(かとう ゆうさぶろう、1903年(明治36年)3月30日 - 没年不詳)は、日本の内務官僚。第二次世界大戦末期の情報局第二部長として録音盤事件に際会。戦後は公職追放を経て、東北開発株式会社の副総裁を務めた。
 75  加藤秀樹    福島県    Wikipedia
加藤 秀樹(かとう ひでき)は、日本の政策活動家。元大蔵官僚、構想日本代表、東京財団理事長、四国民家博物館理事長、東京大学公共政策大学院実務家教員。その他、全国で選挙の際の公開討論会を進めるNGOリンカーン・フォーラム代表などを兼任。
京都大学出身      福島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 76  柏村信雄    福島県    Wikipedia
柏村 信雄(かしわむら[1] のぶお、1907年(明治40年)6月5日 - 1989年(平成元年)1月16日)は、日本の内務・警察官僚。第三代警察庁長官として60年安保時代の治安対策責任者であった。
静岡大学出身      福島県出身の静岡大学の出身者      全国の静岡大学の出身者
 77  川島廣守    福島県    Wikipedia
川島 廣守(かわしま ひろもり、1922年2月27日 - 2012年12月9日)は、日本の官僚、第10代プロ野球コミッショナー、第2代本田財団理事長。
中央大学出身      福島県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
1922年2月27日生まれ      2月27日生まれの人      福島県出身の1922年生まれ      世界の1922年生まれの人
 78  菅野弘夫    福島県    Wikipedia
菅野 弘夫(かんの ひろお、1923年7月16日 - 2009年11月23日)は、日本の元官僚。
 79  黒河内四郎    福島県    Wikipedia
黒河内 四郎(くろかわち しろう[注 1]/くろこうち しろう[1]、1882年(明治15年)7月 - 1960年(昭和35年)6月3日)は、日本の鉄道省官僚、土木工学者(工学博士)。鉄道省工務局長を最後に退官し、東京高速鉄道技師長として現在の銀座線新橋、渋谷間の開通に貢献。第31代土木学会会長、初代日本保線協会会長。
 80  國分正明    福島県    Wikipedia
國分 正明(こくぶん まさあき、1936年(昭和11年)2月7日 - )は、日本の官僚。元文部事務次官。福島県三春町出身。
 81  小山知一    福島県    Wikipedia
小山 知一(こやま ちいち、1893年(明治26年)7月17日 - 没年不明)は、日本の官僚。佐賀県知事、高知県知事、文部省普通学務局長を歴任した。
 82  佐々木秀司    福島県    Wikipedia
佐々木 秀司(ささき ひでじ、1880年(明治13年)11月 - 1934年(昭和9年)11月14日[1])は、日本の内務・警察官僚、実業家。政友会系官選香川県知事。
 83  佐藤正俊    福島県    Wikipedia
佐藤 正俊(さとう まさとし、1886年(明治19年)9月18日[1] - 1962年(昭和37年)5月3日[2])は、日本の官僚。香川県知事、三重県知事、名古屋市長を歴任した。
 84  品川萬里    福島県    Wikipedia
品川 萬里(しながわ まさと、1944年(昭和19年)12月19日 - )は、日本の政治家、郵政官僚。福島県郡山市長(第14代)。元郵政審議官。
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 85  清水潔    福島県    Wikipedia
清水 潔(しみず きよし、1949年12月16日‐)は日本の官僚。元文部科学事務次官。福島県富岡町出身[1]。
 86  下坂藤太郎    福島県    Wikipedia
下坂 藤太郎(しもざか とうたろう、1868年11月17日(明治元年10月4日) - 1941年(昭和16年)1月12日)は、日本の大蔵官僚、実業家。理財局銀行課長を最後に退官し、台湾銀行理事、副頭取を歴任。東洋製糖(のち大日本製糖)、東洋海上保険(のち日新火災海上保険)、日商(のち日商岩井)の各社長。
 87  鈴木久泰    福島県    Wikipedia
鈴木 久泰(すずき ひさやす、1953年3月31日[1] - )は、日本の国土交通官僚(運輸)。元海上保安庁長官。日本空港ビルデング株式会社取締役副社長。
 88  鈴木邦芳    福島県    Wikipedia
鈴木 邦芳(すずき くによし、1936年4月 - )は、日本の警察官僚。元中国管区警察局長。
中央大学出身      福島県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 89  高野源進    福島県    Wikipedia
高野 源進(たかの げんしん、明治28年(1895年)3月15日 - 昭和44年(1969年)1月4日)は、日本の内務官僚、弁護士。官僚としては主として警察畑を歩き山梨県知事・警視総監などを歴任したが、特に原爆被災時の(官選)広島県知事を務めたことで知られる。
 90  丹羽七郎    福島県    Wikipedia
丹羽 七郎(にわ しちろう、1885年(明治18年)3月31日 - 1935年(昭和10年)7月7日)は、日本の内務官僚。岡田内閣の内務次官、県知事。
 91  廣澤辨二    福島県    Wikipedia
廣澤 辨二(ひろさわ べんじ、1862年7月15日(文久2年6月19日) - 1928年(昭和3年)8月8日)は、日本の牧場主、農商務官僚、政治家である。 衆議院議員一期、東京獣医学校校長。
 92  平田紀一    福島県    Wikipedia
平田 紀一(ひらた きいち / のりかず[1]、1886年(明治19年)3月17日 - 1938年(昭和13年)5月28日[2])は、日本の官僚。山梨県知事、群馬県知事、富山市長を歴任した。
 93  星野喜代治    福島県    Wikipedia
星野 喜代治(ほしの きよじ、1893年(明治26年)11月11日 - 1979年(昭和54年)10月14日)は、日本の大蔵官僚、銀行家。銀行局検査課長を最後に退官し、朝鮮銀行副総裁を務める。第二次世界大戦終結後は同行の特殊清算人に選ばれ、第二会社として日本債券信用銀行の前身となる日本不動産銀行を設立し、頭取、会長を歴任。日債銀相談役。
 94  堀田鼎    福島県    Wikipedia
堀田 鼎(ほった かなえ、1883年9月 - 1942年2月24日)は、日本の内務官僚。県知事、台湾総督府交通局総長。
 95  堀田貢    福島県    Wikipedia
堀田 貢(ほった みつぐ、1876年1月28日 - 1926年2月3日[1])は、日本の内務官僚。警視総監、内務次官。
 96  本名文任    福島県    Wikipedia
本名 文任(ほんな ふみのり、1891年(明治24年) - 1968年(昭和43年)は、日本の医学者、防衛官僚である。京城帝国大学教授、警察予備隊本部医務局長、防衛庁衛生監を歴任。「Ueber die Noma」[* 1]で東京帝大医学博士[1]、日本大腸肛門病学会会長[2]。日本の膿胸手術における先駆者である[3]。
 97  松尾仁    福島県    Wikipedia
松尾 仁(まつお じん、1891年7月7日- 1960年5月29日)は、日本の旧内務省の技術官僚。のちに厚生省の技術官僚として医薬品・食品行政全般にわたり重責を果たした[1]。薬事行政の枢機に参画するとともに東京帝国大学医学部講師を兼任[2]するなど教育・啓蒙にも尽力した。1941年-1948年には国立衛生試験所(現国立医薬品食品衛生研究所)の第12代所長を務められ[3]、その後、植物化学の成果の医薬的応用をはかるべく、創業者として常磐植物化学研究所を設立した[4]。また、日本大学薬学科の新設に貢献し、初代薬学科長に就任した[5]。
 98  松川道哉    福島県    Wikipedia
松川道哉(まつかわ みちや 1924年12月22日 - 2000年11月16日)は、福島県出身の元大蔵官僚。元財務官。
東京大学出身      福島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 99  森俊六郎    福島県    Wikipedia
森 俊六郎(もり しゅんろくろう、1877年(明治10年)3月6日 - 1957年(昭和32年)3月19日)は、日本の大蔵官僚、銀行家。理財局長を最後に退官し、台湾銀行副頭取、南満州鉄道理事を歴任した。妻は烏山藩主・大久保忠順の娘・朝子[1]。子爵・貴族院議員の大久保忠春は義弟[2]。
 100  安岡正光    福島県    Wikipedia
安岡 正光(やすおか まさみつ、1896年(明治29年)2月15月 - 1962年(昭和37年)4月20日[1])は、日本の内務・警察官僚。官選山梨県知事。
 101  村井八郎    福島県    Wikipedia
村井 八郎(むらい はちろう、1886年(明治19年)12月24日 - 1970年(昭和45年)10月11日)は、日本の内務官僚、政治家、実業家。衆議院議員、福島県知事、郡山市長、川崎市長、会津若松市長を歴任した。旧姓・阿部。


茨城県
 102  小山松吉    茨城県    水戸市Wikipedia
小山 松吉(こやま まつきち、1869年11月1日(明治2年9月28日) - 1948年(昭和23年)3月27日)は、日本の法学者、司法官僚、政治家。学位は法学博士。検事総長、司法大臣、貴族院勅選議員、法政大学総長を歴任。茨城県出身者では初の国務大臣である。
 103  小野友五郎    茨城県    笠間市Wikipedia
小野 友五郎(おの ともごろう、文化14年10月23日(1817年12月1日) - 明治31年(1898年)10月29日)は、江戸時代末期から明治時代にかけての日本の数学者・海軍軍人・財務官僚。諱は広胖(ひろとき、しばしばこうはんとも音読される)。官位は内膳正。元常陸笠間藩士、後に幕臣。和算家としては広胖、洋算家としては友五郎と呼ばれることが多い。
 104  小幡政人    茨城県    土浦市Wikipedia
小幡 政人(おばた まさと、1945年4月1日 - )は日本の政治家・元官僚。茨城県土浦市出身。元国土交通省事務次官、元鉄道建設・運輸施設整備支援機構理事長。
東京大学出身      茨城県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 105  小林一三    茨城県    Wikipedia
小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致などを電鉄に連動させ日本最初の田園都市構想を実現し、相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。政界では、第2次近衛内閣の商工大臣を務めて革新官僚の商工次官・岸信介と対立、1941年(昭和16年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後公職追放となった。
慶應義塾大学出身      茨城県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
1873年1月3日生まれ      1月3日生まれの人      茨城県出身の1873年生まれ      世界の1873年生まれの人


栃木県
 106  藤枝泉介    栃木県    宇都宮市Wikipedia
藤枝 泉介(ふじえだ せんすけ、1907年(明治40年)12月3日 - 1971年(昭和46年)6月6日)は、昭和期の内務官僚、政治家。衆議院議員、衆議院副議長。
東京大学出身      栃木県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 107  森山欽司    栃木県    東京都出生Wikipedia
森山 欽司(もりやま きんじ、1917年1月10日 - 1987年5月2日)は、日本の政治家、外務官僚。科学技術庁長官・運輸大臣[1]。元法務大臣の森山眞弓は妻。没後に正三位を追賜。愛称はモリキン。保守合同で自由民主党が誕生してからは三木派に所属し、後身の河本派では代表世話人を務める。2度の衆議院社会労働委員長、同建設委員長、第2次池田内閣で郵政政務次官等を経て、1973年 第2次田中角榮内閣第1次改造内閣で科学技術庁長官、1978年第1次大平内閣で運輸大臣として入閣した[1]。長年、自民党の労働問題調査会の事務局長、会長を務め、政府、3公社5現業、公社公団、特殊法人の労働問題にかかわった。1987年4月29日勲一等旭日大綬章受章[2]。
 108  森山眞弓    栃木県    東京都出生Wikipedia
森山 眞弓(もりやま まゆみ、1927年(昭和2年)11月7日 - )は、日本の元官僚(労働官僚)、元政治家。旧姓名は古川 眞弓[1]。
東京大学出身      栃木県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 109  湯沢三千男    栃木県    Wikipedia
湯沢 三千男(ゆざわ みちお、明治21年(1888年)5月20日 - 昭和38年(1963年)2月21日)は、大正・昭和期の日本の政治家、内務官僚。宮城・広島・兵庫県知事や東條内閣の内務大臣を務め、戦後も自由民主党参議院議員として活動した。
1888年5月20日生まれ      5月20日生まれの人      栃木県出身の1888年生まれ      世界の1888年生まれの人
 110  横川信夫    栃木県    Wikipedia
横川 信夫(よこかわ のぶお、1901年 - 1975年11月10日)は、昭和期の農林官僚・政治家。


群馬県
 111  福田赳夫    群馬県    高崎市(旧群馬郡群馬町)Wikipedia
福田 赳夫(ふくだ たけお、1905年(明治38年)1月14日 - 1995年(平成7年)7月5日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1905年1月14日生まれ      1月14日生まれの人      群馬県出身の1905年生まれ      世界の1905年生まれの人
 112  上野公成    群馬県    高崎市Wikipedia
上野 公成(うえの こうせい、1939年7月23日 - )は、日本の建設官僚、政治家。都市再生研究所理事長。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 113  膳桂之助    群馬県    Wikipedia
膳 桂之助(ぜん けいのすけ、1887年7月21日 - 1951年11月25日)は、日本の農商務官僚、実業家、政治家。位階は従三位。勲等は勲三等。日本工業倶楽部理事、日本団体生命保険社長、経済安定本部総務長官(初代)、物価庁長官(初代)を歴任した。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1887年7月21日生まれ      7月21日生まれの人      群馬県出身の1887年生まれ      世界の1887年生まれの人
 114  鶴見祐輔    群馬県    Wikipedia
鶴見 祐輔(つるみ ゆうすけ、1885年1月3日 - 1973年11月1日)は、日本の官僚・政治家・著述家。衆議院議員総選挙第16、19、20、21回当選。参議院議員選挙第3回当選。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 115  青柳秀夫    群馬県    Wikipedia
青柳 秀夫(あおやぎ ひでお、1897年7月12日 - 1986年5月31日)は、日本の内務官僚、政治家。愛知県知事、参議院議員を務めた。
 116  石関貴史    群馬県    伊勢崎市Wikipedia
石関 貴史(いしぜき たかし、1972年2月18日 ‐ )は、日本の政治家、郵政官僚。民進党所属の衆議院議員(4期)、衆議院決算行政監視委員長。
早稲田大学出身      群馬県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 117  北野重雄    群馬県    Wikipedia
北野 重雄(きたの しげお、1903年4月29日 - 1990年3月16日)は、昭和時代の日本の官僚。群馬県知事。勲一等瑞宝章・従三位。
 118  石原信雄    群馬県    Wikipedia
石原 信雄(いしはら のぶお、1926年11月24日 - )は日本の官僚。元内閣官房副長官(在任 1987年 - 1995年)。勲一等。財務官僚で内閣府審議官の石原一彦は長男。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 119  入沢肇    群馬県    Wikipedia
入沢 肇(いりさわ はじむ、1940年8月26日 - )は、日本の政治家、官僚。元帝京大学教授。参議院議員、林野庁長官、農林水産省構造改善局長を務める。群馬県北群馬郡伊香保町出身。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 120  桜井俊    群馬県    Wikipedia
桜井 俊(さくらい しゅん、1953年(昭和28年)12月14日[1] - )は、日本の元総務官僚、元総務事務次官である[2]。群馬県出身[2]。専門は情報通信分野[2]。過去にはNTT再編などの通信事業の自由化を主導した[2]。長男はアイドルグループ“嵐”に所属する櫻井翔、長女は日テレレポーターの櫻井舞である。なお、三兄弟の中で長女だけ慶応幼稚舎に入れられていない。
 121  佐藤光夫    群馬県    Wikipedia
佐藤光夫(さとう みつお、1933年2月1日 - 2002年10月20日)は、大蔵官僚。アジア開発銀行総裁(第6代)、元東京証券取引所副理事長。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 122  堤富男    群馬県    Wikipedia
堤 富男(つつみ とみお、1938年(昭和13年)7月29日 - )は、日本の官僚。元通商産業事務次官。群馬県出身。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


埼玉県
 123  渋沢栄一    埼玉県    Wikipedia
渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) - 昭和6年(1931年)11月11日)は、江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての日本の武士(幕臣)、官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれる。理化学研究所の創設者でもある。
二松學舍大学出身      埼玉県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 124  小山健三    埼玉県    行田市Wikipedia
小山 健三(こやま けんぞう、1858年7月23日(安政5年6月13日) - 1923年(大正12年)12月19日)は、明治から大正時代に活躍した日本の官僚、教育者、学校経営者、実業家、貴族院議員。前半生は教育者、近代日本教育の建設者として、とりわけ専門教育の礎を築くことに大きな功績を残し、東京高等商業学校(現一橋大学)校長などを歴任。後半生は、三十四銀行(後の三和銀行、現東京三菱UFJ銀行)第2代頭取に就任して、事業を大きく発展させるとともに、日本の金融界の発展に尽くす。福沢諭吉の養子であり「日本の電力王」と呼ばれた福沢桃介に、「東に渋沢栄一、西に小山健三あり」と言わしめた。勲二等瑞宝章受章。
 125  江利川毅    埼玉県    Wikipedia
江利川 毅(えりかわ たけし、1947年 - )は日本の官僚。公立大学法人埼玉県立大学理事長。人事院総裁、内閣府事務次官、厚生労働事務次官を歴任。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 126  大野緑一郎    埼玉県    旧浦和市Wikipedia
大野 緑一郎(おおの ろくいちろう、明治20年(1887年)10月1日 - 昭和60年(1985年)9月2日)は、日本の内務官僚、弁護士。第37代警視総監、朝鮮総督府政務総監など歴任。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 127  小峰隆夫    埼玉県    Wikipedia
小峰 隆夫(こみね たかお、1947年(昭和22年) - )は、日本のエコノミスト、元官僚。法政大学大学院政策創造研究科教授。 国土交通省国土計画局長、経済企画庁経済研究所長などを歴任した。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 128  長島隆二    埼玉県    現鴻巣市Wikipedia
長島 隆二(ながしま りゅうじ、1878年(明治11年)11月29日 - 1940年(昭和15年)10月8日[1])は、日本の大蔵官僚、衆議院議員(立憲同志会→革新倶楽部→立憲政友会)。桂太郎の娘婿。
 129  棚橋泰    埼玉県    浦和町Wikipedia
棚橋泰(たなはし やすし、1933年1月17日 - )は、日本の官僚。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 130  速水堅曹    埼玉県    Wikipedia
速水 堅曹(はやみ けんそう、天保10年6月13日(1839年7月23日)- 大正2年(1913年)1月17日)は、日本の製糸技術者。日本で最初の器械製糸所である前橋藩営前橋製糸所を開設し、その後官営富岡製糸場の所長を2度務めた。日本初の生糸直輸出専門商社である横浜同伸会社の取締役社長を歴任した農商務省官僚。
 131  本田浩次    埼玉県    上尾市Wikipedia
本田 浩次(ほんだ こうじ、1944年(昭和19年) - )は、日本の農林官僚。元農林水産省畜産局長。埼玉県上尾市出身。
 132  速水堅曹    埼玉県    Wikipedia
速水 堅曹(はやみ けんそう、天保10年6月13日(1839年7月23日)- 大正2年(1913年)1月17日)は、日本の製糸技術者。日本で最初の器械製糸所である前橋藩営前橋製糸所を開設し、その後官営富岡製糸場の所長を2度務めた。日本初の生糸直輸出専門商社である横浜同伸会社の取締役社長を歴任した農商務省官僚。
 133  武藤敏郎    埼玉県    浦和市Wikipedia
武藤 敏郎(むとう としろう、1943年〈昭和18年〉7月2日[1] - )は、日本の大蔵官僚、経済学者、実業家。株式会社大和総研理事長、言論NPOアドバイザーリポート、学校法人開成学園理事長、元東京大学先端科学技術研究センター客員教授。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 134  小山健三    埼玉県    行田市Wikipedia
小山 健三(こやま けんぞう、1858年7月23日(安政5年6月13日) - 1923年(大正12年)12月19日)は、明治から大正時代に活躍した日本の官僚、教育者、学校経営者、実業家、貴族院議員。前半生は教育者、近代日本教育の建設者として、とりわけ専門教育の礎を築くことに大きな功績を残し、東京高等商業学校(現一橋大学)校長などを歴任。後半生は、三十四銀行(後の三和銀行、現東京三菱UFJ銀行)第2代頭取に就任して、事業を大きく発展させるとともに、日本の金融界の発展に尽くす。福沢諭吉の養子であり「日本の電力王」と呼ばれた福沢桃介に、「東に渋沢栄一、西に小山健三あり」と言わしめた。勲二等瑞宝章受章。
 135  遠藤柳作    埼玉県    幸手市Wikipedia
遠藤 柳作(えんどう りゅうさく、1886年3月18日 - 1963年9月18日)は、日本の政治家、官僚、実業家。衆議院議員。貴族院議員。参議院議員。武蔵野銀行初代頭取。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1886年3月18日生まれ      3月18日生まれの人      埼玉県出身の1886年生まれ      世界の1886年生まれの人
 136  関根則之    埼玉県    吉見町Wikipedia
関根 則之(せきね のりゆき、1931年1月13日 - )は、日本の官僚・政治家。元消防庁長官(第17代)、元参議院議員、静岡県副知事。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 137  小島慶三    埼玉県    羽生市Wikipedia
小島 慶三(こじま けいぞう、1917年(大正6年)3月11日 - 2008年(平成20年)8月30日[1])は、日本のエコノミスト、思想家、教育者、実業家、官僚、政治家、俳人。参議院議員(1期)[1]。
一橋大学出身      埼玉県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 138  小泉龍司    埼玉県    秩父市Wikipedia
小泉 龍司(こいずみ りゅうじ、1952年9月17日 - )は、日本の政治家、大蔵官僚。衆議院議員(5期)。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 139  石井謹吾    埼玉県    Wikipedia
石井 謹吾(いしい きんご、1877年(明治10)10月22日[1] - 1925年(大正14)9月2日)は、埼玉県出身の政治家、実業家、弁護士、内務官僚。
明治大学出身      埼玉県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 140  大野緑一郎    埼玉県    旧浦和市Wikipedia
大野 緑一郎(おおの ろくいちろう、明治20年(1887年)10月1日 - 昭和60年(1985年)9月2日)は、日本の内務官僚、弁護士。第37代警視総監、朝鮮総督府政務総監など歴任。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 141  遠藤柳作    埼玉県    幸手市Wikipedia
遠藤 柳作(えんどう りゅうさく、1886年3月18日 - 1963年9月18日)は、日本の政治家、官僚、実業家。衆議院議員。貴族院議員。参議院議員。武蔵野銀行初代頭取。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1886年3月18日生まれ      3月18日生まれの人      埼玉県出身の1886年生まれ      世界の1886年生まれの人
 142  石井保    埼玉県    旧浦和市Wikipedia
石井 保(いしい たもつ、1887年(明治20年)3月15日 - 1976年(昭和51年)2月1日[1])は、日本の警察官僚。憲政会系官選鳥取県知事、台湾総督府警務局長。
 143  井上英    埼玉県    Wikipedia
井上 英(いのうえ えい、1886年(明治19年)12月[1] - 1975年(昭和50年)4月2日[2])は、日本の内務・警察官僚、政治家。官選佐賀県知事、旭川市長、新潟市長。旧姓・村田。
 144  田中重之    埼玉県    Wikipedia
田中 重之(たなか しげゆき、1898年(明治31年)12月15日 - 1985年(昭和60年)4月9日[1])は、日本の内務官僚。官選県知事。
 145  清水重夫    埼玉県    Wikipedia
清水 重夫(しみず しげお、1894年(明治27年)1月8日 - 1982年(昭和57年)10月13日[1])は、日本の内務・警察官僚。官選県知事、海軍司政長官。旧姓・針谷。
明治大学出身      埼玉県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 146  渋沢栄一    埼玉県    深谷市(旧・榛沢郡血洗島村)Wikipedia
渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) - 昭和6年(1931年)11月11日)は、江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての日本の武士(幕臣)、官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれる。理化学研究所の創設者でもある。
二松學舍大学出身      埼玉県出身の二松學舍大学の出身者      全国の二松學舍大学の出身者
 147  遠藤柳作    埼玉県    幸手市Wikipedia
遠藤 柳作(えんどう りゅうさく、1886年3月18日 - 1963年9月18日)は、日本の政治家、官僚、実業家。衆議院議員。貴族院議員。参議院議員。武蔵野銀行初代頭取。
東京大学出身      埼玉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1886年3月18日生まれ      3月18日生まれの人      埼玉県出身の1886年生まれ      世界の1886年生まれの人


千葉県
 148  川上紀一    千葉県    安房郡富浦町(のちの南房総市)Wikipedia
川上 紀一(かわかみ きいち、1919年10月30日 - 2009年8月14日)は、日本の政治家、内務官僚。千葉県知事(公選第9・10代)。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 149  伊藤吉和    千葉県    Wikipedia
伊藤 吉和(いとう よしかず、1959年4月2日 - )は、日本の政治家、官僚。広島県府中市長(3期)、府中市助役(1期)を歴任した。
 150  鶴岡啓一    千葉県    千葉市Wikipedia
鶴岡 啓一(つるおか けいいち、1940年(昭和15年)5月18日 - )は、日本の政治家、官僚。千葉市長(第24・25代)等を歴任。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 151  木内重四郎    千葉県    山武郡Wikipedia
木内 重四郎(きうち じゅうしろう、慶応元年12月10日(1866年1月26日) - 大正14年(1925年)1月9日)は、戦前日本の官僚・政治家。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 152  始関伊平    千葉県    市原郡(のちの市原市)Wikipedia
始関 伊平(しせき いへい、1907年4月7日 - 1991年11月26日)は、昭和期の商工官僚・政治家・弁護士。建設大臣などを歴任した。
 153  白鳥敏夫    千葉県    Wikipedia
白鳥 敏夫(しらとり としお、1887年(明治20年)6月8日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、大正、昭和期の日本の外交官・政治家。戦前期における外務省革新派のリーダー的存在で、日独伊三国同盟の成立に大きな影響を与えた。東洋史学者の白鳥庫吉は叔父。外務大臣を務めた外交畑の長老石井菊次郎も叔父にあたる。また外務官僚の出淵勝次は義兄(妻の姉の夫)にあたる[1]。息子に白鳥正人元北陸財務局長。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 154  小原英一    千葉県    Wikipedia
小原 英一(おはら えいいち、1889年3月22日 - 1959年12月22日)は、日本の実業家・運輸官僚。南海電気鉄道元社長・会長。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1889年3月22日生まれ      3月22日生まれの人      千葉県出身の1889年生まれ      世界の1889年生まれの人
 155  伊東忠太    千葉県    佐倉市Wikipedia
伊東 忠太(いとう ちゅうた、1867年11月21日(慶応3年10月26日) - 1954年(昭和29年)4月7日) は、明治~昭和期の建築家、建築史家である。山形県米沢市出身。号は紅雲。位階・勲等・学位・称号は、正三位・勲二等瑞宝章・工学博士・東京帝国大学名誉教授・米沢市名誉市民・第1号。早稲田大学教授。叔父(父の弟)に、官僚・政治家の平田東助がいる。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 156  木内重四郎    千葉県    Wikipedia
木内 重四郎(きうち じゅうしろう、慶応元年12月10日(1866年1月26日) - 大正14年(1925年)1月9日)は、戦前日本の官僚・政治家。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 157  始関伊平    千葉県    Wikipedia
始関 伊平(しせき いへい、1907年4月7日 - 1991年11月26日)は、昭和期の商工官僚・政治家・弁護士。建設大臣などを歴任した。
 158  児玉秀雄    千葉県    佐倉市Wikipedia
兒玉 秀雄[注 1](児玉秀雄、こだま ひでお、明治9年(1876年)7月19日 - 昭和22年(1947年)4月7日)は、日本の政治家、貴族院議員、官僚、伯爵。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 159  川崎卓吉    千葉県    Wikipedia
川崎 卓吉(かわさき たくきち、明治4年1月18日(1871年3月8日) - 昭和11年(1936年)3月27日)は、日本の官僚、政治家。広島県賀茂郡広村(現・呉市広町)生まれ。
東京大学出身      千葉県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


