広島県出身で1897年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,738人
このサイトに登録されている「広島県出身で1897年生まれ」の有名人の数:7人



スポンサーリンク


デザイナー
 1  山名文夫     広島市Wikipedia
山名 文夫(やまな あやお、1897年7月17日 - 1980年1月14日)は、日本のイラストレーター、グラフィックデザイナーである。日本のグラフィックデザインの黎明期における先駆者の一人で、大正期から昭和初期にかけてのモダンなアール・デコスタイルで知られ、資生堂の現在にもつづくキーデザイン、紀ノ国屋のロゴ、新潮文庫の葡萄マークのデザインで知られる。


軍人
 2  岩畔豪雄     安芸郡倉橋島Wikipedia
岩畔 豪雄(いわくろ ひでお、1897年10月10日 - 1970年11月22日)は、日本の陸軍軍人、最終階級は陸軍少将。後方勤務要員養成所(陸軍中野学校)設立者、京都産業大学設立者の一人で元理事[2]。


公務員
 3  松本俊一     呉市Wikipedia
松本 俊一(まつもと しゅんいち、1897年6月7日 – 1987年1月25日)は、昭和期の外交官・政治家。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


学者・教授・准教授
 4  佐々木吉郎     双三郡川地村Wikipedia
佐々木 吉郎(ささき きちろう、1897年3月25日 - 1970年5月28日)は、昭和期の経営学者。明治大学教授、総長。明治大学経営学部創設者。札幌大学初代学長。


政治家・議員・首長
 5  永山忠則     庄原市Wikipedia
永山 忠則(ながやま ただのり、1897年10月14日 - 1984年6月13日)は、昭和期の政治家。自治大臣・国家公安委員会委員長。勲一等旭日大綬章受章(1969年)。広島県比婆郡敷信村(現・庄原市)出身。庄原市名誉市民(1981年)。
中央大学出身      広島県出身の中央大学の出身者      全国の中央大学の出身者
 6  重政誠之     福山市旧深安郡神辺町Wikipedia
重政 誠之(しげまさ せいし、1897年3月20日 - 1981年6月3日)は、日本の農商務官僚、政治家(衆議院議員)。従三位勲二等旭日重光章。参議院副議長を務めた重政庸徳は兄で、安倍源基は親戚。
東京大学出身      広島県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


宗教家・思想家・運動家
 7  沼田恵範     賀茂郡志和町Wikipedia
沼田 恵範(ぬまた えはん 1897年4月12日 - 1994年5月5日)は、宗教家、仏教伝道者。実業家、「ミツトヨ」創業者。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)