新潟県出身で1883年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,741人
このサイトに登録されている「新潟県出身で1883年生まれ」の有名人の数:9人



スポンサーリンク


軍人
 1  太田質平    Wikipedia
太田 質平(おおた しちへい、1883年(明治16年)6月16日 - 1941年(昭和16年)6月16日)は、日本の海軍軍人。日本海軍軍人の標語であった『スマートで目先が利いて几帳面 負けじ魂 これぞ船乗り』を創ったといわれる人物である。最終階級は海軍少将。
 2  小林省三郎    Wikipedia
小林 省三郎(こばやし せいざぶろう、1883年(明治16年)9月5日 - 1956年(昭和31年)4月22日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将。五・一五事件の黒幕とも言われる人物である。


学者・教授・准教授
 3  伊藤誠哉    Wikipedia
伊藤 誠哉(いとう せいや、1883年8月7日 - 1962年3月28日)は、植物病理学者、元北海道大学総長。新潟県生まれ。
一橋大学出身      新潟県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者
 4  小柳篤二    新潟市Wikipedia
小柳 篤二(おやなぎ とくじ、1883年(明治16年)8月1日 - 1985年(昭和60年)12月23日)は、日本のドイツ語学者、ドイツ語教師。元東京高等学校独語主任教授、日出学園名誉学園長。
東京外国語学校出身      新潟県出身の東京外国語学校の出身者      全国の東京外国語学校の出身者


研究者・研究家・発明家
 5  諸橋轍次    三条市(旧・南蒲原郡下田村)Wikipedia
諸橋 轍次(もろはし てつじ、1883年6月4日 - 1982年12月8日)は、漢字の研究者で大著『大漢和辞典』や『広漢和辞典』(ともに大修館書店刊)の編者。文学博士。東京文理科大学名誉教授。都留短期大学および都留文科大学の(四年制大学としての)初代学長。本人によると直江兼続の子孫である。号は止軒。
東京教育大学出身      新潟県出身の東京教育大学の出身者      全国の東京教育大学の出身者


画家・写真家・書道家・彫刻家・陶芸家・漆芸家・工芸家
 6  安宅安五郎    新潟市Wikipedia
安宅 安五郎(あたか やすごろう、1883年4月23日 - 1960年9月1日)は、日本の洋画家。 東京美術学校で藤島武二に師事。在学中に文部省美術展に入選し作品「靴屋」文部省買上。また大正8年に改組した第一回帝展で特選、続いて第二回帝展で特選となる。その後帝展、文展の審査員を度々勤める。洋画だけでなく日本画も描く。
 7  小林古径    上越市(旧・高田市)Wikipedia
小林 古径(旧字:古徑、こばやし こけい、1883年(明治16年)2月11日 - 1957年(昭和32年)4月3日)は、大正~昭和期の日本画家。 本名は茂(しげる)。


宗教家・思想家・運動家
 8  北一輝    Wikipedia
北 一輝(きた いっき、本名:北 輝次郎(きた てるじろう)、1883年(明治16年)4月3日 - 1937年(昭和12年)8月19日)は、戦前の日本の思想家、社会運動家、国家社会主義者。二・二六事件の「理論的指導者」として逮捕され、軍法会議の秘密裁判で死刑判決を受けて刑死した。
早稲田大学出身      新潟県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者


俳人・歌人・詩人・歌人
 9  相馬御風    糸魚川市Wikipedia
相馬 御風(そうま ぎょふう、1883年(明治16年)7月10日 - 1950年(昭和25年)5月8日)は日本の詩人・歌人・評論家。本名は昌治(しょうじ)。新潟県糸魚川市出身。早稲田大学文学部哲学科卒業。詩歌や評論のほか、早稲田大学校歌「都の西北」をはじめとした多くの校歌や童謡の作詞者としても知られる。
早稲田大学出身      新潟県出身の早稲田大学の出身者      全国の早稲田大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)