東京都
 160  箕作麟祥    東京都    Wikipedia
箕作 麟祥(みつくり りんしょう / あきよし、1846年9月19日(弘化3年7月29日) - 1897年(明治30年)11月29日)は明治時代の日本の洋学者、法学者、官僚。男爵、法学博士。
 161  榊原英資    東京都    Wikipedia
榊原 英資(さかきばら えいすけ、1941年3月27日 - )は、日本の経済学者、青山学院大学教授。元大蔵官僚。専門は国際金融論。元丸紅の榊原俊資は実弟。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 162  高橋是清    東京都    Wikipedia
高橋 是清(たかはし これきよ、1854年9月19日〈嘉永7年閏7月27日〉 - 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の幕末の武士(仙台藩士)、明治、大正、昭和時代初期の官僚、政治家。立憲政友会第4代総裁。第20代内閣総理大臣(在任 : 1921年〈大正10年〉11月13日 - 1922年〈大正11年〉6月12日)。栄典は大勲位子爵。幼名は和喜次(わきじ)。財政家として知られているため総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。
明治学院大学出身      東京都出身の明治学院大学の出身者      全国の明治学院大学の出身者
 163  宮澤喜一    東京都    Wikipedia
宮澤 喜一(みやざわ きいち、1919年(大正8年)10月8日 - 2007年(平成19年)6月28日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1919年10月8日生まれ      10月8日生まれの人      東京都出身の1919年生まれ      世界の1919年生まれの人
 164  原文兵衛    東京都    Wikipedia
原 文兵衛(はら ぶんべえ、1913年(大正2年)4月29日 - 1999年(平成11年)9月7日)は、日本の内務官僚、政治家。位階は従二位、勲等は勲一等旭日桐花大綬章。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1913年4月29日生まれ      4月29日生まれの人      東京都出身の1913年生まれ      世界の1913年生まれの人
 165  阿部守一    東京都    国立市Wikipedia
阿部 守一(あべ しゅいち、1960年12月21日 - )は、日本の自治・総務官僚、政治家。長野県知事(公選第18・19代)。長野県副知事、横浜市副市長等を務めた。
 166  木戸幸一    東京都    Wikipedia
木戸 幸一(きど こういち、1889年7月18日 - 1977年4月6日)は、日本の官僚、政治家。侯爵。
京都大学出身      東京都出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
1889年7月18日生まれ      7月18日生まれの人      東京都出身の1889年生まれ      世界の1889年生まれの人
 167  秋山收    東京都    Wikipedia
秋山 收(あきやま おさむ、1940年11月21日 - )は、東京出身の元内閣法制局長官。元通産官僚。
 168  石井道遠    東京都    Wikipedia
石井 道遠(いしい みちとお、1951年(昭和26年)12月11日[1] - )は、日本の財務官僚。東日本銀行代表取締役頭取。コンコルディア・フィナンシャルグループ代表取締役副社長。元国税庁長官。東京都出身[1]。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 169  石坂匡身    東京都    Wikipedia
石坂 匡身(いしざか まさみ、1939年(昭和14年)12月5日 - )は、日本の官僚。元環境事務次官。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 170  入江俊郎    東京都    Wikipedia
入江 俊郎(いりえ としお、1901年1月10日 - 1972年7月18日)は、日本の官僚、政治家、裁判官。法制局長官、貴族院議員、衆議院法制局長、最高裁判所判事。東京都出身[1]。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 171  内村良英    東京都    Wikipedia
内村 良英(うちむら よしひで、1920年 - 2004年7月3日)は、日本の官僚である。
 172  漆間巌    東京都    Wikipedia
漆間 巌(うるま いわお、1945年4月19日 - )は、日本の警察官僚。警察庁長官、内閣官房副長官(事務担当)などを歴任した。「第二の後藤田」との異名を取った[1]。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 173  太田信一郎    東京都    Wikipedia
太田 信一郎(おおた しんいちろう、1946年(昭和21年)5月13日 - )は、日本の官僚。電源開発副社長。元特許庁長官。東京都出身。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 174  小滝敏之    東京都    Wikipedia
小滝 敏之(おたき としゆき、1943年(昭和18年) - )は、日本の官僚。千葉経済大学学長。東京都出身。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 175  金子順一    東京都    Wikipedia
金子 順一(かねこ じゅんいち)は、日本の官僚。厚生労働省大臣官房長、労働基準局長等を経て、厚生労働事務次官を歴任。
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 176  川島裕    東京都    Wikipedia
川島 裕(かわしま ゆたか 1942年5月2日 - )は、日本の官僚、元外交官。侍従長(第8代)。外務事務次官を務めた。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 177  日下一正    東京都    Wikipedia
日下 一正(くさか かずまさ[1]、1948年1月23日[1] - )は、日本の官僚。元経済産業審議官。三菱電機専務執行役。東京都出身[2]。
 178  小池欣一    東京都    Wikipedia
小池 欣一(こいけ きんいち 1919年4月14日- 2008年7月4日)は、日本の官僚。元内閣官房副長官(事務担当)。従三位勲一等。東京府出身。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 179  小粥正巳    東京都    Wikipedia
小粥 正巳(こがゆ まさみ 、1931年8月28日 - 2004年3月16日)は、東京府出身の元大蔵官僚。元大蔵事務次官。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 180  後藤康夫    東京都    Wikipedia
後藤 康夫(ごとう やすお、1933年(昭和8年) - 2007年(平成19年)9月9日)は、日本の官僚。元農林水産事務次官。従三位瑞宝大綬章。東京都出身。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 181  近藤茂夫    東京都    Wikipedia
近藤 茂夫(こんどう しげお、1942年4月13日 - )は、日本の建設官僚。一般財団法人建設経済研究所会長。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 182  榊原英資    東京都    Wikipedia
榊原 英資(さかきばら えいすけ、1941年3月27日 - )は、日本の経済学者、青山学院大学教授。元大蔵官僚。専門は国際金融論。元丸紅の榊原俊資は実弟。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 183  杉浦喬也    東京都    Wikipedia
杉浦 喬也(すぎうら たかや、1925年8月15日 -2008年1月16日 )は、日本の運輸官僚、実業家。第10代日本国有鉄道(国鉄)総裁(在任1985年-1987年)[1]。従三位勲一等。
1925年8月15日生まれ      8月15日生まれの人      東京都出身の1925年生まれ      世界の1925年生まれの人
 184  関口祐弘    東京都    Wikipedia
関口 祐弘(せきぐち ゆうこう、1939年(昭和14年)2月12日 - 2005年(平成17年)2月9日[1])は、日本の警察官僚。警察庁長官(在任1997年 - 2000年)。東京都出身[1]。従三位瑞宝重光章。
 185  高木文雄    東京都    Wikipedia
高木 文雄(たかぎ ふみお、1919年(大正8年)4月6日 - 2006年(平成18年)2月14日)は日本の大蔵官僚。大蔵事務次官、弁護士、日本国有鉄道(国鉄、現JR)総裁等を歴任した。位階勲等は従三位勲一等。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1919年4月6日生まれ      4月6日生まれの人      東京都出身の1919年生まれ      世界の1919年生まれの人
 186  高橋洋一    東京都    Wikipedia
高橋 洋一(たかはし よういち、1955年(昭和30年)9月12日 ‐ )は、日本の元大蔵・財務官僚、経済学者である。嘉悦大学教授、株式会社政策工房代表取締役会長、金融庁顧問、大阪市特別顧問。NPO法人万年野党アドバイザリーボード。研究分野はマクロ経済、財政・金融論、数理統計、金融工学、会計・行政法[1]。
千葉商科大学出身      東京都出身の千葉商科大学の出身者      全国の千葉商科大学の出身者
 187  竹内道雄    東京都    Wikipedia
竹内 道雄(たけうち みちお、1921年3月17日 - 2004年2月27日)は、日本の官僚。大蔵事務次官。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 188  田波耕治    東京都    Wikipedia
田波 耕治(たなみ こうじ、1939年9月10日 - )は、日本の大蔵官僚。国際協力銀行総裁、大蔵事務次官を歴任した。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 189  玉木林太郎    東京都    Wikipedia
玉木 林太郎(たまき りんたろう、1953年(昭和28年) - )は、日本の財務官僚。財務省国際局長、財務官を経て、経済協力開発機構事務次長。東京都出身。父は元防衛施設庁長官の玉木清司。中川昭一は麻布高校の同期[1]。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 190  入江相政    東京都    港区Wikipedia
入江 相政(いりえ すけまさ、1905年(明治38年)6月29日 - 1985年(昭和60年)9月29日)は、日本の官僚、歌人・随筆家である。昭和天皇の侍従・侍従長を長く務めた。従二位勲一等旭日大綬章、勲一等瑞宝章、紺綬褒章・賞杯。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1905年6月29日生まれ      6月29日生まれの人      東京都出身の1905年生まれ      世界の1905年生まれの人
 191  寺田達志    東京都    Wikipedia
寺田 達志(てらだ たつし、1953年 - )は、日本の官僚。環境省地球環境局長、地球環境審議官、環境省参与を経て、2013年から2016年まで駐ケニア特命全権大使。
一橋大学出身      東京都出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 192  野田健    東京都    Wikipedia
野田 健(のだ たけし、1944年(昭和19年)2月20日 - )は、日本の警察官僚。原子力損害賠償支援機構理事。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 193  橋口収    東京都    Wikipedia
橋口 收(はしぐち おさむ、1921年9月 - 2005年7月13日)は、日本の元官僚。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 194  橋本鋼太郎    東京都    Wikipedia
橋本 鋼太郎(はしもと こうたろう、1940年(昭和15年)9月11日 - )は、日本の建設官僚。元建設事務次官。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 195  増田好平    東京都    Wikipedia
増田 好平(ますだ こうへい、1951年4月 - )は日本の元防衛官僚。第27代防衛事務次官。弁護士。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 196  宮本保孝    東京都    Wikipedia
宮本保孝(みやもと やすたか、1930年 - 2006年2月27日)は、東京府出身の大蔵官僚。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 197  山口光秀    東京都    Wikipedia
山口 光秀(やまぐち みつひで 1927年9月16日 - 2004年7月26日)は、日本の官僚。元大蔵事務次官、元東京証券取引所理事長。従三位勲一等瑞宝章。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 198  山田英雄    東京都    Wikipedia
山田 英雄(やまだ ひでお、1932年(昭和7年)2月3日 - )は、日本の元警察官僚。第12代警察庁長官(在任1985年8月25日-1988年1月)。チームおてんとうさま特別顧問[1]。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 199  渡辺好明    東京都    Wikipedia
渡辺 好明(わたなべ よしあき、1945年(昭和20年)10月23日 - )は、日本の農林官僚。水産庁長官、農林水産事務次官、内閣総理大臣補佐官、東京穀物商品取引所理事長を歴任。
東京教育大学出身      東京都出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者
 200  寺田逸郎    東京都    Wikipedia
寺田 逸郎(てらだ いつろう、1948年(昭和23年)1月9日 - )は、日本の裁判官、司法官僚。第18代最高裁判所長官。第10代最高裁判所長官を務めた寺田治郎は父親にあたる。
東京大学出身      東京都出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 201  味村治    東京都    Wikipedia
味村 治(みむら おさむ、1924年2月6日 - 2003年7月25日)は、日本の官僚。東京高等検察庁検事長。第三次中曽根康弘内閣、竹下登内閣、宇野宗佑内閣の内閣法制局長官(1986年7月22日 - 1989年8月10日)、最高裁判所判事(1990年12月10日 - 1994年2月6日)。1996年(平成8年)11月3日、勲一等旭日大綬章受章。
 202  小野友五郎    東京都    Wikipedia
小野 友五郎(おの ともごろう、文化14年10月23日(1817年12月1日) - 明治31年(1898年)10月29日)は、江戸時代末期から明治時代にかけての日本の数学者・海軍軍人・財務官僚。諱は広胖(ひろとき、しばしばこうはんとも音読される)。官位は内膳正。元常陸笠間藩士、後に幕臣。和算家としては広胖、洋算家としては友五郎と呼ばれることが多い。


神奈川県
 203  相澤英之    神奈川県    Wikipedia
相澤 英之(あいざわ ひでゆき、大正8年(1919年)7月4日 - )は、日本の大蔵官僚、政治家、弁護士(相沢法律事務所、登録番号:32425)。東京福祉大学元学長。大蔵事務次官、衆議院議員(9期)、経済企画庁長官、金融再生委員会委員長などを歴任した。妻は女優の司葉子。
東京大学出身      神奈川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 204  秦野章    神奈川県    藤沢市Wikipedia
秦野 章(はたの あきら、1911年10月10日 - 2002年11月6日)は、日本の官僚・政治家。
横浜国立大学出身      神奈川県出身の横浜国立大学の出身者      全国の横浜国立大学の出身者
 205  木村幸俊    神奈川県    Wikipedia
木村 幸俊(きむら ゆきとし、1949年(昭和24年)6月20日 - )は、日本の官僚。元国税庁長官。商工組合中央金庫副社長。神奈川県出身。
東京大学出身      神奈川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 206  佐藤隆文    神奈川県    Wikipedia
佐藤 隆文(さとう たかふみ、1950年 - )は、日本の大蔵官僚、経済学者、博士(経済学)。金融庁長官を最後に退官し、一橋大学教授や東京証券取引所自主規制法人理事長を歴任。
一橋大学出身      神奈川県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者


新潟県
 207  泉田裕彦    新潟県    加茂市Wikipedia
泉田 裕彦(いずみだ ひろひこ、1962年9月15日 - )は、日本の政治家、通産・経産官僚。新潟県知事(民選第17・18・19代)、中央防災会議委員。
京都大学出身      新潟県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 208  小沢辰男    新潟県    新潟市Wikipedia
小沢 辰男(小澤 辰男、おざわ たつお、1916年〈大正5年〉12月7日 - 2013年〈平成25年〉10月13日)は、日本の内務・厚生官僚、政治家。
東京大学出身      新潟県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 209  小柳牧衛    新潟県    新発田市(旧・川東村)Wikipedia
小柳 牧衛(こやなぎ まきえ、1884年7月13日 - 1981年12月21日)は、日本の内務官僚、政治家。官選県知事、新潟市長、衆議院議員、参議院議員。幼名・畋之助。
 210  真島一男    新潟県    長岡市Wikipedia
眞嶋 一男(まじま かずお、1932年10月28日 - 2001年11月22日)は、日本の政治家、官僚。参議院議員(通算3期)、通商産業政務次官、建設省都市局長を歴任。従四位勲二等。
一橋大学出身      新潟県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 211  武石章    新潟県    Wikipedia
武石 章(たけいし あきら、1933年-)は、日本の官僚・実業家。
 212  丹呉泰健    新潟県    Wikipedia
丹呉 泰健(たんご やすたけ、1951年(昭和26年)3月21日 - )は、日本の大蔵官僚。元財務事務次官。日本たばこ産業会長。
 213  前島密    新潟県    上越市Wikipedia
前島 密(まえじま ひそか、天保6年1月7日(1835年2月4日) - 大正8年(1919年)4月27日)は、日本の官僚、政治家。号は「鴻爪(こうそう)」。日本の近代郵便制度の創設者の一人で1円切手の肖像で知られる。「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めた。その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる。


富山県
 214  大橋八郎    富山県    高岡市Wikipedia
大橋 八郎(おおはし はちろう、1885年12月19日 - 1968年6月4日)は、日本の政治家、逓信官僚、俳人。岡田内閣の法制局長官、林内閣の内閣書記官長、社団法人日本放送協会第4代会長、日本電信電話公社第2代総裁。現在の富山県高岡市出身。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 215  河合良成    富山県    南砺市(旧福光町)Wikipedia
河合 良成(かわい よしなり、明治19年(1886年)5月10日 - 昭和45年(1970年)5月14日)は、日本の農商務官僚、政治家、実業家。富山県高岡市名誉市民。
 216  正力松太郎    富山県    射水市(旧大門町)Wikipedia
正力 松太郎(しょうりき まつたろう、1885年(明治18年)4月11日 – 1969年(昭和44年)10月9日)は、日本の内務官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。位階勲等は従二位勲一等。富山県高岡市名誉市民。京成電鉄OB。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1885年4月11日生まれ      4月11日生まれの人      富山県出身の1885年生まれ      世界の1885年生まれの人
 217  住栄作    富山県    魚津市Wikipedia
住 栄作(すみ えいさく、1920年5月20日 - 1986年12月20日)は、日本の内務官僚、海軍軍人(海軍主計大尉)、政治家(元衆議院議員)。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 218  永田良雄    富山県    射水市(旧新湊市)Wikipedia
永田 良雄(ながた よしお、1931年5月5日 - 1998年8月22日)は日本の政治家、官僚。参議院議員(3期)。位階は正四位。勲等は勲二等。小渕派に所属した。
 219  広野允士    富山県    富山市Wikipedia
広野 允士(ひろの ただし、1943年1月1日 - )は、日本の通産官僚、政治家。元参議院議員(2期)、選挙など政治活動の際には、名を平仮名で表記した「広野ただし」名義を用いることが多いが、本名は漢字表記の「広野允士」である。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 220  南弘    富山県    氷見市Wikipedia
南 弘(みなみ ひろし、1869年11月13日(明治2年10月10日) - 1946年(昭和21年)2月8日)は、日本の官僚・政治家。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 221  石井隆一    富山県    富山市Wikipedia
石井 隆一(いしい たかかず、1945年12月15日 - )は、日本の政治家、自治・総務官僚。富山県知事(3期)。元消防庁長官。妻の石井志保子は数学者である[1]。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 222  牛塚虎太郎    富山県    射水市(旧大門町)Wikipedia
牛塚 虎太郎(うしづか とらたろう、1879年(明治12年)4月28日 - 1966年(昭和41年)11月1日)は、東京市長および衆議院議員を歴任した官僚、政治家。
 223  高辻武邦    富山県    Wikipedia
高辻 武邦(たかつじ たけくに、1896年10月1日 - 1963年3月21日)は、日本の内務官僚、政治家。第2代富山県知事(1948年11月23日 - 1956年9月30日、2期)。
 224  高橋はるみ    富山県    富山市Wikipedia
高橋 はるみ(たかはし はるみ、1954年1月6日 - )は、日本の通産・経産官僚、政治家。現在、北海道知事(2003年4月23日 - )。旧姓新田。富山県富山市出身。2003年、自民党の支援を受けて北海道知事に立候補して当選した。富山県立富山中部高等学校、一橋大学経済学部卒業。祖父は富山県知事を2期8年務めた高辻武邦。父は日本海ガス社長・インテック創業者新田嗣治朗。弟に日本海ガス社長・元日本青年会議所会頭の新田八朗。
一橋大学出身      富山県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 225  館哲二    富山県    高岡市Wikipedia
館 哲二 (たち てつじ、1889年8月18日 - 1968年9月27日)は、日本の内務官僚、政治家。参議院議員(3期)、府県知事。旧姓、木津。
 226  林則清    富山県    警察庁刑事局長Wikipedia
林 則清(はやし のりきよ、1942年2月1日 - )は、日本の警察官僚。キャリア組。元警察庁刑事局長・警視監。
一橋大学出身      富山県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 227  二橋正弘    富山県    元内閣官房副長官・自治事務次官。Wikipedia
二橋 正弘(ふたはし まさひろ、1941年12月27日 - )は、日本の官僚。元内閣官房副長官(事務担当)。元自治事務次官。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 228  細川興一    富山県    財務事務次官Wikipedia
細川 興一(ほそかわ こういち、1947年6月17日 - )は、日本の大蔵官僚。富山県富山市出身。日本政策金融公庫代表取締役総裁。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 229  大坪喜久太郎    富山県    Wikipedia
大坪 喜久太郎(おおつぼ きくたろう、1898年(明治31年)3月1日 - 1967年(昭和42年)11月23日)は、日本の工学者、官僚。工学博士。室蘭工業大学元学長。北海道大学・室蘭工業大学名誉教授。専門は、水理工学・河川工学。富山県出身。
九州大学出身      富山県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 230  坂東眞理子    富山県    立山町Wikipedia
坂東 眞理子(ばんどう まりこ、1946年8月17日 - )は、日本の評論家、昭和女子大学学長。元官僚。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1946年8月17日生まれ      8月17日生まれの人      富山県出身の1946年生まれ      世界の1946年生まれの人
 231  小林與三次    富山県    射水市Wikipedia
小林 與三次(こばやし よそじ、1913年7月23日 - 1999年12月30日)は、日本の内務・自治官僚、実業家。読売新聞社主、日本テレビ取締役会長などを歴任した正力松太郎の女婿。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 232  若狭得治    富山県    砺波市Wikipedia
若狭 得治(わかさ とくじ、1914年(大正3年)11月19日 - 2005年(平成17年)12月27日)は、日本の運輸官僚、実業家。全日本空輸社長、会長、名誉会長を歴任した。
東京大学出身      富山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1914年11月19日生まれ      11月19日生まれの人      富山県出身の1914年生まれ      世界の1914年生まれの人


石川県
 233  坂田英一    石川県    Wikipedia
坂田 英一(さかた えいいち、1897年3月27日 - 1969年7月22日)は、石川県出身の官僚、政治家。位階は正三位。勲等は勲一等。
1897年3月27日生まれ      3月27日生まれの人      石川県出身の1897年生まれ      世界の1897年生まれの人
 234  嶋崎均    石川県    小松市Wikipedia
嶋崎 均(しまさき ひとし、1923年3月28日 - 1997年5月11日)は、石川県出身の官僚、政治家。参議院議員(5期)。
1923年3月28日生まれ      3月28日生まれの人      石川県出身の1923年生まれ      世界の1923年生まれの人
 235  沓掛哲男    石川県    金沢市Wikipedia
沓掛 哲男(くつかけ てつお、1929年9月12日 ‐ )は、日本の建設官僚、政治家。勲等は旭日大綬章。
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1929年9月12日生まれ      9月12日生まれの人      石川県出身の1929年生まれ      世界の1929年生まれの人
 236  一川保夫    石川県    小松市Wikipedia
一川 保夫(いちかわ やすお、1942年(昭和17年)2月6日 - )は、日本の政治家、農林官僚。
三重大学出身      石川県出身の三重大学の出身者      全国の三重大学の出身者
 237  山田修路    石川県    加賀市Wikipedia
山田 修路(やまだ しゅうじ、1954年(昭和29年)3月18日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)。元農林官僚で、水産庁長官を務めた。
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 238  石川弘    石川県    Wikipedia
石川 弘(いしかわ ひろし、1928年(昭和3年)10月3日 - 1999年(平成11年)8月2日)は、日本の農林官僚、政治家。農林水産事務次官、参議院議員。
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 239  石黒武重    石川県    金沢市Wikipedia
石黒 武重(いしぐろ たけしげ、明治30年(1897年)5月13日 - 平成7年(1995年)1月23日[1])は、日本の官僚、政治家。山形県知事[1]、法制局長官[1]、民主党初代幹事長[1]などを務めた。
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1897年5月13日生まれ      5月13日生まれの人      石川県出身の1897年生まれ      世界の1897年生まれの人
 240  田中直紀    石川県    金沢市Wikipedia
田中 直紀(たなか なおき、1940年(昭和15年)6月19日 - )は、日本の政治家。民進党所属の参議院議員(3期)、参議院東日本大震災復興及び原子力問題特別委員長、越後交通代表取締役社長。防衛大臣(第10代)、衆議院議員(3期)などを歴任。旧姓は鈴木。父は内務官僚、自由党衆議院議員だった鈴木直人。
慶應義塾大学出身      石川県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
1940年6月19日生まれ      6月19日生まれの人      石川県出身の1940年生まれ      世界の1940年生まれの人
 241  井上友一    石川県    Wikipedia
井上 友一(いのうえ ともいち、明治4年4月10日(1871年5月28日) - 大正8年(1919年)6月12日)は、東京府知事を務めた、地方行政を専門とした内務官僚。号は明府。弟に、陸軍中将・井上一次。
 242  藤岡兵一    石川県    金沢市Wikipedia
藤岡 兵一(ふじおか ひょういち、1885年(明治18年)4月[1] - 1957年(昭和32年)1月5日[2])は、日本の内務・警察官僚。政友会系官選県知事、浜松市長。
 243  清水良策    石川県    七尾市Wikipedia
清水 良策(しみず りょうさく、1893年2月27日 - 1989年9月7日)は、日本の内務官僚、実業家。県知事、川崎重工業取締役。
 244  関屋延之助    石川県    鹿島郡Wikipedia
関屋 延之助(せきや えんのすけ / のぶのすけ、1888年(明治21年)6月22日 - 1975年(昭和50年)7月21日[1])は、日本の内務官僚。官選県知事、弁護士。
 245  武部六蔵    石川県    Wikipedia
武部 六蔵(たけべ ろくぞう、1893年(明治26年)1月1日 - 1958年(昭和33年)1月19日)は、日本の内務官僚。秋田県知事、関東局総長、企画院総裁心得、満州国総務長官。
 246  宮崎正義    石川県    Wikipedia
宮崎 正義(みやざき まさよし、1893年2月1日 - 1954年7月17日)は、満鉄調査部きってのロシア通。石原莞爾のブレーンとして活躍。満鉄経済調査会、日満財政経済研究会を創設し、ソ連の五カ年計画を参考に、満州国と日本で官僚主導の統制経済体制の確立をめざした。
 247  広瀬豊作    石川県    Wikipedia
広瀬 豊作(ひろせ とよさく、旧字体: 廣瀨豐作、1891年11月17日 - 1964年4月12日)は、大正・昭和期の大蔵官僚。鈴木貫太郎内閣大蔵大臣。石川県金沢市出身。
 248  石田寛人    石川県    小松市Wikipedia
石田 寛人(いしだ ひろと、1941年(昭和16年) - )は、日本の官僚。元科学技術事務次官。元駐チェコ大使。石川県小松市京町出身。
東京大学出身      石川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 249  谷公士    石川県    Wikipedia
谷 公士(たに まさひと、1940年(昭和15年)8月7日 - )は、日本の元郵政官僚。石川県出身。郵政事務次官、人事院総裁等を歴任。
 250  石黒五十二    石川県    金沢市Wikipedia
石黒 五十二(いしぐろ いそじ、安政2年6月10日(1855年7月23日) - 1922年(大正11年)1月14日)は、明治時代の官僚、土木技術者、政治家。
 251  中橋徳五郎    石川県    金沢市Wikipedia
中橋 徳五郎(なかはし とくごろう、文久元年9月10日(1861年10月13日) - 昭和9年(1934年)3月25日)は、日本の政治家、実業家、官僚。大阪商船社長、衆議院議員、内務大臣、商工大臣、文部大臣を歴任。旧姓、斎藤。号は狸庵。


