新潟県出身で1900年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,738人
このサイトに登録されている「新潟県出身で1900年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


野球
 1  金子鋭    小千谷市Wikipedia
金子 鋭(かねこ とし、1900年3月17日 - 1982年2月24日)は、日本の銀行家、プロ野球コミッショナー。新潟県小千谷市出身。
東京帝国大学出身      新潟県出身の 東京帝国大学の出身者      全国の 東京帝国大学の出身者


作家・小説家・エッセイ・文筆・翻訳家・編集者
 2  小田嶽夫    Wikipedia
小田 嶽夫(おだ たけお、1900年7月5日 - 1979年6月2日) は、日本の小説家。本名は、小田武夫。
東京外国語大学出身      新潟県出身の東京外国語大学の出身者      全国の東京外国語大学の出身者
 3  長谷川海太郎    佐渡市(旧・佐渡郡赤泊村)Wikipedia
長谷川 海太郎(はせがわ かいたろう、1900年1月17日 - 1935年6月29日)は、日本の小説家、翻訳家。林不忘(はやし ふぼう)、牧逸馬(まき いつま)、谷譲次(たに じょうじ)の3つのペンネームを使い分けて活躍した。林不忘は時代小説「丹下左膳」シリーズ、牧逸馬は犯罪実録小説、谷譲次は米国体験記「めりけんじゃっぷ」物で知られる。
明治大学出身      新潟県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者


学者・教授・准教授
 4  平澤興    新潟市(旧西蒲原郡味方村)Wikipedia
平澤 興(ひらさわ こう、1900年(明治33年)10月5日 - 1989年(平成元年)6月17日)は、日本の医学者。新潟県出身。専門は脳神経解剖学。京都大学教授、京都大学第16代総長などを務めた。


政治家・議員・首長
 5  稲村順三    三条市Wikipedia
稲村 順三(いなむら じゅんぞう、1900年9月30日 - 1955年2月21日)は、日本の農民運動家・政治家。元衆議院議員(5期)。本名は「稲村順蔵」、ペンネームは「村上進」。
北海道大学出身      新潟県出身の北海道大学の出身者      全国の北海道大学の出身者


その他の職業
 6  小林ハル    三条市Wikipedia
小林 ハル(こばやし ハル、1900年(明治33年)1月24日 - 2005年(平成17年)4月25日)は、日本の瞽女。生後3か月で失明し、5歳の時に瞽女修行を開始。数多くの苦難を経て晩年に「最後の長岡瞽女」、「最後の瞽女」[2]として脚光を浴びた。8歳で初めて巡業に出て以降、1973年(昭和48年)に廃業するまでの間、西頸城郡を除く新潟県全域と山形県の米沢・小国地方、福島県南会津地方を巡った[3]。1978年(昭和53年)「瞽女唄」が「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」として選択され、その保持者として認定される。1979年(昭和54年)、黄綬褒章を授与される。選択無形文化財の保持者に認定されたことをもって人間国宝と呼ばれることもある[4]。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)