愛媛県出身で1959年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,738人
このサイトに登録されている「愛媛県出身で1959年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


アニメ
 1  うつのみや理    Wikipedia
うつのみや 理(うつのみや さとる、1959年4月17日 - )は、愛媛県松山市出身の日本の男性アニメーター、アニメ演出家。


格闘技
 2  浅見三喜夫    Wikipedia
浅見 三喜夫(あさみ みきお、1959年 - )は愛媛県の宇和島市・九島出身の日本の柔道家。現役時代は60kg級及び65kg級の選手。次女は48kg級の世界チャンピオンである浅見八瑠奈。現在は新田高校の教頭及び柔道部顧問[2]。


作家・小説家・エッセイ・文筆・翻訳家・編集者
 3  片山恭一    Wikipedia
片山 恭一(かたやま きょういち、1959年1月5日 - )は日本の男性小説家。
九州大学出身      愛媛県出身の九州大学の出身者      全国の九州大学の出身者
 4  白石拓    Wikipedia
白石 拓 (しらいし たく、別名: 佐藤 拓(さとう たく)、1959年7月24日 - )は、日本の科学ジャーナリスト、サイエンスライター及びノンフィクション作家。有限会社ルネサンス社代表。


学者・教授・准教授
 5  潮見佳男    Wikipedia
潮見 佳男(しおみ よしお、1959年3月28日 - )は、日本の法学者。専門は民法。京都大学教授。博士(法学)(京都大学、1993年)。旧司法試験第二次試験考査委員(民法)。愛媛県西条市出身。


研究者・研究家・発明家
 6  藤田光孝    Wikipedia
藤田 光孝(ふじた みつたか、Mitsutaka Fujita、1959年8月16日 - 1998年3月18日)は、日本の物理学者。元筑波大学物質工学系助教授。専門は、物性理論。 フラーレン、カーボンナノチューブ、ナノグラファイトおよびナノグラフェンに関する理論的研究について 数多くの先駆的な研究成果を残した。ナノ炭素系物質の理論研究者として、将来を嘱望されていたが、1998年3月18日に 急性くも膜下出血によって、38歳の若さで急逝した。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)