福井県
 252  長谷川喬    福井県    Wikipedia
長谷川 喬(はせがわ たかし、嘉永5年10月15日(1852年11月26日) - 大正元年(1912年)12月10日)は、明治期の司法官僚。大審院判事、法典調査会主査委員、東京控訴院長等を歴任した。
慶應義塾大学出身      福井県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 253  青山貞    福井県    Wikipedia
青山 貞(あおやま ただす、文政9年9月3日(1826年10月4日) - 明治31年(1898年)11月22日)は、明治時代の内務官僚、華族、貴族院議員。通称、小三郎。
 254  天谷直弘    福井県    Wikipedia
天谷 直弘(あまや なおひろ 1925年8月31日 - 1994年8月30日)は、日本の官僚、エコノミスト。元資源エネルギー庁長官、元通商産業審議官、電通総研初代所長、松下政経塾評議員。福井市名誉市民。
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1925年8月31日生まれ      8月31日生まれの人      福井県出身の1925年生まれ      世界の1925年生まれの人
 255  渡辺洪基    福井県    Wikipedia
渡辺 洪基[4](わたなべ ひろもと / わたなべ こうき、1848年1月28日(弘化4年12月23日) - 1901年(明治34年)5月24日)は、日本の政治家、官僚、教育者。衆議院および貴族院議員、元老院議官、東京府知事、初代帝国大学総長、学習院次長、太政官法制部主事、駐オーストリア公使、日本建築学会会長等を歴任。1895年(明治28年)11月から死去まで慶應義塾評議員。「工手学校」を創立した。幼名を孝一郎。浩堂と号す。母の名は蔦埜(つたの)。正三位勲一等。
 256  高橋衛    福井県    Wikipedia
高橋 衛(たかはし まもる、1903年2月26日 - 1986年4月26日)は、日本の台湾総督府・大蔵官僚、政治家。参議院議員、経済企画庁長官。
 257  植木庚子郎    福井県    Wikipedia
植木 庚子郎(うえき こうしろう、1900年1月28日 – 1980年3月11日)は、昭和期の政治家、大蔵官僚。法務大臣・大蔵大臣。
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 258  山内一郎    福井県    Wikipedia
山内 一郎(やまのうち いちろう、1913年2月15日 - 2005年3月6日)は、日本の政治家、建設官僚。参議院議員。福井県勝山市出身。
東京大学出身      福井県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 259  滝波宏文    福井県    参議院議員Wikipedia
滝波 宏文(たきなみ ひろふみ、1971年(昭和46年)10月20日 - )は、日本の政治家・財務官僚。自由民主党所属の参議院議員(1期)。
 260  大村卓一    福井県    Wikipedia
大村 卓一(おおむら たくいち、1872年3月21日(明治5年2月13日) - 1946年(昭和21年)3月5日)は日本の鉄道官僚・実業家。
 261  加賀山之雄    福井県    Wikipedia
加賀山 之雄(かがやま ゆきお、1902年12月30日 - 1970年8月7日)は、日本の鉄道官僚、第2代日本国有鉄道(国鉄)総裁(在任1949年-1951年)。
1902年12月30日生まれ      12月30日生まれの人      福井県出身の1902年生まれ      世界の1902年生まれの人


山梨県
 262  桑原幹根    山梨県    南都留郡明見村(現・富士吉田市)Wikipedia
桑原 幹根(くわはら みきね、1895年8月29日 - 1991年4月11日)は、日本の内務官僚、政治家。愛知県知事を6期24年にわたって務めた。
 263  後藤斎    山梨県    Wikipedia
後藤 斎(ごとう ひとし、1957年7月22日 - )は、日本の農水官僚、政治家。山梨県知事(公選第18代)。
東北大学出身      山梨県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 264  小林一三    山梨県    韮崎市Wikipedia
小林 一三(こばやし いちぞう、1873年(明治6年)1月3日 - 1957年(昭和32年)1月25日)は日本の実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。日露戦争後に大阪に出て、鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め、六甲山麓の高級住宅地、温泉、遊園地、野球場、学校法人関西学院等の高等教育機関の沿線誘致などを電鉄に連動させ日本最初の田園都市構想を実現し、相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。政界では、第2次近衛内閣の商工大臣を務めて革新官僚の商工次官・岸信介と対立、1941年(昭和16年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後公職追放となった。
慶應義塾大学出身      山梨県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
1873年1月3日生まれ      1月3日生まれの人      山梨県出身の1873年生まれ      世界の1873年生まれの人


長野県
 265  中村弥六    長野県    Wikipedia
中村 弥六(なかむら やろく、安政元年12月8日〔1855年1月25日〕 - 昭和4年〔1929年〕7月7日)は日本の林学者・農商務官僚・政治家(代議士)。号は「背水」または「背山」で、通称「背水将軍」。
 266  丸山名政    長野県    Wikipedia
丸山 名政(まるやま なまさ、1857年11月11日(安政4年9月25日) - 1922年(大正11年)11月21日)は、日本の政治家、実業家、官僚。
明治大学出身      長野県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 267  澤柳政太郎    長野県    Wikipedia
澤柳 政太郎(さわやなぎ まさたろう、1865年5月17日(慶応元年4月23日) - 1927年(昭和2年)12月24日)は、近代日本の文部官僚、教育者、貴族院勅選議員。大正自由主義教育運動の中で中心的な役割を果たす。子の一人に、美術史学者となった澤柳大五郎がいる。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 268  荒井寿光    長野県    Wikipedia
荒井 寿光(あらい ひさみつ、1944年1月10日 - )は、日本の通産官僚。元通商産業審議官。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 269  有賀光豊    長野県    Wikipedia
有賀 光豊(あるが みつとよ、1873年5月23日 - 1949年5月31日)は、日本の官僚。
 270  井出亜夫    長野県    Wikipedia
井出 亜夫(いで つぎお、1943年(昭和18年)11月20日 - )は、日本の通産官僚。元経済企画審議官。長野県出身。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 271  大井篤    長野県    Wikipedia
大井 篤(おおい あつし、1949年1月14日 - )は、日本の経産官僚、防衛官僚。防衛参事官を経て、三井物産中国董事長などを務めた。
一橋大学出身      長野県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 272  大池眞    長野県    Wikipedia
大池 眞(おおいけ まこと、1896年1月5日 - 1990年7月5日)は、日本の官僚。
 273  大沼淳    長野県    Wikipedia
大沼 淳(おおぬま すなお、1928年4月11日 - )は、学校法人文化学園の理事長。日本私立大学協会会長。海軍兵学校76期修了生、元人事院官僚。
 274  小河滋次郎    長野県    Wikipedia
小河 滋次郎(おがわ しげじろう、文久3年12月3日(1864年1月11日) - 大正14年(1925年4月2日)は日本の法学者、官僚。
 275  北原巌男    長野県    Wikipedia
北原 巌男(きたはら いわお、1947年(昭和22年)7月20日 - )は、日本の防衛官僚、外交官。防衛施設庁長官等を経て、2008年(平成20年)7月29日から東ティモール駐箚特命全権大使。
中央大学出身      長野県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 276  河野秀男    長野県    Wikipedia
河野 秀男(こうの ひでお、1874年(明治7年)9月4日 - 1938年(昭和13年)3月12日)は、日本の官僚。会計検査院長、貴族院勅選議員。
 277  小平権一    長野県    茅野市Wikipedia
小平 権一(こだいら ごんいち、古い文書では「權一」。1884年1月6日 - 1976年8月1日)は、日本の農政官僚、政治家である。数学者の小平邦彦は長男。
 278  小林次郎    長野県    Wikipedia
小林 次郎(こばやし じろう、1891年8月13日 - 1967年7月2日)は、日本の官僚。貴族院勅選議員。
 279  五味均平    長野県    Wikipedia
五味 均平(ごみ きんぺい、1877年10月 - 1924年4月14日)は、日本の官僚。
 280  佐藤光夫    長野県    Wikipedia
佐藤 光夫(さとう みつお、1914年10月1日 - 1997年7月17日)は、日本の運輸官僚、海上保安官。海上保安庁長官や運輸事務次官等を務めた後に、京成電鉄第6代社長として京成グループを率い、経営危機に陥っていたグループの再建を成功させた。敬虔なクリスチャンとしても知られた[1]。1987年勲二等旭日重光章受章。
一橋大学出身      長野県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 281  塩原時三郎    長野県    Wikipedia
塩原 時三郎(しおばら ときさぶろう、1896年2月18日 - 1964年10月27日)は、日本の逓信官僚、政治家。衆議院議員、通信院総裁・逓信院総裁、官選清水市長。
 282  髙見澤將林    長野県    Wikipedia
髙見澤 將林(たかみざわ のぶしげ、1955年(昭和30年)9月4日 - )は、日本の防衛官僚。長野県南牧村出身。
 283  辻新次    長野県    Wikipedia
辻 新次(つじ しんじ、天保13年1月9日(1842年2月18日) - 大正4年(1915年)11月30日)は明治時代の日本の文部官僚。旧松本藩士。男爵。号は信松。
 284  中川元    長野県    Wikipedia
中川 元(なかがわ はじめ、1852年1月7日(嘉永4年12月16日) - 1913年9月28日)は明治時代の日本の教育者、文部官僚。第四高等中学校(金沢大学の前身の一つ)、第五高等学校(熊本大学の前身の一つ)、第二高等学校(東北大学の前身の一つ)、仙台高等工業学校(東北大学工学部の前身の一つ)の校長を歴任した。旧名・孫一郎、号は槐陰。
 285  夏目晴雄    長野県    Wikipedia
夏目 晴雄(なつめ はるお、1927年(昭和2年)7月10日[1] - )は、昭和・平成時代の防衛官僚。
 286  藤森昭一    長野県    Wikipedia
藤森 昭一(ふじもり しょういち、1926年12月26日[1] - 2016年6月25日[2])は、日本の官僚。日本赤十字社名誉社長。内閣官房副長官、宮内庁長官、日本赤十字社社長などを歴任。勲等は勲一等旭日大綬章。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 287  御園慎一郎    長野県    Wikipedia
御園 慎一郎(みその しんいちろう、1953年3月12日 - )は、日本の自治官僚、愛知東邦大学人間学部人間健康学科教授。
 288  宮坂完孝    長野県    Wikipedia
宮坂 完孝(みやさか さだたか、1909年12月15日 - 1996年11月13日)は、日本の官僚。
 289  望月薫雄    長野県    Wikipedia
望月 薫雄(もちづき しげお[1]、 1935年 - )は、日本の官僚。元建設事務次官。元住宅金融公庫総裁。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 290  山本重信    長野県    Wikipedia
山本 重信(やまもと しげのぶ、1916年3月28日 - 2008年7月3日)は、日本の官僚。通商産業事務次官。日野自動車会長。
信州大学出身      長野県出身の信州大学の出身者      全国の信州大学の出身者
 291  山本鎮彦    長野県    Wikipedia
山本 鎮彦(やまもと しずひこ、1920年11月1日 - 2012年9月17日)は、日本の内務・警察官僚。日商岩井航空機疑獄事件や、東京サミット時の警察庁長官。
東北大学出身      長野県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
 292  矢崎新二    長野県    Wikipedia
矢﨑 新二(やざき しんじ、1931年(昭和6年)9月28日[1] - )は、日本の官僚。元防衛事務次官。元会計検査院長。長野県茅野市出身[1]。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 293  青木重臣    長野県    Wikipedia
青木 重臣(あおき しげとみ、1900年〈明治33年〉8月6日[1] - 1982年〈昭和57年〉4月21日[2])は、日本の内務・警察官僚、初代愛媛県公選知事(1期)。
 294  赤池濃    長野県    坂城町Wikipedia
赤池 濃(あかいけ あつし、1879年1月27日 - 1945年9月10日)は、日本の内務官僚、政治家。静岡県知事、警視総監、貴族院議員。
 295  伊沢多喜男    長野県    Wikipedia
伊沢 多喜男(いさわ たきお、旧字体:伊澤、明治2年11月24日(1869年12月26日)[1] - 昭和24年(1949年)8月13日[1])は、日本の内務官僚、政治家。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 296  小田切磐太郎    長野県    須坂市Wikipedia
小田切 磐太郎(おたぎり いわたろう、明治2年10月3日[1](1869年11月6日) - 1945年(昭和20年)9月22日[2])は、日本の内務官僚、政治家、弁護士、実業家。官選県知事、衆議院議員。
 297  唐沢俊樹    長野県    Wikipedia
唐沢 俊樹(からさわ としき、1891年(明治24年)2月10日 - 1967年(昭和42年)3月14日)は、昭和期の日本の内務官僚、政治家。戦前は内務次官、貴族院議員を歴任し、戦後、自由民主党の衆議院議員。第1次岸改造内閣の法務大臣を務める。勲一等瑞宝章。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1891年2月10日生まれ      2月10日生まれの人      長野県出身の1891年生まれ      世界の1891年生まれの人
 298  木下信    長野県    箕輪町Wikipedia
木下 信(きのした まこと、1884年(明治17年)2月8日 - 1959年(昭和34年)6月27日[1])は、日本の内務官僚、政治家。憲政会系県知事、台湾総督府総務長官、衆議院議員。
 299  栗原美能留    長野県    松本市Wikipedia
栗原 美能留(くりはら みのる、1902年(明治35年)7月31日 - 1997年(平成9年)4月24日[1])は、日本の内務官僚。官選高知県知事。
 300  近藤壌太郎    長野県    千曲市Wikipedia
近藤 壌太郎(こんどう じょうたろう、1894年11月13日 - 1977年8月15日)は、日本の内務官僚、弁護士。官選県知事。
 301  篠原英太郎    長野県    Wikipedia
篠原 英太郎(しのはら えいたろう、1885年(明治18年)10月10日 - 1955年(昭和30年)3月7日)は、日本の内務官僚。林内閣の内務次官、官選県知事、京都市長。
 302  高橋庸弥    長野県    Wikipedia
高橋 庸弥(たかはし つねや、1901年(明治34年)5月[1] - 1970年(昭和45年)2月7日[2])は、日本の内務・警察官僚、実業家。官選鳥取県知事。
 303  相馬敏夫    長野県    Wikipedia
相馬 敏夫(そうま としお、1898年(明治31年)7月6日[1] - 1980年(昭和55年)2月24日[2])は、日本の大蔵官僚、実業家。官選栃木県知事、明治製糖社長。旧姓・上平。
 304  寺田祐之    長野県    飯山市Wikipedia
寺田 祐之(てらだ すけゆき、1851年1月27日(嘉永3年12月26日) - 1917年(大正6年)3月14日[1])は、日本の内務官僚。鳥取・岡山・宮城・広島の各県知事を歴任した。特に広島県知事在任中、県物産陳列館(現在の原爆ドーム)の設立に関わったことで知られる。
 305  西沢正太郎    長野県    坂城町Wikipedia
西沢 正太郎(にしざわ しょうたろう、1863年10月21日(文久3年9月9日)[1] - 1910年(明治43年)2月2日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事。号・靖軒、獅牢[3]。
 306  西村彰一    長野県    Wikipedia
西村 彰一(にしむら しょういち、1898年(明治31年)5月 - 1958年(昭和33年)11月24日[1])は、日本の農林官僚、教育者、政治家。富山県知事、大東文化大学教授、衆議院議員。旧姓・永井。
 307  早川元    長野県    Wikipedia
早川 元(はやかわ はじめ、1895年(明治28年)6月21日[1] - 1970年(昭和45年)8月4日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事、海軍司政長官。
 308  丸茂藤平    長野県    Wikipedia
丸茂 藤平(まるも とうへい、1882年(明治15年)3月25日[1] - 1956年(昭和31年)[2])は、日本の内務官僚、官選岩手県知事。旧姓・両角[3]。
 309  宮脇倫    長野県    飯田市Wikipedia
宮脇 倫(みやわき りん[1] / ひとし[2]、1904年(明治37年)3月5日[2] - 1963年(昭和38年)3月28日[1])は、日本の内務・警察官僚。最後の官選埼玉県知事。
 310  三沢寛一    長野県    伊那市Wikipedia
三沢 寛一(みさわ かんいち、1882年(明治15年)9月[1] - 1968年(昭和43年)7月15日[2])は、日本の文部・内務官僚、政治家。北海道札幌市長、山形県知事、島根県知事、札幌観光協会長[3]。
 311  渡辺国武    長野県    Wikipedia
渡辺 国武(渡邊 國武、わたなべ くにたけ、1846年3月29日(弘化3年3月3日) - 1919年(大正8年)5月11日)は、日本の官僚、政治家。子爵。旧姓は小池。第2次伊藤内閣の大蔵大臣、逓信大臣、第4次伊藤内閣の大蔵大臣を歴任した。兄は伯爵渡辺千秋。
 312  渡辺千秋    長野県    Wikipedia
渡辺 千秋(渡邉 千秋、わたなべ ちあき、1843年6月17日(天保14年5月20日) - 1921年(大正10年)8月27日)は、幕末の諏訪藩士、明治・大正期の官僚・政治家。位階・勲等・爵位は、正二位勲一等伯爵[1][2]。
 313  永田鉄山    長野県    Wikipedia
永田 鉄山(ながた てつざん、1884年(明治17年)1月14日 - 1935年(昭和10年)8月12日)は、日本の陸軍軍人。統制派の中心人物。陸軍中央幼年学校を2位、陸軍士官学校を首席、陸軍大学校も2位で卒業、参謀本部第2部長、歩兵第1旅団長などを歴任する。軍務官僚として常に本流を歩み「将来の陸軍大臣」「陸軍に永田あり」「永田の前に永田なく、永田の後に永田なし」[1]と評される秀才だったが、陸軍内部の統制派と皇道派の抗争に関連して相沢三郎陸軍中佐に殺害される。死亡時は、陸軍省軍務局長で階級は陸軍少将。陸軍三羽烏の一人。
1884年1月14日生まれ      1月14日生まれの人      長野県出身の1884年生まれ      世界の1884年生まれの人
 314  伊沢修二    長野県    Wikipedia
伊沢 修二(いさわ しゅうじ、旧字体:伊澤、1851年6月30日(嘉永4年6月2日) - 1917年(大正6年)5月3日)は明治時代の日本の教育者、文部官僚。近代日本の音楽教育、吃音矯正の第一人者である。号は楽石。
 315  伊沢修二    長野県    Wikipedia
伊沢 修二(いさわ しゅうじ、旧字体:伊澤、1851年6月30日(嘉永4年6月2日) - 1917年(大正6年)5月3日)は明治時代の日本の教育者、文部官僚。近代日本の音楽教育、吃音矯正の第一人者である。号は楽石。
 316  北原安定    長野県    Wikipedia
北原 安定(きたはら やすさだ、1914年11月5日 - 1994年4月1日)は、日本の逓信官僚、元電電公社副総裁および元NTT副社長。工学博士。
早稲田大学出身      長野県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 317  小松彰    長野県    Wikipedia
小松 彰(こまつ あきら[1]、1842年4月19日(天保13年3月9日) - 1888年(明治21年)3月25日)は明治時代の日本の実業家、官僚。旧松本藩士。久美浜県権知事兼生野県権知事、豊岡県令、東京株式取引所頭取を歴任した。通称・彰太郎、左右輔。号は雪巌[2]。
 318  務台俊介    長野県    Wikipedia
務台 俊介(むたい しゅんすけ 、1956年7月3日 - )は、日本の政治家、行政学者。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。元総務省官僚。神奈川大学教授(休職中)[1]。
 319  若林正俊    長野県    Wikipedia
若林 正俊(わかばやし まさとし、1934年(昭和9年)7月4日 - )は、日本の農林水産官僚、政治家。勲等は旭日大綬章。「若」の字は、くさかんむりの部分が3画の「艹」ではなく、4画の「十十」である字体を正式な表記としている。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 320  青木一男    長野県    Wikipedia
青木 一男(あおき かずお、1889年(明治22年)11月28日 - 1982年(昭和57年)6月25日)は、日本の政治家、官僚。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 321  唐沢俊樹    長野県    Wikipedia
唐沢 俊樹(からさわ としき、1891年(明治24年)2月10日 - 1967年(昭和42年)3月14日)は、昭和期の日本の内務官僚、政治家。戦前は内務次官、貴族院議員を歴任し、戦後、自由民主党の衆議院議員。第1次岸改造内閣の法務大臣を務める。勲一等瑞宝章。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1891年2月10日生まれ      2月10日生まれの人      長野県出身の1891年生まれ      世界の1891年生まれの人
 322  木内四郎    長野県    Wikipedia
木内 四郎(きうち しろう、1896年(明治29年)7月3日 - 1988年(昭和63年)8月31日)は、日本の政治家、大蔵官僚。科学技術庁長官。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 323  小松謙次郎    長野県    Wikipedia
小松 謙次郎(こまつ けんじろう、1864年1月2日(文久3年11月23日) - 1932年(昭和7年)10月15日)は、明治・大正期の官僚、政治家、貴族院議員。正三位勲一等。
慶應義塾大学出身      長野県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 324  鈴木雅次    長野県    松本市Wikipedia
鈴木 雅次(すずき まさつぐ、1889年3月6日 - 1987年5月28日)は、日本の土木工学者、内務官僚。元日本大学教授。土木工学・港湾工学の研究に業績を上げる。
九州大学出身      長野県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
1889年3月6日生まれ      3月6日生まれの人      長野県出身の1889年生まれ      世界の1889年生まれの人
 325  下条康麿    長野県    Wikipedia
下条 康麿(しもじょう やすまろ、1885年(明治18年)1月20日 - 1966年(昭和41年)4月25日)は、日本の政治家、内務官僚、統計学および社会学者。経済学博士。貴族院議員、参議院議員、吉田茂内閣の文部大臣を歴任した。
 326  原嘉道    長野県    須坂市Wikipedia
原 嘉道(はら よしみち(かどう) 1867年3月23日(慶応3年2月18日) - 1944年8月7日)は、日本の官僚、弁護士、法学者、政治家。第9代中央大学学長。田中義一内閣の司法大臣や枢密院議長を歴任した。男爵、法学博士。幼名は亀太郎。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 327  宮下創平    長野県    伊那市Wikipedia
宮下 創平(みやした そうへい、1927年11月10日 - 2013年10月7日)は、日本の政治家、大蔵官僚。厚生大臣(第82代)、環境庁長官(第31代)、防衛庁長官(第51代)、衆議院議員(8期)等を歴任した。
東京大学出身      長野県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 328  渡辺国武    長野県    Wikipedia
渡辺 国武(渡邊 國武、わたなべ くにたけ、1846年3月29日(弘化3年3月3日) - 1919年(大正8年)5月11日)は、日本の官僚、政治家。子爵。旧姓は小池。第2次伊藤内閣の大蔵大臣、逓信大臣、第4次伊藤内閣の大蔵大臣を歴任した。兄は伯爵渡辺千秋。
 329  渡辺千秋    長野県    Wikipedia
渡辺 千秋(渡邉 千秋、わたなべ ちあき、1843年6月17日(天保14年5月20日) - 1921年(大正10年)8月27日)は、幕末の諏訪藩士、明治・大正期の官僚・政治家。位階・勲等・爵位は、正二位勲一等伯爵[1][2]。


岐阜県
 330  矢橋賢吉    岐阜県    Wikipedia
矢橋 賢吉(やばし けんきち、1869年10月24日(明治2年9月20日) - 1927年(昭和2年)5月24日)は日本の建築家、官僚。
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 331  金子一平    岐阜県    高山市Wikipedia
金子 一平(かねこ いっぺい、1913年2月12日 - 1989年3月28日)は、日本の政治家、大蔵官僚。自由民主党衆議院議員。長男は自由民主党衆議院議員の金子一義。
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1913年2月12日生まれ      2月12日生まれの人      岐阜県出身の1913年生まれ      世界の1913年生まれの人
 332  郷純造    岐阜県    岐阜市Wikipedia
郷 純造(ごう じゅんぞう、文政8年4月26日(1825年6月12日)- 明治43年(1910年)12月2日)は、日本の武士・幕臣、大蔵官僚、政治家である。男爵。
 333  棚橋泰文    岐阜県    大垣市Wikipedia
棚橋 泰文(たなはし やすふみ、1963年(昭和38年)2月11日 - )は、日本の政治家、弁護士、通産官僚。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自民党幹事長代理。
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1963年2月11日生まれ      2月11日生まれの人      岐阜県出身の1963年生まれ      世界の1963年生まれの人
 334  平沢勝栄    岐阜県    白川村Wikipedia
平沢 勝栄(ひらさわ かつえい、1945年9月4日 - )は、日本の政治家、元警察官僚。自由民主党所属の衆議院議員(7期)。
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 335  古屋亨    岐阜県    恵那市Wikipedia
古屋 亨(ふるや とおる、1909年1月6日 - 1991年6月20日)は、日本の内務・警察官僚、弁護士、政治家。衆議院議員、自治大臣兼国家公安委員会委員長。正三位勲一等旭日大綬章。
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 336  佐橋滋    岐阜県    Wikipedia
佐橋 滋(さはし しげる[1]、1913年(大正2年)4月5日 - 1993年(平成5年)5月31日)は日本の官僚。元通商産業事務次官。
東京大学出身      岐阜県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1913年4月5日生まれ      4月5日生まれの人      岐阜県出身の1913年生まれ      世界の1913年生まれの人
 337  杉原千畝    岐阜県    八百津町Wikipedia
杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 - 1986年(昭和61年)7月31日)とは、日本の官僚、外交官である。
早稲田大学出身      岐阜県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
1900年1月1日生まれ      1月1日生まれの人      岐阜県出身の1900年生まれ      世界の1900年生まれの人
 338  村尾信尚    岐阜県    Wikipedia
村尾 信尚(むらお のぶたか、1955年10月1日 - )は、日本の財務官僚、ニュースキャスター、コメンテーター。関西学院大学大学院教授。大蔵省主計局総務課課長補佐、三重県総務局長、大蔵省主計局主計官等を経て、2003年から現職。
一橋大学出身      岐阜県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
1955年10月1日生まれ      10月1日生まれの人      岐阜県出身の1955年生まれ      世界の1955年生まれの人


