広島県出身で1869年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,738人
このサイトに登録されている「広島県出身で1869年生まれ」の有名人の数:3人



スポンサーリンク


経営者・実業家
 1  和合英太郎     広島市Wikipedia
和合 英太郎(わごう えいたろう、1869年8月15日 - 1939年6月11日)は、製氷業のパイオニアといわれる実業家。また今日言うM&Aの先駆け的経営者でもあった。
 2  森下博    福山市鞆町Wikipedia
森下 博(もりした ひろし、1869年12月5日(明治2年11月3日) - 1943年(昭和18年)3月20日)は、実業家。森下仁丹創業者、元社長。日本の広告王と称された商品広告の先駆者。広島県鞆町生まれ。幼名は茂三(もぞう)。


政治家・議員・首長
 3  鹿島房次郎     比婆郡庄原村Wikipedia
鹿島 房次郎(かじま ふさじろう、1869年10月25日 - 1932年7月29日[2])は、広島県比婆郡庄原村(現・庄原市)出身の実業家、政治家。神戸市会議員を経て第4代神戸市長(在任:1910年2月28日[3] - 1920年[4])。 自治体官僚主導による都市経営手法の源流を創った人物の一人とされ[5]、その人格[† 1]および手腕は、歴代神戸市長中の白眉と称される[6]。 旧姓・田部[7]。広島県出身。
一橋大学出身      広島県出身の一橋大学の出身者      全国の一橋大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク