宮城県で慶應義塾大学の出身の有名人

このサイトに登録されている有名人の数:49,207人
このサイトに登録されている「宮城県で慶應義塾大学」の出身の有名人の数:8人



スポンサーリンク


政治家
 1  伊藤信太郎    Wikipedia
伊藤 信太郎(いとう しんたろう、1953年5月6日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自民党宮城県連会長、大阪大学大学院客員教授(国際公共政策研究科)[2]、東北福祉大学特任教授、パソナグループ特別顧問[3]。


実業家
 2  早川種三    Wikipedia
早川 種三(はやかわ たねぞう、明治30年(1897年)6月6日 - 平成3年(1991年)11月10日)は、日本の実業家。戦後数々の大型倒産において管財人として企業再建に取り組み、「会社再建の神様」と呼ばれている。


バスケットボール
 3  志村雄彦    仙台市Wikipedia
志村 雄彦(しむら たけひこ、1983年2月14日 - )は、宮城県泉市(現・仙台市泉区)出身のプロバスケットボール選手である。日本男子プロバスケットボールリーグbjリーグの仙台89ERS所属。ポジションはポイントガード。160cm、65kg。


作家
 4  南部修太郎    Wikipedia
南部 修太郎(なんぶ しゅうたろう、1892年(明治25年)10月12日 - 1936年(昭和11年)6月22日)は、日本の小説家。
1892年10月12日生まれ      宮城県出身の1892年生まれ      世界の1892年生まれの人


登山家
 5  槇有恒    Wikipedia
槇 有恒(まき ゆうこう、「ありつね」とも、1894年(明治27年)2月5日 - 1989年(平成元年)5月2日)は、宮城県仙台市出身の日本の登山家。日本山岳会設立者・会長(2期)、日本山岳協会会長・名誉会員を歴任し、ヒマラヤの8,000m峰・マナスル第3次登頂隊長として日本隊のマナスル初登頂を成功させた。近代アルピニズムの開拓者・紹介者。位階は従四位。文化功労者、仙台市名誉市民。
1894年2月5日生まれ      宮城県出身の1894年生まれ      世界の1894年生まれの人


ジャーナリスト
 6  田中良紹    Wikipedia
田中 良紹(たなか よしつぐ、1945年 - )は、日本のジャーナリスト。


アナウンサー
 7  守屋周    登米市、旧豊里町Wikipedia
守屋 周(もりや しゅう、1982年10月23日 - )は、東北放送(TBC)のアナウンサー。
 8  藤井恒久    仙台市Wikipedia
藤井 恒久(ふじい つねひさ、1969年7月22日 - )は日本テレビアナウンサー。
1969年7月22日生まれ      宮城県出身の1969年生まれ      世界の1969年生まれの人


スポンサーリンク




有名人ナビ 出身高校編

有名人ナビ 出身大学編

有名人ナビ 職業別出身大学編

有名人ナビ 出身都道府県編

有名人ナビ 誕生日編





スポンサーリンク


世界の大学ランキング

大学ナビ

芥川賞・直木賞の作家一覧 出身大学・学校別

好きな大学投票所

出身大学別 第47回衆議院議員一覧表

出身大学別 国会議員一覧表(2012-2014)