静岡県
 339  斎藤寿夫    静岡県    富士市Wikipedia
斎藤 寿夫(さいとう としお、1908年1月11日 – 1999年5月24日)は、昭和期の政治家、官僚。静岡県知事。
静岡大学出身      静岡県出身の静岡大学の出身者      全国の静岡大学の出身者
 340  石川嘉延    静岡県    掛川市・旧小笠郡佐束村Wikipedia
石川 嘉延(いしかわ よしのぶ、1940年11月24日 - )は、日本の自治官僚、政治家、行政学者(地方自治)。勲等は旭日大綬章。日本大学国際関係学部客員教授。「嘉延」の読みは「よしのぶ」が正式だが、有職読みで「かえん」と呼ばれることもある。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 341  太田正孝    静岡県    Wikipedia
太田 正孝(おおた まさたか、1886年11月13日 - 1982年7月10日)は静岡県出身の大蔵官僚、政治家。衆議院議員選挙に7回、参議院議員選挙に1回当選した。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1886年11月13日生まれ      11月13日生まれの人      静岡県出身の1886年生まれ      世界の1886年生まれの人
 342  熊谷弘    静岡県    浜松市・旧磐田郡水窪町Wikipedia
熊谷 弘(くまがい ひろし、1940年6月25日 - )は、日本の政治家、官僚。
一橋大学出身      静岡県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 343  遠山敦子    静岡県    静岡市Wikipedia
遠山 敦子(とおやま あつこ、1938年12月10日 - )は、日本の文部官僚。財団法人新国立劇場運営財団顧問。公益財団法人トヨタ財団理事長。公益財団法人パナソニック教育財団理事長。財団法人日本いけばな芸術協会会長。日本・トルコ協会副会長。2007年6月に株式会社NHKエンタープライズの社外取締役、2008年6月には株式会社電通の監査役にも就任している。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会評議員。
 344  町村信孝    静岡県    沼津市Wikipedia
町村 信孝(まちむら のぶたか、1944年(昭和19年)10月17日 - 2015年(平成27年)6月1日[1])は、日本の政治家、通商産業官僚。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1944年10月17日生まれ      10月17日生まれの人      静岡県出身の1944年生まれ      世界の1944年生まれの人
 345  柳澤伯夫    静岡県    袋井市Wikipedia
柳澤 伯夫(やなぎさわ はくお、1935年8月18日 - )は、日本の大蔵官僚、政治家。勲等は旭日大綬章。城西国際大学学長、社団法人日本茶業中央会会長、静岡県土地改良事業団体連合会会長、全国土地改良事業団体連合会理事、静岡県農業共済組合連合会会長理事、特定非営利活動法人日本茶インストラクター協会理事長。報道等では柳沢 伯夫とも表記される。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 346  河井彌八    静岡県    Wikipedia
河井 彌八(かわい やはち、1877年10月24日-1960年7月21日)は、日本の官僚・政治家。侍従次長や第4代参議院議長を歴任する。静岡県出身。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 347  戸塚進也    静岡県    静岡市Wikipedia
戸塚 進也(とつか しんや、1940年1月2日 - )は、日本の通産官僚、政治家。財団法人日韓文化交流基金理事。社団法人静岡県茶業会議所理事。たちあがれ日本顧問。
日本大学出身      静岡県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 348  城内康光    静岡県    浜松市Wikipedia
城内 康光(きうち やすみつ、1934年(昭和9年)12月5日 - )は、日本の元警察官僚。元警察庁長官。日本会議代表委員。長男は現衆議院議員の城内実。
 349  國松孝次    静岡県    Wikipedia
國松 孝次(くにまつ たかじ、1937年6月28日 - )は、日本の元警察官僚、警察庁長官。静岡県浜松市出身。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 350  高辻正己    静岡県    Wikipedia
高辻 正己(たかつじ まさみ、1910年1月19日 - 1997年5月20日)は、日本の官僚、裁判官。竹下改造内閣で法務大臣を務めた。甥に元外交官の青木盛久がいる。長女・寿子は吉川元信(元大蔵省大臣官房審議官)に嫁した。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1910年1月19日生まれ      1月19日生まれの人      静岡県出身の1910年生まれ      世界の1910年生まれの人
 351  千野忠男    静岡県    Wikipedia
千野 忠男(ちの ただお、1934年1月21日 - 2008年7月17日)は、静岡県藤枝市出身の大蔵(財務)官僚。正四位瑞宝重光章。
東京大学出身      静岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 352  山田正雄    静岡県    Wikipedia
山田 正雄(やまだ まさお、1913年(大正3年) - 2006年(平成18年)2月8日)は、日本の旧内務省官僚、陸上自衛官。
明治大学出身      静岡県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 353  井口鹿象    静岡県    Wikipedia
井口 鹿象(いぐち しかぞう、1887年 - 1956年3月13日)は日本の工学者、官僚。工学博士(東京帝国大学)。室蘭工業大学初代学長。北海道大学・室蘭工業大学名誉教授。専門は、水工学・河川工学。


愛知県
 354  太田房江    愛知県    豊橋市Wikipedia
太田 房江(おおた ふさえ、1951年6月26日 - )は、日本の政治家、実業家、タレント、元通商官僚。自由民主党所属の参議院議員(1期)。戸籍名は齊藤 房江(さいとう ふさえ)、「太田」は旧姓である。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1951年6月26日生まれ      6月26日生まれの人      愛知県出身の1951年生まれ      世界の1951年生まれの人
 355  金森徳次郎    愛知県    名古屋市Wikipedia
金森 徳次郎(かなもり とくじろう、1886年3月17日 - 1959年6月16日)は、日本の官僚、政治家、憲法学者。岡田内閣の法制局長官、第1次吉田内閣の国務大臣。初代国立国会図書館長も務めた。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1886年3月17日生まれ      3月17日生まれの人      愛知県出身の1886年生まれ      世界の1886年生まれの人
 356  田中不二麿    愛知県    名古屋市Wikipedia
田中 不二麿(たなか ふじまろ、弘化2年6月12日(1845年7月16日) - 明治42年(1909年)2月1日)は、日本の幕末・明治期の武士、官僚、政治家。位階爵位は正二位子爵。号は夢山。名前は「不二麻呂」とも表記され、幕末には寅三郎(とらさぶろう)、国之輔と称した。明治維新期の著名人物としては非常に稀少な尾張藩士の一人。
 357  永田寿康    愛知県    名古屋市Wikipedia
永田 寿康(ながた ひさやす、1969年9月2日 - 2009年1月3日)は、日本の政治家、官僚。愛知県名古屋市出身。衆議院議員(3期)などを歴任した。国会などにおける発言の過激さから「平成の爆弾男」と呼ばれ、物議を醸す発言や行動を多々行ったことで知られた。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 358  安達健二    愛知県    Wikipedia
安達 健二(あだち けんじ、1918年12月22日 - 1988年3月12日)は、日本の文部官僚。愛知県春日井市生まれ。
 359  安藤隆春    愛知県    一宮市Wikipedia
安藤 隆春(あんどう たかはる、1949年8月31日[1] - )は、日本の警察官僚。元警察庁長官。
 360  板倉英則    愛知県    豊川市Wikipedia
板倉 英則(いたくら ひでのり、1946年8月 - )は、日本の官僚。愛知県豊川市出身。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 361  小倉謙    愛知県    Wikipedia
小倉 謙(おぐら けん、1911年4月21日 - 1977年7月23日)は、日本の警察官僚。第64代警視総監。
 362  加藤康宏    愛知県    Wikipedia
加藤 康宏(かとう やすひろ、1944年(昭和19年) - )は、日本の官僚。元科学技術事務次官。元独立行政法人海洋研究開発機構理事長。愛知県出身。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 363  金井照久    愛知県    Wikipedia
金井 照久(かない てるひさ、1948年(昭和23年)12月 - 2012年2月27日)は、日本の財務官僚。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 364  金森徳次郎    愛知県    名古屋市Wikipedia
金森 徳次郎(かなもり とくじろう、1886年3月17日 - 1959年6月16日)は、日本の官僚、政治家、憲法学者。岡田内閣の法制局長官、第1次吉田内閣の国務大臣。初代国立国会図書館長も務めた。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1886年3月17日生まれ      3月17日生まれの人      愛知県出身の1886年生まれ      世界の1886年生まれの人
 365  河津祐之    愛知県    碧南市Wikipedia
河津 祐之(かわづ すけゆき、嘉永2年4月8日(1849年4月30日) - 明治27年(1894年)7月12日)は、明治時代前期の官僚。元老院書記官、大阪控訴院検事長、名古屋控訴裁判所検事長、司法大書記官、司法省刑事局長、逓信次官等を歴任。東京法学校(現法政大学)校長。通称は四郎。
 366  黒田直樹    愛知県    岡崎市Wikipedia
黒田 直樹(くろだ なおき、1940年(昭和15年)12月18日 - )は日本の通産官僚。元資源エネルギー庁長官。国際石油開発帝石株式会社代表取締役会長。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 367  小林秀資    愛知県    名古屋市Wikipedia
小林 秀資(こばやし ひですけ、1940年 - )は、元厚生労働省の官僚。元財団法人長寿科学振興財団理事長。名古屋大学医学部卒業。愛知県名古屋市出身。
名古屋大学出身      愛知県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 368  阪本釤之助    愛知県    名古屋市Wikipedia
阪本 釤之助(さかもと さんのすけ、安政4年6月24日(1857年8月13日) - 昭和11年(1936年)12月16日)は、日本の官僚、政治家。
 369  佐原光一    愛知県    Wikipedia
佐原 光一(さはら こういち、1953年11月10日 - )は、日本の政治家、官僚。愛知県豊橋市長(第32・33代)。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 370  首藤新悟    愛知県    Wikipedia
首藤 新悟(しゅとう しんご、1946年8月14日 - )は、日本の防衛官僚。防衛研究所長等を経て、防衛庁防衛局長を最後に退官し、財団法人防衛調達基盤整備協会理事長等を務めた。
一橋大学出身      愛知県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 371  辻村哲夫    愛知県    Wikipedia
辻村 哲夫(つじむら てつお、1944年 - )は、元文部官僚。元文部科学省初等中等教育局長。元東京国立近代美術館館長。元独立行政法人国立美術館理事長。
名古屋大学出身      愛知県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 372  永井久一郎    愛知県    名古屋市Wikipedia
永井 久一郎(ながい きゅういちろう、嘉永5年8月2日(1852年9月15日) - 大正2年(1913年)1月2日)は、日本の漢詩人、官僚。文部省、内務省、帝国大学などに勤め、のち日本郵船に転じた。正四位。諱は匡温(まさはる)また温、字は伯良・耐甫、号は禾原(かげん)・来青。久一郎は元来は通称。
慶應義塾大学出身      愛知県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 373  中村利雄    愛知県    Wikipedia
中村 利雄(なかむら としお 1946年7月22日 - )は、日本の元経産官僚。過去に、中小企業庁長官、2005年日本国際博覧会協会事務総長、日本商工会議所専務理事などを歴任。
名古屋大学出身      愛知県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 374  浜井浩一    愛知県    Wikipedia
浜井 浩一(はまい こういち、1960年5月 - )は、日本の元法務官僚、法学者。龍谷大学教授。専門は、刑事政策、犯罪学、統計学、犯罪心理学。
早稲田大学出身      愛知県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 375  坂野泰治    愛知県    Wikipedia
坂野 泰治(ばんの たいじ、1946年10月19日 - )は、愛知県出身の官僚。社会保険庁長官。NHK監事などを歴任。
 376  伏屋和彦    愛知県    Wikipedia
伏屋 和彦(ふしや かずひこ、1944年(昭和19年)1月26日 - )は、日本の大蔵官僚。元会計検査院長。元国税庁長官。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1944年1月26日生まれ      1月26日生まれの人      愛知県出身の1944年生まれ      世界の1944年生まれの人
 377  本間政雄    愛知県    Wikipedia
本間政雄(ほんま まさお、1948年 - )は学校法人立命館副総長(新戦略・国際担当)、立命館アジア太平洋大学副学長(総務・財務担当)。日本の元文部官僚。
名古屋大学出身      愛知県出身の名古屋大学の出身者      全国の名古屋大学の出身者
 378  黒田直樹    愛知県    岡崎市Wikipedia
黒田 直樹(くろだ なおき、1940年(昭和15年)12月18日 - )は日本の通産官僚。元資源エネルギー庁長官。国際石油開発帝石株式会社代表取締役会長。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 379  加藤敬三郎    愛知県    Wikipedia
加藤 敬三郎(かとう けいさぶろう、1873年(明治6年)4月19日 - 1939年(昭和14年)12月3日)は、日本の逓信官僚、銀行家、政治家。北海道拓殖銀行頭取、朝鮮銀行総裁、貴族院議員。旧姓・川村。
 380  大村秀章    愛知県    碧南市Wikipedia
大村 秀章(おおむら ひであき、1960年(昭和35年)3月9日 ‐)は、日本の農水官僚、政治家。愛知県知事(公選第17・18代)、日本一愛知の会会長(代表)。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 381  阪本釤之助    愛知県    名古屋市Wikipedia
阪本 釤之助(さかもと さんのすけ、安政4年6月24日(1857年8月13日) - 昭和11年(1936年)12月16日)は、日本の官僚、政治家。
 382  杉山宗次郎    愛知県    Wikipedia
杉山 宗次郎(すぎやま そうじろう、1891年(明治24年)5月1日 - 1962年(昭和37年)12月27日)は、日本の昭和時代中期の内務官僚、政治家。公選初代の長崎県知事である。
 383  鈴木敬一    愛知県    Wikipedia
鈴木 敬一(すずき けいいち、1889年7月 - 1973年11月29日)は、日本の内務官僚。府県知事、初代住宅金融公庫総裁。
 384  仲谷義明    愛知県    名古屋市Wikipedia
仲谷 義明(なかや よしあき、1925年(大正14年)10月27日 - 1988年(昭和63年)11月18日 )は、日本の政治家、官僚。愛知県知事を務めた。
東京大学出身      愛知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1925年10月27日生まれ      10月27日生まれの人      愛知県出身の1925年生まれ      世界の1925年生まれの人
 385  阪本釤之助    愛知県    名古屋市Wikipedia
阪本 釤之助(さかもと さんのすけ、安政4年6月24日(1857年8月13日) - 昭和11年(1936年)12月16日)は、日本の官僚、政治家。


滋賀県
 386  小西哲    滋賀県    近江八幡市Wikipedia
小西 哲(こにし あきら、1949年9月13日 - 2001年7月23日)は、日本の警察官僚、政治家、元衆議院議員。自由民主党員、派閥は橋本派所属。小西理元衆議院議員の兄。警察官僚を辞めた後、2000年の衆議院選に出馬して初当選。翌2001年死去。享年53(51歳)。
 387  大音龍太郎    滋賀県    彦根市Wikipedia
大音 龍太郎(おおど りゅうたろう、天保11年2月19日(1840年3月22日) - 大正元年(1912年)11月23日)は、幕末から明治初期の地方官僚。字は厚龍。厳しい統治で「首切り竜太郎」と恐れられた。
 388  広瀬進一    滋賀県    彦根市Wikipedia
広瀬 進一(ひろせ しんいち、1845年3月19日(弘化2年2月12日)- 1904年(明治37年)7月29日)は、日本の法制官僚。官選秋田県知事。旧名・篤譲。
 389  大海原重義    滋賀県    (彦根市)Wikipedia
大海原 重義(おおみはら しげよし、1882年(明治15年)11月8日 - 1940年(昭和15年)11月21日)は、日本の内務官僚。府県知事。
 390  大谷藤郎    滋賀県    Wikipedia
大谷 藤郎(おおたに ふじお、1924年3月27日 - 2010年12月7日[1])は、日本の元厚生官僚(テクノクラート)、大学教授。精神障害者やハンセン病患者の人権保護・待遇改善に積極的に取り組み、1993年にはWHOからレオン・ベルナール賞を授与された。国際医療福祉大学初代学長。
 391  岡田信    滋賀県    守山市Wikipedia
岡田 信(おかだ まこと(通称:おかだ しん)、1885年(明治18年)3月10日 - 1946年(昭和21年)8月15日)は、日本の大正・昭和期における大蔵省官僚・銀行家。大蔵省官僚としては主に特殊銀行・植民地金融を担当した。滋賀県出身。
東京大学出身      滋賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 392  小西哲    滋賀県    近江八幡市Wikipedia
小西 哲(こにし あきら、1949年9月13日 - 2001年7月23日)は、日本の警察官僚、政治家、元衆議院議員。自由民主党員、派閥は橋本派所属。小西理元衆議院議員の兄。警察官僚を辞めた後、2000年の衆議院選に出馬して初当選。翌2001年死去。享年53(51歳)。
 393  西村捨三    滋賀県    彦根市Wikipedia
西村 捨三(にしむら すてぞう、天保14年7月29日(1843年8月24日) - 明治41年(1908年)1月14日)は、日本の武士、官僚、政治家。沖縄県令(第4代)、大阪府知事(第6代)、初代内務省警保局長などを務めた。
 394  八幡和郎    滋賀県    大津市Wikipedia
八幡 和郎(やわた かずお、1951年9月24日 - )は、日本の官僚、評論家、徳島文理大学教授、コーポレートガバナンス協会理事。
東京大学出身      滋賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 395  大谷藤郎    滋賀県    Wikipedia
大谷 藤郎(おおたに ふじお、1924年3月27日 - 2010年12月7日[1])は、日本の元厚生官僚(テクノクラート)、大学教授。精神障害者やハンセン病患者の人権保護・待遇改善に積極的に取り組み、1993年にはWHOからレオン・ベルナール賞を授与された。国際医療福祉大学初代学長。
 396  大東義徹    滋賀県    彦根市Wikipedia
大東 義徹(おおひがし ぎてつ/よしあきら/よしてつ、天保13年7月15日[1](1842年8月20日) - 明治38年(1905年)4月8日)は、日本の官僚、政治家。司法大臣(第9代)、衆議院議員(7期)を務めた。元の名は小西新左衛門。
 397  武村正義    滋賀県    東近江市Wikipedia
武村 正義(たけむら まさよし、1934年(昭和9年)8月26日 - )は、日本の自治官僚、政治家。
東京大学出身      滋賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1934年8月26日生まれ      8月26日生まれの人      滋賀県出身の1934年生まれ      世界の1934年生まれの人
 398  村上義一    滋賀県    長浜市Wikipedia
村上 義一(むらかみ ぎいち、1885年(明治18年)11月10日 - 1974年(昭和49年)1月20日)は、官僚、政治家、実業家。日本通運や近畿日本鉄道の社長、日本民営鉄道協会顧問、日本交通公社会長などを務めた。
東京大学出身      滋賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


京都府
 399  前尾繁三郎    京都府    Wikipedia
前尾 繁三郎(まえお しげさぶろう 1905年12月10日 - 1981年7月23日)は、日本の政治家、官僚。宏池会第二代会長。第58代衆議院議長。
東京大学出身      京都府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1905年12月10日生まれ      12月10日生まれの人      京都府出身の1905年生まれ      世界の1905年生まれの人
 400  伊吹文明    京都府    京都市Wikipedia
伊吹 文明(いぶき ぶんめい、1938年〈昭和13年〉1月9日 - )は、日本の政治家、大蔵官僚。自由民主党所属の衆議院議員(11期)。
京都大学出身      京都府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 401  中川小十郎    京都府    南桑田郡馬路村(現・亀岡市)Wikipedia
政治家 官僚 教育者 実業家
1866年2月18日生まれ      2月18日生まれの人      京都府出身の1866年生まれ      世界の1866年生まれの人


大阪府
 402  梅原末治    大阪府    羽曳野市Wikipedia
梅原 末治(うめはら すえじ、1893年8月13日 - 1983年2月19日)は、日本の東洋考古学者。京都大学名誉教授。日本考古学の基礎を築いた。文学博士(京都帝国大学、1939年)。大阪府南河内郡古市村(現羽曳野市)出身。子息は、京都大学名誉教授(人文科学研究所)の梅原郁(東洋史、宋代官僚制・司法制度研究で、2010年日本学士院賞受賞)。
同志社大学出身      大阪府出身の同志社大学の出身者      全国の同志社大学の出身者
1893年8月13日生まれ      8月13日生まれの人      大阪府出身の1893年生まれ      世界の1893年生まれの人
 403  堺屋太一    大阪府    大阪市Wikipedia
堺屋 太一(さかいや たいち、1935年7月13日 - )は、日本の作家・評論家・元通産官僚・経済企画庁長官(第55〜57代)・元内閣特別顧問。株式会社堺屋太一事務所および株式会社堺屋太一研究所の代表取締役社長。内閣官房参与。様々な博覧会のプロデューサーとしても活動している。
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1935年7月13日生まれ      7月13日生まれの人      大阪府出身の1935年生まれ      世界の1935年生まれの人
 404  東龍太郎    大阪府    Wikipedia
東 龍太郎(あずま りょうたろう、1893年(明治26年)1月16日 - 1983年(昭和58年)5月26日)は、日本の医学者・官僚。東京大学名誉教授。
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 405  飯泉嘉門    大阪府    池田市Wikipedia
飯泉 嘉門(いいずみ かもん(出生時の読み方は「いいずみ よしかど」)、1960年7月29日 - )は、日本の自治官僚、政治家。徳島県知事。
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 406  仲井眞弘多    大阪府    大阪市東成区 ※本籍は那覇市Wikipedia
仲井眞 弘多(なかいま ひろかず、1939年8月19日 - )は、日本の通産官僚、実業家、政治家。沖縄県知事(本土復帰後第6代)。報道などでは新字体を用い仲井真 弘多とも表記される。
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 407  山本壮一郎    大阪府    大阪市天王寺区Wikipedia
山本 壮一郎(やまもと そういちろう、旧字体では「壯一郎」。1919年6月15日 - 2001年1月18日)は、日本の内務官僚、政治家。宮城県知事。
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 408  森元恒雄    大阪府    和泉市Wikipedia
森元 恒雄(もりもと つねお、1947年6月17日 - )は、日本の政治家、自治官僚。自由民主党所属の元参議院議員(1期)。大阪府和泉市出身。
東京大学出身      大阪府出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 409  松谷明彦    大阪府    大阪市Wikipedia
松谷 明彦(まつたに あきひこ、1945年 - )は、日本の経済学者、官僚。専門はマクロ経済学、財政学。
 410  若林勝三    大阪府    Wikipedia
若林 勝三(わかばやし しょうぞう[1]、1943年(昭和18年)11月23日[2] - )は、日本の官僚。元沖縄開発事務次官。日本地震再保険会長。大阪府出身[3]。
京都大学出身      大阪府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 411  高木善幸    大阪府    Wikipedia
高木 善幸(たかぎ よしゆき、1955年12月13日[1] - )は、大阪府出身の国際公務員。日本の元官僚。世界知的所有権機関(WIPO)事務局長補。
京都大学出身      大阪府出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者


兵庫県
 412  大石久和    兵庫県    Wikipedia
大石 久和(おおいし ひさかず、1945年(昭和20年)4月2日 - )は、日本の建設官僚。元国土交通省技監。
京都大学出身      兵庫県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
1945年4月2日生まれ      4月2日生まれの人      兵庫県出身の1945年生まれ      世界の1945年生まれの人
 413  白洲次郎    兵庫県    芦屋市Wikipedia
白洲 次郎(しらす じろう、1902年2月17日 - 1985年11月28日)は、日本の官僚、実業家。兵庫県芦屋市出身。
1902年2月17日生まれ      2月17日生まれの人      兵庫県出身の1902年生まれ      世界の1902年生まれの人
 414  北畑隆生    兵庫県    Wikipedia
北畑 隆生(きたばた たかお、1950年(昭和25年)1月10日 - )は、日本の経産官僚。元経済産業事務次官。兵庫県出身。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1950年1月10日生まれ      1月10日生まれの人      兵庫県出身の1950年生まれ      世界の1950年生まれの人
 415  下山定則    兵庫県    神戸市Wikipedia
下山 定則(しもやま さだのり、明治34年(1901年)7月23日 - 昭和24年(1949年)7月6日、死亡日時は不詳)は、日本の鉄道官僚。運輸次官、日本国有鉄道総裁(初代)などを歴任した。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1901年7月23日生まれ      7月23日生まれの人      兵庫県出身の1901年生まれ      世界の1901年生まれの人
 416  杉本和行    兵庫県    Wikipedia
杉本 和行(すぎもと かずゆき、1950年(昭和25年)9月13日 - )は、日本の大蔵官僚。財務事務次官、みずほ総合研究所理事長を経て、2013年3月より公正取引委員会委員長。
 417  住田正二    兵庫県    神戸市Wikipedia
住田 正二(すみた しょうじ、1922年(大正11年)5月26日 - )は、日本の官僚、実業家。運輸事務次官やJR東日本社長を務めた。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 418  辻哲夫    兵庫県    Wikipedia
辻 哲夫(つじ てつお、1947年(昭和22年) - )は、日本の官僚。田園調布学園大学教授を経て、現在東京大学特任教授、株式会社麻生監査役。元厚生労働事務次官。兵庫県出身。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 419  平岡定太郎    兵庫県    加古川市*Wikipedia
平岡 定太郎(ひらおか さだたろう[1]、文久3年6月4日(1863年7月19日) - 昭和17年(1942年)8月26日)は、日本の内務官僚。樺太庁長官(第3代)。福島県知事(第17代)。正三位勲三等。兵庫県平民[2]。
早稲田大学出身      兵庫県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 420  吉阪俊蔵    兵庫県    神戸市灘区Wikipedia
吉阪 俊蔵(よしざか しゅんぞう、1889年9月10日 - 1958年7月14日)は、日本の男性官僚。商工省・内務省で活動した。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1889年9月10日生まれ      9月10日生まれの人      兵庫県出身の1889年生まれ      世界の1889年生まれの人
 421  米村敏朗    兵庫県    Wikipedia
米村 敏朗(よねむら としろう、1951年4月26日 - )は、日本の警察官僚。第87代警視総監、第17・18代内閣危機管理監を経て、内閣官房参与(第2次安倍内閣)。
京都大学出身      兵庫県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 422  井戸敏三    兵庫県    揖保郡新宮町(現たつの市)Wikipedia
井戸 敏三(いど としぞう、1945年8月10日 - )は、日本の自治・総務官僚、政治家。兵庫県知事(4期)。元兵庫県副知事。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1945年8月10日生まれ      8月10日生まれの人      兵庫県出身の1945年生まれ      世界の1945年生まれの人
 423  北垣国道    兵庫県    養父市(養父郡能座村)Wikipedia
北垣 国道(きたがき くにみち、1836年9月17日(天保7年8月7日) - 1916年(大正5年)1月16日)は、幕末期の志士、明治時代の官僚、政治家。幼名は捨蔵。通称は晋太郎。号は静屋。
 424  谷本正憲    兵庫県    西脇市Wikipedia
谷本 正憲(たにもと まさのり、1945年(昭和20年)4月16日 - )は、日本の自治官僚、政治家。石川県知事(6期 第55-60代)、公選では4人目、全国知事会副会長(東海北陸ブロック)。
京都大学出身      兵庫県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 425  永田秀次郎    兵庫県    南あわじ市(旧三原郡)Wikipedia
永田 秀次郎(ながた ひでじろう、1876年7月23日 - 1943年9月17日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の官僚・政治家。第18代三重県知事、第8代・第14代東京市長、第4代拓殖大学総長、貴族院議員。第9代拓務大臣、第18代鉄道大臣を歴任。長男は元自由民主党衆議院議員の永田亮一。
京都大学出身      兵庫県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 426  山田啓二    兵庫県    洲本市Wikipedia
山田 啓二(やまだ けいじ、1954年4月5日 - )は、日本の自治官僚、政治家。京都府知事(公選第15・16・17・18代)、全国知事会会長(第11代)、新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)副代表・「知事・市町村長連合会議」座長、京都舞鶴港振興会会長。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1954年4月5日生まれ      4月5日生まれの人      兵庫県出身の1954年生まれ      世界の1954年生まれの人
 427  井上喜一    兵庫県    加西市Wikipedia
井上 喜一(いのうえ きいち、1932年(昭和7年)5月24日 - 2010年(平成22年)12月16日)は、日本の農林官僚、政治家。勲等は旭日大綬章。本名は井上 喜一(いのうえ よしかず)。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1932年5月24日生まれ      5月24日生まれの人      兵庫県出身の1932年生まれ      世界の1932年生まれの人
 428  田健治郎    兵庫県    丹波市Wikipedia
田 健治郎(でん けんじろう、安政2年2月8日(1855年3月25日) - 昭和5年(1930年)11月16日)は、日本の官僚、政治家、華族(男爵)。丹波国氷上郡(現在の兵庫県丹波市)出身。幼名は梅之助、号は譲山。男爵。衆議院議員・貴族院議員・逓信大臣・司法大臣・農商務大臣・台湾総督・枢密顧問官等を歴任。田艇吉(衆議院議員)は兄。田英夫(参議院議員)は孫。また先祖に元禄時代の女流俳人田捨女がいる。
 429  藤井比早之    兵庫県    西脇市Wikipedia
藤井 比早之(ふじい ひさゆき、1971年9月11日 - )は、日本の政治家、元総務官僚。自由民主党所属の衆議院議員(2期)、元彦根市副市長。
 430  丸山和也    兵庫県    たつの市(旧揖保郡新宮町)Wikipedia
丸山 和也(まるやま かずや、1946年1月23日 - )は、日本の政治家、元法務官僚、タレント、歌手。自由民主党所属の参議院議員(2期)、自由民主党参議院政策審議会副会長。自民党法務部会長 弁護士(登録番号:13673、第一東京弁護士会)、丸山国際法律・特許事務所代表[1]。丸山総合法律事務所代表。
早稲田大学出身      兵庫県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
1946年1月23日生まれ      1月23日生まれの人      兵庫県出身の1946年生まれ      世界の1946年生まれの人
 431  加藤弘之    兵庫県    豊岡市(旧出石郡出石町)Wikipedia
加藤 弘之(かとう ひろゆき、1836年8月5日(天保7年6月23日) - 1916年(大正5年)2月9日)は、日本の政治学者、教育家、官僚。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は文学博士(1888年)、法学博士(1905年)。旧名弘蔵(こうぞう)。
東洋大学出身      兵庫県出身の東洋大学の出身者      全国の東洋大学の出身者
 432  柳田國男    兵庫県    神崎郡福崎町Wikipedia
柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。現在の兵庫県神崎郡福崎町生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。没後に正三位勲一等。当時の池田首相が「民間人とはいえ、これだけの人物に瑞宝章では軽い」と発言し旭日大綬章が供えられた。帝国憲法下の農務官僚で貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官に就いた[1]。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1875年7月31日生まれ      7月31日生まれの人      兵庫県出身の1875年生まれ      世界の1875年生まれの人
 433  永田秀次郎    兵庫県    三原郡緑町(現南あわじ市)Wikipedia
永田 秀次郎(ながた ひでじろう、1876年7月23日 - 1943年9月17日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の官僚・政治家。第18代三重県知事、第8代・第14代東京市長、第4代拓殖大学総長、貴族院議員。第9代拓務大臣、第18代鉄道大臣を歴任。長男は元自由民主党衆議院議員の永田亮一。
京都大学出身      兵庫県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者


