鹿児島県出身で1936年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,740人
このサイトに登録されている「鹿児島県出身で1936年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


格闘技
 1  式守伊之助 (30代)    南九州市川辺町Wikipedia
30代 式守 伊之助(さんじゅうだい しきもり いのすけ、1936年1月2日 - 2013年4月14日)は、大相撲の立行司の一人。式守伊之助としての在位期間は2000年9月 - 2000年11月。井筒部屋(1972年 - 1977年は君ヶ濱部屋)所属。
 2  朝ノ海正清    宇検村Wikipedia
朝ノ海 正清(あさのうみ まさきよ、本名:崎谷 正清(さきたに まさきよ)、1936年11月22日- )は、鹿児島県大島郡宇検村出身で、高砂部屋にかつて所属した力士である。最高位は東前頭9枚目(1962年11月場所)。現役時代の体格は172cm、94kg。得意手は右四つ、寄り、出し投げなど。


野球
 3  鵜狩道夫    日置市Wikipedia
鵜狩 道夫(うがり みちお、1936年7月14日 - )は、元プロ野球選手、スポーツ店経営者、社会人野球クラブチーム鹿児島ホワイトウェーブの前監督である。鹿児島県日置市出身。現役時代の守備位置は投手(右投げ右打ち)。現役時代は「鵜狩 好応」、「鵜狩 道旺」の登録名も使った。


競馬・競輪・競艇・その他レース
 4  瀬戸口勉    Wikipedia
瀬戸口勉(せとぐち つとむ、1936年11月3日 - )は日本中央競馬会の元騎手、元調教師。名古屋競馬・弥富トレーニングセンターに所属する調教師瀬戸口悟は実弟。中央競馬の調教師増本豊は妻の弟。


研究者・研究家・発明家
 5  杉之尾宜生    Wikipedia
杉之尾 宜生(すぎのお よしお、本名:杉之尾孝生(読み同じ)、1936年3月8日 - )は、日本の戦史研究家、元防衛大学校教授(戦史・戦略)。孫子の兵法・クラウゼヴィッツ、中東戦史、日本近代戦史の研究家として知られる。第16方面軍 (日本軍)参謀の杉之尾三夫陸軍中佐(陸士41期、陸大51期)は父。
防衛大学校出身      鹿児島県出身の防衛大学校の出身者      全国の防衛大学校の出身者


宗教家・思想家・運動家
 6  池口恵観    東串良町Wikipedia
池口 恵観(いけぐち えかん、1936年11月15日 - )は、単立烏帽子山最福寺法主。高野山真言宗[2]・鹿児島高野山・最福寺 住職。高野山真言宗大僧正・伝灯大阿闍梨。俗名・鮫島 正純(さめじま まさずみ)。現総理である安倍晋三など多くの政治家と親交があることから永田町の怪僧の渾名がある。[3]サウスチャイナ・モーニング・ポストは暴力団関係者であり、指定暴力団住吉会や指定暴力団九州誠道会と密接な関係にあると報じた[4]
高野山大学出身      鹿児島県出身の高野山大学の出身者      全国の高野山大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)