岩手県で東北大学の出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:49,191人
このサイトに登録されている「岩手県で東北大学」の出身の有名人の数:10人



スポンサーリンク


その他の主な政治家
 1  深沢晟雄    Wikipedia
深沢 晟雄(ふかさわ まさお[1]、1905年12月11日 - 1965年1月28日)は、岩手県和賀郡沢内村(現・西和賀町)の元村長。豪雪・貧困・多病多死に苦しめられていた同村において、「生命尊重」の思想を基盤とした行政を推進して逆境を克服。多くの村民の命を救った名村長として今なお尊敬されている。
 2  深沢晟雄    Wikipedia
深沢 晟雄(ふかさわ まさお[1]、1905年12月11日 - 1965年1月28日)は、岩手県和賀郡沢内村(現・西和賀町)の元村長。豪雪・貧困・多病多死に苦しめられていた同村において、「生命尊重」の思想を基盤とした行政を推進して逆境を克服。多くの村民の命を救った名村長として今なお尊敬されている。


官僚
 3  及川昭伍    Wikipedia
及川 昭伍(おいかわ しょうご、1932年(昭和7年)3月29日 - )は日本の官僚。元経済企画庁総合計画局長。
 4  小松正之    Wikipedia
小松 正之(こまつ まさゆき、1953年 - )は日本の元官僚。岩手県陸前高田市生まれ[1]。
 5  及川昭伍    Wikipedia
及川 昭伍(おいかわ しょうご、1932年(昭和7年)3月29日 - )は日本の官僚。元経済企画庁総合計画局長。
 6  小松正之    Wikipedia
小松 正之(こまつ まさゆき、1953年 - )は日本の元官僚。岩手県陸前高田市生まれ[1]。


学者
 7  高橋富雄    Wikipedia
高橋 富雄(たかはし とみお、1921年7月28日 - 2013年10月5日[1])は、日本史学者。 東北古代史研究の第一人者である。永年歴史上の謎とされて来た前九年の役の古文書に記述されている阿久利川事件発生地の比定に携わり、地道な郷土史研究と発掘作業により宮城県栗原市志波姫の迫川流域(阿久戸)の地域同定に至った。
 8  山折哲雄    Wikipedia
山折 哲雄 (やまおり てつお、1931年5月11日- )は日本の宗教学者、評論家。専攻は宗教史・思想史[1]。国際日本文化研究センター名誉教授(元所長)、国立歴史民俗博物館名誉教授、21世紀高野山医療フォーラム副理事長、総合研究大学院大学名誉教授、平城遷都1300年記念事業評議員。教育改革国民会議委員[1]。角川財団学芸賞、和辻哲郎文化賞、山本七平賞選考委員。1997年に白鳳女子短期大学赴任以降は行政職に就くことが続いた[2]。
1931年5月11日生まれ      岩手県出身の1931年生まれ      世界の1931年生まれの人


評論家
 9  後藤和智    Wikipedia
後藤 和智(ごとう かずとも、1984年11月15日 - )は、日本の評論家。岩手県釜石市生まれ、宮城県仙台市出身。


俳人・詩人・歌人・書家
 10  佐藤通雅    Wikipedia
佐藤 通雅(さとう みちまさ、1943年1月2日[1] - )は、日本の歌人、評論家。元高校教師。岩手県出身。東北大学教育学部卒業。


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)