奈良県
 434  奥野誠亮    奈良県    御所市Wikipedia
奥野 誠亮(おくの せいすけ、1913年(大正2年)7月12日 - )は、日本の内務官僚、政治家。「おくの せいりょう」と呼ばれることもある(有職読み)。浪速製氷冷蔵社長、奈良県議、御所町長を務めた奥野貞治の子。
東京大学出身      奈良県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 435  前田武志    奈良県    十津川村Wikipedia
前田 武志(まえだ たけし、1937年10月22日 ‐ )は、日本の建設官僚、政治家。民進党所属の参議院議員(2期)。民進党常任顧問。
京都大学出身      奈良県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 436  岡本全勝    奈良県    明日香村Wikipedia
岡本 全勝(おかもと まさかつ、1955年1月1日 - )は、日本の総務官僚。現在は、内閣官房参与[1]、福島復興再生総局事務局長[2]。
東京大学出身      奈良県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 437  福田進    奈良県    Wikipedia
福田 進(ふくだ すすむ、1948年(昭和23年)8月26日 - )は、奈良県吉野郡出身の大蔵(財務)キャリア官僚。
東京大学出身      奈良県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 438  森岡二朗    奈良県    Wikipedia
森岡 二朗(もりおか じろう、1886年5月1日 - 1950年12月20日)は、日本の内務・警察官僚。官選県知事、台湾総督府総務長官。


和歌山県
 439  本田悦朗    和歌山県    Wikipedia
本田 悦朗(ほんだ えつろう、1955年(昭和30年)1月 - )は、日本の大蔵官僚、経済学者(国際金融・金融政策)。スイス駐箚特命全権大使、明治学院大学法学部客員教授、内閣官房参与。
 440  金森誠之    和歌山県    Wikipedia
金森 誠之(かなもり しげゆき、1892年 - 1959年)は、日本の河川技術者、内務官僚。発明家、映画人でもあった。
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 441  下村宏    和歌山県    Wikipedia
下村 宏(しもむら ひろし、明治8年(1875年)5月11日 - 昭和32年(1957年)12月9日)は、明治・大正・昭和の官僚、新聞経営者、政治家、歌人。号は海南(かいなん)。
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 442  正示啓次郎    和歌山県    Wikipedia
正示 啓次郎(しょうじ けいじろう、1911年5月16日 - 1994年4月17日)は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員、経済企画庁長官。
 443  大島靖    和歌山県    田辺市Wikipedia
大島 靖(おおしま やすし、1915年1月30日 - 2010年8月7日)は、日本の政治家、官僚。第14代大阪市長。元労働省労働基準局長。大阪市長を1971年から1987年まで、4期16年務めた。
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 444  仁坂吉伸    和歌山県    和歌山市Wikipedia
仁坂 吉伸(にさか よしのぶ、1950年10月2日 - )は、日本の通産・経産・外務官僚、外交官、政治家。和歌山県知事。関西広域連合副広域連合長。
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 445  岸本周平    和歌山県    和歌山市Wikipedia
岸本 周平(きしもと しゅうへい、1956年(昭和31年)7月12日 - )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。民進党所属の衆議院議員(3期)。元内閣府大臣政務官・経済産業大臣政務官(野田第3次改造内閣)。妻はNHK記者の飯田香織[1]。
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 446  小村武    和歌山県    Wikipedia
小村 武(こむら たけし[1]、昭和14年(1939年)9月2日[2] - )は、日本の官僚。元大蔵事務次官。
東京大学出身      和歌山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 447  津田出    和歌山県    和歌山市Wikipedia
津田 出(つだ いずる、天保3年2月1日(1832年3月3日) - 明治38年(1905年)6月2日)は、幕末期から明治前期にかけて活躍した武士・官僚、陸軍軍人。明治新政府に先駆けて紀州藩藩政を改革して徴兵制を施行するなど、テストケースとして廃藩置県及び徴兵令に影響を与えた。官位は錦鶏間祗候陸軍少将従二位勲一等。通称は又太郎。号は芝山。


鳥取県
 448  奥田義人    鳥取県    鳥取市Wikipedia
奥田 義人(おくだ よしと/よしんど、故実読みで ぎじん、万延元年旧暦6月14日(1860年7月31日)- 大正6年(1917年)8月21日)は、日本の農商務官僚、政治家、教育者。衆議院議員(当選2回)、貴族院議員(勅選)、第1次山本内閣で文部大臣兼司法大臣を歴任したほか、晩年には請われて東京市長も務めている。また中央大学の創設者の一人で、第2代学長。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 449  平林鴻三    鳥取県    鳥取市Wikipedia
平林 鴻三(ひらばやし こうぞう、1930年11月21日 - )は、日本の政治家、自治官僚。鳥取県知事(3期)、郵政大臣(第67代)、衆議院議員(5期[1])等を歴任。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 450  古井喜実    鳥取県    八頭町Wikipedia
古井 喜実(ふるい よしみ、1903年1月4日 - 1995年2月3日[1])は、日本の内務官僚、政治家。本名は古井 喜實(読み方は同じ)。日中友好議員連盟会長を務めた[1]。
1903年1月4日生まれ      1月4日生まれの人      鳥取県出身の1903年生まれ      世界の1903年生まれの人
 451  石破二朗    鳥取県    八頭町Wikipedia
石破 二朗(いしば じろう、1908年(明治41年)7月29日 - 1981年(昭和56年)9月16日)は、日本の内務・建設官僚、政治家。正三位勲一等。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1908年7月29日生まれ      7月29日生まれの人      鳥取県出身の1908年生まれ      世界の1908年生まれの人
 452  石谷憲男    鳥取県    智頭町Wikipedia
石谷 憲男(いしたに のりお、1908年 - 1966年)は日本の官僚、政治家。元林野庁長官。元参議院議員。鳥取県議会議長をつとめた石谷源蔵の孫。
 453  坂野重信    鳥取県    北栄町Wikipedia
坂野 重信(さかの しげのぶ、大正6年(1917年)7月23日 - 平成14年(2002年)4月17日)は、日本の内務・建設官僚、政治家。自由民主党参議院議員。正三位勲一等工学博士。北栄町名誉町民。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1917年7月23日生まれ      7月23日生まれの人      鳥取県出身の1917年生まれ      世界の1917年生まれの人
 454  手島栄    鳥取県    米子市Wikipedia
手島 栄(てしま さかえ、明治29年(1896年)12月10日 - 昭和38年(1963年)4月18日)は日本の逓信官僚、政治家。参議院議員、郵政大臣。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 455  竹内功    鳥取県    鳥取市Wikipedia
竹内 功(たけうち いさお、1951年12月18日 - )は、日本の政治家、建設・国土交通官僚。鳥取県鳥取市長(3期)。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 456  松田道之    鳥取県    鳥取市Wikipedia
松田 道之(まつだ みちゆき、天保10年5月12日(1839年6月22日) - 明治15年(1882年)7月6日)は、日本の内務官僚・政治家。大津県令、滋賀県令(ともに初代)、東京府知事(第7代)などを務めた。琉球処分において中心的な役割を果たしたことで知られる。
 457  村上恭一    鳥取県    鳥取市Wikipedia
村上 恭一(むらかみ きょういち、1883年(明治16年)8月31日 - 1953年(昭和28年))は、日本の官僚。枢密院書記官長、貴族院議員等を歴任した。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 458  山本義章    鳥取県    鳥取市Wikipedia
山本 義章(やまもと よしあき、1896年10月5日 - 1961年9月26日[1])は、日本の官僚、弁護士。第32代京都府知事(最後の官選知事)[2]、陸軍司政長官[3]。
 459  足立盛二郎    鳥取県    境港市Wikipedia
足立 盛二郎(あだち せいじろう、1944年(昭和19年)7月8日 - )は日本の郵政官僚、実業家。郵政事業庁長官(初代)、NTTドコモ代表取締役副社長、ゆうちょ銀行代表執行役会長を歴任。公益財団法人日本棋院理事[1]。
東京大学出身      鳥取県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 460  沖守固    鳥取県    守Wikipedia
沖 守固(おき もりかた、1841年8月13日(天保12年6月27日) - 1912年10月7日)は、幕末の鳥取藩士・絵師、明治の内務官僚、政治家。元老院議官、貴族院議員、錦鶏間祗候、男爵。幼名は鶴、貞一郎、探(丹)三。号は九皐。


島根県
 461  大達茂雄    島根県    浜田市Wikipedia
大達 茂雄(おおだち しげお、1892年(明治25年)1月5日 - 1955年(昭和30年)9月25日)は、日本の内務官僚、政治家。小磯内閣で内務大臣、第5次吉田内閣で文部大臣を務めた。参議院議員1期。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 462  高岡直吉    島根県    津和野町Wikipedia
高岡 直吉(たかおか ただよし、安政7年1月22日(1860年2月13日) - 昭和17年(1942年)9月1日)は、日本の内務省官僚・政治家。鹿児島県知事、島根県知事、宮崎県知事、初代札幌市長、錦鶏間祗候。津和野藩出身。北海道帝国大学総長である高岡熊雄は実弟にあたる。甥に高岡周夫がいる。
北海道大学出身      島根県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
 463  俵孫一    島根県    浜田市Wikipedia
俵 孫一(たわら まごいち、1869年6月16日(明治2年5月7日) - 1944年(昭和19年)6月17日)は、日本の官僚、政治家。衆議院議員。商工大臣、立憲民政党幹事長などを歴任した。従二位勲一等。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 464  細田吉蔵    島根県    松江市Wikipedia
細田 吉蔵(細田 吉藏、ほそだ きちぞう、明治45年(1912年)5月2日 - 平成19年(2007年)2月11日)は、日本の運輸官僚、政治家、弁護士。衆議院議員(10回当選)。正三位勲一等。松江市名誉市民。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1912年5月2日生まれ      5月2日生まれの人      島根県出身の1912年生まれ      世界の1912年生まれの人
 465  細田博之    島根県    松江市Wikipedia
細田 博之(ほそだ ひろゆき、1944年(昭和19年)4月5日 - )は、日本の政治家、元通産官僚。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、自民党幹事長代行(第3代)、清和政策研究会会長。島根県松江市出身。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 466  溝口善兵衛    島根県    益田市Wikipedia
溝口 善兵衛(みぞぐち ぜんべえ、1946年1月20日 - )は、日本の大蔵・財務官僚、政治家。島根県知事(3期)。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 467  若槻禮次郎    島根県    松江市Wikipedia
若槻 禮次郞(わかつき れいじろう、慶応2年2月5日(1866年3月21日) - 昭和24年(1949年)11月20日)は、日本の大蔵官僚、政治家。栄典は正二位勲一等男爵。旧姓は奥村。幼名は源之丞。号は克堂。新字体にて若槻 礼次郎(わかつき れいじろう)と表記されることもある[注釈 1]。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 468  井上赳    島根県    Wikipedia
井上 赳(いのうえ たけし、1889年7月23日 - 1965年7月20日)は、島根県出身の文部官僚。1930年代の国語読本である『小学国語読本』(サクラ読本)の編集の中心となった。
 469  潮恵之輔    島根県    Wikipedia
潮 恵之輔(うしお しげのすけ、1881年(明治14年)8月11日 - 1955年(昭和30年)1月9日)は、日本の内務官僚。後に内務大臣兼文部大臣、最後の枢密院副議長を務める。
1881年8月11日生まれ      8月11日生まれの人      島根県出身の1881年生まれ      世界の1881年生まれの人
 470  岡正雄    島根県    Wikipedia
岡 正雄(おか まさお、1882年(明治15年)12月 - 1948年(昭和23年)10月3日[1])は、日本の内務・警察官僚。憲政会系官選県知事、内務省警保局長。
 471  岡田文秀    島根県    Wikipedia
岡田 文秀(おかだ ふみひで、1892年(明治25年)11月25日 - 1989年(平成元年)11月19日[1])は、日本の内務・厚生官僚。官選県知事、厚生次官、海軍司政長官。旧姓・吉岡。
 472  小瀧彬    島根県    雲南市Wikipedia
小瀧 彬(こだき あきら、明治37年(1904年)7月1日 - 昭和33年(1958年)5月28日)は日本の官僚、政治家。参議院議員、防衛庁長官。
 473  落合慶四郎    島根県    Wikipedia
落合 慶四郎(おちあい けいしろう、1886年(明治19年)4月16日[1] - 1965年(昭和40年)3月12日[2])は、日本の内務官僚。徳島県知事、東京市第一助役、宇都宮市長、福井市長。
 474  亀井茲常    島根県    津和野町Wikipedia
亀井 茲常(かめい これつね、明治17年(1884年)4月 - 昭和17年(1942年)5月2日)は、日本の宮内官僚。津和野藩亀井家第14代当主。爵位は伯爵。政治家亀井久興は孫。
 475  竹下虎之助    島根県    大田市Wikipedia
竹下 虎之助(たけした とらのすけ、1924年8月6日 - 2008年12月16日)は、日本の官僚・政治家。元広島県知事。島根県大田市出身[1]。
京都大学出身      島根県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 476  藤井秀人    島根県    Wikipedia
藤井 秀人(ふじい ひでと、1947年12月13日 - )は、日本の大蔵官僚。財務省主計局長、財務事務次官等を歴任。2007年退官。2008年より株式会社日本政策投資銀行代表取締役副社長。
京都大学出身      島根県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 477  椋木功    島根県    Wikipedia
椋木 功(むくのき いさお、1950年 - )は、日本の島根県出身の陸上自衛官、官僚。
 478  石川貞治    島根県    浜田市Wikipedia
石川 貞治(いしかわ さだはる、1864年 - 1932年)は、日本の教育者・文化人類学者・技師・実業家・官僚。
北海道大学出身      島根県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者
 479  福羽逸人    島根県    Wikipedia
福羽 逸人(ふくば はやと/いつせん、安政3年11月16日(1856年12月13日) - 大正10年(1921年)5月19日)は、日本の官僚、農学者、造園家、園芸家。位階・勲等は正三位勲一等[1]。爵位は子爵[1]。宮内省で長く宮廷園芸技師として活躍、小豆島のオリーブや「ふくばいちご」として知られるイチゴなど植物栽培、花弁果樹野菜等の品種改良など園芸分野で多く貢献をしたほか、新宿御苑をはじめとする宮内省管轄の庭園等の整備、武庫離宮(須磨離宮)の庭園設計、栗林公園北庭および日比谷公園西洋花壇の設計に当たった。
 480  西周    島根県    津和野町Wikipedia
西 周 (にし あまね、文政12年2月3日(1829年3月7日) - 明治30年(1897年)1月31日) は江戸時代後期から明治時代初期の幕臣、官僚、啓蒙思想家、教育者。貴族院議員、男爵、錦鶏間祗候。西 周助ともいう。勲一等瑞宝章(1897年)。
 481  森鴎外    島根県    津和野町Wikipedia
森 鷗外(もり おうがい、1862年2月17日(文久2年1月19日) - 1922年(大正11年)7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。
東京大学出身      島根県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


岡山県
 482  箕作麟祥    岡山県    美作国津山※生まれは東京都Wikipedia
箕作 麟祥(みつくり りんしょう / あきよし、1846年9月19日(弘化3年7月29日) - 1897年(明治30年)11月29日)は明治時代の日本の洋学者、法学者、官僚。男爵、法学博士。
 483  津田真道    岡山県    美作国津山Wikipedia
津田 真道(つだ まみち、文政12年6月25日(1829年7月25日) - 明治36年(1903年)9月3日)は、日本の武士(幕臣)、官僚、政治家、啓蒙学者。福澤諭吉、森有礼、西周、中村正直、加藤弘之、西村茂樹らと明六社を結成。岡山県出身。
 484  平沼騏一郎    岡山県    津山城下南新座(現津山市)Wikipedia
平沼 騏一郎(ひらぬま きいちろう、慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は法学博士。号は機外。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 485  岡田忠彦    岡山県    Wikipedia
岡田 忠彦(おかだ ただひこ、1878年3月21日 - 1958年10月30日)は、日本の官僚・政治家、衆議院議員(8期)。第35代衆議院議長。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 486  片山善博    岡山県    赤磐郡瀬戸町(現・岡山市)Wikipedia
片山 善博(かたやま よしひろ、1951年(昭和26年)7月29日 - )は、日本の政治家、元自治官僚。慶應義塾大学教授。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 487  片山虎之助    岡山県    小田郡金浦町(現笠岡市)Wikipedia
片山 虎之助(かたやま とらのすけ、1935年(昭和10年)8月2日 - )は、日本の政治家、自治官僚。おおさか維新の会所属の参議院議員(4期)、おおさか維新の会共同代表・国会議員団代表、日本消防協会最高顧問、日本防火協会会長。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1935年8月2日生まれ      8月2日生まれの人      岡山県出身の1935年生まれ      世界の1935年生まれの人
 488  橋本龍伍    岡山県    東京都Wikipedia
橋本 龍伍(はしもと りょうご、1906年(明治39年)6月2日 - 1962年(昭和37年)11月21日)は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員(6期)。位階勲等は正三位勲一等瑞宝章。称号は法学士。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1906年6月2日生まれ      6月2日生まれの人      岡山県出身の1906年生まれ      世界の1906年生まれの人
 489  小松原英太郎    岡山県    御野郡青江村(現・岡山市)Wikipedia
小松原 英太郎(こまつばら えいたろう、嘉永5年2月16日(1852年3月6日) - 大正8年(1919年)12月26日)は、戦前の官僚・政治家。錦鶏間祗候、枢密顧問官、埼玉県知事、静岡県知事、長崎県知事、司法次官、内務次官、文部大臣、農商務大臣、貴族院勅選議員、東洋協会会長、皇典講究所長、大阪毎日新聞社社長、日華学会長、斯文会会長、國學院大學学長、内務省警保局長等、ベルリン公使館駐在を歴任。 拓殖大学第2代総長。
慶應義塾大学出身      岡山県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 490  安井誠一郎    岡山県    御津郡伊島村(現岡山市北区津島)Wikipedia
安井 誠一郎(やすい せいいちろう、1891年(明治24年)3月11日 - 1962年(昭和37年)1月19日)は、日本の内務・厚生官僚、政治家。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 491  長野士郎    岡山県    総社市Wikipedia
長野 士郎(ながの しろう、1917年10月2日 - 2006年12月5日)は、日本の内務・自治官僚、政治家。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 492  片山善博    岡山県    赤磐郡瀬戸町(現・岡山市)Wikipedia
片山 善博(かたやま よしひろ、1951年(昭和26年)7月29日 - )は、日本の政治家、元自治官僚。慶應義塾大学教授。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 493  鶴見祐輔    岡山県    川上郡布賀村(現・高梁市)Wikipedia
鶴見 祐輔(つるみ ゆうすけ、1885年1月3日 - 1973年11月1日)は、日本の官僚・政治家・著述家。衆議院議員総選挙第16、19、20、21回当選。参議院議員選挙第3回当選。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 494  江田憲司    岡山県    岡山市Wikipedia
江田 憲司(えだ けんじ、1956年4月28日 - )は、日本の政治家、通産官僚。民進党所属の衆議院議員(5期)、同代表代行。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 495  熊代昭彦    岡山県    Wikipedia
熊代 昭彦(くましろ あきひこ、1940年2月21日 ‐ )は、日本の政治家、厚生官僚。岡山市議会議員(2期)。市民の党「自由と責任」代表、岡山維新の会幹事長。 元自由民主党衆議院議員(4期、小渕派→橋本派)。内閣府副大臣・内閣総理大臣補佐官(第1次小泉内閣・第1次小泉第1次改造内閣)を歴任した。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1940年2月21日生まれ      2月21日生まれの人      岡山県出身の1940年生まれ      世界の1940年生まれの人
 496  黒住忠行    岡山県    Wikipedia
黒住 忠行(くろずみ ただゆき、1919年 - 1988年)は日本の官僚、政治家。運輸省自動車局長、参議院議員、通商産業政務次官等を歴任した。正四位勲二等瑞宝章。
一橋大学出身      岡山県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 497  北村隆    岡山県    Wikipedia
北村 隆(きたむら たかし、1902年(明治35年)4月19日 - 1982年(昭和57年)8月4日)は、日本の官僚。
東京大学出身      岡山県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 498  小長啓一    岡山県    Wikipedia
小長 啓一(こなが けいいち、1930年12月12日 - )は、日本の官僚、弁護士。元通商産業事務次官。AOCホールディングス会長、同台経済懇話会代表幹事。
岡山大学出身      岡山県出身の岡山大学の出身者      全国の岡山大学の出身者
 499  赤澤璋一    岡山県    Wikipedia
赤澤 璋一(あかざわ しょういち、1919年11月25日 - 2002年9月29日)は、日本の元官僚。日本貿易振興会(ジェトロ)第6代理事長。戦後初の国産旅客機YS-11の生みの親と言われる。1969年通商産業省重工業局長を退官後、1973年富士通入社、同社専務、1976年同社副社長、1981年同社副会長を歴任。1989年同社を退任。1983年9月~1989年12月の期間に日本貿易振興会(ジェトロ)理事長を務める。学位は法学士[法 1][1]。称号は米国コロラド州名誉州民[2]。


