沖縄県出身で1907年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,738人
このサイトに登録されている「沖縄県出身で1907年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


ジャーナリスト
 1  池宮城秀意    Wikipedia
池宮城 秀意(いけみやぐしく(いけみやぐすく) しゅうい、1907年1月7日-1989年5月24日)は、日本のジャーナリスト、元琉球新報社社長。
早稲田大学出身      沖縄県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者


学者・教授・准教授
 2  仲宗根政善    今帰仁村Wikipedia
仲宗根政善(なかそね せいぜん、1907年4月26日-1995年2月14日)は、日本の教育者、言語学者、琉球大学名誉教授。


研究者・研究家・発明家
 3  長嶺将真    那覇市Wikipedia
長嶺 将真(ながみね しょうしん、1907年7月15日 - 1997年11月2日)は、沖縄県の空手家で松林流の開祖。昭和期を代表する空手家の一人であり、空手史研究家としても知られている。


政治家・議員・首長
 4  瀬長亀次郎    豊見城市Wikipedia
瀬長 亀次郎(せなが かめじろう、1907年(明治40年)6月10日 - 2001年(平成13年)10月5日[2])は、日本の政治家。沖縄の本土復帰前からの同地区非合法日本共産党員、同党公然組織である沖縄人民党幹部。復帰前に、那覇市長(1期)、立法院議員(3期)、沖縄人民党委員長、国政参加選挙で衆議院議員1期。本土復帰後、衆議院議員としては人民党で1期、日本共産党として連続5期。1973年以降共産党幹部会副委員長をつとめた。
 5  平良良松    那覇市Wikipedia
平良 良松(たいら りょうしょう、1907年11月12日 - 1990年3月19日)は、日本の政治家。沖縄県那覇市長(4期)などを務めた。
法政大学出身      沖縄県出身の法政大学の出身者      全国の法政大学の出身者
 6  高良一    Wikipedia
高良 一(たから はじめ、1907年(明治40年)8月14日 - 1994年(平成6年))は、日本の実業家、政治家。米国統治時代の沖縄における那覇市議会議員。機を見るに敏な行動力、スケールの大きな発想力、加えて人を喰ったユニークな言動から「高良ピン」「高良ラッパ」の愛称で親しまれ、戦後沖縄における名物男的な存在だった。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)