群馬県出身で1923年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,740人
このサイトに登録されている「群馬県出身で1923年生まれ」の有名人の数:7人



スポンサーリンク


宝塚・女優・俳優・声優・ナレーター・歌舞伎・能楽・狂言
 1  小林桂樹    榛名町Wikipedia
小林 桂樹(こばやし けいじゅ、1923年11月23日 - 2010年9月16日)は、日本の俳優。群馬県群馬郡室田町(現・高崎市)出身。旧制群馬県立前橋中学校卒業、日本大学専門部芸術科中退。サラリーマン喜劇から社会派ドラマまで幅広く活躍し、その生涯に於いて253本の映画に出演した。
日本大学出身      群馬県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者
 2  三國連太郎    太田市Wikipedia
三國 連太郎(みくに れんたろう、1923年(大正12年)1月20日 - 2013年(平成25年)4月14日)は、日本の俳優。本名は佐藤 政雄(さとう まさお)。群馬県太田市生まれ[2]。身長181cm、体重75kg[3]。


野球
 3  木暮力三    Wikipedia
木暮 力三(こぐれ りきぞう、1923年2月21日 - )は、群馬県桐生市出身のプロ野球選手。右投右打。


作家・小説家・エッセイ・文筆・翻訳家・編集者
 4  宮川ひろ    Wikipedia
宮川 ひろ(みやかわ ひろ、1923年3月15日 - )は、日本の児童文学作家。群馬県出身。金華学園教員養成所卒業。


学者・教授・准教授
 5  大塚仁    Wikipedia
大塚 仁(おおつか ひとし、1923年7月21日 - )は、日本の法学者。名古屋大学名誉教授。専攻は刑法。法学博士(東京大学、1962年)(学位論文「間接正犯の研究」)。群馬県勢多郡桂萱村(現・前橋市)生まれ。
東京大学出身      群馬県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


研究者・研究家・発明家
 6  小林太三郎    高崎市Wikipedia
小林 太三郎(こばやし たさぶろう、1923年(大正12年)11月13日 - 2012年(平成24年)9月20日は、日本の経営学者。欧米やアジアの大学には日本と違って広告学部や広告学科があり、多くの研究者がいるが、広告研究においては日本の第一人者。商学博士、早稲田大学名誉教授(大学院商学研究科、商学部)。広告研究で博士号を取り、大学院で広告研究の講義をし、広告研究のゼミナールを持った日本最初の人物。著書である『広告管理の理論と実際』同文舘(1968)は669ページに及ぶ大著。露出、認知、態度といった消費者行動の段階を明確に定義づけ、学会業界で使用する広告関連用語の標準化に貢献した。また、多くの広告研究者を世に送り出した(亀井昭宏、小林保彦、嶋村和恵、中山勝己、清水公一、松井陽通、石崎徹、小泉眞人)。日本広告学会設立に尽力し、長年会長を務め、日本学術会議会員として活躍した。アメリカ広告学会、アメリカ・マーケティング協会、アメリカ・ダイレクトメール/マーケティング協会(AMA)、アメリカ広告調査財団(ARF)会員。ミシガン州立大学ゴードン・E・ミラクルは友人。IAA世界広告会議が東京で開催された折、司会を務め、慰労のため東宮御所に招かれる。
早稲田大学出身      群馬県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者


政治家・議員・首長
 7  登坂秀    Wikipedia
登坂 秀(とさか しげる、1923年7月15日 - )は、日本の政治家。渋川市長を務めた。群馬県出身。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)