広島県
 500  野村文夫    広島県     広島藩Wikipedia
野村文夫(のむら ふみお、天保7年4月5日(1836年5月19日) - 明治24年(1891年)10月27日)は、幕末の広島藩の武士、のち明治政府の官僚、のちジャーナリスト、自由民権活動家。戯画入り風刺雑誌『団団珍聞』・『驥尾団子』を発行した。幼名虎吉、通称文夫・文機。1842年から1872年まで、村田家の養子でいた。号に雨荘・簾雨・秋野人。
 501  池田勇人    広島県    Wikipedia
池田 勇人(いけだ はやと、1899年(明治32年)12月3日 - 1965年(昭和40年)8月13日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。
京都大学出身      広島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
1899年12月3日生まれ      12月3日生まれの人      広島県出身の1899年生まれ      世界の1899年生まれの人
 502  宮澤喜一    広島県    Wikipedia
宮澤 喜一(みやざわ きいち、1919年(大正8年)10月8日 - 2007年(平成19年)6月28日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1919年10月8日生まれ      10月8日生まれの人      広島県出身の1919年生まれ      世界の1919年生まれの人
 503  灘尾弘吉    広島県    Wikipedia
灘尾 弘吉(なだお ひろきち、1899年(明治32年)12月21日 - 1994年(平成6年)1月22日)は、昭和時代の日本の内務・厚生官僚、政治家。衆議院議長(60・61代)、文部大臣(74・75・77・82・83・90代)、厚生大臣(41代)を歴任。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1899年12月21日生まれ      12月21日生まれの人      広島県出身の1899年生まれ      世界の1899年生まれの人
 504  亀井静香    広島県     庄原市Wikipedia
亀井 靜香(かめい しずか、1936年11月1日 - )は、日本の警察官僚、政治家。階級は警視正(警察庁退官時)。衆議院議員(13期)。通常は新字体で亀井静香と表記。 運輸大臣(第69代)、建設大臣(第64代)、自由民主党政務調査会長(第43代)、国民新党代表(第2代)、内閣府特命担当大臣(金融担当)などを歴任。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1936年11月1日生まれ      11月1日生まれの人      広島県出身の1936年生まれ      世界の1936年生まれの人
 505  宮澤洋一    広島県     福山市Wikipedia
宮澤 洋一(みやざわ よういち、1950年(昭和25年)4月21日 - )は、日本の政治家、元大蔵官僚。自由民主党所属の参議院議員(1期)、自民党税制調査会長(第35代)。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 506  平田竹男    広島県     広島市Wikipedia
平田 竹男(ひらた たけお、1960年1月16日 - )は、広島県生まれ、大阪府育ちの元通産官僚、元日本サッカー協会専務理事(ジェネラルセクレタリー)、名誉副会長。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授。内閣官房参与、内閣官房2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室室長[1]、東京都参与[2]。日本陸上競技連盟監事、日本スポーツ産業学会理事長、東京マラソン財団理事、日本プロテニス協会常務理事[3]を務める。
横浜国立大学出身      広島県出身の横浜国立大学の出身者      全国の横浜国立大学の出身者
 507  城内実    広島県    Wikipedia
城内 実(きうち みのる、1965年(昭和40年)4月19日 - )は、日本の政治家、元外務官僚。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、星槎大学客員教授[2]。元外務大臣政務官(第2次安倍内閣)、前外務副大臣(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1965年4月19日生まれ      4月19日生まれの人      広島県出身の1965年生まれ      世界の1965年生まれの人
 508  松井一實    広島県    広島市Wikipedia
松井 一實[2](まつい かずみ、1953年(昭和28年)1月8日 - )は、日本の政治家、厚生労働官僚。広島県広島市長(2期)。
 509  清水聖士    広島県    Wikipedia
清水 聖士(しみず きよし、1960年(昭和35年)11月26日 - )は、日本の政治家、外務官僚。千葉県鎌ケ谷市長(4期)。
 510  河野俊嗣    広島県    Wikipedia
河野 俊嗣(こうの しゅんじ、1964年9月8日 - )は、日本の自治・総務官僚、政治家。宮崎県知事(公選第18代)。2007年2月より2010年10月まで宮崎県副知事を務めた。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 511  湯崎英彦    広島県    Wikipedia
湯﨑 英彦(湯崎 英彦、ゆざき ひでひこ、1965年10月4日 - )は、日本の通産官僚、実業家、経営コンサルタント、政治家。第7代広島県知事、アッカ・ネットワークス創業者。広島県広島市佐伯区出身。
 512  中村是公    広島県     広島市Wikipedia
中村 是公(なかむら よしこと、通称: なかむら ぜこう、1867年12月20日(慶応3年11月25日) - 1927年(昭和2年)3月1日)は、日本の官僚・実業家・政治家である。南満州鉄道株式会社(満鉄)総裁、鉄道院総裁、東京市長、貴族院議員などを歴任した。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 513  川崎卓吉    広島県     呉市Wikipedia
川崎 卓吉(かわさき たくきち、明治4年1月18日(1871年3月8日) - 昭和11年(1936年)3月27日)は、日本の官僚、政治家。広島県賀茂郡広村(現・呉市広町)生まれ。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 514  粟屋仙吉    広島県    Wikipedia
粟屋 仙吉(あわや せんきち、1893年(明治26年)11月7日 - 1945年(昭和20年)8月6日)は、日本の内務官僚、政治家。ゴーストップ事件時の大阪府警察部長、広島市への原子爆弾投下時の広島市長として知られる。東京府士族[1]。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 515  賀屋興宣    広島県     広島市Wikipedia
賀屋 興宣(かや おきのり、1889年(明治22年)1月30日 - 1977年(昭和52年)4月28日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1889年1月30日生まれ      1月30日生まれの人      広島県出身の1889年生まれ      世界の1889年生まれの人
 516  岩沢忠恭    広島県     広島市Wikipedia
岩沢 忠恭(いわさわ ただやす、1891年6月7日 - 1965年12月18日)は、日本の内務・建設官僚、初代建設事務次官[1]。教育者(日本大学教授[2])。政治家、自由民主党所属の参議院議員(3期)。従三位勲二等。
京都大学出身      広島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 517  谷川昇    広島県     賀茂郡志和村Wikipedia
谷川 昇(たにかわ のぼる、1896年5月27日 - 1955年2月28日)は、日本の内務官僚、元政治家(衆議院議員)。広島カープの「カープ」名付け親。正五位勲四等受章。
 518  重政誠之    広島県     福山市旧深安郡神辺町Wikipedia
重政 誠之(しげまさ せいし、1897年3月20日 - 1981年6月3日)は、日本の農商務官僚、政治家(衆議院議員)。従三位勲二等旭日重光章。参議院副議長を務めた重政庸徳は兄で、安倍源基は親戚。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 519  高橋等    広島県     福山市Wikipedia
高橋 等(たかはし ひとし、1903年3月20日 - 1965年8月10日)は、日本の逓信官僚、政治家。法務大臣。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 520  宮澤弘    広島県     福山市Wikipedia
宮澤 弘(みやざわ ひろし、1921年(大正10年)9月22日 - 2012年(平成24年)5月26日)は、日本の内務・自治官僚、政治家。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1921年9月22日生まれ      9月22日生まれの人      広島県出身の1921年生まれ      世界の1921年生まれの人
 521  池田行彦    広島県     竹原市Wikipedia
池田 行彦(いけだ ゆきひこ、1937年5月13日 - 2004年1月28日)は、日本の政治家、大蔵官僚。位階は正三位。勲等は旭日大綬章。旧姓は粟根。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 522  高橋琢也    広島県     安芸郡牛田村Wikipedia
高橋 琢也(たかはし たくや、弘化4年12月17日(1848年1月22日) - 昭和10年(1935年)1月20日)は、日本の官僚。貴族院議員[1]。沖縄県知事(第6代)。東京医科大学創立者[2]。広島県平民[3]。
東京医科大学出身      広島県出身の東京医科大学の出身者      全国の東京医科大学の出身者
 523  鹿島房次郎    広島県     比婆郡庄原村Wikipedia
鹿島 房次郎(かじま ふさじろう、1869年[1]10月25日 - 1932年7月29日[2])は、広島県比婆郡庄原村(現・庄原市)出身の実業家、政治家。神戸市会議員を経て第4代神戸市長(在任:1910年2月28日[3] - 1920年[4])。 自治体官僚主導による都市経営手法の源流を創った人物の一人とされ[5]、その人格[† 1]および手腕は、歴代神戸市長中の白眉と称される[6]。 旧姓・田部[7]。広島県出身[1]。
一橋大学出身      広島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 524  佐上信一    広島県    Wikipedia
佐上 信一(さがみ しんいち、1882年 - 1943年)は、日本の内務官僚。岡山県知事、長崎県知事、京都府知事、北海道庁長官などの要職を歴任した。
 525  石黒英彦    広島県    Wikipedia
石黒 英彦(いしぐろ ひでひこ、1884年12月20日 - 1945年6月21日)は、日本の文部・朝鮮総督府・台湾総督府官僚。
 526  三好重夫    広島県    Wikipedia
三好 重夫(みよし しげお、1898年(明治31年)3月9日 - 1982年(昭和57年)1月19日)は、日本の内務官僚。官選府県知事。
 527  横山和夫    広島県     比婆郡東城町Wikipedia
横山 和夫(よこやま かずお、1914年10月2日 - 1999年5月13日)は、日本の官僚、政治家。横須賀市長(1973年 - 1993年、5期20年)。
広島大学出身      広島県出身の広島大学の出身者      全国の広島大学の出身者
 528  友納武人    広島県     広島市Wikipedia
友納 武人(とものう たけと、1914年9月12日 - 1999年11月15日)は、昭和期の厚生官僚、政治家。元千葉県知事、衆議院議員。広島県広島市出身。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 529  松井旭    広島県    Wikipedia
松井 旭(まつい あさひ、1927年11月24日 - 2012年2月21日)は、日本の官僚、政治家。第18代~23代千葉市長(在任期間 1977年 - 2001年(六期))。北海道旭川市生まれ、広島県広島市育ち。
中央大学出身      広島県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 530  太田房江    広島県    呉市Wikipedia
太田 房江(おおた ふさえ、1951年6月26日 - )は、日本の政治家、実業家、タレント、元通商官僚。自由民主党所属の参議院議員(1期)。戸籍名は齊藤 房江(さいとう ふさえ)、「太田」は旧姓である。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1951年6月26日生まれ      6月26日生まれの人      広島県出身の1951年生まれ      世界の1951年生まれの人
 531  栗栖弘臣    広島県     呉市Wikipedia
栗栖 弘臣(くりす ひろおみ、1920年(大正9年)2月27日 - 2004年(平成16年)7月19日)は、日本の内務省官僚、海軍軍人及び陸上自衛官。第12代陸上幕僚長、第10代統合幕僚会議議長。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 532  江木高遠    広島県     備後国Wikipedia
江木高遠(えぎたかとお、1849年(嘉永2年)12月22日 - 1880年(明治13年)6月6日)は、文明開化期の学者、啓蒙家、外務官僚。養子に入り、『高戸賞士』を名乗った時期があった。
慶應義塾大学出身      広島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 533  松井茂    広島県     広島市Wikipedia
松井 茂(まつい しげる、1866年11月4日(慶応2年9月27日) - 1945年(昭和20年)9月9日)は、日本の内務官僚、政治家。
 534  河内源一郎    広島県     福山市Wikipedia
河内 源一郎(かわち げんいちろう、1883年4月30日 - 1948年3月31日)は、日本の官僚、科学者、実業家。 「河内菌」の発見により焼酎の品質を飛躍的に向上させた近代焼酎の父。広島県深津郡吉津村(現・福山市吉津町)生まれ。
 535  丸山鶴吉    広島県     福山市Wikipedia
丸山 鶴吉(まるやま つるきち、1883年9月27日 - 1956年6月3日)は、内務・警察官僚、政治家、教育者。警視総監、宮城県知事、武蔵野美術学校校長。広島県沼隈郡松永村(現・福山市松永町)生まれ。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 536  挟間茂    広島県     福山市Wikipedia
挟間 茂(はざま しげる、1893年3月24日 - 1987年12月3日)は、日本の内務官僚、内務次官。 日本住宅公団総裁。広島県福山市出身。旧姓・三谷。「梜間茂」表記の文献もあり[1]。戸籍上は旧字体の挾間。
 537  藤井崇治    広島県     廿日市市旧佐伯郡吉和村Wikipedia
藤井 崇治(ふじい そうじ、1894年7月1日 - 1975年3月18日)は、大正、昭和期の逓信官僚。元電源開発総裁。広島県深安郡山野村(現福山市山野町)出身。
 538  小野吉郎    広島県     広島市Wikipedia
小野 吉郎(おの きちろう、1902年1月2日 - 2006年4月)は、昭和期の逓信官僚。元郵政事務次官、日本放送協会(NHK)第11代会長。広島県広島市出身。
九州大学出身      広島県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 539  島居辰次郎    広島県    Wikipedia
島居 辰次郎(しますえ たつじろう、1905年9月12日 - 1997年10月4日)は、日本の逓信官僚。海上保安官、海上保安庁長官。広島県尾道市出身。
 540  河野一之    広島県    豊田郡忠海町Wikipedia
河野 一之(こうの かずゆき、1907年8月2日 - 2006年6月20日)は、日本の大蔵官僚、実業家。元大蔵事務次官。元太陽銀行頭取、太陽神戸銀行会長、三井住友銀行名誉顧問。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 541  高橋浩之    広島県    高田郡川根村Wikipedia
高橋 浩之(たかはし ひろゆき、1908年3月2日 - 1962年1月23日)は、日本の農林省官僚、農林技官。コシヒカリ生みの親。 
九州大学出身      広島県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 542  安田巌    広島県     広島市Wikipedia
安田 巌(やすだ いわお、1910年3月31日 -1996年8月24日)は、広島県広島市出身の官僚、教育者。厚生事務次官、医療金融公庫総裁、安田学園理事長を歴任した。
 543  小松勇五郎    広島県    Wikipedia
小松 勇五郎(こまつ ゆうごろう、1920年9月18日 - )は、広島県出身の通産官僚。元通商産業事務次官。元神戸製鋼会長。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 544  木田宏    広島県    Wikipedia
木田 宏(きだ ひろし、1922年(大正11年)2月22日 - 2005年(平成17年)6月27日)は、日本の官僚。元文部事務次官。教育評論家。妻は元文部事務次官・日高第四郎の娘。出生・出身は広島県とするものと和歌山県とするものがある[1]。
京都大学出身      広島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 545  田中敬    広島県     広島市Wikipedia
田中 敬(たなか たかし、1923年9月7日 - )は、日本の大蔵官僚。大蔵事務次官。
 546  井内慶次郎    広島県    Wikipedia
井内 慶次郎(いない けいじろう、1924年(大正13年) - 2007年(平成19年)12月25日)は、日本の官僚。元文部事務次官。正四位勲二等旭日重光章。広島県出身。
 547  正木馨    広島県    Wikipedia
正木 馨(まさき かおる、1930年8月4日 - )は、日本の元厚生官僚。元社会保険庁長官。広島県出身。
 548  下村健    広島県     広島市Wikipedia
下村 健(しもむら たけし、1930年8月20日 - 2006年4月29日)は、日本の厚生官僚。元社会保険庁長官。広島県広島市中区吉島出身。愛称は「シモケン」[1]。
 549  吉村仁    広島県     東広島市Wikipedia
吉村 仁(よしむら ひとし、1930年9月27日-1986年10月23日)は、日本の厚生官僚。公的健康保険制度の大改革を実現させた厚生省事務次官。広島県賀茂郡西条町(現・東広島市西条岡町)出身。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 550  保田博    広島県    呉市Wikipedia
保田 博(やすだ ひろし、1932年5月14日 - )は、日本の大蔵官僚。元大蔵事務次官。初代国際協力銀行総裁。
 551  岡光序治    広島県     呉市Wikipedia
岡光 序治(おかみつ のぶはる、1939年2月1日 - )は、日本の官僚。厚生事務次官を経て、収賄罪で懲役 。出所後、ウィーティービーフーズ株式会社を設立し、同社社長や会長を務める。
 552  木曽功    広島県    尾道市Wikipedia
木曽 功(きそ いさお、1952年2月11日 - )は、日本の元文部官僚、第2次安倍内閣内閣官房参与[1]。文化庁文化財部長、文部科学省国際統括官、ユネスコ政府代表部特命全権大使などを歴任。2016年より千葉科学大学学長に就任する。
1952年2月11日生まれ      2月11日生まれの人      広島県出身の1952年生まれ      世界の1952年生まれの人
 553  住田正二    広島県     呉市出生地は兵庫県Wikipedia
住田 正二(すみた しょうじ、1922年(大正11年)5月26日 - )は、日本の官僚、実業家。運輸事務次官やJR東日本社長を務めた。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


山口県
 554  田中稲城    山口県    Wikipedia
田中 稲城(たなか いなぎ、安政3年1月6日(1856年2月11日) - 大正14年(1925年)2月22日)は、官僚、図書館学者で、日本の国立図書館であった帝国図書館の初代館長。
 555  秦郁彦    山口県    Wikipedia
秦 郁彦(はた いくひこ、1932年(昭和7年)12月12日 - )は、日本の官僚、歴史学者、現代史家。元日本大学法学部教授。法学博士(東京大学、1974年)。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1932年12月12日生まれ      12月12日生まれの人      山口県出身の1932年生まれ      世界の1932年生まれの人
 556  佐藤栄作    山口県    熊毛郡田布施町Wikipedia
佐藤 栄作(さとう えいさく、旧字体:榮作、1901年(明治34年)3月27日 - 1975年(昭和50年)6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。内閣官房長官(第4代)、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。ノーベル賞受賞者。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1901年3月27日生まれ      3月27日生まれの人      山口県出身の1901年生まれ      世界の1901年生まれの人
 557  岸信介    山口県    熊毛郡田布施町(出生地は山口市)Wikipedia
岸 信介(きし のぶすけ、1896年〈明治29年〉11月13日 - 1987年〈昭和62年〉8月7日)は、日本の政治家、官僚。旧姓佐藤(さとう)。満州国総務庁次長、商工大臣(第24代)、衆議院議員(9期)、自由民主党幹事長(初代)、外務大臣(第86・87代)、内閣総理大臣(第56・57代)などを歴任し、「昭和の妖怪」と呼ばれた。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1896年11月13日生まれ      11月13日生まれの人      山口県出身の1896年生まれ      世界の1896年生まれの人
 558  佐藤榮作    山口県    熊毛郡田布施町Wikipedia
佐藤 栄作(さとう えいさく、旧字体:榮作、1901年(明治34年)3月27日 - 1975年(昭和50年)6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。
 559  安倍源基    山口県    熊毛郡平生町Wikipedia
安倍 源基(あべ げんき、明治27年(1894年)2月14日 - 平成元年(1989年)10月6日)は、日本の内務官僚、政治家、弁護士。警視庁特別高等警察部長、警視総監、内務大臣を歴任した。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1894年2月14日生まれ      2月14日生まれの人      山口県出身の1894年生まれ      世界の1894年生まれの人
 560  吉武恵市    山口県    Wikipedia
吉武 恵市(よしたけ えいち、1903年2月25日 – 1988年2月3日)は、昭和期の政治家・官僚。労働大臣・厚生大臣・自治大臣。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 561  大泉博子    山口県    Wikipedia
大泉 博子(おおいずみ ひろこ、1950年1月20日 ‐ )は、日本の政治家、厚生官僚。無所属(元民主党)の前衆議院議員(1期)。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 562  平岡秀夫    山口県    岩国市Wikipedia
平岡 秀夫(ひらおか ひでお、1954年1月14日 - )は、日本の大蔵官僚、弁護士、政治家。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 563  藤田忠夫    山口県    Wikipedia
藤田 忠夫(ふじた ただお、1939年〈昭和14年〉12月27日 - )は、日本の元政治家・元官僚。前山口県宇部市長。
東京大学出身      山口県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 564  飯田俊徳    山口県    Wikipedia
飯田 俊徳(いいだ としのり、1847年8月5日(弘化4年6月25日) - 1923年(大正12年)8月27日)は、日本の鉄道の父といわれる井上勝らと共に、日本の鉄道敷設に努めた明治時代の官僚、技術者である。山口県萩市出身。元長州藩士。
 565  井上勝    山口県    Wikipedia
井上 勝(いのうえ まさる、天保14年8月1日(1843年8月25日) - 明治43年(1910年)8月2日)は、日本の幕末から明治にかけて活躍した武士(長州藩士)、官僚。正二位勲一等子爵。幼名は卯八(うのはち)、通称は弥吉(やきち)。鉄道発展に寄与し、日本の鉄道の父と呼ばれる。長州五傑の1人。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン卒業。
1843年8月25日生まれ      8月25日生まれの人      山口県出身の1843年生まれ      世界の1843年生まれの人
 566  遠藤謹助    山口県    Wikipedia
遠藤 謹助(えんどう きんすけ、天保7年2月15日(1836年3月31日) - 明治26年(1893年)9月13日)は、明治時代の長州藩出身の官僚で長州五傑の一人。
 567  山尾庸三    山口県    Wikipedia
山尾 庸三(やまお ようぞう、天保8年10月8日(1837年11月5日) - 大正6年(1917年)12月21日)は、幕末から大正時代の長州藩士、官僚。子爵。長州藩重臣で寄組繁沢氏の給領地庄屋[1]であった山尾忠治郎の二男。周防国吉敷郡二島村(現・山口県山口市秋穂二島)出身。木戸幸一(太平洋戦争時の昭和天皇側近)の外祖父としても知られる。
 568  渡辺千秋    山口県    長門市Wikipedia
渡辺 千秋(渡邉 千秋、わたなべ ちあき、1843年6月17日(天保14年5月20日) - 1921年(大正10年)8月27日)は、幕末の諏訪藩士、明治・大正期の官僚・政治家。位階・勲等・爵位は、正二位勲一等伯爵[1][2]。


徳島県
 569  厚木進    徳島県    Wikipedia
厚木 進(あつき すすむ、1953年6月29日 - )は、日本の財務官僚。財務省関東財務局長、経済産業省貿易経済協力局長を経て、日本郵政代表執行役副社長。
一橋大学出身      徳島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 570  後藤田正晴    徳島県    吉野川市Wikipedia
後藤田 正晴(ごとうだ まさはる、1914年8月9日 - 2005年9月19日)は、日本の内務・警察・防衛・自治官僚、政治家。
東京大学出身      徳島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


香川県
 571  大平正芳    香川県    Wikipedia
大平 正芳(おおひら まさよし、1910年(明治43年)3月12日 - 1980年(昭和55年)6月12日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。
一橋大学出身      香川県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
1910年3月12日生まれ      3月12日生まれの人      香川県出身の1910年生まれ      世界の1910年生まれの人
 572  津島壽一    香川県    Wikipedia
津島 壽一(つしま じゅいち、新字体:寿一、1888年(明治21年)1月1日 - 1967年(昭和42年)2月7日)は、日本の官僚、政治家。正三位勲一等旭日大綬章。
 573  大野功統    香川県    Wikipedia
大野 功統(おおの よしのり、1935年(昭和10年)10月16日 - )は、日本の政治家、大蔵官僚。
東京大学出身      香川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 574  小川淳也    香川県    Wikipedia
小川 淳也(おがわ じゅんや、1971年4月18日 - )は、日本の政治家、自治・総務官僚。民進党所属の衆議院議員(4期)、民進党香川県連代表。元総務大臣政務官(鳩山由紀夫内閣・菅内閣)。
東京大学出身      香川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 575  玉木雄一郎    香川県    Wikipedia
玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう、1969年5月1日 - )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。民進党所属の衆議院議員(3期)、民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長を歴任。
 576  浜田恵造    香川県    Wikipedia
浜田 恵造(はまだ けいぞう、1952年1月10日 - )は、日本の大蔵・財務官僚、政治家。香川県知事(2期)。
 577  大西秀人    香川県    Wikipedia
大西 秀人(おおにし ひでと、1959年8月23日 ‐ )は、日本の政治家、総務官僚。香川県丸亀市の旧綾歌郡飯山町出身。香川県高松市第16代市長。2007年の初当選時も、2011年の再選時も無投票で当選した[1]が、2015年の3期目にして初の市長選では得票率83.1%の圧勝で当選した[2][3]。
東京大学出身      香川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 578  砂川敏文    香川県    Wikipedia
砂川 敏文(すながわ としふみ、1948年 - )は、日本の政治家・元官僚。香川県大川郡志度町(現・さぬき市)出身。1970年帯広畜産大学畜産学部卒。北海道帯広市長(1998年-2010年)。
帯広畜産大学出身      香川県出身の帯広畜産大学の出身者      全国の帯広畜産大学の出身者
 579  根津利三郎    香川県    Wikipedia
根津 利三郎(ねづ りさぶろう、1948年1月4日 - )は、香川県出身の元通産官僚。
東京大学出身      香川県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 580  宮脇梅吉    香川県    Wikipedia
宮脇 梅吉(みやわき うめきち、明治16年(1883年)9月12日 - 昭和16年(1941年))は、日本の内務官僚。官選県知事。
 581  阪本和道    香川県    Wikipedia
阪本 和道(さかもと かずみち)は日本の官僚。内閣府賞勲局長、大臣官房長を経て、内閣府審議官。
一橋大学出身      香川県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 582  安西愈    香川県    Wikipedia
安西 愈(あんざい まさる、1938年 - )は、日本の弁護士・元官僚。安西・外井法律事務所所長。東京地方最低賃金審議会会長。元・中央大学教授。香川県出身。特に労働法・社会保障法が専門。中央大学通信教育課程出身の生え抜き法曹の一人
中央大学出身      香川県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 583  大庭哲夫    香川県    Wikipedia
大庭 哲夫(おおば てつお、1903年12月2日 - 1979年3月17日)は、日本の官僚、実業家。バスケットボールの選手、指導者としても活躍した。


愛媛県
 584  塩崎潤    愛媛県    Wikipedia
塩崎 潤(しおざき じゅん、1917年5月31日 - 2011年5月27日[1])は、日本の政治家、衆議院議員、大蔵官僚、翻訳家。長男は衆議院議員の塩崎恭久。長女は法学者の山根裕子。次女は外交官の角崎利夫夫人でアジア防災センター主任研究員の角崎悦子[2]。
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1917年5月31日生まれ      5月31日生まれの人      愛媛県出身の1917年生まれ      世界の1917年生まれの人
 585  勝田主計    愛媛県    Wikipedia
勝田 主計(しょうだ かずえ、明治2年旧暦9月15日(1869年10月19日)- 昭和23年(1948年)10月10日)は日本の大蔵官僚、政治家。同郷の俳人・正岡子規や海軍軍人・秋山真之の友人だった[1]。
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 586  檜垣徳太郎    愛媛県    Wikipedia
檜垣 徳太郎(ひがき とくたろう、1916年10月31日 - 2006年10月15日)は、日本の農林官僚・政治家。自由民主党参議院議員(3期)。
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1916年10月31日生まれ      10月31日生まれの人      愛媛県出身の1916年生まれ      世界の1916年生まれの人
 587  增原惠吉    愛媛県    Wikipedia
増原 惠吉(ますはら けいきち、明治36年(1903年)1月13日 - 昭和60年(1985年)10月11日)は、日本の内務・防衛官僚、政治家。香川県知事、参議院議員(自民党)[1]、行政管理庁長官、北海道開発庁長官、防衛庁長官を歴任した。
 588  十河信二    愛媛県    Wikipedia
十河 信二(そごう しんじ、1884年4月14日 - 1981年10月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。愛媛県西条市市長、第4代日本国有鉄道(国鉄)総裁(在任1955年 - 1963年)。「新幹線の父」と呼ばれた。西条市名誉市民第一号。
1884年4月14日生まれ      4月14日生まれの人      愛媛県出身の1884年生まれ      世界の1884年生まれの人
 589  樋口建史    愛媛県    Wikipedia
樋口 建史(ひぐち たてし、1953年 - )は、日本の警察官僚。第89代警視総監を経て、駐ミャンマー特命全権大使。
 590  渡辺修    愛媛県    Wikipedia
渡辺 修(わたなべ おさむ、1940年12月6日 - )は、日本の官僚。元通商産業事務次官。元日本貿易振興機構理事長。2007年6月25日付で石油資源開発副社長、2008年6月25日付で社長になった。同様に棚橋祐治も社長から会長になった。ニックネームはナベシュウ。
東京大学出身      愛媛県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 591  清水一郎    愛媛県    Wikipedia
清水 一郎(しみず いちろう、1967年11月7日 - )は、日本の実業家、国土交通官僚。愛媛県松山市出身。第16代伊予鉄道株式会社代表取締役社長。伊予鉄グループ代表。


高知県
 592  濱口雄幸    高知県    高知市Wikipedia
濱口 雄幸[注釈 1](はまぐち おさち、1870年5月1日(明治3年4月1日) - 1931年(昭和6年)8月26日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。号は空谷。
東京大学出身      高知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 593  今村和郎    高知県    Wikipedia
今村 和郎(いまむら わろう、1846年10月22日(弘化3年9月3日) - 1891年(明治24年)5月4日)は、明治期の官僚、政治家。貴族院勅選議員。官位は正四位勲五等。
 594  尾﨑正直    高知県    Wikipedia
尾﨑 正直(尾崎 正直、おざき まさなお、1967年9月14日 - )は、日本の大蔵・財務官僚、政治家。高知県知事(民選第17・18・19代)。身長177cm、体重75kg[1]。
 595  谷川寛三    高知県    Wikipedia
谷川 寛三(たにがわ かんぞう、1920年6月24日 - 2015年11月30日)は、日本の官僚、政治家。元自由民主党参議院議員・衆議院議員。元科学技術庁長官。
東京大学出身      高知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 596  桃井直美    高知県    Wikipedia
桃井 直美(ももい なおみ、1896年(明治29年)7月10日 - 1966年(昭和41年)1月9日[1])は日本の政治家、内務官僚。官選岐阜県知事、公選高知県知事。旧姓・公文。
 597  田中光顕    高知県    Wikipedia
田中 光顕(たなか みつあき、1843年11月16日(天保14年閏9月25日) - 1939年(昭和14年)3月28日)は、日本の武士・土佐藩家老深尾氏家臣、官僚、政治家。栄典は従一位勲一等伯爵。初名は浜田辰弥。通称を顕助、号は青山。フリーカメラマンの田中光常は孫。
学習院大学出身      高知県出身の学習院大学の出身者      全国の学習院大学の出身者
 598  竹内功    高知県    Wikipedia
竹内 功(たけうち いさお、1951年12月18日 - )は、日本の政治家、建設・国土交通官僚。鳥取県鳥取市長(3期)。
東京大学出身      高知県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


