兵庫県出身で1901年生まれの有名人

このサイトに登録されている有名人の数:51,741人
このサイトに登録されている「兵庫県出身で1901年生まれ」の有名人の数:6人



スポンサーリンク


宝塚・女優・俳優・声優・ナレーター・歌舞伎・能楽・狂言
 1  雲井浪子    洲本市Wikipedia
雲井 浪子(くもい なみこ、本名:坪内操、旧姓:高井、1901年(明治34年)7月23日[2] - 2003年(平成15年)8月20日)は、元宝塚少女歌劇団主演娘役で宝塚歌劇団卒業生。兵庫県洲本市出身。夫は演劇評論家、早稲田大学教授の坪内士行。娘に女優の坪内ミキ子がいる[3]。実姉は同じく宝塚歌劇団1期生で宝塚歌劇団卒業生の八十島揖子、実妹は宝塚歌劇団16期生で宝塚歌劇団卒業生の緒島なほ子(本名:高井秀子)。義理叔父は坪内逍遥、逍遥の養女は飯塚くに。
 2  瀧川末子    宝塚市Wikipedia
初代・瀧川 末子(たきがわ すえこ、本名:竹中みさを、1901年(明治34年)1月27日[2] - 没年不明)は、元宝塚少女歌劇団花組主演男役クラスで宝塚歌劇団卒業生。兵庫県[2]川辺郡小浜村(現・宝塚市)[3]出身。1913年12月~1933年在団。宝塚歌劇団2期生で、初期のスターの一人。同期生に篠原淺茅、人見八重子、吉野雪子がいる。花組組長も務めた。入団時の芸名は瀧川壽榮子であった[2]。 この芸名は小倉百人一首の第77番:崇徳院の『瀨を早み 岩に塞かるる 瀧川の 割れても末に 逢はむとぞ思ふ (せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ)』から命名された。 宝塚歌劇団では黒の紋付に緑の袴を着用するのが正装であるが、これは1921年に瀧川と高砂松子の二人が大阪心斎橋付近で購入し着用していたところ、それが小林一三の目に留まり正装として採用されたことによる。


経営者・実業家
 3  二出川延明    神戸市Wikipedia
二出川 延明(にでがわ のぶあき、1901年8月31日 - 1989年10月16日)は、日本のプロ野球選手(外野手)・審判員、野球解説者、実業家、京阪電気鉄道OB。兵庫県出身。
明治大学出身      兵庫県出身の明治大学の出身者      全国の明治大学の出身者


官僚
 4  下山定則    神戸市Wikipedia
下山 定則(しもやま さだのり、明治34年(1901年)7月23日 - 昭和24年(1949年)7月6日、死亡日時は不詳)は、日本の鉄道官僚。運輸次官、日本国有鉄道総裁(初代)などを歴任した。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


政治家・議員・首長
 5  島田叡    神戸市須磨区Wikipedia
島田 叡(しまだ あきら、1901年(明治34年)12月25日 – 1945年(昭和20年)6月26日?)は、沖縄県最後の官選知事。兵庫県神戸市須磨区出身。座右の銘は、「断じて敢行すれば鬼神も之を避く」。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者
 6  有田喜一    氷上郡氷上町(現丹波市)Wikipedia
有田 喜一(ありた きいち、1901年4月30日 - 1986年2月9日)は、日本の政治家。衆議院議員選挙に通算9回当選した。
東京大学出身      兵庫県出身の東京大学の出身者      全国の東京大学の出身者


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)