広島県出身で1900年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,742人
このサイトに登録されている「広島県出身で1900年生まれ」の有名人の数:10人



スポンサーリンク


宝塚・女優・俳優・声優・ナレーター・歌舞伎・能楽・狂言
 1  英百合子    Wikipedia
英 百合子(はなぶさ ゆりこ、1900年3月7日 - 1970年2月7日)は日本の女優。広島県呉市吉浦町出身[2]。日本初の本格的映画女優といわれる[3]。同じ女優の永井百合子は柳永二郎との娘、俳優の長谷部健は中野英治との息子[4]。


舞台・演劇・映画・ドラマ・脚本・プロデューサー・ディレクター
 2  佐々元十     三次市Wikipedia
佐々 元十(ささ げんじゅ、本名・佐々木高成、1900年1月14日 - 1959年7月7日)は、共産主義運動家。日本の映画監督。「玩具のカメラが武器になる」の名言を残した日本のプロレタリア映画の先駆者である。


野球
 3  銭村健一郎    Wikipedia
銭村 健一郎(ぜにむら けんいちろう、1900年1月25日 - 1968年11月13日)は、広島県出身の野球選手、指導者。アメリカでは「Kenichi Zenimura(ケンイチ・ゼニムラ)」の名で知られている[2]。このことから、日本の一部資料では「銭村健一」表記を用いている場合もある。


経営者・実業家
 4  永野重雄     広島市Wikipedia
永野 重雄(ながの しげお、1900年7月15日 - 1984年5月4日)は日本の実業家。島根県松江市生まれ、広島県広島市南区出汐育ち。新日本製鐵会長、経済同友会代表幹事、日本商工会議所会頭などを歴任した、戦後日本を代表する経済人の一人[2][3][4]。財界四天王の一人で[5][6][7]、"戦後の財界のドン"ともいわれた[8]。広島高等師範学校附属小学校[9] - 広島高等師範学校附属中学校[10] - 第六高等学校 - 東京帝国大学法学部政治学科卒業。正三位勲一等旭日桐花大綬章。広島市名誉市民[11]。 
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 5  吉田五郎     福山市Wikipedia
吉田 五郎(よしだ ごろう、1900年 - 1993年)は、日本の技術者で、キヤノンのルーツである精機光学研究所の創業者。


軍人
 6  杉本五郎     広島市Wikipedia
杉本 五郎(すぎもと ごろう、明治33年(1900年)5月25日 - 昭和12年(1937年)9月14日)は、日本の陸軍軍人。「天皇信仰の極北」とされる遺言本『大義』で知られる。
 7  吉川潔     広島市Wikipedia
吉川 潔(きっかわ きよし、1900年(明治33年)11月3日 - 1943年(昭和18年)11月25日)は、日本海軍の軍人。戦死後、二階級特進して海軍少将[3][4]。広島県広島市段原町出身。海兵50期。


画家・写真家・書道家・彫刻家・陶芸家・漆芸家・工芸家
 8  桑田笹舟     福山市Wikipedia
桑田 笹舟(くわだ ささふね、明治33年(1900年)6月24日 - 平成元年(1989年)7月31日)は、日本の書道家。福山市名誉市民。本名・桑田 明(くわだ あきら)。


政治家・議員・首長
 9  友末洋治    Wikipedia
友末 洋治(ともすえ ようじ、1900年7月5日 - 1988年10月23日)は日本の政治家。茨城県知事を官選時代に1期、民選時代に3期にわたって務めた。
日本大学出身      広島県出身の日本大学の出身者      全国の日本大学の出身者


評論家
 10  中井正一     賀茂郡竹原村Wikipedia
中井 正一(なかい まさかず、1900年2月14日 - 1952年5月18日)は、日本の美学者、評論家、社会運動家。広島県竹原市出身で尾道市に育つ。
京都大学出身      広島県出身の京都大学の出身者      全国の京都大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)