福岡県
 599  小川洋    福岡県    Wikipedia
小川 洋(おがわ ひろし、1949年5月17日 - )は、福岡県知事(2期)。日本の通産・経産官僚、政治家。特許庁長官、知的財産戦略推進事務局長、内閣広報官を歴任した。
京都大学出身      福岡県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 600  山本幸三    福岡県    行橋市Wikipedia
山本 幸三(やまもと こうぞう、1948年8月8日 - )は、日本の政治家、大蔵官僚。自由民主党所属の衆議院議員(7期)。
 601  泉信也    福岡県    うきは市Wikipedia
泉 信也(いずみ しんや、1937年(昭和12年)8月1日 ‐ )は、日本の運輸官僚、政治家。勲等は旭日大綬章。
九州大学出身      福岡県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
1937年8月1日生まれ      8月1日生まれの人      福岡県出身の1937年生まれ      世界の1937年生まれの人
 602  金子堅太郎    福岡県    早良郡鳥飼村(現福岡市)Wikipedia
金子 堅太郎[1](かねこ けんたろう、嘉永6年2月4日(1853年3月13日) - 1942年(昭和17年)5月16日)は、明治期の官僚・政治家。司法大臣、農商務大臣、枢密顧問官を歴任し栄典は従一位大勲位伯爵。
 603  寺脇研    福岡県    Wikipedia
寺脇 研(てらわき けん、1952年7月13日 - )は元文部省官僚。映画評論家。京都造形芸術大学芸術学部マンガ学科教授。官僚時代にはゆとり教育の広報を担った。福岡県福岡市出身。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 604  剱木亨弘    福岡県    田川郡大任町Wikipedia
劔木 亨弘(けんのき としひろ、1901年9月3日 - 1992年11月29日)は、日本の政治家、文部官僚。参議院議員、文部大臣。1977年勲一等旭日大綬章受章。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 605  山崎達之輔    福岡県    大川市Wikipedia
山崎 達之輔(やまざき たつのすけ、1880年(明治13年)6月19日 - 1948年(昭和23年)3月15日)は、日本の官僚、政治家。1924年(大正13年)以来衆議院総選挙で連続7回当選した。
京都大学出身      福岡県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
1880年6月19日生まれ      6月19日生まれの人      福岡県出身の1880年生まれ      世界の1880年生まれの人
 606  山崎巌    福岡県    大川市Wikipedia
山崎 巌(やまざき いわお、1894年(明治27年)9月16日 - 1968年(昭和43年)6月26日)は、日本の内務官僚、政治家。警保局長、警視総監、内務次官、内務大臣、自治大臣兼国家公安委員会委員長を歴任した。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 607  亀井光    福岡県    Wikipedia
亀井 光(かめい ひかる、明治42年(1909年)1月1日 - 昭和61年(1986年)9月26日)は、日本の内務・労働官僚、政治家。参議院議員(自由民主党)、福岡県知事(第6代-第9代)を務めた。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 608  永野若松    福岡県    Wikipedia
永野 若松(ながの わかまつ、1898年(明治31年)5月7日 - 1977年(昭和52年))は、日本の内務官僚。福井県知事などを歴任し、特に原爆被災時の(官選)長崎県知事として知られる。
1898年5月7日生まれ      5月7日生まれの人      福岡県出身の1898年生まれ      世界の1898年生まれの人
 609  桑原敬一    福岡県    太宰府市Wikipedia
桑原 敬一(くわはら けいいち、1922年9月28日 - 2004年1月9日)は、日本の政治家、官僚。福岡市長(第29-31代)、労働事務次官を務めた。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 610  谷伍平    福岡県    直方市Wikipedia
谷 伍平(たに ごへい、1916年10月1日 - 2007年6月20日)は、日本の政治家、官僚。元北九州市長(1967年~1987年)で、福岡県直方市出身。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 611  末吉興一    福岡県    北九州市Wikipedia
末吉 興一(すえよし こういち、1934年(昭和9年)9月20日 - )は、日本の元政治家・官僚である。財務省参与。国土庁土地局長、北九州市長、外務省参与、内閣官房参与を歴任した。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 612  伊藤哲朗    福岡県    八女市Wikipedia
伊藤 哲朗(いとう てつろう、1948年10月 - )は、日本の官僚。第12代内閣危機管理監、第85代警視総監を歴任。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 613  金沢博範    福岡県    北九州市Wikipedia
金沢 博範(かなざわ ひろのり、1950年(昭和25年)[1] - )は、福岡県出身の防衛官僚。第29代防衛事務次官。第2代防衛省装備施設本部長。
 614  黒田東彦    福岡県    Wikipedia
黒田 東彦(くろだ はるひこ、1944年(昭和19年)10月25日 - )は、日本の銀行家、元財務官僚。第31代日本銀行総裁。財務官を最後に退官し、一橋大学大学院教授、アジア開発銀行総裁を経て現職。財務省内での愛称は「クロトン」である[1]。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 615  佐藤達夫    福岡県    Wikipedia
佐藤 達夫(さとう たつお、1904年5月1日 - 1974年9月12日)は、日本の法制官僚。法制局長官、人事院総裁。
 616  高石邦男    福岡県    Wikipedia
高石 邦男(たかいし くにお、1930年3月3日 - )は日本の文部官僚。
九州大学出身      福岡県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
1930年3月3日生まれ      3月3日生まれの人      福岡県出身の1930年生まれ      世界の1930年生まれの人
 617  藤原和人    福岡県    Wikipedia
藤原 和人(ふじわら かずひと 1938年(昭和13年)1月8日 - 2009年(平成21年)10月12日 )は、日本の大蔵官僚、銀行家。十八銀行頭取、国土事務次官(旧・国土庁)。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 618  桜井龍子    福岡県    大牟田市Wikipedia
桜井 龍子(さくらい りゅうこ、1947年1月16日 - )は日本の最高裁判所判事。元労働省官僚。福岡県大牟田市出身。
九州大学出身      福岡県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 619  高橋久子    福岡県    北九州市Wikipedia
高橋 久子(たかはし ひさこ、1927年9月21日 - 2013年12月21日)は、福岡県北九州市出身の労働省官僚。最高裁判所判事。2000年4月29日、勲一等瑞宝章受章。
 620  久保田勇夫    福岡県    福岡市Wikipedia
久保田 勇夫(くぼた いさお、1942年(昭和17年)12月6日- )は、日本の官僚、銀行家、西日本シティ銀行代表取締役会長。
東京大学出身      福岡県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


佐賀県
 621  大串博志    佐賀県    Wikipedia
大串 博志(おおぐし ひろし、1965年8月31日 ‐ )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。民進党所属の衆議院議員(4期)、元民主党佐賀県連代表。
東京大学出身      佐賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 622  陣内孝雄    佐賀県    Wikipedia
陣内 孝雄(じんのうち たかお、1933年8月24日 - )は、日本の政治家・官僚。元参議院議員(4期)。佐賀県神埼郡神埼町(現神埼市)出身。佐賀県立佐賀高等学校(現・佐賀県立佐賀西高等学校)、京都大学工学部土木工学科卒。同大学院修了。
京都大学出身      佐賀県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 623  本野盛亨    佐賀県    Wikipedia
本野 盛亨(もとの もりみち、1836年9月25日(天保7年8月15日) - 1909年(明治42年)12月10日)は、日本の官僚、実業家、読売新聞創業者。旧姓は八田。
 624  古川康    佐賀県    Wikipedia
古川 康(ふるかわ やすし、1958年(昭和33年)7月15日 - )は、日本の政治家、自治・総務官僚。自由民主党所属の衆議院議員(1期)。元佐賀県知事(第55・56・57代)。
東京大学出身      佐賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1958年7月15日生まれ      7月15日生まれの人      佐賀県出身の1958年生まれ      世界の1958年生まれの人
 625  池田直    佐賀県    Wikipedia
池田 直(いけだ すなお、1901年11月19日 - 1985年7月13日)は、日本の政治家・官僚。佐賀県知事を5期20年務めた。
東京大学出身      佐賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 626  貝原俊民    佐賀県    Wikipedia
貝原 俊民(かいはら としたみ、1933年8月24日 - 2014年11月13日)は、日本の元官僚、元政治家(第5代兵庫県知事、在任:1986年11月24日 - 2001年7月31日、4期)。2007年4月29日、旭日大綬章受章。
東京大学出身      佐賀県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 627  木下敏之    佐賀県    Wikipedia
木下 敏之(きのした としゆき、1960年2月12日 - )は、日本の政治家、農林水産官僚。福岡大学経済学部産業経済学科教授。元佐賀県佐賀市長(2期)。
 628  古川貞二郎    佐賀県    Wikipedia
古川 貞二郎(ふるかわ ていじろう、1934年9月11日 - )は、日本の厚生官僚。社会福祉法人恩賜財団母子愛育会理事長。
佐賀大学出身      佐賀県出身の佐賀大学の出身者      全国の佐賀大学の出身者


長崎県
 629  久間章生    長崎県    Wikipedia
久間 章生(きゅうま ふみお、1940年12月4日 - )は、日本の元政治家、元農林官僚。
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 630  東良信    長崎県    Wikipedia
東 良信(ひがし よしのぶ、1948年(昭和23年)4月16日 - )は、日本の官僚。元内閣府審議官。駐ルーマニア大使。長崎県諫早市出身。2009年現在、次期長崎県知事選挙への立候補が取り沙汰されている。
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 631  古賀茂明    長崎県    Wikipedia
古賀 茂明(こが しげあき、1955年(昭和30年)8月26日 - )は、日本の元通産(経産)官僚である。マクロ経済、産業政策に精通。エコノミスト。
東京大学出身      長崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 632  杉亨二    長崎県    Wikipedia
杉 亨二(すぎ こうじ、文政11年8月2日(1828年9月10日) - 1917年(大正6年)12月4日)は、日本の統計学者、官僚、啓蒙思想家、法学博士。「日本近代統計の祖」と称される。初名純道。
 633  長與專齋    長崎県    Wikipedia
長與 專齋(ながよせんさい、天保9年8月28日(1838年10月16日) - 明治35年(1902年)9月8日)は日本の医師、医学者、官僚。号は松香。姓は藤原、名は秉継。


熊本県
 634  井上毅    熊本県    Wikipedia
井上 毅(いのうえ こわし、天保14年12月18日(1844年2月6日) - 明治28年(1895年)3月15日)は、日本の武士、官僚、政治家である。子爵。法制局長官、文部大臣などを歴任する。同時代の政治家・井上馨とは血縁関係は無い。
 635  井上政信    熊本県    Wikipedia
井上 政信(いのうえ まさのぶ、明治22年(1889年)12月 - 昭和4年(1929年)4月24日)は、日本の内務官僚。熊本県士族[1]。兵庫県警察部長[2]。元宮崎銀行頭取井上信一の父[3]。妻清子は元鉄道大臣小川平吉長女[2]。弟井上春成は元工業技術庁長官[2]。
 636  岩崎八男    熊本県    天草市Wikipedia
岩崎 八男(いわさき はちお、1933年5月7日 - )は通産官僚。中小企業庁長官や、新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長を歴任した。2007年に旭日重光章。
一橋大学出身      熊本県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 637  菊川滋    熊本県    菊池市Wikipedia
菊川 滋(きくかわ しげる)は、日本の官僚。国土交通省で大臣官房審議官、関東地方整備局長、技監を歴任した。熊本県菊池市出身。熊本県立菊池高等学校[1]、京都大学工学部卒業[2]。
 638  佐方信博    熊本県    Wikipedia
佐方 信博(さかた のぶひろ、1914年 - 2008年9月25日)は、熊本県出身の郵政官僚。元富士重工業副社長。
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 639  中島鉄平    熊本県    上益城郡Wikipedia
中島鉄平(なかじま てっぺい、1884年1月1日 - 1936年11月1日)は、熊本県上益城郡大山町出身の大正・昭和期の大蔵官僚。
 640  福田幸弘    熊本県    人吉市Wikipedia
福田 幸弘(ふくだ ゆきひろ、1924年12月3日-1988年12月23日)は、日本の政治家。大蔵官僚。参議院議員(1期)。位階は正四位。勲等は勲二等。著書に『カナダ経済の旅』、『連合艦隊 - サイパン・レイテ海戦記』があり、後者は秦郁彦から「第一級の史書」[1][2]という評価を受けた。
 641  安場保和    熊本県    Wikipedia
安場 保和(やすば やすかず、天保6年4月17日(1835年5月14日) - 明治32年(1899年)5月23日は、近代日本草創期の男性官僚・政治家。明治維新に功があり、華族に列して男爵となる。
 642  吉村博人    熊本県    Wikipedia
吉村 博人(よしむら ひろと、1948年(昭和23年)11月[1] - )は、日本の警察官僚。第21代警察庁長官。熊本県出身[1]。
 643  赤星典太    熊本県    肥後国熊本城下手取本町(現・熊本市中央区)Wikipedia
赤星 典太(あかほし[1] / あかぼし[2] てんた、1868年10月22日(慶応4年9月7日)[2] - 1958年(昭和33年)6月13日[1])は、日本の内務官僚、実業家。官選県知事、錦鶏間祗候。
 644  岩田衛    熊本県    Wikipedia
岩田 衛(いわた まもる、1879年(明治12年)7月2日[1] - 1942年(昭和17年)6月9日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事、長岡市長。
 645  上田万平    熊本県    天草Wikipedia
上田 万平(うえだ まんぺい、1880年(明治13年)10月4日[1] - 1935年(昭和10年)7月8日[2])は、日本の内務官僚、実業家。官選県知事。
 646  大塚惟精    熊本県    Wikipedia
大塚 惟精(おおつか いせい、1884年(明治17年)12月11日 - 1945年(昭和20年)8月6日)は、日本の内務官僚、政治家。貴族院議員[1]。熊本県士族[1]。
 647  緒方惟一郎    熊本県    Wikipedia
緒方 惟一郎(おがた ゆいいちろう[1]、1874年(明治7年)5月18日[1] - 1951年(昭和26年)10月21日[2])は、日本の内務・警察官僚。官選青森県知事、警視庁消防部長。
 648  鹿子木小五郎    熊本県    肥後国熊本城下中職人町(現熊本市中央区)Wikipedia
鹿子木 小五郎(かのこぎ こごろう、1867年3月30日(慶応3年2月25日)- 1922年(大正11年)4月1日)は、日本の官僚、裁判官、政治家。県知事、貴族院議員。
 649  神山閏次    熊本県    Wikipedia
神山 閏次(かみやま じゅんじ、1870年11月7日(明治3年10月14日)[1] - 1943年(昭和18年)3月8日[2])は、日本の内務・農商務官僚。官選群馬県知事、錦鶏間祗候。
 650  亀井英三郎    熊本県    Wikipedia
亀井 英三郎(かめい えいざぶろう、1864年4月29日(元治元年3月24日) - 1913年(大正2年)2月26日)は、日本の法制・内務官僚、政治家。貴族院議員。肥後国(現熊本県)出身。
 651  久保田畯    熊本県    Wikipedia
久保田 畯(くぼた たおさ、1897年(明治30年)8月4日[1] - 1991年(平成3年)5月27日[2])は、日本の内務・警察官僚、弁護士。官選福井県知事、陸軍司政長官。
 652  木下広次    熊本県    肥後国飽田郡坪井Wikipedia
木下廣次(きのした ひろじ、1851年2月25日(嘉永4年1月25日) - 1910年(明治43年)8月22日)は、明治時代の教育行政家(文部官僚)・教育者。
 653  黒瀬弘志    熊本県    Wikipedia
黒瀬 弘志(くろせ ひろし、明治16年(1883年)1月7日[1][2] - 昭和18年(1943年)11月10日[3])は、日本の警察官僚、政治家。第26代山梨県知事、第7代神戸市長(在任:1925年8月17日[4][5] - 1933年[1])。熊本県出身[1]。
 654  高橋守雄    熊本県    Wikipedia
高橋 守雄(たかはし もりお、1883年(明治16年)1月1日[1] - 1957年(昭和32年)5月6日[2])は、日本の内務官僚である。
 655  服部直彰    熊本県    Wikipedia
服部 直彰(はっとり なおあき、1899年(明治32年)9月[1] - 1949年(昭和24年)10月17日[2])は、日本の内務・警察官僚。官選高知県知事、陸軍司政長官、中国地方副総監。
 656  馬場一衛    熊本県    熊本市Wikipedia
馬場 一衛(ばば かずえ、1881年(明治14年)12月2日[1] - 1944年(昭和19年)3月30日[2])は、日本の内務・警察官僚。官選青森県知事、門司市長。
 657  林市蔵    熊本県    Wikipedia
林 市蔵(はやし いちぞう、1867年12月23日(慶応3年11月28日) - 1952年(昭和27年)2月17日)は、日本の内務官僚、銀行家。府県知事、日本信託銀行頭取。
 658  松前重義    熊本県    嘉島町Wikipedia
松前 重義(まつまえ しげよし、1901年(明治34年)10月24日 - 1991年(平成3年)8月25日)は、日本の官僚・政治家・科学者・教育者・工学博士。東海大学創立者。日本社会党衆議院議員。内村鑑三に師事した。日ソ交流を進めた。世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)会長。クリスチャン[1]。
東北大学出身      熊本県出身の東北大学の出身者      全国の東北大学の出身者
1901年10月24日生まれ      10月24日生まれの人      熊本県出身の1901年生まれ      世界の1901年生まれの人
 659  稗方弘毅    熊本県    海東村(現・宇城市小川町)Wikipedia
稗方 弘毅(ひえかた こうき、1887年(明治20年)9月20日 - 1973年(昭和48年)3月8日)は、日本の内務官僚、教育者。官選秋田県知事。
 660  平井三男    熊本県    熊本市四軒町(現・中央区水道町)Wikipedia
平井 三男(ひらい みつお、1884年(明治17年)1月26日 - 1945年(昭和20年)3月24日[1])は、日本の朝鮮総督府・内務官僚。民政党系官選県知事。
 661  福田虎亀    熊本県    玉名市Wikipedia
福田 虎亀(ふくだ とらかめ[1] / とらき、1884年(明治17年)7月27日 - 1970年(昭和45年)2月15日[1])は、日本の内務官僚、政治家。熊本市長、官選山梨県知事、衆議院議員。俳句を嗜み「石馬」と号した[1]。
 662  藤島正健    熊本県    熊本市Wikipedia
藤島 正健(ふじしま まさたけ、1845年(弘化2年3月)- 1904年(明治37年)10月15日)は、日本の大蔵官僚。官選県知事。
 663  藤村紫朗    熊本県    Wikipedia
藤村 紫朗(ふじむら しろう、1845年4月7日(弘化2年3月1日)- 1908年(明治41年)1月4日[1])は、日本の官僚、政治家。山梨県令、山梨県知事、愛媛県知事。貴族院勅選議員、男爵。
 664  古荘嘉門    熊本県    Wikipedia
古荘 嘉門(ふるしょう かもん、1840年12月25日〈天保11年12月2日〉[1] - 1915年〈大正4年〉5月11日[2])は、幕末の熊本藩士、明治から大正期の内務官僚・政治家。群馬県知事(官選第6代・第8代)、三重県知事(官選第11代)、衆議院議員(5期)、貴族院勅選議員。幼名・鶴喜[1]。
 665  丸山重俊    熊本県    肥後国熊本城下高田原(現・熊本市中央区)Wikipedia
丸山 重俊(まるやま しげとし、1856年1月2日(安政2年11月25日)[1] - 1911年(明治44年)5月22日[2])は、幕末の熊本藩士、明治期の検察官・警察官僚。官選島根県知事。旧名・一平[3]。
 666  三島誠也    熊本県    Wikipedia
三島 誠也(みしま まさや[1] / せいや[2]、1894年(明治27年)1月[1] - 1962年(昭和37年)6月1日[3])は、日本の内務・警察官僚。官選県知事。旧姓・大槻。
 667  宮川房之    熊本県    Wikipedia
宮川 房之(みやがわ ふさゆき)は、日本の明治時代初期の官僚。官選第四代の長崎県知事(正確には、初代権知事(明治4年1月7日~明治4年11月14日)、初代権令(明治4年11月14日~明治5年8月2日)、初代県令(明治5年8月2日~明治9年5月15日))である。
 668  村上義雄    熊本県    Wikipedia
村上 義雄(むらかみ よしお、旧姓:平塚、1845年6月18日(弘化2年5月14日) - 1919年(大正8年)6月12日)は、日本の内務官僚。肥後国(現熊本県)出身。
 669  渡辺広    熊本県    Wikipedia
渡辺 広(わたなべ ひろし、1896年 - 1967年)は、日本の内務官僚。最後の官選神奈川県知事。
 670  徳富一敬    熊本県    肥後国葦北郡水俣郷(現・水俣市)Wikipedia
徳富 一敬(とくとみ かずたか[1]、いっけい[2]、文政5年9月24日(1822年11月7日)- 大正3年(1914年)5月26日)は、幕末から明治にかけての日本の儒学者(朱子学者)、官僚、教育者[2]。徳富蘇峰、徳富蘆花の父[2]。淇水(きすい)と号した[3]。
 671  大麻唯男    熊本県    玉名市(出生地は東京都)Wikipedia
大麻 唯男(おおあさ ただお、1889年(明治22年)7月7日 – 1957年(昭和32年)2月20日)は、日本の内務官僚、政治家。
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 672  木村仁    熊本県    熊本市Wikipedia
木村 仁(きむら ひとし、1934年6月24日 - )は、日本の政治家、官僚。元参議院議員(2期)。元消防庁長官(第19代)。元自治大学校校長。防災情報機構顧問[2]。
 673  清浦奎吾    熊本県    Wikipedia
清浦 奎吾(きようら けいご、1850年3月27日(嘉永3年2月14日) - 1942年(昭和17年)11月5日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。爵位は伯爵。幼名は普寂(ふじゃく)。旧姓は大久保(おおくぼ)。
 674  高田浩運    熊本県    Wikipedia
高田 浩運(たかた こううん、1914年2月4日 - 1977年7月17日)は、熊本県出身の政治家、厚生官僚。位階は従三位。勲等は勲二等。
 675  林田正治    熊本県    城南町(現・熊本市)Wikipedia
林田 正治(はやしだ まさはる、1892年8月[1] - 1979年12月14日[2])は、日本の官僚、政治家。
 676  松岡利勝    熊本県    阿蘇郡阿蘇町(現・阿蘇市)Wikipedia
松岡 利勝(まつおか としかつ、1945年2月25日 - 2007年5月28日)は、日本の農水官僚、政治家。元衆議院議員(自由民主党)。
鳥取大学出身      熊本県出身の鳥取大学の出身者      全国の鳥取大学の出身者
1945年2月25日生まれ      2月25日生まれの人      熊本県出身の1945年生まれ      世界の1945年生まれの人
 677  三善信二    熊本県    嘉島町Wikipedia
三善 信二(みよし しんじ、1921年(大正10年)1月30日 - 1979年(昭和54年)3月7日)は、日本の官僚。元参議院議員。衆議院議員三善信房の次男。
東京大学出身      熊本県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 678  山田信道    熊本県    熊本市Wikipedia
山田 信道(やまだ のぶみち、天保4年11月3日(1833年12月13日) - 1900年(明治33年)3月11日)は、日本の官僚、政治家。旧熊本藩士。男爵。
 679  寺本広作    熊本県    宇土郡Wikipedia
寺本 広作(てらもと こうさく、1907年8月29日 - 1992年4月7日)は日本の政治家、官僚。熊本県知事や参議院議員を務めた。麻雀や酒に手を出さず、官僚らしい性格と言われた。


大分県
 680  礒崎陽輔    大分県    Wikipedia
礒崎 陽輔(いそざき ようすけ、1957年10月9日 - )は、日本の政治家、自治・総務官僚。自由民主党所属の参議院議員(2期)、参議院行政監視委員長。内閣総理大臣補佐官(第2次安倍内閣・第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣、国家安全保障担当)、参議院文教科学委員長などを歴任。
東京大学出身      大分県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 681  広瀬勝貞    大分県    Wikipedia
広瀬 勝貞(ひろせ かつさだ、1942年6月25日 - )は、日本の通産・経産官僚、政治家。大分県知事(民選第15・16・17・18代)。
東京大学出身      大分県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 682  島惟精    大分県    Wikipedia
島 惟精(しま いせい)1834年5月9日(天保5年4月1日) - 1886年(明治19年)5月11日)は、幕末の府内藩士、明治期の内務官僚、政治家。初代岩手県令、元老院議官。通称は唯蔵。
 683  田原隆    大分県    Wikipedia
田原 隆(たわら たかし、1925年9月8日 - 2012年9月9日)は、日本の官僚、政治家。法務大臣(第54代)、自由民主党衆議院議員(6期)を歴任した。
九州大学出身      大分県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 684  磯村豊太郎    大分県    Wikipedia
磯村 豊太郎(いそむら とよたろう、1868年12月20日(明治元年11月7日[1]) - 1939年(昭和14年)10月26日)は、明治期の官僚、実業家、貴族院議員。
慶應義塾大学出身      大分県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 685  漆間巌    大分県    Wikipedia
漆間 巌(うるま いわお、1945年4月19日 - )は、日本の警察官僚。警察庁長官、内閣官房副長官(事務担当)などを歴任した。「第二の後藤田」との異名を取った[1]。
東京大学出身      大分県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


宮崎県
 686  中山成彬    宮崎県    小林市Wikipedia
中山 成彬(なかやま なりあき、1943年(昭和18年)6月7日 - )は、日本の政治家、大蔵官僚。文部科学大臣(第5代・第6代)、国土交通大臣(第10代)、衆議院議員(7期)、次世代の党両院議員総会長兼代議士会長を歴任。
東京大学出身      宮崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1943年6月7日生まれ      6月7日生まれの人      宮崎県出身の1943年生まれ      世界の1943年生まれの人
 687  持永和見    宮崎県    Wikipedia
持永 和見(もちなが かずみ、1927年7月1日 - )は、日本の官僚・政治家。自由民主党宏池会所属の衆議院議員で5期務めた。宮崎県都城市出身。弟は元自治事務次官の持永堯民。息子は持永哲志。
東京大学出身      宮崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 688  上條勝久    宮崎県    Wikipedia
上條 勝久(かみじょう かつひさ、1910年(明治43年)8月29日 - 2011年(平成23年)12月27日)は、日本の内務官僚、建設官僚、政治家。参議院議員(2期)を務めた。
 689  松形祐堯    宮崎県    えびの市Wikipedia
松形 祐堯(まつかた すけたか、1918年2月26日 ‐ 2007年8月23日)は、日本の政治家、官僚。
九州大学出身      宮崎県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 690  柴田等    宮崎県    Wikipedia
柴田 等(しばた ひとし、1899年8月12日 - 1974年2月17日)は、昭和期の農林官僚[1]。戦後、千葉県知事となる[1]。宮崎県出身[1]。
京都大学出身      宮崎県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 691  池田宜永    宮崎県    都城市Wikipedia
池田 宜永(いけだ たかひさ、1971年4月7日 - )は、日本の政治家、元官僚。宮崎県都城市長(1期)。
九州大学出身      宮崎県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 692  長友貞藏    宮崎県    宮崎市(旧:住吉村)Wikipedia
長友 貞藏(ながとも ていぞう、1930年5月28日 - 1994年5月3日)は、日本の政治家、官僚。元宮崎市長。
 693  藤井真透    宮崎県    都城市Wikipedia
藤井 真透(ふじい ますき、1889年1月11日 - 1963年9月19日)は、日本の道路技術者、内務官僚、政治家。宮崎県都城市生まれ。
 694  藤井治芳    宮崎県    都城市(出生地は東京)Wikipedia
藤井 治芳(ふじい はるほ、1936年10月1日 - )は、日本の官僚。過去に、日本道路公団総裁・副総裁、建設事務次官、駐車場整備推進機構理事長を歴任。
東京大学出身      宮崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 695  森永貞一郎    宮崎県    小林市Wikipedia
森永 貞一郎(もりなが ていいちろう、1910年9月9日 - 1986年5月30日)は日本の大蔵官僚、銀行家。元大蔵事務次官、第23代日本銀行総裁。
東京大学出身      宮崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 696  矢野朝水    宮崎県    Wikipedia
矢野 朝水(やの ともみ、1945年(昭和20年)11月 - )は、日本の官僚。元厚生省年金局長。日本コープ共済生活協同組合連合会理事長。宮崎県出身。
京都大学出身      宮崎県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 697  黒木幾雄    宮崎県    日向市Wikipedia
黒木 幾雄(くろき いくお、1950年(昭和25年) - )は、日本の農林官僚。元北陸農政局長。宮崎県日向市出身。
東京大学出身      宮崎県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 698  多田健一郎    宮崎県    日南市Wikipedia
多田 健一郎(ただ けんいちろう、1962年11月17日 - )は、日本の官僚。北海道副知事。
 699  中村正則    宮崎県    Wikipedia
中村正則(なかむら まさのり 1948年10月29日 - )は、日本の官僚。宮崎県出身
中央大学出身      宮崎県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 700  曽小川久貴    宮崎県    Wikipedia
曽小川 久貴(そおかわ ひさたか、1947年(昭和22年) - )は、日本の建設官僚。元国土交通省都市・地域整備局下水道部長。
東京工業大学出身      宮崎県出身の東京工業大学の出身者      全国の東京工業大学の出身者


鹿児島県
 701  床次竹二郎    鹿児島県    鹿児島市Wikipedia
床次 竹二郎(とこなみ たけじろう、慶応2年12月1日(1867年1月6日) - 昭和10年(1935年)9月8日)は、日本の官僚、政治家、衆議院議員、内務大臣、鉄道大臣、逓信大臣、政友本党総裁。鹿児島県士族[1]。「床次竹次郎」[注 1]は誤りである。
 702  川路利良    鹿児島県    鹿児島市Wikipedia
川路 利良(かわじ としよし、天保5年5月11日(1834年6月17日) - 明治12年(1879年)10月13日)は、日本の幕末から明治初期の薩摩藩士、警察官僚、陸軍軍人。階級は大警視、陸軍少将。位階は正五位。勲等は勲二等。
 703  迫水久常    鹿児島県    鹿児島市(出生地東京都)Wikipedia
迫水 久常(さこみず ひさつね、1902年(明治35年)8月5日 - 1977年(昭和52年)7月25日)は、日本の大蔵官僚、弁護士[1]、政治家。位階は正三位。勲等は勲一等。 いわゆる「玉音放送」を起草した人物の一人として知られる。 内閣書記官長(第51代)、総合計画局長官、貴族院議員、衆議院議員(2期)、参議院議員(4期)、経済企画庁長官(第9・10代)、郵政大臣(第17代)、鹿児島工業短期大学学長(初代)などを歴任した。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1902年8月5日生まれ      8月5日生まれの人      鹿児島県出身の1902年生まれ      世界の1902年生まれの人
 704  大浦兼武    鹿児島県    Wikipedia
大浦 兼武(おおうら かねたけ、嘉永3年5月6日(1850年6月15日) - 大正7年(1918年)9月30日)は、幕末の薩摩藩士、明治の警察官僚、政治家。
 705  寺脇研    鹿児島県    福岡県生まれ、鹿児島市育ちWikipedia
寺脇 研(てらわき けん、1952年7月13日 - )は元文部省官僚。映画評論家。京都造形芸術大学芸術学部マンガ学科教授。官僚時代にはゆとり教育の広報を担った。福岡県福岡市出身。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 706  川路利良    鹿児島県    Wikipedia
川路 利良(かわじ としよし、天保5年5月11日(1834年6月17日) - 明治12年(1879年)10月13日)は、日本の幕末から明治初期の薩摩藩士、警察官僚、陸軍軍人。階級は大警視、陸軍少将。位階は正五位。勲等は勲二等。
 707  大迫貞清    鹿児島県    Wikipedia
大迫 貞清(おおさこ さだきよ、1825年6月22日(文政8年5月7日) - 1896年4月27日)は、幕末の薩摩藩士、明治の官僚・政治家。元老院議官、貴族院議員、子爵。
 708  三島通庸    鹿児島県    Wikipedia
三島 通庸(みしま みちつね、1835年6月26日(天保6年6月1日) - 1888年(明治21年)10月23日)は、日本の武士(薩摩藩士)、明治時代の内務官僚。栄典は正三位勲二等子爵。通称は弥兵衛。
 709  園田安賢    鹿児島県    Wikipedia
園田 安賢(そのだ やすかた、1850年10月6日(嘉永3年9月1日) - 1924年8月7日)は、幕末の薩摩藩士、明治から大正期の内務・警察官僚・政治家・実業家。貴族院議員、宮中顧問官、男爵。
 710  大浦兼武    鹿児島県    Wikipedia
大浦 兼武(おおうら かねたけ、嘉永3年5月6日(1850年6月15日) - 大正7年(1918年)9月30日)は、幕末の薩摩藩士、明治の警察官僚、政治家。
 711  安楽兼道    鹿児島県    Wikipedia
安楽 兼道(あんらく かねみち、1851年1月13日(嘉永3年12月12日) - 1932年4月12日)は、明治から大正期の警察官僚、政治家。県知事、貴族院議員、警視総監、錦鶏間祗候。
 712  安立綱之    鹿児島県    Wikipedia
安立 綱之(あだち つなゆき、1859年12月8日(安政6年11月15日) - 1938年(昭和13年)12月2日)は、日本の警察官僚、政治家。警視総監、貴族院議員。旧名・国分彦七、迫田彦七、安立彦七。1889年6月、綱之と改名。
 713  川上親晴    鹿児島県    Wikipedia
川上 親晴(かわかみ ちかはる、1855年7月6日(安政2年5月23日) - 1944年(昭和19年)5月12日)は、日本の警察・内務官僚、政治家。県知事、京都市長、警視総監、貴族院議員。
 714  池田清    鹿児島県    Wikipedia
池田 清(いけだ きよし、1885年2月15日 - 1966年1月13日)は、日本の内務官僚、政治家。貴族院議員、衆議院議員、海軍司政長官。
 715  下稲葉耕吉    鹿児島県    Wikipedia
下稲葉 耕吉(しもいなば こうきち、1926年4月29日 - 2014年2月17日)は、日本の警察官僚、政治家。法務大臣(第64代)、警視総監(第73代)、自由民主党参議院議員(2期)を歴任。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 716  有馬元治    鹿児島県    薩摩川内市Wikipedia
有馬 元治(ありま もとはる、1920年1月1日 - 2006年12月15日)は、日本の官僚、政治家。元自由民主党衆議院議員。鹿児島県川内市(現薩摩川内市)出身。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 717  橋口隆    鹿児島県    Wikipedia
橋口 隆(はしぐち たかし、1913年10月1日 - 2005年2月21日)は、日本の政治家、商工・通産官僚。自由民主党所属の衆議院議員(当選6回)。
 718  松下忠洋    鹿児島県    薩摩川内市Wikipedia
松下 忠洋(まつした ただひろ、1939年(昭和14年)2月9日 - 2012年(平成24年)9月10日)は、日本の建設官僚、政治家。
京都大学出身      鹿児島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者
 719  内田政風    鹿児島県    Wikipedia
内田 政風(うちだ まさかぜ、1815年12月31日(文化12年12月2日) - 1893年(明治26年)10月18日)は、日本の武士(薩摩藩)、官僚。通称は仲之助。
 720  大迫貞清    鹿児島県    Wikipedia
大迫 貞清(おおさこ さだきよ、1825年6月22日(文政8年5月7日) - 1896年4月27日)は、幕末の薩摩藩士、明治の官僚・政治家。元老院議官、貴族院議員、子爵。
 721  樺山資雄    鹿児島県    Wikipedia
樺山 資雄(かばやま すけお、1839年5月27日(天保10年4月15日) - 1899年(明治32年)11月16日)は、幕末の薩摩藩士、明治期の官僚。官選県知事。旧姓・春山。
 722  税所篤    鹿児島県    Wikipedia
税所 篤(さいしょ あつし、文政10年11月5日(1827年12月22日)- 明治43年(1910年)6月21日)は、日本の武士(薩摩藩士)、官僚。子爵。内国事務権判事、西日本各地の県知事・県令、元老院議官、宮中顧問官、枢密顧問官等を歴任した。通称は喜三左衛門、容八、長蔵。号は巌舎、鵬北。初名は篤満、後に篤信とも名乗った。旧幕時代は王事に奔走し、一時は西郷隆盛、大久保利通と共に薩南の三傑と並び称された薩摩閥の重鎮である。
 723  調所広丈    鹿児島県    Wikipedia
調所 広丈(ちょうしょ ひろたけ、1840年5月2日(天保11年4月1日)- 1911年(明治44年)12月30日)は、幕末の薩摩藩士、明治期の官僚・政治家。官選県知事、元老院議官、貴族院議員、錦鶏間祗候、男爵。姓の元の読み「ずしょ」を「ちょうしょ」に変更した。
 724  時任為基    鹿児島県    Wikipedia
時任 為基(ときとう ためもと、天保13年5月(1842年) - 明治38年(1905年)9月1日)は、日本の内務官僚、政治家。府県知事、元老院議官、貴族院議員。通称・静吉[1]。
 725  三島通庸    鹿児島県    Wikipedia
三島 通庸(みしま みちつね、1835年6月26日(天保6年6月1日) - 1888年(明治21年)10月23日)は、日本の武士(薩摩藩士)、明治時代の内務官僚。栄典は正三位勲二等子爵。通称は弥兵衛。
 726  安立利綱    鹿児島県    Wikipedia
安立 利綱(あだち としつな、天保3年(1832年) - 1892年(明治25年)9月30日)は、幕末の薩摩藩士、明治期の警察官僚。福井県知事。旧姓・迫田。
 727  安楽兼道    鹿児島県    Wikipedia
安楽 兼道(あんらく かねみち、1851年1月13日(嘉永3年12月12日) - 1932年4月12日)は、明治から大正期の警察官僚、政治家。県知事、貴族院議員、警視総監、錦鶏間祗候。
 728  池田清    鹿児島県    Wikipedia
池田 清(いけだ きよし、1885年2月15日 - 1966年1月13日)は、日本の内務官僚、政治家。貴族院議員、衆議院議員、海軍司政長官。
 729  池田清志    鹿児島県    Wikipedia
池田 清志(いけだ きよし、1900年(明治33年)9月15日 - 1991年(平成3年)7月29日[1])は、日本の内務・警察官僚、政治家、弁護士。衆議院議員、最後の官選栃木県知事。
 730  池松時和    鹿児島県    Wikipedia
池松 時和(いけまつ ときかず、1873年8月 - 1953年4月17日)は、日本の内務官僚。政友会系官選府県知事。
 731  岩山敬義    鹿児島県    Wikipedia
岩山 敬義(いわやま たかよし、天保10年10月(1839年)[1] - 明治25年(1892年)1月13日)は、日本の官僚。宮崎県知事、石川県知事、駒場農学校初代校長、下総御料牧場の初代場長、農務局長を歴任。正四位・勲三等。日本農政、特に牧羊の貢献者。薩摩藩家老岩山八郎太の子。姉糸子(いと)が西郷隆盛に嫁いでおり、隆盛にとっては義理の弟にあたる。著書に『西洋農学法教養』。幼名岩山壮太郎、壮八郎[1]。通称・直樹[1]。
 732  大浦兼武    鹿児島県    Wikipedia
大浦 兼武(おおうら かねたけ、嘉永3年5月6日(1850年6月15日) - 大正7年(1918年)9月30日)は、幕末の薩摩藩士、明治の警察官僚、政治家。
 733  大久保利武    鹿児島県    Wikipedia
大久保 利武(おおくぼ としたけ、慶応元年4月13日(1865年5月7日) - 昭和18年(1943年)7月13日)は、明治時代の内務官僚・貴族院議員。位階勲等爵位は正二位勲一等侯爵。
 734  大山綱昌    鹿児島県    Wikipedia
大山 綱昌(おおやま つなまさ、1853年12月24日(嘉永6年11月24日) - 1934年(昭和9年)10月18日[1])は、日本の官僚、政治家、警察官、陸軍軍人。貴族院議員、錦鶏間祗候。4県の知事を務めた。幼名・勘助[1]。
 735  押川則吉    鹿児島県    Wikipedia
押川 則吉(おしかわ のりきち、1863年2月7日(文久2年12月19日) - 1918年(大正7年)2月18日)は、日本の農商務・内務官僚、政治家。官選県知事、製鉄所長官、貴族院議員。幼名・千代太郎。
 736  柏田盛文    鹿児島県    Wikipedia
柏田 盛文(かしわだ もりふみ、1851年4月23日(嘉永4年3月22日) - 1910年(明治43年)6月20日)は、明治期の政治家、官僚、ジャーナリスト。衆議院議員、文部次官、旧制第四高等学校校長、千葉県知事、茨城県知事、新潟県知事。
慶應義塾大学出身      鹿児島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 737  川上親晴    鹿児島県    Wikipedia
川上 親晴(かわかみ ちかはる、1855年7月6日(安政2年5月23日) - 1944年(昭和19年)5月12日)は、日本の警察・内務官僚、政治家。県知事、京都市長、警視総監、貴族院議員。
 738  川越壮介    鹿児島県    Wikipedia
川越 壮介(かわごえ そうすけ、1876年(明治9年)2月6日 - 1954年(昭和29年)3月10日)は、日本の内務官僚。鹿児島県出身。
 739  河島醇    鹿児島県    Wikipedia
河島 醇(かわしま あつし / じゅん、弘化4年3月6日(1847年4月20日) - 明治44年(1911年)4月28日)は、幕末から明治時代に活躍した武士(薩摩藩士)、官僚、政治家。衆議院議員、貴族院議員。幼名・新之丞。
 740  川路利恭    鹿児島県    Wikipedia
川路 利恭(かわじ としあつ / としやす、1856年5月31日(安政3年4月28日)- 1925年(大正14年)1月12日)は、日本の内務官僚。県知事。旧姓、五代。
 741  久米成夫    鹿児島県    Wikipedia
久米 成夫(くめ なりお、1882年(明治15年)12月1日 - 1954年(昭和29年)9月29日[1])は、日本の内務官僚。政友会系官選県知事、鹿児島市長。
 742  小牧昌業    鹿児島県    Wikipedia
小牧 昌業(こまき まさなり、天保14年9月12日(1843年10月5日) - 大正11年(1922年)10月25日)は、日本の漢学者、官僚、貴族院議員。
 743  佐藤暢    鹿児島県    Wikipedia
佐藤 暢(さとう ちょう / しん、1851年1月(嘉永3年12月)- 1910年(明治43年)9月7日)は、日本の内務官僚、実業家。官選栃木県知事。
 744  白男川譲介    鹿児島県    Wikipedia
白男川 譲介(しろおかわ[1] / しろおがわ[2] じょうすけ、1880年(明治13年)1月[3] - 1951年(昭和26年)[1])は、日本の内務・警察官僚、実業家。官選県知事、鹿児島市長。旧姓・池田。
 745  菅井誠美    鹿児島県    Wikipedia
菅井 誠美(すがい まさみ、1849年3月16日(嘉永2年2月22日)[1] - 1931年(昭和6年)3月18日[2])は、幕末の薩摩藩士、明治期の内務・警察官僚。官選県知事。旧姓・佐藤。
 746  平敏孝    鹿児島県    Wikipedia
平 敏孝(たいら としたか、1893年(明治26年)9月[1] - 没年不詳)は、日本の内務・警察官僚。官選県知事。
 747  高崎五六    鹿児島県    Wikipedia
高崎 五六(たかさき ごろく / いつむ、1836年4月4日(天保7年2月19日) - 1896年(明治29年)5月6日)は、江戸時代末期の薩摩藩士、明治時代の官僚、錦鶏間祗候。爵位は男爵。仮名を猪太郎または兵部と名乗り、のち諱を友愛。高崎正風は従兄弟にあたる。
 748  高崎親章    鹿児島県    Wikipedia
高崎 親章(たかさき ちかあき、1853年(嘉永6年) - 1920年(大正9年)12月27日)は、日本の江戸~大正時代の武士(鹿児島藩士)・警察官(警察官僚)・政治家。貴族院議員。幼名は半十郎。名前は「しんしょう」とも読まれる(有職読み)。高崎親廣の長男。鹿児島県出身。男性。
 749  寺原長輝    鹿児島県    Wikipedia
寺原 長輝(てらはら おさてる / ながてる、1855年3月2日(安政2年1月14日)- 1912年(大正元年)12月23日)は、日本の内務官僚、政治家。官選県知事、貴族院勅選議員、錦鶏間祗候。幼名・研輔。一時、園田家の養子となる。
 750  床次竹二郎    鹿児島県    Wikipedia
床次 竹二郎(とこなみ たけじろう、慶応2年12月1日(1867年1月6日) - 昭和10年(1935年)9月8日)は、日本の官僚、政治家、衆議院議員、内務大臣、鉄道大臣、逓信大臣、政友本党総裁。鹿児島県士族[1]。「床次竹次郎」[注 1]は誤りである。
 751  永野芳辰    鹿児島県    Wikipedia
永野 芳辰(ながの よしたつ、1898年(明治31年)2月20日[1][2] - 1984年(昭和59年)[3])は、日本の内務官僚、実業家。高知県知事。1953年(昭和28年)12月25日の奄美群島本土復帰立役者のひとり。
 752  野村政明    鹿児島県    Wikipedia
野村 政明(のむら まさあき、1854年4月20日(嘉永7年3月23日)- 1902年(明治35年)10月2日)は、日本の内務官僚、政治家。県知事。旧名、市来七之助。正式名は市来政明。
 753  原田維織    鹿児島県    Wikipedia
原田 維織(はらだ いおり、1880年(明治13年)8月[1] - 1953年(昭和28年)11月14日[2])は、日本の内務・警察官僚、実業家。官選県知事。
 754  末弘直方    鹿児島県    Wikipedia
末弘 直方(すえひろ なおかた、1848年1月30日(弘化4年12月25日)[1] - 1920年(大正9年)[2])は、幕末の薩摩藩士、明治期の内務・警察官僚。官選県知事、函館区長、小倉市長、福岡県八幡市長。
 755  前田正名    鹿児島県    Wikipedia
前田 正名(まえだ まさな、嘉永3年3月12日(1850年4月23日) - 大正10年(1921年)8月11日)は、明治期日本の官僚。男爵。明治政府の殖産興業政策の政策立案と実践した中心人物である。
 756  道岡秀彦    鹿児島県    Wikipedia
道岡 秀彦(みちおか ひでひこ、1876年(明治9年)11月15日[1] - 1924年(大正13年)11月15日[2])は、日本の内務・警察官僚。官選県知事。
 757  宮田笑内    鹿児島県    Wikipedia
宮田 笑内(みやた しょうない、1898年(明治31年)12月18日[1] - 1965年(昭和40年)5月18日[2])は、日本の内務・警察官僚。官選福井県知事。
 758  山岡国利    鹿児島県    Wikipedia
山岡 国利(やまおか くにとし、1882年(明治15年)2月[1] - 1945年(昭和20年)3月25日[2])は、日本の内務・農商務官僚、実業家。官選県知事。旧姓・奥、旧名・堅次。
 759  山之内一次    鹿児島県    Wikipedia
山之内 一次(やまのうち かずじ、1866年12月12日(慶応2年11月6日) - 1932年(昭和7年)12月21日)は、日本の内務・鉄道官僚、政治家。第1次山本内閣の内閣書記官長、第2次山本内閣の鉄道大臣、貴族院勅撰議員。
 760  伊藤祐一郎    鹿児島県    出水市Wikipedia
伊藤 祐一郎(いとう ゆういちろう、1947年11月17日 - )は、日本の自治・総務官僚、政治家。鹿児島県知事。総務省大臣官房総括審議官を歴任。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
1947年11月17日生まれ      11月17日生まれの人      鹿児島県出身の1947年生まれ      世界の1947年生まれの人
 761  土屋佳照    鹿児島県    鹿屋市Wikipedia
土屋 佳照(つちや よしてる、1926年2月25日 - 2004年11月2日)は、鹿児島県肝属郡串良町(現・鹿屋市串良町)出身の官僚、政治家。鹿児島県知事、自治事務次官を歴任。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 762  鎌田要人    鹿児島県    南さつま市Wikipedia
鎌田 要人(かまだ かなめ、1921年(大正10年)10月2日 - 2005年(平成17年)12月3日)は、日本の政治家、官僚。鹿児島県知事、参議院議員、自治事務次官、消防庁長官を歴任。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 763  金丸三郎    鹿児島県    Wikipedia
金丸 三郎(かねまる さぶろう、1914年(大正3年)2月8日 - 2007年(平成19年)8月15日)は、日本の官僚、政治家。総務庁長官、鹿児島県知事、自由民主党参議院議員、自治事務次官、参議院協会会長、財団法人井上育英会顧問を務めた。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 764  重成格    鹿児島県    Wikipedia
重成 格(しげなり かく、1901年7月13日 - 1956年10月16日)は、日本の内務官僚、政治家。鹿児島県知事、参議院議員を歴任。
 765  市来乙彦    鹿児島県    Wikipedia
市来 乙彦(いちき おとひこ、明治5年4月13日〈グレゴリオ暦1872年5月19日〉 - 昭和29年〈1954年〉2月19日)は、日本の大蔵官僚、政治家。貴族院議員、参議院議員。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 766  田尻稲次郎    鹿児島県    Wikipedia
田尻 稲次郎(たじり いなじろう、嘉永3年6月29日(1850年8月6日) - 大正12年(1923年)8月15日)は、日本の経済学者・政治家・官僚。元東京市長。専修学校(専修大学の前身)の創始者の一人である。子爵。
慶應義塾大学出身      鹿児島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 767  加治木俊道    鹿児島県    Wikipedia
加治木 俊道(かじき としみち、1916年 - 2003年)は、日本の大蔵官僚。大蔵省証券局長や、関西電力副社長を務めた。クリスチャンで日本基督教団信徒。1986年勲二等瑞宝章受章。東京商大(一橋大)出身としては初の大蔵省内部部局の局長[1]。
山口大学出身      鹿児島県出身の山口大学の出身者      全国の山口大学の出身者
 768  泉二新熊    鹿児島県    龍郷町Wikipedia
泉二 新熊(もとじ しんくま、1876年(明治9年)1月27日 - 1947年(昭和22年)10月25日)は、日本の裁判官、官僚、刑法学者。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 769  吉原重俊    鹿児島県    鹿児島市Wikipedia
吉原 重俊(よしはら しげとし、弘化2年4月10日(1845年5月15日) - 明治20年(1887年)12月19日)は、江戸時代末期(幕末期)の薩摩藩士、明治の官僚、日本銀行初代総裁。薩摩藩藩校造士館に学んだ攘夷派の志士であったが、薩摩藩第二次米国留学生としてアメリカ合衆国イエール大学初の日本人留学生として政治・法律学を学ぶ。岩倉使節団にワシントンで現地参加し、帰朝後は外務省書記官となり、大蔵省に転じて大蔵卿松方正義の下で活躍した。横浜税関長、租税局長を務め初代の日銀総裁となった。
 770  市来乙彦    鹿児島県    Wikipedia
市来 乙彦(いちき おとひこ、明治5年4月13日〈グレゴリオ暦1872年5月19日〉 - 昭和29年〈1954年〉2月19日)は、日本の大蔵官僚、政治家。貴族院議員、参議院議員。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 771  種田政明    鹿児島県    Wikipedia
種田 政明(たねだ まさあき、天保8年8月(1837年) - 1876年(明治9年)10月24日)は、江戸時代後期(幕末)の薩摩藩士。明治時代前期の官僚、陸軍軍人である。最終階級は陸軍少将。諱は政明。種子田政明と表記される場合がある。通称は清八郎・健一郎・左門。
 772  山田正雄    鹿児島県    鹿児島県生まれ静岡県出身Wikipedia
山田 正雄(やまだ まさお、1913年(大正3年) - 2006年(平成18年)2月8日)は、日本の旧内務省官僚、陸上自衛官。
明治大学出身      鹿児島県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者
 773  田尻稲次郎    鹿児島県    鹿児島市(出生地京都府)Wikipedia
田尻 稲次郎(たじり いなじろう、嘉永3年6月29日(1850年8月6日) - 大正12年(1923年)8月15日)は、日本の経済学者・政治家・官僚。元東京市長。専修学校(専修大学の前身)の創始者の一人である。子爵。
慶應義塾大学出身      鹿児島県出身の慶應義塾大学の出身者      全国の慶應義塾大学の出身者
 774  泉二新熊    鹿児島県    龍郷町Wikipedia
泉二 新熊(もとじ しんくま、1876年(明治9年)1月27日 - 1947年(昭和22年)10月25日)は、日本の裁判官、官僚、刑法学者。
東京大学出身      鹿児島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


沖縄県
 775  仲井眞弘多    沖縄県    Wikipedia
仲井眞 弘多(なかいま ひろかず、1939年8月19日 - )は、日本の通産官僚、実業家、政治家。沖縄県知事(本土復帰後第6代)。報道などでは新字体を用い仲井真 弘多とも表記される。
東京大学出身      沖縄県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 776  大田政作    沖縄県    国頭村Wikipedia
大田 政作(おおた せいさく、1904年2月12日 - 1999年8月18日)は、日本の官僚、琉球政府の政治家。元琉球政府行政主席(1959年10月21日 - 1964年11月1日)。
早稲田大学出身      沖縄県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者
 777  平良辰雄    沖縄県    大宜味村Wikipedia
平良 辰雄(たいら たつお、1892年4月6日 - 1969年7月26日)は、戦前の沖縄県の官僚で、沖縄群島政府及び琉球政府の政治家。
1892年4月6日生まれ      4月6日生まれの人      沖縄県出身の1892年生まれ      世界の1892年生まれの人
 778  比嘉秀平    沖縄県    読谷村Wikipedia
比嘉 秀平(ひが しゅうへい、1901年6月7日 - 1956年10月25日)は、沖縄県の官僚、教育者、琉球政府の政治家。1952年4月から1956年10月まで琉球政府行政主席を務めた。琉球民主党初代総裁。
早稲田大学出身      沖縄県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)